NAVITIME Travel

福岡の寺院スポット一覧

  • 宗像大社
    rating-image
    4.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県宗像市田島2331
    宗像三女神を祀る、沖ノ島「沖津宮」、大島「中津宮」、田島「辺津宮」の三宮の総称である。交通安全の守護神として信仰を集めており、多くの人が参拝に訪れる。神宝館には沖ノ島から出ました装身具や武器、銅鏡など、国宝に指定された8万点の神宝が展示されている。

    世界遺産に登録されている大きな神社です。この神社のハイライトは、沖ノ島で発見された国宝の銅鏡が展示されている神宝館です。歴史の教科書に載っている本物の銅鏡を間近で見ることができ、感激しました。

  • 光明禅寺
    旅行/観光
    福岡県太宰府市宰府2丁目16-1
    九州でただ一つの石庭苔寺として親しまれるこの寺は、何といってもあの枯山水の庭をじっくりと堪能したい。
  • 観世音寺
    旅行/観光
    福岡県太宰府市観世音寺5-6-1
    日本最古の梵鐘(国宝)があることで有名な寺院。746年に完成し、古くは九州の寺院の中心的存在として多くの御堂を構えていたが、現在は江戸初期に建設された二堂を残すのみ。重要文化財にも指定された、平安時代から鎌倉時代にかけての貴重な仏像を多く所蔵している。西鉄五条駅から徒歩14分。
  • 成田山 久留米分院
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県久留米市上津町1386-22
    九州自動車道「広川IC」より国道3号線・久留米方面へ約10分、千葉県の成田山新勝寺から分霊を請けて開山された真言宗智山派の寺院。正式名称は成田山久留米分院。境内には62mという日本最大級の高さを誇る救世慈母大観音像がそびえている。胎内には螺旋状の階段があり、肩の位置にある展望孔からは、筑後平野、有明海、遠くは雲仙まで見渡せる。地獄の様子を音とジオラマで再現した「地獄館・極楽館」では、地獄めぐりを楽しむことができる。

    久留米の街中から見える巨大な観音像があるところ。インド仏教に関する説明があったり撮影禁止の地獄館があったり、オシャレとかパワースポットという感じではありませんがどこか不思議な雰囲気が流れています。

  • 高良大社
    旅行/観光
    福岡県久留米市御井町1
    長い歴史と格式を誇る神社として知られている神社。現在の神殿は、江戸期に作られたもので、国の重要文化財にも指定されており、規模は九州最大と言われている。厄除けをはじめ、延命長寿、福徳円満などのご利益があると言われており、多くの参拝客が訪れている。
  • 恋木神社(水田天満宮)
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県筑後市水田62-1
    福岡県筑後市にある「水田天満宮」の境内末社で、「恋命(こいのみこと)」を祭神として祀っている。「縁結びの神社」として有名であり、恋みくじや恋木絵馬、ハートをモチーフとしたお守りなどを購入することができる。また、毎年7月7日には「恋むすび祭」を行っており。多くの参拝客が訪れている。

    恋木神社はとても静寂な雰囲気があり、素敵な場所でした。飛び石がハートの形をしていたりしてかわいらしい神社でしたよ-

  • 呑山観音寺
    旅行/観光
    福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227-4
    糟屋郡篠栗町萩尾にある寺院。「篠栗八十八か所霊場」の第十六番札所で、「のみやまさん」の愛称で親しまれている。3月の「七福星まつり」、8月の「精霊まつり」、10月の「本尊御開帳」、12月の「八千枚護摩大行」と、四季ごとに大祭が行われる。
  • 東長寺
    rating-image
    4.0
    447件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県福岡市博多区御供所町2-4
    真言宗九州教団の本山であり、本尊は弘法大師である。唐から帰国した弘法大師が日本で最初に作った寺であり、密教が東に長く伝わるようにと願いを込めてこの名を付けたと言われている。回転式の「六角堂」は、形態的にも機能的にも優れた仏殿。色鮮やかな赤がまぶしい五重塔は、平成23年(2011)に完成したばかりのものである。また昭和63年(1988)から約四年の時をかけ、福岡大仏が完成。高さ10.8m、重さ30トンという見事なもので、後壁面には5000もの小仏が祀られている。JR博多駅からは歩いて15分ほど。

