福島の寺院スポット一覧

  • 白水阿弥陀堂
    rating-image
    4.0
    107件の口コミ
    旅行/観光
    福島県いわき市内郷白水町広畑221
    平安時代末期の永暦元年(1160)に、藤原清衡の娘である徳姫によって建立された寺院。福島県で唯一、国宝建築物に指定された建物である。東、西、南の三方を池に囲まれた庭園の造りは、平安末期に流行した浄土式庭園の特徴とされている。阿弥陀堂へは正面にかけられた赤い橋を渡って参拝する。これらの建築様式は、徳姫の故郷である平泉の寺院建築の影響を受けたためと言われている。

    静かな庭園。紅葉はきれい。観光客は少なく見どころとは言えないが、歴史を感じることができれば、いいスポットかも。

  • 中野不動尊
    rating-image
    4.5
    26件の口コミ
    旅行/観光
    福島県福島市飯坂町中野堰坂28
    飯坂温泉街の西にある中野不動尊は日本三大不動尊のひとつ。ここは厄除けの秘法「六三除け」発祥の地として知られるパワースポットである。境内には「厄除け」「眼守」「三ヶ月」の三つの不動明王が祀られており、清らかな心で念ずればどんな願いも聞いていただけるという。また境内にある休憩所かもしか庵では「十貴茶」という薬草茶を頂くことができる。甘酒やだんごなどの軽食や中野不動尊オリジナルのお土産も扱っている。

    福島駅前観光物産館に立ち寄った際、名所の一つとして紹介されました。丁度、車を購入された方?が祈祷を受けてて車の前でお祓いしていました。不動尊には洞窟があり、そのなかは36の童子が祀られていました。

  • 圓蔵寺
    rating-image
    3.5
    43件の口コミ
    旅行/観光
    福島県河沼郡柳津町柳津字寺家町甲176
    福島県河沼郡柳津町にある寺院。臨済宗妙心寺派の寺院で、釈迦如来を本尊とする。茨城県の「大満虚空藏菩薩」と千葉県の「能満虚空藏菩薩」と共に「日本三虚空藏菩薩」の一つとされ、この寺の「福満虚空蔵尊」は、弘法大師の作と伝えられている。年末年始には多くの参拝客が訪れるほか、毎年1月7日には一年の幸福と無病息災を願う「七日堂裸まいり」が行われる。

    お寺のポリシーかどうか分かりませんが、他のお寺の花の和紙の特別な御朱印を頂いたページを見つけると、授与できませんと、一蹴り。、御朱印を返されました。、円蔵寺は失礼極まりない。、格式や歴史、伝統も大事ではあるが、一番大事なのは頂きに来た純粋な心を曇らせてはならぬこと。スタンプラリーや、記念御朱印などの形に囚われ、信仰の一番大事な心の部分を見ていないこと。もう、来たくないとか、この寺が嫌いになったとか...

  • 山本不動尊
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    福島県東白川郡棚倉町北山本小檜沢94-2
    福島県東白川郡棚倉町にある、「不動明王(ふどうみょうおう)」などが祀られている真言宗智山派の寺院。樹齢100年以上の杉並木や、渓谷など四季折々の風景を楽しむことができる。また、秋には「紅葉狩り」スポットとして紅葉ライトアップも行われており、多くの参拝客が訪れている。

    まずはじめにすみません。 実際に訪れるまでは大したこと無い普通のお寺だろうと高を括っていました。 ※紹介してくれたK氏には心から感謝 栃木県と福島県の県境にある山本不動尊。 地元では厄除けや開運で有名な歴史あるお寺なんだと知りなるほどと一人納得。 細い道を抜けた先に駐車場があるのですが道が狭いのでペーパードライバーの方は要注意です。 車を停めて参道を歩くと何とも言えない雰囲気の灯篭の連続に圧倒され...

