NAVITIME Travel

岩手のお土産スポット一覧

  • 釜定
    お買い物
    岩手県盛岡市紺屋町2-5
    明治時代から続く南部鉄器の老舗工房。フィンランドに在住経験のある3代目宮伸穂氏が生み出す作品は、日本古来の伝統と現代アートを織り交ぜたモダンなデザインが特徴。シンプルで優れた南部鉄器の機能性が、近年再注目を集めている。
  • 宮沢賢治童話村 森の店っこや
    お買い物
    岩手県花巻市高松26-19
    花巻駅から車で15分。岩手県花巻市にある、宮沢賢治童話村。童話村は、宮沢賢治の童話の世界で楽しく遊ぶ「楽習」施設。森の店っこやは、その中にあるログハウス展示施設「賢治の教室」の一つ。宮沢賢治の作品グッズのほか、花巻の名産品も豊富に取り扱う。ログハウス展示施設は横並びになっていて、その中央に動物の教室、左側には植物の教室、左端に森の店っこやがある。右側には星の教室、鳥の教室があり、それぞれに賢治童話に登場する展示棟になっている。
  • 滝田工芸
    お買い物
    岩手県花巻市高松26-3
    花巻駅よりバス利用で約10分、宮沢賢治記念館口バス停から徒歩で1分ほどのところにある和傘工房。享和年間のころから伝わる花巻傘の製造販売を行う。 以前は県内に約120軒ほどあった和傘店だが、現在はここ滝田工芸だけとなった。材料となる竹は地元の真竹を使用、和紙は美濃和紙などを使っている。蛇の目傘、番傘のほか、壁掛け傘やミニ傘などは土産物としても人気が高い。
  • かまいし特産店
    お買い物
    岩手県釜石市鈴子町22-1
    JR「釜石駅」に隣接する「シープラザ釜石」の1階にある、釜石の特産品が揃う店。サンマのみりん干しや、メカブ・イクラ・アワビの海宝漬などの水産加工品をはじめ、お菓子や地酒、工芸品などが揃っている。自社農場で栽培した100%岩手の原料で作った「いわて南部地粉そば」は、日持ちするためお土産に最適。岩手県素材100%使用にこだわったオールいわて清酒、浜千鳥の純米大吟醸「吟ぎんが」などの釜石の地酒も販売している。
  • しずくいし麻の会
    お買い物
    岩手県岩手郡雫石町高前田155 雫石町農業者トレーニングセンター内
    東北自動車道「盛岡IC」より国道46号経由で14km約20分。南部藩の献上品として武士に愛用されていた雫石伝統の織物「亀甲織」を復元し、巾着やポーチなどを作って販売している。六角形の亀甲模様が美しい亀甲織は、材料の麻の栽培から糸の染め、織りまですべて手作りの一点物。小物やカバン、衣類など様々なオーダーメイドも可能。亀甲織のイベントや、5名以上での織体験や染め体験、小物づくりなどの体験教室も行っている(要予約)。
  • 小久慈焼
    お買い物
    岩手県久慈市小久慈町31-29-1
    八戸自動車道「九戸IC」から車で約55分。約200年の歴史をもつ小久慈焼の窯元。地元久慈の土を使い砂鉄やモミガラの灰から作った釉薬は、独特の渋みと素朴さが魅力。伝統の技法を引き継いで、ロクロを使ってひとつひとつ手作りで仕上げている。コーヒーカップや角大皿、ぐい呑みなどの販売もある。自分だけの器が作れる陶芸体験も人気。毎年5月の「小久慈焼陶芸まつり」には、窯出しオークションを求めて多くの観光客が訪れる。
  • 観光物産館ぱあぷる
    お買い物
    岩手県九戸郡野田村野田31-31-1
    三陸鉄道リアス線「陸中野田駅」と国道45号線沿いの道の駅が合体した「道の駅のだ」内にある、野田村や岩手県各地の特産品を揃えた土産物店。ロールケーキ「シュロー」や「のだ塩らーめん」など、野田村に古くから伝わる直煮製塩で作られた自然塩「薪窯直煮製法のだ塩」を使った商品が人気。特にやさしい塩味がソフトクリームの味を引き立てる「のだ塩ソフト」がお薦め。二階には地元のお母さんたちの味が楽しめる「レストランぱあぷる」がある。
  • 草紫堂
    お買い物
    岩手県盛岡市紺屋町2-15
    盛岡市紺屋町にある染物店。古くから南部地方の特産として知られる「南部紫染」と「南部茜染」の染め物を製造販売。着物や帯のほか、風呂敷や暖簾、ブックカバー、巾着などの和小物も販売している。
  • かわとく壱番館 キューブ店
    お買い物
    岩手県盛岡市菜園1-8-15
    盛岡市菜園1丁目にあるクラフト専門店。食器やアクセサリー、南部鉄器などの伝統工芸品や、岩手の名物をプリントしたTシャツのほか、地元の銘菓や特産品などの食品も販売している。また、民工芸品の展示を行う「かわとく工藝館」も併設。
  • 鈴木盛久工房
    お買い物
    岩手県盛岡市南大通1-6-7
    盛岡市南大通1丁目にある、伝統的工芸品「南部鉄器」の工房。代々南部藩の御用鋳物師を務め、現在まで15代に渡って南部鉄器を製造している。茶の湯の釜や、鉄瓶、銚子のほか、茶托などの小物も販売している。
  • 五葉社
    お買い物
    岩手県盛岡市北夕顔瀬町9-24
    盛岡市北夕顔瀬町にある郷土玩具店。盛岡こけしや、こけしの原型とされるキナキナ、チャグチャグ馬コなどの郷土玩具を展示販売している。また、こけしの歴史に関するパネル展示や、こけしの絵付け体験も実施。
  • 滴生舎
    お買い物
    岩手県二戸市浄法寺町御山中前田23-6
    二戸市浄法寺町御山中前田にある漆器販売店。地域の古くからの特産である「浄法寺漆」の漆器を製造。国内全体のわずか3%しか流通していない国産の漆を使ったお椀や皿、酒器などの漆器を販売するほか、体験イベントなども開催している。
  • 安比塗漆器工房
    お買い物
    岩手県八幡平市叺田230-1
    八幡平市叺田にある漆器の工房。国内産の木地に自社で精製した希少な県産漆を塗り、お椀や皿、重箱などの安比塗の漆器を販売している。また、箸やデザート皿を使った絵付け体験も実施している(要予約)。
  • 南部古代型染元 蛭子屋 小野染彩所
    お買い物
    岩手県盛岡市材木町10-16
    岩手県盛岡市材木町の赤い瓦屋根が印象的な、南部古代型染の老舗。南部古代型染めは、初代・蛭子屋三右エ門が裃や鎧下などに型紙を使い家紋や文様を染めたことに始まる。着物や暖簾、テーブルセンター、小物類などの藍色を基本とした模様の製品は、繊細な中に優雅さや野生味を感じさせ、贈答品、引き出物にも最適。店舗の2階では、南部古代型染の歴史・資料の展示、テープによる作業行程の説明を聞くことができる。最寄は盛岡駅。
  • 光原社 本店
    rating-image
    4.5
    19件の口コミ
    お買い物
    岩手県盛岡市材木町2-18
    JR盛岡駅から北上川を渡った場所にある「光原社」は南部鉄器やうるし塗りなどの民芸品を扱うお店。また県内だけでなく沖縄のガラス製品や島根の出西窯など全国の商品を販売している。また創業者及川四郎は岩手を代表する童話作家宮沢賢治と同窓生で、童話集「注文の多い料理店」の出版にも携わっている。敷地内には賢治に関わる品々を展示する「マヂエル館」や喫茶店「可否館」があり、賢治ファンが連日訪れる場所でもある。

