奈良のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 高松塚古墳
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村平田439
    飛鳥歴史公園内高松塚周辺地区の東にある、藤原京期(694-710年)に築造された終末期古墳である。上段の直径は18m、下段の直径は23m、高さは5mの二段式円墳だ。1972年に極彩色壁画が発見され、一躍注目の的となった高松塚古墳。1973年には特別史跡に、極彩色壁画は1974年に国宝に指定された。古墳はいつでも見学可能だが、通常壁画は公開されておらず、不定期に作業室の特別公開が行われている。
  • 柳生の里
    旅行/観光
    奈良県奈良市柳生町
    奈良市の東北部にある「柳生の里」は、柳生新陰流で知られた剣豪の里として有名な場所だ。旧柳生藩家老屋敷や柳生正木坂剣禅道場、一刀岩 石立神社など、みどころ満載だ。また「柳生花しょうぶ園」は1万平方メートルの広い敷地に450品種の花しょうぶが咲き乱れる。毎年6月初旬から7月初旬に見頃だ。
  • 今井まちや館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県橿原市今井町3-1-22
    橿原市今井町にある歴史的建造物。1700年代初期に建造された町家である。今井町の大型町家の構造を有する歴史的に貴重な建造物であることが判明し、当時の資料などに基づく復元が行われた。無料で見学可能。

    今井町の中には幾つか見学できるお宅がありますが、こちらは体験もできます。上階まで上がれるのはこちらでけではないでしょうか?

  • 藤原宮跡
    旅行/観光
    奈良県橿原市高殿町ほか
    持統8年(694)、中国の都城にならい、日本で建設された都城・藤原京(新益都)の跡地で、天皇の住まいである内裏や、天皇が儀式や政治を行った大極殿の基壇跡が残っている。香具山・畝傍山・耳成山(大和三山)を望む景観の名所として知られ、平成23年(2011)6月には藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺めが奈良の重要眺望景観に指定されている。菜の花やコスモス、ハス等様々な花が植えられており、四季折々の景観を楽しむことができる。
  • 川原寺 弘福寺
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村川原1109
    明日香村川原にある寺院・史跡。天智天皇により建立されたとも言われ、かつては飛鳥寺、薬師寺、大官大寺とともに「飛鳥四大寺」にも名を連ねる格式高い寺院であったが、後に廃寺となった。現在は寺跡に弘福寺が建っており、「川原寺跡」として国の指定史跡にもなっている。

    寺の中にあり、落ち着いた雰囲気の店内(寺内?)でした。お茶はセルフで汲みます。ランチ時に訪れました。メニューは麦とろお膳、やうどん、天丼がありました。私は天丼を注文しました。具材はエビやしそ、さつまいもetcでした。どんぶりのほかにキノコ入りの味噌汁や漬物もついており、味噌汁が美味しかったです。店内はとても静かでかつ、窓からの景色が最高でした。秋はおすすめです。食後もゆったりできて、日々の疲れも取...

