NAVITIME Travel

三陸海岸の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 釜石大観音
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県釜石市大平町3-9-1
    釜石湾を行き交う船を見守るようにして立つ、高さ48.5mの魚籃観音像である。明峰山石応禅寺の発願により、幽界・明界の平和を祈念して建てられた。胎内は12階、海抜120mの展望台からは、馬田岬、尾崎半島、太平洋のパノラマを眺めることができる。

    夏の東北旅行。自動車での一人旅。宮城県松島を早朝4時に出発、牡鹿半島、女川、南三陸を45号線で北上。釜石に11時30分到着です。釜石は大観音様が有名との事で立ち寄りました。ただ大雨と強風で車から降りるのがはばかられる状態。下の駐車場から参拝をさせていただきました。駐車場は無料で入れます。少し寂れ気味な感じが寂しい場所でした。

  • 気仙大工左官伝承館
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県陸前高田市小友町字茗荷1-237
    東北自動車道「一関IC」から車で約90分のところにある博物館。気仙大工左官の建築技法を後世に伝えるため、明治初期の気仙地方の民家を想定し建設された。材料は全て、気仙杉などの地元材を使用している。母屋は茅葺屋根の木造平屋建てで、囲炉裏から見上げる「三段梁」など、気仙大工の技術を垣間見ることができる。敷地内には「1.17希望の灯り」から分灯されたガス灯、「3.11希望の灯り」がある。

    語り部の方と一緒にここに来ました。 常に囲炉裏に火がたかれていますが 建物は風通しもよく昔の家はよくできていたと感心します。 古民家風なので 柱も炭で黒っぽくしてあるそうですが 明治時代の建物という雰囲気で落ち着いて素敵です。 1億円くらい値段がかかったそうですが 一本松(現在のオブジェ)も1億円くらいしたらしいので それを聞くと お金の使い方について いろいろ考えてしまうところです。

  • 龍泉新洞科学館
    遊ぶ/趣味
    岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成
    岩泉町にある日本三代鍾乳洞の一つである龍泉洞の後に見つかった鍾乳洞。昭和42年(1967)、県道拡幅工事中に発見された龍泉洞は、よく発達している鍾乳洞や、水流の痕跡が学術的にも貴重なことから、昭和50年(1975)に科学館として開館した。現在も計測中の石柱や石筍の群れのほか、原始人が生活していた痕跡も多数見つかっている。洞窟内には、雨風をしのいだ原始生活の様子を展示したり、光で照らされた美しい水面を観察することができる。
  • 北緯40度のシンボル塔
    旅行/観光
    岩手県下閉伊郡普代村第2地割下村 三陸復興国立公園黒崎園地内
    JR東北新幹線二戸駅から三陸鉄道リアス線の利用で約35分。黒崎園地内、国民宿舎くろさき荘から徒歩1分のところにある「北緯40度の地球村・普代」のシンボル。高さ4メートルの地球儀型のモニュメントで、正面に立つとセンサーが気配をキャッチし、地球が自動的にくるくると回りながら訪れる人たちを歓迎してくれる。動力は太陽の光エネルギーで、遥かな海や周辺の自然の力を感じさせる。青い海と青い地球のフォトジェニックなスポットとしてもおすすめ。
  • 宮古市北上山地民俗資料館
    旅行/観光
    岩手県宮古市川井2-187-1
    山が豊かな恵みをもたらす一方で、平地が少なく冬の寒さも厳しい宮古市川井地域の暮らしと知恵を紹介する資料館。第一展示室では北上山地の山仕事用具を展示。第二展示室では南部曲り家を再現し、里の生活用具等を収蔵展示している。第三展示室には山間地医療に尽くした小川医院の診療室が再現され、地域医療の先人の偉業が紹介されている。展示品の一部は国の重要有形民俗文化財に指定されている。
  • 津波遺構 たろう観光ホテル
    旅行/観光
    岩手県宮古市田老野原80-1
    三陸鉄道リアス線「田老駅」より徒歩約20分。東日本大震災で高さ17mを超えるとも言われる津波の被害を受けた施設。4階まで浸水し2階までは柱を残して流失したものの倒壊を免れた建物は、甚大な被害の記憶を風化させることなく後世に伝えるための「津波遺構」として保存されている。宮古観光文化交流協会の「学ぶ防災ガイド」に参加することで館内の見学が可能で、震災当日に同ホテルで撮影された津波の映像を見ることもできる。
  • 宮沢賢治歌碑
    旅行/観光
    岩手県宮古市日立浜町32
    東北自動車道「盛岡南IC」より車で約130分、奥浄土ヶ浜バス停より徒歩約1分。浄土ヶ浜レストハウス前に建てられた花巻市出身の宮沢賢治の歌碑で、県内に数多くある碑のひとつ。平成8年(1996)10月に宮沢賢治の生誕百年を記念して造られたもので、大正6年(1917)7月に花巻町東海岸視察団に加わり浄土ヶ浜を訪れた際に詠んだ「うるはしの海のビロード昆布らは寂光のはまに敷かれひかれぬ」の句が刻まれている。
  • 岩手県立水産科学館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県宮古市日立浜町32-28
    JR「宮古駅」より約4km、浄土ヶ浜にある全国初の水産専門の科学館。岩手の漁場の歴史、伝統漁法、現代の漁法や養殖技術などを紹介する他、三陸域に生息している魚介類を巨大ジオラマで展示。「おさかなコーナー」には大きな水槽があり、岩手の近海で見られる魚やサンゴ礁で暮らすカクレクマノミなど、様々な海の生き物を見ることができる。ホタテ貝の絵付けやわかめの芯抜きなどの漁業体験や、タイムカプセルが作れる缶詰作りも可能(要予約)。

