奈良の寺院スポット一覧

  • 東大寺
    rating-image
    4.5
    5652件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市雑司町406-1
    奈良市にある華厳宗大本山の寺院。「奈良の大仏」として奈良のシンボルとなっている盧舎那仏が本尊だ。天平15年(743)に聖武天皇が大仏造立の詔を発し、その大仏を安置するべく国力を尽くして建立した。境内には国宝である南大門や大仏殿、鐘楼、法華堂などが点在する。日本を代表する観光スポットとして世界的に知られており、外国人観光客の姿も多い。

    仏生会を観たくて4月8日に訪れましたが、閑散としていました。 桜は葉桜になっていましたが、満開なら更に素晴らしかったと思います。 柱くぐりが出来なかったのが残念ですが、花にまみれた大仏様をゆっくり拝むことができて、本当に贅沢なひとときでした。

  • 興福寺
    rating-image
    4.0
    1318件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市登大路町48
    奈良市にある寺院。藤原鎌足夫人が669年に京都に創建した山階寺が起源。度重なる火災で焼失・再建の末、明治期の廃仏毀釈では廃寺同然となるが、残された東金堂や五重塔、北円堂、三重塔は国宝に指定されている。ライトアップされた夜間の五重塔は奈良を代表する風景だ。阿修羅像などの国宝・文化財に指定された仏像も多数安置している。

    近鉄奈良駅を出ると直ぐの場所に境内が広がっていました。今回は、西国三十三箇所巡礼で混雑を避けて朝早めの時間帯に南円堂を参拝したのですが、全くその必要はありませんでした。団体バスツアーも催行されていないうようで、参拝後の納経も待ち時間無しでした。

  • 総本山 長谷寺
    rating-image
    4.5
    372件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県桜井市初瀬731-1
    真言宗豊山派の総本山であり、西国三十三所観音霊場の第8番札所として賑う寺院。朱鳥元年(686)に道明上人が、天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を安置したことが発祥と伝えられている。本尊である十一面観音像など、多くの文化財を所蔵することで有名。仁王門から本堂(国宝)へ続く399段の石段(重要文化財)、天井に吊るされた灯籠など、伝統と歴史に彩られた見どころが多い。4月下旬からは7000株もの牡丹が満開を迎える。

    長谷寺は、長谷駅から5分くらい。寺に入ってから若干階段を上る程度です。 日曜日の8時過ぎに行ったのですが、そんなに人は多くなくゆっくり写真が撮れました。5/30日時点では蕾と花が同居している感じです。私はそれくらいのアジサイが好きですが。寺に入るのに400円、紫陽花見学料が300円でした。 ちなみに、江ノ電は1日パスが650円だったかな。1駅が200円くらいなので、4回乗るなら、買ったほうがお得か...

  • 薬師寺
    rating-image
    4.0
    489件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市西ノ京町457
    興福寺と同じく法相宗の大本山。天武天皇9年(680)に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気回復のため発願し、その後持統天皇に引き継がれて藤原京に建立された。現在地に移転したのは養老2年(718)である。当初は数々の堂舎と回廊をもつ堂々とした構成であったが、火事や戦乱により東塔を残して焼失。色鮮やかな金堂、西塔、中門、回廊および境内で最大の大講堂などが再建された。創建当時より唯一現存する国宝の東塔は、一見すると六重の塔に見えるが、三重塔である。※平成32年(2020)6月頃まで東塔は修復工事中。

    長い年月をかけた写経勧進により伽藍は再建され、創建時の姿を伝える。 1300年前に見た人はど肝を抜かれただろう。しかも薬師寺だけでなく、唐招提寺や西大寺さらには平城宮も直ぐ近くに見えたはず。 東塔(奈良時代)と東院堂(鎌倉時代)を除くと、近年の再建されたものだが、納められている仏像群の多くは幾多の戦災や災害に耐えた古来より伝わるもので国宝や重要文化財となっている。

  • 唐招提寺
    rating-image
    4.5
    634件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市五条町13-46
    奈良時代、平城京を中心に栄えた南都六宗の一つである律宗の総本山。中国、唐から来日した僧、鑑真により、天平宝字3年(759)に創建された。鑑真の私寺として始まり、当初は簡素であったが、弟子の尽力により鑑真の没後には金堂など主要伽藍が完成。本尊の盧舎那仏坐像など、多くが国宝や重要文化財に指定されている。鑑真の命日前後の6月5日から7日に限り、国宝の鑑真和上坐像が開扉される。

