啄木新婚の家

歴史的建造物
岩手県盛岡市にある歴史的建造物。詩人の石川啄木が、妻・節子と両親、妹と共に3週間ほど生活していた住居。昭和59年(1984)には、盛岡市の指定有形文化財となっている。随筆「我が四畳半」にて書かれている家であり、盛岡市内に残る唯一の啄木の遺跡となっている。

スポット詳細

住所
岩手県盛岡市中央通3-17-18
電話番号
0196242193
時間
[4-11月]9:00-17:00
[12-3月]10:00-16:00
休業日
[4-11月]火
[12-3月]火-木、12/28-1/4
料金
無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 今も住宅街の中にあります。
    3.0 投稿日:2021.01.12
    この啄木新婚の家は盛岡駅東口から北東に約10分程度の場所にあります。啄木が新婚生活を送った当時のままで木造の平屋づくりです。当時の生活の様子がわかるように今も保存公開しています。
  • 啄木が新婚生活を始めた家
    3.0 投稿日:2020.05.28
    盛岡駅から徒歩10分強、県道1号線から入った所にありました。外観は平凡な古い民家ですが説明板があり、啄木が新婚生活を始めた家で、ここで「閑天地」や「我が四畳半」などの作品を作ったそうです。冬期(12月-3月)火曜、水曜日休館を知らないで行ったため、内部は見学できなかった。
  • 盛岡市内に現存する唯一の武家屋敷
    4.0 投稿日:2020.05.15
    岩手県盛岡市にある石川啄木と新婚の妻・堀合節子が新婚当初3週間暮らした家です。中央通りと言う大通りから少し路地に入った所にある古民家です。早朝の訪問で見学時間外だったため中を見学はできませんでしたが、木造平屋建ての質素な建物でした。盛岡市内に現存する唯一の武家屋敷なんだそうです。家の表の看板には、新郎の石川啄木が結婚式をすっぽかしたエピソードが記載されていました。今回の旅ではここ「啄...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          盛岡市・雫石町・小岩井エリアのおすすめスポット

          岩手のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました