盛岡城跡公園

城/城址

400年の時を経た石垣が今なお残る、城跡の散策を楽しもう

盛岡藩二十万石の居城であった盛岡城。東北三名城と称された名城の名残を今に伝える石垣や池、庭園が公園として美しく整備され、市民の憩いの場として親しまれている。

盛岡市内の中心部に位置する、盛岡城、別名「不来方(こずかた)城」跡の公園 盛岡市内の中心部に位置する、盛岡城、別名「不来方(こずかた)城」跡の公園

城下町盛岡の風情を楽しめる、美しい石垣と庭園

盛岡藩南部氏二十万石の居城、盛岡城の城跡が公園として整備されたのが「盛岡城跡公園」。盛岡市中心部の北上川と中津川の合流点にある丘陵地にあり、公園面積は9万2000平方メートルにのぼる。1597年(慶長2)、初代藩主南部信直によって盛岡城の築城が開始され、築城開始から36年後の1633年(寛永10)に3代藩主南部重直が入城。それ以降、盛岡南部氏の居城となり、盛岡の町は発展していった。明治期に城内の建物・樹木のほとんどが解体撤去されてしまったが、城跡は公園として整備され、1906年(明治39)に「岩手公園」が開園した。東北随一の美しい石垣が残る城跡として国指定史跡、「日本100名城」「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」などに選定されている。

JR盛岡駅方面からアプローチをすると、吹上門跡に出て桜山馬場に至る JR盛岡駅方面からアプローチをすると、吹上門跡に出て桜山馬場に至る

この立派な石垣を維持するため、一部で修復作業が行われている この立派な石垣を維持するため、一部で修復作業が行われている

400年を経た石垣が今もなお残る

盛岡産花崗岩のみで築かれた石垣は見事で、春には桜、秋には紅葉の色彩とのコントラストが非常に美しい。公園の南東側にある鶴ヶ池周辺は、ヘイケボタルとゲンジボタルが放虫された「ホタルの里」になっており、7月のイベント時にはホタルの舞を見ることができる。園内にはインスタ映えするスポットが数多くあり、カメラ片手の散策も楽しめる。1990年(平成2)に開催された、インターハイスケート競技会とスケート冬季国体を機に、冬の観光客を歓迎するため、石垣のライトアップが始まった。明かりに照らし出された石垣は、昼とはまた違った幻想的な趣があり、城好きな人にはおすすめ。春の「さくらまつり」はじめ、「いしがきミュージックフェスティバル」「もりおか雪あかり」など、年間を通してさまざまなイベントが開催されている。

桜山馬場に咲き誇る桜。春には大勢の見物客が訪れる 桜山馬場に咲き誇る桜。春には大勢の見物客が訪れる

ホタルの里付近にある鶴ヶ池。この周辺は自然豊かで街なかとは思えない雰囲気 ホタルの里付近にある鶴ヶ池。この周辺は自然豊かで街なかとは思えない雰囲気

岩手の歌人・石川啄木の若き日の心に触れる

公園内には新渡戸稲造の顕彰碑や宮沢賢治の詩碑など、盛岡市や岩手県ゆかりの偉人たちの歌碑が立てられている。よく知られているのは石川啄木の歌碑。盛岡市内の中学校で学んでいた頃、時折、教室を抜け出し、城跡で文学の夢の翼を広げていたという。啄木の短歌「不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」。若き日の啄木に思いを寄せて、ほんのひととき、城の草の上に寝ころんでみるのもまた、旅の一興。公園のすぐそばには、中津川という清流が流れており、川辺の散策、夏場は盛岡市民に交じって水遊びに興じる旅行者の姿も見られる。

かつて石川啄木が歌に詠んだと思われる芝生広場 かつて石川啄木が歌に詠んだと思われる芝生広場

新渡戸稲造にちなんだビクトリアロードは中津川沿い。市民憩いの場でもある 新渡戸稲造にちなんだビクトリアロードは中津川沿い。市民憩いの場でもある

スポット詳細

住所
岩手県盛岡市内丸1-37
電話番号
0196810722

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          盛岡市・雫石町・小岩井エリアのおすすめスポット

          岩手のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました