岩手の自然スポット一覧

  • 龍泉洞
    旅行/観光
    岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
    日本三大鍾乳洞の一つとして知られる巨大な鍾乳洞で、国の天然記念物に指定されている。総延長約5000mを越えるといわれる洞内には、世界有数の透明度を誇る8つの地底湖がある。ドラゴンブルーと称される地底湖の幻想的な美しさは一見の価値あり。洞内700m程のルートと、3つの地底湖が一般公開されている。一部ルートはバリアフリーとなっており、車椅子での利用が可能。鍾乳洞内で湧く水は名水百選に選定されており、龍泉洞の入り口に水汲み場が設置されている。
  • 浄土ヶ浜
    旅行/観光
    岩手県宮古市日立浜町32
    白く鋭い流紋岩で形成された浜辺。奇岩の作り上げる景色がまるで別世界のようだったことから、浄土ヶ浜の名前がつけられた。夏は多くの海水浴客でにぎわう。マグマが流れたときにできる模様の「流理構造」やマグマが急に冷やされたときにできた板状の割れ目「節理」が観察できる。特徴的な地質特徴があることから三陸復興国立公園・三陸ジオパークに指定された。
  • 厳美渓
    旅行/観光
    岩手県一関市厳美町字滝の上地内
    栗駒山に源を発し、岩手県一関市へと流れる磐井川にある渓谷である。滝や奇岩、怪岩などダイナミックな景観が2kmほど続いている。そして厳美渓の名物といえば、郭公屋の「郭公だんご」だ。対岸まで張られたロープ、そこに下がるカゴに注文と代金を入れ木槌を鳴らすと、カゴが引き上げられて代わりに団子とお茶が届けられる仕組みになっている。見て楽しい、食べて美味しいだんごである。
  • 広田崎
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県陸前高田市広田町集
    陸前高田市広田町字集にある岬。断崖と岩礁、海原が織りなす雄大な景観を観賞できる。岬から望める青松島と椿島の2つの島はいずれもウミネコの繁殖地となっており、椿島は国の天然記念物にも指定されている。

    陸前高田の広田湾の先端に位置する岬です.太平洋の大海原を眺めることができる風光明媚な岬です.市内から車で小1時間かかります.

  • 碁石海岸
    旅行/観光
    岩手県大船渡市末崎町大浜
    碁石のような形をした黒砂利の碁石浜、荒波に削られて3つの巨穴が空いた穴通磯、雷鳴が轟くような音がする雷岩などを楽しめる6kmにわたって続く海岸である。昭和12年(1937)に国の名勝・天然記念物に指定された。碁石海岸レストハウスでは、大船渡のB級グルメ「さんまらーめん」や海鮮丼を味わうことができる。
  • 岩洞湖
    旅行/観光
    岩手県盛岡市薮川字外山
    盛岡駅よりバス利用で約1時間のところにある人造湖。平成17年(2005)の「ダム湖百選」に選ばれている。自然が豊かで盛岡市内からも近い位置にあるため、釣りやキャンプなど多くのアウトドア客が訪れる。特に冬の氷上ワカサギ釣りが有名で、毎年たくさんの釣り愛好家や家族連れなどで賑わう。「岩洞湖レストハウス」にて釣り許可証の購入、釣具のレンタルが可能。
  • 八幡平山頂
    旅行/観光
    岩手県八幡平市
    岩手県八幡平市と秋田県にほぼ当面積で広がる山である。二等三角点があり、あまりに平らで山頂らしくないと、昭和37年(1962)に岩手県により土盛りが行われた。真夏でも15度という涼しさで、八幡平で一番大きな沼である八幡沼周辺には、ミズバショウやワタスゲといった高山植物が咲き乱れる。青く透き通った水面が龍の目のように見える「八幡平ドラゴンアイ」は、新緑の季節にのみ目にすることができる貴重な景色である。
