NAVITIME Travel

岩手の歴史的建造物スポット一覧

  • さすらい地蔵
    旅行/観光
    岩手県遠野市松崎町白岩
    白幡神社の境内に祀られている地蔵。首がなく、一見するとぼろぼろの地蔵に見える。南部統治時代、若者たちの力比べのため、もち運ばれることがたびたびあり、ひとつのところに置かれることがなかったため、「さすらい地蔵」と呼ばれるようになった。若者の遊びに使われたためか、男好きの女地蔵であるとも言われ、きちんと安置した信心深い者に罰を与えたと伝えられる。現在は、台座から移動しないよう固定されている。
  • 佐々木喜善の生家
    旅行/観光
    岩手県遠野市土淵町山口
    場所はJR遠野駅から車で20分の山口川沿い。家屋は平屋建ての歴史と趣が感じられる昔ながらの建物。現在も佐々木氏の子孫が住んでいるため一般公開はされておらず、外観を眺めるのみとなる。佐々木喜善は対象から昭和初期に活躍した民話研究家。「日本のグリム」とも称されており、彼の口述伝承は柳田國男氏に「遠野物語」を著すきっかけとなる。墓地は生家からも近い「山口のダンノハナ」に作られた共同墓地にある。
  • 山口の水車
    旅行/観光
    岩手県遠野市土淵町山口2地割
    遠野市の山口川沿いにある藁葺屋根の水車小屋。いつ頃に建設されたかは不明だが、かつては農作物の脱穀や製粉といった作業に使われていたとされる。また現在でもまだ使用することが可能。「下掛け」と呼ばれる豊富な水量を利用した作りとなっており、昔ながらの風情から遠野のイメージシンボルとしても活用されている。またその牧歌的な風景から観光客に人気がある。
  • 後藤新平旧宅
    旅行/観光
    岩手県奥州市水沢吉小路8-1
    奥州地区合同庁舎と隣接した水沢区吉小路の通りにひっそりと佇む萱葺屋根の建物。関東大震災後の東京で大胆な震災復興計画を立案した後藤新平の旧宅であり、彼の意向により水沢に寄贈された。母屋に便所、板倉といった江戸時代後期の下級武士の住宅遺構が修復を繰り返して現在に伝えられている。昭和47年(1972)に岩手県指定有形文化財に指定。毎年6月4日には地元の顕彰会が主催する後藤新平生誕祭が開催される。
  • 同心屋敷
    旅行/観光
    岩手県花巻市桜町4-83-8
    東北自動車道「花巻南IC」より約15分のところにある歴史的建造物。江戸時代に建てられた、花巻同心組が居住していた屋敷を移転・復元したものである。宮沢賢治詩碑のすぐ近くにある。藩政時代の曲がり家形式の武家屋敷として、市の文化財に指定されている。4月から11月は外観の見学が自由。5月から10月の土日祝日および夏休み期間は、同心屋敷の縁側にて湯茶のサービスを行っている。
  • 旧渋民尋常小学校
    旅行/観光
    岩手県盛岡市渋民字渋民9
    盛岡市渋民字渋民にある歴史的建造物。同地区出身の歌人・石川啄木が小学生時代を過ごし、後に代用教員として教壇にも立った校舎で、廃校となってから石川啄木記念館隣に移築された。市の有形文化財にも指定されている。
  • 南昌荘
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市清水町13-46
    盛岡市清水町にある歴史的建造物。同市出身の実業家・瀬川安五郎が明治期に建てた邸宅で、市の保護庭園および景観重要建造物、庭園は国の登録記念物に指定されている。現在は一般公開されており、お茶会やコンサートなどのイベントにも利用されている。

    仕事合間に時間があったので訪問しました。お客さんは私一人でとてもすいていました。驚いたのは、とても綺麗に整備された庭。遠ても良かったです。

  • 高館義経堂
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字柳御所14
    中尊寺の東方、源義経最期の地といわれる高台にある義経堂。祠内には義経像が安置されており、眼下には弁慶が立ち往生したといわれる衣川、北上川が望める。松尾芭蕉が「夏草や兵共が夢の跡」と詠んだ地でもあり、高台の右手には松尾芭蕉の「夏草句碑」がある。
  • 上の橋擬宝珠
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中津川上ノ橋
    岩手県盛岡市にある橋。南部藩主の利直公が、盛岡城の建築と同時に架設した木造の土橋。現在の橋は昭和10年(1935)に架けられたもので、高欄にはヒノキ材が使われていたが、後に県内産のヒバ材が使用されるようになった。橋の上には、建設当時からある擬宝珠が付けられているのが特徴。
  • 紺屋町番屋
    旅行/観光
    岩手県盛岡市紺屋町4-33
    岩手県盛岡市にある保存建造物。明治24年(1891)に「盛岡消防よ組番屋」として建てられ、大正2年(1913)に消防組第四部事務所として改築。木造2階建て構造で、かつては消防器具の常置場だった1階は消防車の車庫に、2階は畳敷きの寄り合いの場となっている。
  • 啄木新婚の家
    rating-image
    3.5
    55件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中央通3-17-18
    岩手県盛岡市にある歴史的建造物。詩人の石川啄木が、妻・節子と両親、妹と共に3週間ほど生活していた住居。昭和59年(1984)には、盛岡市の指定有形文化財となっている。随筆「我が四畳半」にて書かれている家であり、盛岡市内に残る唯一の啄木の遺跡となっている。

    盛岡観光にて訪れました。 住宅街にポツンと佇んでいます。昔から変わらず、大切に管理されて来たんだなぁと感じることができます。庭も整備され、建物もそれほど古さを感じさせません。 管理人さんが奥にいらっしゃいますので、学校の授業の一貫で利用されていた小学生の方々が質問している様子なんかも見ることができました。 地元の方々に大切にされてきた建物なのだなと感じることができます。

  • 岩手銀行赤レンガ館
    rating-image
    4.0
    108件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-2-20

    明治時代の建物です。盛岡市の中津川を渡る中ノ橋のたもとにあります。「岩手銀行(旧盛岡銀行)旧本店本館」で国の重要文化財に指定されてます。歴史を感じてはいかがでしょうか?