  • 藤ノ木古墳
    旅行/観光
    奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西2-1
    斑鳩町法隆寺西にある史跡。6世紀後半に造られたとされる直径48mの大型円墳で、被葬者については諸説ある。昭和60年(1985)と昭和63年(1988)に行われた発掘調査で発見された石棺や土器、金銅製の馬具などの出土品は重要文化財に指定され、県立橿原考古学研究所附属博物館に所蔵されている。
  • 本薬師寺跡
    旅行/観光
    奈良県橿原市城殿町279
    天武9年(680)に建立を着手した、現在は別の場所にある薬師寺の前身にあたる「本薬師寺跡」は、今は小堂があるのみだが、前庭にあたる跡地には金堂の礎石や東西両塔の上壇、塔の心礎などが残されている。8月中旬から9月下旬は「ホテイアオイ」が見頃となり、最盛期には約4十万株の美しい紫色の花が広がる。
  • 史跡 頭塔
    旅行/観光
    奈良県奈良市高畑町802
    奈良市高畑町にある史跡。奈良時代に僧・玄ほうの頭を埋めたという伝説があり、現在の呼称もこれに由来するが、実際には東大寺の僧・実忠が国家安泰を祈念して建てた土塔の跡であると考えられている。3段の土塔に13体の石仏が浮き彫りにされており、奈良時代の石仏群としても希少なものである。
  • 飛鳥宮跡
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村岡
    明日香村役場の北に位置する飛鳥時代の史跡で、中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足(藤原鎌足)によって蘇我入鹿が暗殺された乙巳の変の舞台であるとされている。舒明天皇の飛鳥岡本宮、皇極天皇の飛鳥板蓋宮等、複数の宮殿遺構が重なって埋もれており、歴史的に重要な場所であったと考えられている。出土した飛鳥浄御原宮の遺構の一部が石敷の広場、大井戸として復元整備されている。
  • 佐紀盾列古墳群
    旅行/観光
    奈良県奈良市佐紀町等
    奈良市佐紀町にある古墳群。佐紀陵山古墳をはじめ全長200mに及ぶ巨大な前方後円墳に加え、大小様々な古墳が数十基が周辺に点在している。同県の大和古墳群や大阪の古市古墳群などと並ぶ大古墳群。
  • 飛鳥水落遺跡
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村飛鳥
    明日香村飛鳥にある国指定史跡。昭和47年(1972)と昭和56年(1981)に行われた発掘調査の結果と「日本書紀」の記述から、中大兄皇子が設置した日本初の漏刻(水時計)跡で、飛鳥川から引いた水で時間を計っていたと考えられている。
  • 亀形石造物
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村岡
  • 景行天皇陵
    旅行/観光
    奈良県天理市渋谷町
    全長約300m、周囲約1kmという前方後円墳であり、全国8位の大きさを誇る。4世紀後半の築造と推定され、第12代景行天皇の陵に治定されている。
  • 垂仁天皇陵
    旅行/観光
    奈良県奈良市尼辻西町
    尼辻町にある大型の前方後円墳で、全長は約227m。周囲を囲む濠に浮かぶ小島は、垂仁天皇の臣下・田道間守の墓と伝えられている。
  • 崇神天皇陵
    旅行/観光
    奈良県天理市柳本町
    第10代天皇・崇神天皇の陵に治定されている「行燈山古墳」は、柳本古墳群を構成する古墳の一つである。形状は前方後円墳で、全長は242m。4世紀前半頃に築造されたと考えられており、なだらかな稜線が美しい。
  • 松山西口関門(黒門)
    旅行/観光
    奈良県宇陀市大宇陀下茶215-3
    宇陀市大宇陀下本にある史跡。 慶長5年(1600)に大和宇陀松山藩主となった福島高晴が松山城に入った頃に城の西門として建築されたもので、国の指定文化財とされている。その色から、「黒門」の通称でも知られている。
  • 六地蔵石仏
    旅行/観光
    奈良県御所市櫛羅
    御所市櫛羅にある石仏。鴨山口神社の西、旧道の坂道の真ん中に置かれた大きな石の表面に6体の地蔵が彫られている。この地域が古くから度々水害などで被災しており、室町時代に土石流によってこの地に流れ着いた石に村人たちが地蔵を彫ったと伝えられる。
  • 中尾山古墳
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村平田
    明日香村平田の県道209号線沿い、高松塚古墳の北にある国指定史跡。対辺長30mほどの三段構造の八角形墳で、周辺の高松塚古墳、天武・持統天皇陵などと同じく終末期古墳に分類される古墳である。
  • 纒向遺跡
    旅行/観光
    奈良県桜井市巻向地区
    纒向川扇状地に広がる東西2km、南北1.5kmの弥生期最大の遺跡「纒向遺跡」は、3世紀前半の遺跡群で最後の弥生墳丘墓あるいは最古の古墳とされている。穏やかな風土と気候、四季織りなす豊かな自然の中で太古の歴史を感じられる。
  • 平城京朱雀大路跡
    旅行/観光
    奈良県奈良市二条大路南3丁目

奈良の主要エリア

around-area-map

歴史・文化、自然、世界遺産と見どころの多い奈良県。エリアによって都会的な要素からローカル的な要素も兼ね備えている地域です。京都・大阪・名古屋からは、JRや近鉄を利用して1時間~1時間半程度で到着します。 奈良県には4つの観光エリアがあります。「奈良」には平城宮跡や興福寺などがあり、奈良国立博物館や奈良県立美術館では芸術を楽しむことができます。「斑鳩・生駒」では、法隆寺や法起寺などの世界遺産を見ることができます。「飛鳥・橿原・桜井」は曽爾高原や鍋倉渓など自然豊かな地区です。「吉野」は、みたらい渓谷や蜻蛉の滝などの絶景スポットやキャンプ場施設が多くあるエリアです。「奈良」と「斑鳩・生駒」は観光スポットが多く、比較的公共交通機関も揃っています。 柿の葉寿司や奈良漬け、三輪そうめんなど、奈良県のご当地グルメも観光と併せて楽しみましょう。

奈良の写真集

目的から探す