  • 金塔山 恵隆寺 立木観音堂
    rating-image
    4.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    福島県河沼郡会津坂下町塔寺字松原2944
    福島県河沼郡会津坂下町にある寺院。真言宗の寺院で、「立木観音」の通称を持つ「十一面千手観音菩薩」を本尊とする。540年に梁の僧であった青岩により、庵が結ばれたと伝われている。観音堂内には、抱きつくことで願い事が叶うと言われている「だきつき柱」があり、多くの人々の信仰を集めている。

    会津には、観音をまつる寺院が数多くあるが、ここがいちばん有名。 実際に根を持つ樹木に彫刻を加えて、観音像にしたことで、立木観音と呼ばれる。説明では、現在も生きた根を持っているという説明書きだが、少し疑わしい。 観音の両翼に二十八神将像が並んでおり、これも見もの。

  • 医王寺
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    旅行/観光
    福島県福島市飯坂町平野字寺前45
    福島市飯坂町平野寺前にある寺院。826年に開基。本堂の本尊・大日如来のほか、薬師堂には弘法大師作と伝わる薬師如来を祀っており、「鯖野薬師」とも呼ばれる。飯坂を治めた奥州藤原氏一門の佐藤一族の菩提寺でもあり、「奥の細道」の道中に立ち寄った松尾芭蕉は、源義経の身代わりとなって命を落とした佐藤継信、忠信の兄弟を偲び「笈も太刀もさつきに飾れ紙のぼり」の句を残している。境内には芭蕉の句碑や宝物館も併設。

    飯坂温泉郷から車で5分程度離れた所にありました。お寺は平安時代に開基されたものらしく弘法大師を祀ってました。 奥の院薬師堂には、薬師如来を祀り「鯖野の薬師様」と呼ばれて古くから、多くの人の信仰を集めているそうです。

  • 鳥追観音 如法寺
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    福島県耶麻郡西会津町野沢如法寺乙3533
    福島県耶麻郡西会津町にある「真言宗室生寺派」の寺院で、「聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)」などを祀っている。境内には、「会津ころり三観音」の1つとして有名な「鳥追観音」があり、普段は非公開となっている。また毎年、春と秋の例大祭に特別公開されており、多くの参拝客が訪れている。

    三大ころり観音をお参りするために訪れました。お守り等を売っておられる女性の方の説明がとっても面白く、是非ともお聞きください!猿を探すのに一生懸命になり、首がいたくなりました(^^;豪雪地帯とのこと。季節ごとに訪ねてみたい素晴らしいお寺でした。

  • 弘安寺 中田観音
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    福島県大沼郡会津美里町米田堂ノ後甲147
    福島県大沼郡会津美里町にある「曹洞宗」の寺院。会津ころり観音の1つ「十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)」などが祀られている。「中田の観音さま」と地元の人々に呼び親しまれている。また、会津三十三観音の「30番礼所」として、多くの参拝客が訪れている。

    会津ころり三観音のひとつで中田観音様を拝むことが出来ます。が、観音様を見る為には予約(平日のみ?)が必要で今回は見る事が出来ず残念でした。次回は予約してから行きたいと思います。参拝は自由に出来ました。お堂の右側にはだきつき柱もあるので願い事をしてくるのが良いと思います。

  • 勝常寺
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    福島県河沼郡湯川村勝常字代舞1764
    会津中央薬師堂とも呼ばれる真言宗豊山派の寺院。807年に徳一上人によって開かれた古刹で、東北を代表する国宝や国重要文化財を有している。木造薬師如来坐像と、その左右に位置する日光菩薩立像、月光菩薩像は国宝に指定されている。他、重要文化財の9体を含めた12体の仏像は平安初期の作で、この時代のものがこれだけの数、ひとつの場所で保存されているのは全国的にも珍しい。公開は4月から11月中旬までで、事前申請が必要。