  • 松川渓谷
    旅行/観光
    岩手県八幡平市松尾寄木
    東北自動車道「松尾八幡平IC」から車で約20分のところにある渓谷。松川温泉周辺から続いている八幡平を代表する紅葉の名所である。川岸の崖が玄武岩の柱状節理になっている「松川玄武岩」は、毎年秋には辺り一帯が美しい紅葉に包まれる。渓谷にかかる「森の大橋」では一面に広がる紅葉を見下ろすことができ、駐車スペースもあるためオススメの鑑賞スポットとなっている。
  • 奇岩 夫婦石
    旅行/観光
    岩手県一関市千厩町千厩石堂
    夫婦を象徴する、巨大な天然石。しめ縄がつけられた高さ5メートル、周囲10メートルほどの、男性を象徴する大岩があり、その奥に女性を象徴する大岩がある。夫婦和合の神として、古くから親しまれている。そして階段を上った先に子宝地蔵が置かれ、こちらもあわせて祀られている。夫婦石の奥手には小高い丘があり、その奥にもまた小さな社があり、男性の象徴が祀られている。
  • 出羽神社羽黒岩
    旅行/観光
    岩手県遠野市綾織町新里8地割
    倉稲魂命を祭神とする、出羽神社の敷地内の巨石。出羽神社は奥州遺産のひとつとして登録されている。羽黒山の山頂に位置しており、岩を見るためには、羽黒山の鳥居をくぐり、山道を登る必要がある。天狗伝説のある土地で、もとは大きな岩であったものが、天狗にけられて小さくなったと伝えられている。羽黒岩は大きな割れ目の入った高さ9メートルほどの巨石を中心に、複数の石から成り立っている。
  • 稲荷穴
    旅行/観光
    岩手県遠野市宮守町達曽部
    清水が湧き出すことで有名な、鍾乳洞。その名水は高く評価されており、「いわての名水20選」に選ばれている。稲荷神社でもあり、鍾乳洞の前には朱塗りの鳥居がかけられている。取水場は手前側と奥手側の2か所があり、近くには地元の方が水を運び出すための三輪車置き場が置かれている。地元の名物であるわさびの栽培には、こちらの澄んだ湧き水が使用されている。
  • 櫃取湿原
    旅行/観光
    岩手県下閉伊郡岩泉町櫃取湿原
    北上高地の中間湿原で、国道340号選から県道171大川松草線に入った奥にある。春は水芭蕉、初夏はシャクナゲ、秋には紅葉が美しい、岩手県の自然環境保全地域および林野庁植物群保護林で、「21世紀に残したい日本の自然100選」に選定されている。自然環境保全地域のため、設置されているルートに従って散策することができる。遠くに眺めるのは放牧された牛、春の水芭蕉が囲む遊歩道や、ハクサンシャクナゲは7月中旬が見頃。
  • 山田湾
    旅行/観光
    岩手県下閉伊郡山田町
    岩手県東部にある湾。三陸海岸北部にあるリアス式海岸は東北方向に伸びて太平洋に面している。周囲は約30kmのほぼ円形で、穏やかな円鏡を思わせる海岸に、白い岩肌に松の緑が鮮やかに映える。また、穏やかな海に浮かぶ大島、小島も鮮やかな緑に覆われていて、まるで大きな箱庭を思わせる。穏やかな波の湾内で、殻つきのカキやホタテが多く養殖されており、海の十和田湖と称されている。現在は、震災による被害から復興に向けて着実に進んでいる。
  • 黒崎
    旅行/観光
    岩手県下閉伊郡普代村
    岩手県普代村、北緯40度の地球村「黒崎」。黒崎展望台とアンモ浦展望台、はるか眼下に太平洋を望む断崖絶壁の上から丸い地球を実感できる土地。「三陸ジオパーク」のジオサイトにも指定されており、普代を代表する景勝地である黒崎展望台をはじめ、北緯40度00分00秒の東端ポイント、岩手県一の落差を誇るアンモ浦の滝など、絶景が目白押し。100メートルを超える断崖絶壁が続くアンモ浦展望台は、鬼や妖怪を示すアイヌ語が語源になったと言われている。