  • 岩手大学農学部附属農業教育資料館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市上田3-18-8
    日本初の高専農林学校として明治35年(1902)に開校した旧盛岡高等農林学校。岩手大学農学部附属植物園の緑に囲まれた旧本館校舎は、大正元年(1912)に建てられたもので、木造2階建ての欧風建築は国の重要文化財に指定されている。館内は資料館として公開され、農業に関する学術的な資料や文献などを見ることができ、また、6年間ここで学んだ宮沢賢治に関する資料も展示されている。 【写真提供】岩手大学

    「旧盛岡高等農林学校」の建物が教育関係の資料館となっています。 重要文化財となった建物は、美しくて、敷地内には、大きな西洋式の池もあります。宮沢賢治がコンクリートに半分埋まるように立つ像も見どころ。宮沢賢治がうつむき加減で思案する姿はとても印象的です。

  • 旧岩谷堂共立病院(明治記念館)
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県奥州市江刺南町4-8
    明治7年(1874)に岩手県初の西洋式病院として建築されたこの建物は、六間四面の1階に中2階を含めた4階及び八角形の塔屋からなる擬洋風建築物。菊田一夫原作のラジオドラマのモチーフになったとされ、この塔屋からは朝夕「とんがり帽子」のメロディが流れる。昭和54年(1979)に岩手県指定有形文化財にしていされている。

    とんがり帽子の歌で歌われた、江刺地区を代表する建物です。川を臨む一段高いところにあって、かわいらしい感じ。元は病院だったそうですが、ただ、中に入ってもちっともそんな感じはしませんでした。係の人がいて、尋ねましたが、どこに診察室があったかとかやっぱり今では分からないんだそうです。

  • 旧菅野家
    旅行/観光
    岩手県北上市立花14-62-3 みちのく民俗村
    みちのく民俗村内にあり、北上市内に残されていた旧伊達藩大肝入の、通称中村屋敷。江戸中期の建築の様子を記した普請帳[ふしんちょう]がある。薬医門は享保5年(1720)のもの。
  • もりおか啄木・賢治青春館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-25 旧第九十銀行本店
    明治43年(1910)に竣工した旧第九十銀行の建物を保存活用。石川啄木と宮沢賢治が過ごした明治時代の盛岡の街と、2人の歩みを紹介。重要文化財の建物も必見で、旧頭取室(映像体験室)や旧金庫室(光と音の体験室)など見どころ多数。1階には喫茶コーナーやオリジナルグッズを販売するショップもある。

    駅中のインフォメーションセンターのお姉さんに「インスタ映えするカフェをおしえてください」と教えてもらって行きました。今風の感じではなく、大正モダンを彷彿させる重厚な建物の中にひっそりと喫茶コーナーがあり、静かにクラッシックがながれ贅沢なカフェタイムができました。

  • 盛岡信用金庫本店(旧盛岡貯蓄銀行)
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-4-6
    盛岡出身の建築家・葛西萬司の設計で、昭和2年(1927)に完成した建物。正面に6本の円柱がそびえ、花崗岩に施された石彫りのパターンが重厚な印象を与えている。
  • 高野長英旧宅
    旅行/観光
    岩手県奥州市水沢大畑小路7
    幕末の蘭学者・高野長英が幼少の頃過ごしていた旧宅。国指定史跡。明治9年(1876)に改装され、2階があげられているが、主座敷(8畳)と次座敷(6畳)の2室は、当時のまま保存されている。外観は自由見学可。主座敷と次座敷の見学は、5名以上で1週間以上前に電話予約必要。予約先:奥州市武家住宅資料館0197-22-5642。
  • 神楽の館
    旅行/観光
    岩手県花巻市大迫町内川目39-37-2
    明治時代の民家を移築した建物で、ユネスコ無形文化遺産早池峰神楽の大償神楽が主に舞われる。
  • 世界遺産 平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町
    平成23年(2011)、世界遺産に登録された平泉。奥州藤原氏が浄土思想に基づいて築き上げた中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡の4カ所の国指定特別史跡と金鶏山の計5カ所から構成される文化遺産。奥州藤原氏は、11世紀末に初代藤原清衡が奥州(陸奥)を統治し、四代泰衡が源頼朝によって滅ぼされるまでの約100年間にわたり栄華を極めた一族。平泉には、合戦で妻子を失った清衡が建立した中尊寺をはじめ、浄土思想を現生で表現した複数の遺構や遺跡が一群としてよく残っており、その独自の浄土世界を表現した建築や庭園は世界的にも珍しい。黄金文化を代表する国宝中尊寺金色堂や国指定特別名勝の毛越寺庭園などは見逃せない。

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す