    予約制ですが、日光、月光含めて保存も良く、また京都や奈良より 間近で見られるので迫力がありました。良かったです。

  • 子安観音
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町大内
    福島県南会津郡下郷町にある社寺。観音堂は高台にあり、大内宿の茅葺き屋根の家並みを望むことができる。お堂は普段閉じられているが、年に1回、開帳される例祭が行われる。「子安観音」は子どもや女性の守り神であることから、子宝や暗算・子どもの健やかな成長を祈願する参拝客も多い。
  • 安勝寺
    旅行/観光
    福島県喜多方市(大字なし)
  • 長命寺
    旅行/観光
    福島県会津若松市日新町5-51
    磐越道・会津若松ICから約10分の距離にある京都本願寺の直轄寺院。戊辰戦争における会津若松の市街戦で最も激しい戦闘が繰り広げられた地としてその名を知られている。たったひとつ、「戦死墓」とだけ記された墓石は激戦の後、賊軍のものであるとして手を触れることさえ許されなかった会津藩の戦死者145人が眠っていることを示したもの。土塀などに当時の鉄砲弾貫通の穴が残っており、戦火の激しさを見せつけている。
  • 遠田観音堂 大光寺
    旅行/観光
    福島県喜多方市塩川町遠田字谷地中3227
    会津藩祖・保科正之により始まったとされる「会津三十三観音巡り」の第9番札所。豊かな自然に囲まれた福聚山大光寺の境内にある観音堂に本尊、千手観世音を安置している。伝承によれば7間四方の柱に金を使用し、屋根は檜皮葺とした壮麗な建物であったと伝わる観音堂だ。かつて会津藩の領内には由緒ある仏寺がいたるところにあり、老男女をはじめ多くの領民たちによって三十三観音巡りが行われたといわれている。
  • 大木観音堂 常安寺
    旅行/観光
    福島県喜多方市塩川町大田木字塚田3281-1
    日本遺産に登録された「会津三十三観音巡り」の第1番札所。真言宗紅梅山常安寺の境内にある観音堂に常安長者と呼ばれる人物の持仏であったとされる十一面観世音を安置している。現在の堂宇は天正17年(1589)、伊達勢の兵火にかかって焼失したのち慶長年間(1598-1601頃)に再建されたと伝わるもの。東北地方で最も早く仏教文化が花開いた会津の地で古来のおおらかな信仰の姿を今に伝えている。
  • 中ノ沢観音堂
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町中妻字観音前228
    御蔵入三十三観音第11番札所。会津地方では数少ない純粋の和様建築スタイルの観音堂。現在は旭田寺の眷族仏堂となっている。釘が一本も使用されていないなど、古い形式を残す建築物で、国の重要文化財に指定されている。
  • 岩谷観音
    旅行/観光
    福島県福島市岩谷7-3
    平安時代の末期から鎌倉時代にかけてこの地を支配していた豪族・伊賀良目氏が岩をくりぬいて造ったお堂に、持仏の聖観音を祭った窟観音に始まるとされる。その後独立した観音堂が建立され、現在の観音堂は慶長19年(1614)に再建されたものだ。信夫山の中腹、東側の岸壁に掘られた磨崖仏群で、三十三観音・地蔵尊・不動尊など60余体が刻まれている。
  • 信夫文知摺
    旅行/観光
    福島県福島市山口字文知摺前70
    行基菩薩御作の聖観世音菩薩像を本尊とする、史蹟名勝の地。後世、子規や芋銭など数多くの文人墨客が足を運んだ境内には悲恋を伝える、もちずり石を中心に観音堂・県重文の多宝塔はじめ諸堂宇のほか、芭蕉・子規の句碑、源・融・沢庵和尚の歌碑などが建立されている。
  • 長照寺
    旅行/観光
    福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和三城潟982
    慶長8年(1603)建立の野口家菩提寺。猪苗代三十三観音第33番札所でありご本尊は聖観音(長照寺本尊仏)。夏には門前に蓮の花が咲き誇り、多くの参拝客を楽しませている。境内には英世の両親の墓と野口英世夫妻の墓がひっそりとたたずんでいる。坐禅・写経体験・法話なども随時受付中だ。
  • 百尺観音
    旅行/観光
    福島県相馬市日下石字高根沢686
  • 願成寺
    旅行/観光
    福島県喜多方市上三宮町上三宮字籬山
    会津大仏といわれる本尊阿弥陀如来坐像がある浄土宗の寺。会津における寺の迫害と衰退の歴史の中で、寺風を残し続けている。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す