    空海が中国から帰って一番最初におられたお寺だそうです。五重塔などもあります。2018年にダライ・ラマ法王が来られています。

  • 宗像大社沖津宮遙拝所
    旅行/観光
    福岡県宗像市大島
    大島北側にある沖ノ島(宗像大社沖津宮)の遙拝所。島全体がご神体である沖ノ島は厳格な禁忌によって古くから一般人の渡島は禁止。そのためこの地から遥か沖に浮かぶ島を拝してきた。遙拝所への石段脇に立つ「寛延3年(1750)」と刻まれた石碑から、江戸中期には遙拝所が造られたと分かる。現在の遙拝所は昭和8年(1933)の建築。天気の良い日にはここから約50km離れた水平線に浮かぶ沖ノ島を拝することができる。世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の1つ。
  • 沖ノ島(宗像大社沖津宮)
    旅行/観光
    福岡県宗像市大島2988
    九州本土から約60km沖に浮かぶ周囲4kmの「神宿る島」と呼ばれる島。宗像三女神の1柱である田心姫神[たごりひめのかみ]を祭る沖津宮であり、小屋島、御門柱、天狗岩の3つの岩礁をもつ島全体がご神体だ。航海の道標となり、皇室・国家の安泰を願って国家祭祀が行われた。社殿が立つ島南西側の中腹には22もの祭祀遺跡が残り、祭祀の変遷を示して国指定史跡に、遺跡から出土した神宝約8万点は国宝に指定。今も厳格な禁忌が受け継がれ一般の入島は不可。世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産。
  • 福聚寺
    旅行/観光
    福岡県北九州市小倉北区寿山町6-7
    足立森林公園の一角にある黄檗宗[おうばくしゅう]の寺。藩主・小笠原忠真[おがさわらただざね]が寛文5年(1665)に建立した。その後、幕末の長州騎兵隊の兵火や火災などで消失した。本堂は享保2年(1717)に再建。開山堂などは明治以降に建てられた。本堂裏に庭園があり、足立山を借景に自然石を配した雪舟庭は必見。裏山方面の境内は一部見学不可のところがあるので注意しよう。
  • 奉幣殿
    rating-image
    4.5
    16件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県田川郡添田町大字英彦山 英彦山神宮奉幣殿
    英彦山に現存する最大の社殿。以前は天台宗山伏の本山である霊仙寺の大講堂だったが、明治時代に神仏分離令によって英彦山神社となったのに伴い、この名に改められた。現在の建物は、元和2年(1616)に小倉藩主・細川忠興により再建され、平成28年(2016)は400年奉祝祭が行なわれた。杉木立の緑の中、朱塗りの柱や柿葺[こけらぶき]の屋根がよく映える。ここから、英彦山三峰の中心、標高約1200mの上宮まで歩くと約1時間30分-2時間くらいかかる。

    神仏混合の修験道の地英彦山にある大きな講堂です。神社の社にありますが、観光パンフレットを読むと霊山寺の大講堂と記載されています。でも英彦山神宮奉幣殿と書かれてもいます。 とても大きな鈴が掛かっていて、ここまで登ってきた人はみなさんここで賽銭をいれ、柏手を打ちます。 入口の銅鳥居からかなりの階段が続く修行のような距離ですが、現在はスロープカーがあり簡単に到達できます。