    浄土ヶ浜は有名で、それぞれの季節 多くの観光客で賑わいます。 その浄土ヶ浜へ行く道の途中にある水産科学館。 正直 私たちが立ち寄った時も 他にはお客さんはおらず。 この施設を県立でやっていくのは 厳しいのでは… と思いました。 外枠は とても立派です! もっと上手に活用すれば良いのに。

  • ひろのまきば天文台
    遊ぶ/趣味
    岩手県九戸郡洋野町大野66-8-142
    八戸自動車道「九戸IC」から車で約20分、「おおのキャンパス」敷地内道路を北へ1.2km。平成19年(2007)の「日本一星空が見やすい場所」に選ばれた、見晴らしのいい丘の上にある天文台。天体観測室には北東北最大級の「口径51cm反射式望遠鏡(IK-51NC)」や、太陽の観察ができる「Hα太陽観測専用望遠鏡」が備えられている。様々なテーマの常設展や特別展も開かれ、選りすぐりの天体写真を見ることもできる。
  • 長安寺
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県大船渡市日頃市町字長安寺57
    大船渡市日頃市町長安寺にある寺院。気仙郡司・金為時の4代目嫡孫・次郎丸為正によって約900年前に創建されたと伝わる。伽藍は一度火災で焼失し、18世紀末から再建。山門は、当時禁制だったケヤキを使用していたことを伊達藩から咎められ、工事の中止を条件に黙認されたため、現在でも扉や袖塀のない特殊なものとなっている。

    大船渡市にある真宗大谷派の寺院です。大きな山門と立派な本堂が印象的でした。樹齢420年のイチョウの木も見応えがあります。

  • 小袖海女センター
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県久慈市宇部町24-110-2
    岩手県久慈市にある施設。「北限の海女」の拠点施設となっており、1階は観光案内所や産直施設、2階は海女の紹介などを行う展示コーナー、3階は軽食スペースが設けられている。シーズンとなる7月から9月までの間は「海女フェスティバル」が開催されており、素潜りの実演なども行われている。

    小袖漁港の横にあり、あまちゃんで有名になった3階建ての建物で、1階が案内所とお土産売り場、2階が海女の展示、3階が休憩所となっています。 周囲には袖ヶ浜漁協や灯台など「あまちゃん」のロケスポットもあり、センター前で海女の実演が行われますが、7月から9月の土日のみです。