  • 田瀬湖
    旅行/観光
    岩手県花巻市東和町田瀬
    釜石自動車道「東和IC」から車で約20分。清流「猿ケ石川」をせき止めて造られたダム湖で、「ダム湖百選」のひとつに認定されている。コイやヘラブナ、冬のワカサギ釣りなど淡水魚の宝庫。湖畔には広大な森林公園が広がり、新緑や紅葉など四季それぞれに美しい景観が楽しめる。7月下旬に行われる「湖水まつり」では郷土芸能の他、カヌーやヨットなどの湖上スポーツが繰り広げられ、夜には数千発の花火が打ち上げられる。
  • 仙人峠
    旅行/観光
    岩手県釜石市甲子町・遠野市上郷町
    遠野と釜石の市境、北上山地の国道283号線上にある標高887メートルの緑深い峠。平成19年(2007)に仙人峠道路が開通するまで、急カーブと急勾配が続くループ形式の旧道は交通の難所として知られていた。現在では釜石側の旧道が、山の奥深さが実感できるドライブコースとなっている。新緑と紅葉のスポットとして知られ、例年10月下旬から11月上旬には目の前に迫るナラ、ヤマザクラ、カエデなど色とりどりの紅葉が楽しめる。
  • 御箱崎
    旅行/観光
    岩手県釜石市箱崎町
    箱崎半島の先端にある岬で、陸中海岸を代表する景勝地。海と風雨によって長い時間をかけて作られた手つかずの自然の光景が広がっている。北側は大槌湾から山田湾を、南側は三貫島から釜石湾を眺望できる。また、南側には花崗岩の巨大な奇岩が敷き詰められたような「千畳敷」があり、三貫島を望むことができる。箱崎白浜から現地までの6.8kmは、案内板が整備されたウォーキングコースになっている。
  • 葛根田渓谷
    旅行/観光
    岩手県岩手郡雫石町
    岩手山南麓を流れる葛根田川の上流、玄武洞から滝ノ上温泉まで続く約10kmの渓谷。川の左岸には高さ70mの柱状節理が160mにわたって続き、渓谷の奥には岩肌から深緑の滝壺に落ちる落差約30mの「鳥越の滝」がある。流域にはブナの原生林をはじめ多様な広葉樹が広がり、新緑はもちろん秋にはブナの黄色やモミジの赤い紅葉が美しい。紅葉の見ごろは例年10月上旬から中旬。
  • 久慈渓流
    旅行/観光
    岩手県久慈市大川目町
    八戸自動車道「九戸IC」から車で約40分。久慈平庭県立自然公園に指定されている渓谷。川沿いには「鏡岩」をはじめとした、2億年以上前の南洋のサンゴ礁に由来する石灰岩の断崖が続いている。その白い岩肌と木々のコントラストが美しく、紅葉の名所としても知られている。鏡岩の近くには岩手の名水20選にも選ばれた名水「不老泉」があるほか、アユやイワナなどの渓流釣りを楽しむこともできる。
  • ローソク岩
    旅行/観光
    岩手県宮古市崎鍬ヶ崎第12地割
    三陸鉄道リアス線(宮古-久慈)「宮古駅」からバス15分、 浄土ヶ浜ターミナルビル前バス停下車徒歩5分。浄土ヶ浜の北、大沢海岸に突き出た巨大な岩。火成岩が周囲の岩を突き破ってできたもので、高さ40m、幅は上部で7m下部で3mある。岩脈部分が露出し全体を見ることができる珍しいもので、国の天然記念物および三陸ジオパークに認定されている。陸からは近付くことができないため、「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」を利用する必要がある。

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す