  • 梅林寺
    旅行/観光
    福岡県久留米市京町209
    久留米藩主有馬氏の菩提寺。臨済宗妙心寺派の古刹で、九州屈指の修業道場として知られる。本堂の正面には浮き彫りの扉をもつ唐門があり、裏には藩祖則頼[のりより]ほか歴代藩主の5棟の霊屋が立つ。九州地方の希少な大名家の霊廟建築である有馬家霊屋は国指定重要文化財だ。寺名のとおり梅の名所としても有名で、30種約500本の梅林のある約3000平方mの外苑が隣接している。毎年2月中旬-3月上旬には豊後梅や玉剣[たまつるぎ]などの梅が開花し、周辺に甘い香りが漂う。開花時期には参詣客で賑わう。
  • 寺町
    旅行/観光
    福岡県久留米市寺町
    江戸時代に久留米城防御のため寺院が集められた町。17の寺院が建ち並び、今でも江戸時代の面影が残っている。最もよく知られた人物は、勤王の志士高山彦九郎・久留米餅の始祖の井上伝・久留米つつじの始祖坂本元蔵・洋画家古賀春江などがいる。
  • 日限地蔵院
    旅行/観光
    福岡県朝倉市秋月
    今から約300年ほど前、江戸の参勤交代に赴いて大病を患った黒田家の家臣が、江戸(東京)芝白金町にある松秀寺の日限地蔵尊を詣って一命をとりとめたところから、御分身をいただいて祭ったのが始まり。境内から秋月を一望できる。
  • 普門院
    旅行/観光
    福岡県朝倉市杷木志波5376
    約1200年前に行基[ぎょうき]が創建したと伝えられる古刹。敷地内には聖天堂が立つ。境内に入って正面にたたずむ本堂(重要文化財)は、小組折上格天井[こごみおりあげこうしてんじょう]とよばれる鎌倉時代の代表的な仏教建築様式。本尊に安置される十一面観音菩薩(重要文化財)は、弘仁期に造られたものといわれ、事前に連絡すれば拝観できる。
  • 南淋寺
    旅行/観光
    福岡県朝倉市宮野86
    大同元年(806)に天台宗の寺として伝教[でんきょう]大師によって開山され、変遷を経て、現在真言宗大覚寺派の寺。本尊の薬師如来坐像(重要文化財)は伝教大師の作といわれる。毎年4月8日にはお釈迦さまの生誕を祝う「花まつり」が行われ、屋根を花で飾った花御堂の中に釈尊像が安置される。
  • 承天寺
    rating-image
    4.0
    106件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県福岡市博多区博多駅前1-29-9
    博多に住んだ宋の貿易商・謝国明が施主となって、聖一国師が開山。仁治3年(1242)に建立された、臨済宗の寺。国師が宋より持ち帰った製粉技術により、饅頭やうどん、そば博多織などが日本に広まった。大晦日に振舞われる「連そば」が年越しそばの原型とも言われる。

    饂飩、蕎麦と饅頭発祥の碑もある承天寺。目的は御朱印でしたが、庭がとても素敵。木々が色づき、落ち着いた雰囲気の中拝観することができました。

  • 榎社
    旅行/観光
    福岡県太宰府市朱雀6-18-1
    道真公が大宰府に左遷後、逝去するまでの日々を過ごした配所跡で、その後に建立されたのがこの社。境内に榎の大樹があったため、榎社と呼ばれるようになったと伝わる。社裏には、道真公の世話をした老女浄妙尼を祀る小社もある。
  • 大本山善導寺
    旅行/観光
    福岡県久留米市善導寺町飯田550
    浄土宗の大本山の一つ。13世紀初頭に聖光上人によって開山した。鐘堂は寛政3年(1791)に建築された。梵鐘は江戸時代の鋳造で、県の重要文化財に指定されている。

福岡の主要エリア

around-area-map

九州最大の都市であり、世界の窓口としても有名な福岡県。博多港や福岡空港を利用して海外からの観光客も多いのが特徴です。福岡空港は国内26か所に飛行機が飛んでおり、関東や東北からは約1時間半、関西からは約1時間で到着でき、アクセスしやすい観光地です。 福岡県は大きく4つのエリアに分けられ、人気の観光地は共に「福岡・大宰府」と「久留米・筑後」エリアに集中しています。 福岡地域には、学問の神様として有名な「太宰府天満宮」、国立博物館最大規模である「九州国立博物館」などがあります。筑後地域では、「有明海花火フェスタ」や「大蛇山まつり」、「水の祭典・久留米まつり」など、多彩なイベントが開催されます。 福岡は食べ物がとにかく美味しいことでも有名で、天神には屋台が多く、福岡独特の雰囲気も観光の楽しみの一つ。屋台のほかにも、「親富孝通り」では辛子明太子や豚骨ラーメン、もつ鍋、博多ちゃんぽんなど、さまざまな名物が味わえます。

福岡の写真集

目的から探す