  • 橋野鉄鉱山(史跡 橋野高炉跡)
    旅行/観光
    岩手県釜石市橋野町第2地割15
    岩手県釜石市にある高炉跡。南部藩が経営していた日本最古の洋式高炉で国の文化財に指定されており、日本の製鉄産業を象徴する価値の高い史跡と言われている。平成27年(2015)には、関連遺跡を含めて世界遺産に登録された。
  • 釜石市立鉄の歴史館
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県釜石市大平町3-12-7
    岩手県釜石市にある歴史資料館。近代製鉄の発祥の地として、鉄の歴史を学べる施設となっている。館内では原寸大の高炉の模型が展示されているほか、鉄づくりの歩みを映像や音、光で紹介。ビジュアル装置も多数設置されているため、子どもも大人も楽しみながら鉄について知ることができる。

    小高い場所にあり景色もキレイ。釜石の鉄産業の歴史を、資料と映像で紹介しています。大人向けの内容ですが、後半は子供も楽しめるものもあります。

  • 久慈琥珀博物館
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県久慈市小久慈町第19地割156-133
    岩手県久慈市にある博物館。宝飾品で使われている中では、最も古い歴史を持つ久慈の琥珀を見ることができる施設となっている。館内では、琥珀が産出される様子や、琥珀を使った美術品などを展示。事前予約によって、琥珀の採掘を体験することができるイベントも開催されている。

    琥珀好き、石好きの人には良いと思います。 私はまったく興味がないので、ツアーで参加しましたが、ただの時間つぶしです。 案内してくれた若い男性は、知識も乏しく。 観光客からの質問に答えられないというものもありました。 最終的には 見学後、お土産を購入するよう誘導されているような。 まあ、ツアーで良くみる景色です。

  • 山口公民館(寄生木展示室・黒森神楽展示室)
    遊ぶ/趣味
    岩手県宮古市山口1丁目3-14
    寄生木展示室には、徳冨蘆花の小説『寄生木』に関する資料や、主人公のモデルである小笠原善平にまつわる多くの品々が展示されている。黒森神楽展示室には、黒森神楽に関する映像案内のほか迫力ある人形など神楽の醍醐味を伝える資料が展示されている。
  • 西塔幸子記念館
    旅行/観光
    岩手県宮古市江繋9-43
    「女啄木」といわれた、薄幸の歌人・西塔幸子に関する資料が展示されている記念館。西塔幸子最後の赴任地であった江繋に建てられた。
  • 久慈市立三船十段記念館
    旅行/観光
    岩手県久慈市川貫5-20-230
    柔道史に残る名柔道家、故三船久蔵[きゅうぞう]十段の偉業をたたえる記念館。小柄ながら、相手の体に触れずに倒す「空気投げ」の技を創案。昭和20年(1945)に講道館の最高位十段についた。展示品のほか、少年時代から空気投げ完成までのアニメも見られる。所要30分。
  • 宮古市新里生涯学習センター玄翁館
    遊ぶ/趣味
    岩手県宮古市茂市5-2
    公民館、図書室、展示ホールを備えた総合的な生涯学習センター。展示ホールでは、『籠の鳥』の作曲者で地元出身の鳥取春陽[とっとりしゅんよう]、童話作家・茂市久美子、山岳写真家・藤田弘基と盛岡-宮古の閉伊[へい]街道を開削した、江戸時代の僧侶・牧庵鞭牛[ぼくあんべんぎゅう]和尚の資料を展示している。
  • おおのキャンパス
    旅行/観光
    岩手県九戸郡洋野町大野58地割12-30
    大野木工のロクロ体験など地場の工芸講座を開設。食品工房の展示室では、ヨーグルト、ハムなど大野の味づくり体験ができる。
  • アジア民族造形館
    旅行/観光
    岩手県九戸郡野田村野田6-75
    アジア諸民族の暮らしを立体的に紹介している。付属の工房では、陶芸や仮面づくりが体験できる。展示棟は南部曲がり家を改装したもの。

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す