    もちろん教科書でも習ったが、それ以上に井上靖の「天平の甍」を読んで以来、鑑真和上の情熱に心打たれました。 その鑑真の人となりを表すように、高名な寺でありながら華美すぎることなく、静謐でしかし構えることのない優しい雰囲気の御寺です。 有名な鑑真和上像のレプリカも拝めます。

  • 三輪明神 大神神社
    rating-image
    4.5
    332件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県桜井市三輪1422
    原初の神祀りの様を伝える日本最古の神社「大神神社」は、禁足地と拝殿の間の結界 三ツ鳥居と拝殿が国の重要文化財となっている。拝殿は鎌倉時代に創建されたことが文献で知ることができるが現在のものは徳川四代将軍家綱によって再建された。ご祭神は国造りの神様として人間生活の守護神として尊崇されており、四季の祭典は自由に参列できる。JR三輪駅から徒歩約5分。

    日本で一番古い神社だそうで、間違いなく国内最強のパワースポットです。近くには無料駐車場があって、お社まで歩いて10分ほどの距離。少しだけ近いところには有料Pもありますが、距離的にはメリットは感じさせません。電車ではJR三輪駅が最寄りで、十分歩いて行ける範囲です。 周辺にはそうめんなどのお土産ものも売っています。ここまで来たら是非とも食べるべきは三輪の素麺。そうめん処森正がこの辺りでは老舗でオススメ...

  • 金峯山寺
    rating-image
    4.5
    263件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
    吉野山のシンボルであり、修験道の総本山。白鳳年間(7世紀後半)に役行者が開いたと伝えられる。金峯山の高台に堂々と建つ蔵王堂は天正20年(1592)に再建されたもので、東大寺大仏殿に次ぐ木造大建築。過去、現在、未来を意味する3体の蔵王権現像が安置され、高さ7mの本尊は必見。

    国宝の仁王門は修理工事中で通り抜けが出来ず、本坊側から回り込んで境内に入りました。境内の正面に回って見上げる「蔵王堂」には圧倒され、大きな寺院である事が良く分かりました。

  • 法隆寺
    旅行/観光
    奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
    斑鳩町法隆寺山内にある寺院。推古15年(607)に聖徳太子と推古天皇によって建てられ、現在の伽藍は世界最古の木造建築群として名高く、日本の世界文化遺産第一号でもある。境内には国宝や重要文化財に指定されている建築が55棟点在し、大宝蔵院には飛鳥時代からの貴重な宝物類を数多く所蔵している。
  • 元興寺
    rating-image
    4.0
    259件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市中院町11
    奈良市中院町にある寺院。その歴史は6世紀末、蘇我馬子により建立された日本最古の寺院「法興寺」にまでさかのぼる。その後、平城京遷都にともなって移転し、現在の名称となった。「古都奈良の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されている他、境内の極楽堂や禅室、五重小塔は国宝に指定されている。また、法輪館の特別展示室では、毎年春と秋に寺の所蔵品などをテーマに沿って展示する特別展も開催。

    588年仏教が中国、朝鮮半島より渡来明日香村に飛鳥寺を蘇我馬子が造営する。 その後都が平城京に移り、飛鳥寺も元興寺と 名前変えてこの地に移転したとの事です。平城の飛鳥と呼ばれていたとの事です。 お堂は天変地異で焼失したり、中央集権政府の力衰え官寺として支えが無く成り、天台宗系や真言宗系のお寺の興隆により衰退していった為、元々巨大な伽藍だった様ですが、今は極楽坊が残る程度に規模縮小してます。 しかし...

  • 岡寺
    rating-image
    4.0
    102件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村岡806
    奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派の寺で、西国三十三所の第7番札所。天武天皇の息子・草壁皇子が住んだ岡宮の地をもらい受けた義淵僧正により創建されたと言われている。正式名は「龍蓋寺」。古来から厄除けの霊場として信仰を集めており、厄年の祈祷などで多くの参拝者が訪れる。重要文化財に指定されている日本最大の塑像「如意輪観音坐像」や朱塗りの仁王門など見どころが多く、4月中旬から咲く約3000株のシャクナゲや秋の紅葉も見事。

    西国三十三所巡りで久しぶりに参拝しました。 運転本数が少なく不便なのは予め想定の上、「かめバス」で向かいました。最寄りのバス停からは急坂が続いていましたが、大半の参拝者はマイカー利用のようでした。 時節柄、団参ツアーは見当たらず個人の参拝者も少な目でした。