    私が行った時は、商店街で夜市をやってました。 賑やか通りから、お店の奥まったところになんとも不思議な空間…宮沢賢治ワールドとても素敵でした。

  • らら・いわて盛岡店
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    お買い物
    岩手県盛岡市菜園1-3-6 農林会館1F
    岩手公園の入り口前にある農林会館の1階に位置するらら・いわて盛岡店は、岩手の民芸品や特産品を販売するアンテナショップ。岩手のお土産を買うには困らないほどの豊富な品揃えが特徴。食品は畜産物や農産物だけでなく南部煎餅や地酒、三陸からの海の幸と多種多様に取り揃えている。またクラフト館では南部鉄器から秀衡塗、琥珀、岩谷堂箪笥とこちらも取扱数が豊富である。

    岩手のお土産が集まっていて、お土産を探すだけでも楽しめます。南部鉄器から食品、ポストカードまで、ここだけで買うことができます。盛岡都心循環バス『でんでんむし』で盛岡駅からも簡単に行けました。

  • ござ九・森九商店
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    お買い物
    岩手県盛岡市紺屋町1-31
    中津川に沿った住宅街にある「ござ九」は竹細工の日用品を扱う雑貨店。平屋の日本家屋は盛岡市の保存建造物に指定されており、NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」のロケ地にも採用されている。建物は、江戸後期から明治にかけて建てられたもので、当時は燈明用の燈心売や藁工品などを扱う商家だったとのこと。現在は、手作りの暖かみが感じられる昔なじみの籠や笊や藁ぐつなどを販売している。

    盛岡の中心街にありました。江戸時代から明治にかけて、燈明用の燈心売や藁工品などを取り扱った豪商が今もまだ残っています。白壁と貼り瓦、格子戸の低い野気が続く建物は当時の面影を残しており見どころ感あります。

  • 翁知屋
    お買い物
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関1-7
    岩手県西磐井郡平泉町にある、漆器を中心とした器を取り扱う店舗。岩手県の伝統工芸品である「秀衡塗」を中心に、伝統と技法を守りながら現代にも調和する漆器を製作・販売している。商品は、お椀や器、お盆といった生活食器のほかに、硯箱やストラップ・スマートフォンカバーなども。
  • 厳美渓レストハウス
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    お買い物
    岩手県一関市厳美町字鴻ノ巣132
    岩手県一関市にあるレストハウス。名勝天然記念物に指定されている「厳美渓」を一望できる。岩手・一関のお土産品が販売されているほか、2階の展望食堂では、渓谷やエメラルドグリーンの磐井川清流を眺めながらそばやカレー、前沢牛を使った食事を味わえる。

    厳美渓にかかる橋をわたってすぐにあるお土産屋さんです。看板も目立つので目をひきます。いわゆる普通のお土産さんでお土産を買うにはもってこいと思います。

  • うるみ工芸ショールーム
    暮らし/生活/病院
    岩手県盛岡市中央通2丁目9-23

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す