  • 般若寺
    rating-image
    3.5
    51件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市般若寺町221
    飛鳥時代に高句麗の僧・慧潅法師が開創、その後天平7年(735)に聖武天皇が平城京の鬼門鎮護のために「大般若経」六百巻を地中に納め、勅願寺として「般若寺」と命名した。国宝に指定されている楼門は鎌倉期の建築様式美をよく表しており、迫力がある。また秋には約15万本のコスモスが咲き乱れ、風情があって美しい。

    水仙と蝋梅を見に行きました。 前日の雨と風で水仙はかなり倒れてたし、時期もそろそろ終わりだったのか 思ったより寂しく感じた。 平日で人が居なくてゆっくり写真撮れました。 もう少し満開の時にお邪魔できるとよかったかも。 次は紫陽花の時かな。

  • 西大寺
    rating-image
    4.0
    90件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市西大寺芝町1-1-5
    奈良市西大寺芝町にある寺院。真言律宗の総本山で、その歴史は765年、称徳天皇による四天王像の造立にまでさかのぼる。本堂の本尊釈迦如来立像、愛染堂の愛染明王坐像(秘仏)、四王堂の十一面観音立像などは、いずれも重要文化財に指定されており、この他にも平安時代や鎌倉時代の貴重な仏像、仏画、密教法具などを多数所蔵、それらの一部は境内の聚宝館に展示されている。

    創建は奈良時代の764年。当時は百十数の堂舎が甍を並べていたが、再三の災害で大伽藍も面影無くなった。主要な建物である本堂も1752年の建立で有る。現在は真言律宗総本山で有る。

  • 新薬師寺
    rating-image
    4.5
    212件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市高畑町1352
    天平19年(747)に聖武天皇の病気回復を願って光明皇后によって創建された。奈良時代には、広大な寺域に100人以上の僧が修行する南都十大寺の一つであったが、平安時代に入り、落雷や台風で規模が縮小された。本堂は創建当時、そのままの姿を残し、中には本尊の薬師如来坐像のほか、十二神将立像が安置されている。

    午後7時過ぎに普段は開帳されない正面三面扉が開き、お薬師様と十二神将が蝋燭の光に浮かび上がります。その後「おたいまつ」 松明で僧侶が本堂に入堂するための道明かり。僧侶の人数にあわせて11本の松明です。圧巻は導師様入堂の際の松明。別世界に入り込んだかの様です。本堂の白壁がオレンジ色に輝く様はまるで天平時代に戻ったかの光景です。その後灯明で照らされた本尊の前で散華(雅楽)、導師の祈り、神名帳(1300...

  • 大仏殿
    旅行/観光
    奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺内
    奈良市にある「東大寺」の仏堂で、日本の国宝。正式名称は「東大寺金堂」。本尊であり「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏坐像を安置するために創建された、境内でも最大の建築物だ。盧舎那仏像は高さ約14.7mの銅造りで、一部に建立当時の天平時代の部分が残る。大晦日から元旦に正面の唐破風下の観相窓が開き、大仏の顔を外から見ることができる。
  • 安倍文殊院
    rating-image
    4.0
    101件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県桜井市阿部645
    奈良県桜井市阿部にある華厳宗の寺で、大化の改新の際に安倍倉梯麻呂一族の氏寺として建立された。「三人寄れば文殊の智恵」で知られる文殊菩薩が本尊。4体の脇侍像を随侍させた快慶作の国宝「木造騎獅文殊菩薩像」は、日本最大級の大きさを誇る。境内には3つの古墳があるほか、弁財天像や安倍仲麻呂像などの寺宝が見られる「金閣浮御堂霊宝館」も見どころ。春と秋にコスモスが美しく咲き乱れ、9月にはコスモス畑の迷路が楽しめる。

    日本三文殊の一つと言われる安倍文珠院は、桜井市の主要な観光スポット。国宝の仏像群を見るためだけにでも訪れる価値がある。境内には、西古墳や浮御堂、安倍晴明にまつわる遺跡など見所が多い。なお、本堂と浮御堂との共通チケットもあるが、時間がなければ浮御堂はパスしてもいいかと思われる。

  • 室生寺
    旅行/観光
    奈良県宇陀市室生78
    真言宗室生寺派の寺院で、高野山とは違い女性の参詣が可能であったことから別名「女人高野」として親しまれている。奈良時代末期に、桓武天皇の病気平癒を祈願して創建された。金堂や本堂の屋根は柿葺と桧皮葺屋根で、瓦ではなく木の皮が使われている。国宝に指定されている五重塔は、屋外にある木造の五重塔としては日本最小。本尊の釈迦如来立像や弥勒菩薩立像など、国宝や重要文化財に指定された仏像が多数、安置されている。
  • 壷阪寺(南法華寺)
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県高市郡高取町壷阪3
    西国三十三所観音霊場の第六番札所として知られる真言宗の古寺で、大宝3年(703)に創建されたものであると言われている。本尊として祀られている十一面千手観世音菩薩は眼病に霊験あらたかで、全国から多くの参拝客が訪れる。境内にある三重塔と禮堂は国の重要文化財に指定されている。

    山中にある寺院でもあり、マイカー利用なら問題無くても公共交通機関を利用して参拝するのは不便な立地でした。今回は平日に参拝した為、路線バスの本数が土休に比べ少なく、不便さを実感しました。境内には大きな石造りの仏像が立ち全体に派手な印象を受ける寺院でした。猶、本堂への立入は自由となっており本尊の直ぐ前まで行く事が出来る貴重な寺院とも云えそうでした。

  • 生駒聖天 宝山寺
    rating-image
    4.0
    84件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県生駒市門前町1-1
    奈良県生駒市門前町にある寺院で、延宝6年(1678)に湛海が開基した真言律宗大本山。鎮守神として聖天堂に祀られている大聖歓喜天は現生利益を求める人々の信仰を集め、商売繁盛の神「生駒聖天さん」として有名である。寺内最古の建物である本堂には、重要文化財の本尊「木造不動明王像」を安置。境内には明治時代の洋風建築「獅子閣」や役小角が般若経を納めた「般若窟」など見どころが多い。毎月1日と16日は「歓喜天御縁日」であり、現世利益祈願の参拝客が多数訪れる。

    生駒山系は、大和と河内の国境をなすお山です。奈良県側からは、近鉄電車の生駒駅から鋼索軌道で登ることができます。生駒駅からの鋼索軌道は、全国的にも珍しい踏切があります。生駒山上へは、一度鋼索軌道を乗り換えねばなりません。その駅から、生駒の聖天さんこと宝山寺さんへの参道が開けています。

  • 橘寺
    rating-image
    4.0
    77件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村橘532
    奈良県高市郡明日香村にある天台宗の寺。聖徳太子が誕生した地に太子自身が創建したと伝えられている。かつては多数の堂宇を有する大規模な寺院であったが、現在は元治元年(1864)に再建された本堂や観音堂など少数が残るのみ。本尊の重要文化財「木造聖徳太子坐像」は、太子の彫刻としては最古のものである。境内には善と悪を表す二面石があり、寺宝をおさめた聖倉殿は春と秋に特別公開が行われる。

    3月末に行きました。西門の駐車場あたりからもうすでにものすごく桜がきれいです。中に入っても桜がいっぱいでした。見ごたえがありました。奥にある「往生院」に華の天井画が260点あります。きれいでした。

  • 秋篠寺
    rating-image
    4.5
    111件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市秋篠町757
    奈良市秋篠町、西大寺の北方に鎮座する寺院。本尊は「薬師如来」で、鎌倉時代の建立とされる「本堂」は国宝に指定されている。この本堂に安置されている日本で唯一の「木造伝・伎芸天立像」が特に有名だ。また、年に一度6/6には6本の手をもち、体じゅうに蛇が巻き付いた忿怒像「木造大元帥明王立像」(真言密教寺院であった時代の秘仏)が御開帳され、多くの参拝者が訪れる。なお、御朱印もこの日のみ貰える。

    とにかく景観が良いお寺だなと感じました。 お金がかけられている感と言ったら言い方が悪いのかもですが、細かいところまで行き届いているといった印象でした。 とても良かったです♬

奈良の主要エリア

around-area-map

歴史・文化、自然、世界遺産と見どころの多い奈良県。エリアによって都会的な要素からローカル的な要素も兼ね備えている地域です。京都・大阪・名古屋からは、JRや近鉄を利用して1時間~1時間半程度で到着します。 奈良県には4つの観光エリアがあります。「奈良」には平城宮跡や興福寺などがあり、奈良国立博物館や奈良県立美術館では芸術を楽しむことができます。「斑鳩・生駒」では、法隆寺や法起寺などの世界遺産を見ることができます。「飛鳥・橿原・桜井」は曽爾高原や鍋倉渓など自然豊かな地区です。「吉野」は、みたらい渓谷や蜻蛉の滝などの絶景スポットやキャンプ場施設が多くあるエリアです。「奈良」と「斑鳩・生駒」は観光スポットが多く、比較的公共交通機関も揃っています。 柿の葉寿司や奈良漬け、三輪そうめんなど、奈良県のご当地グルメも観光と併せて楽しみましょう。

奈良の写真集

目的から探す