NAVITIME Travel

三重の寺院スポット一覧

  • 内宮神楽殿
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治館町1
    参道に面して立つ、銅板葺き・入母屋造の建物。神楽殿、御饌殿[みけでん]、神札授与所が並んでいる。御神楽や御饌などの御祈祷を行い、お神札類の授与が行われる。
  • 青峯山正福寺
    rating-image
    5.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    三重県鳥羽市松尾町519
    標高約336メートルの青峯山の山頂付近にある真言宗の古刹。海の守護仏として信仰を集める。山道はハイキングコースとしても利用される。

    女(あま)か坊(ぼう)か岩。つまり、生まれくる子供が、女の子か男の子か占う岩です。青峰山(あおのみねさん)正福寺(しょうふくじ)の参道にある岩で、車道ではなく、昔ながらの登山道を登っていくとあります。お寺は海女さんや漁師さんなど漁業者の信仰を集めるお寺です。鳥羽の隠れた名刹です。

  • 桃林寺
    旅行/観光
    三重県鈴鹿市小岐須町800
  • 霊山寺
    旅行/観光
    三重県伊賀市下柘植
  • 宇治橋
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治館町
    伊勢市にある伊勢神宮の内宮(皇大神宮)の入口にあたる橋で、五十鈴川に架けられている。日本百名橋の一つに選ばれており、内宮のシンボルとして人気の記念撮影スポット。橋の両側には鳥居があり、外側は外宮正殿の棟持柱から、内側は内宮正殿の棟持柱から式年遷宮にあわせて造られる。外された鳥居は桑名市の七里の渡しと亀山市の関の東の追分に移築される。冬至の前後数日に限り鳥居の正面から朝日が上るため、その期間は早朝から多くの人で賑う。
  • 五十鈴川 御手洗場
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治館町
    伊勢市にある伊勢神宮の内宮(皇大神宮)の境内にあり、参拝前に心身を清めるための場である。五十鈴川のほとりに造られた石畳の御手洗場で、徳川綱吉の生母・桂昌院が寄進したと言われている。手水舎と同じく、五十鈴川の清らかな流れで手をすすぎ、お清めができる。
  • 伊勢山上 飯福田寺
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市飯福田町273
    「伊勢山上」と呼び親しまれている寺院で、明治時代以前は修験者の修行場であった。現在は一般開放されており、入山手続きを行えば険しい山道を登り、飯福田寺へ行くことができる。境内にある薬師堂は「薬師如来」を本尊として祀っており、籠り堂では「阿弥陀如来」を祀っている。護摩焚きを行う開山式や閉山式のほか、季節のコンサートなどのさまざまな行事も行われている。

    伊勢山の行場を守るお寺。 行場はとても危険で、すぐ横が断崖絶壁の岩を登って降りる場所が何ヶ所もあります。 初めの「油こぼし」以外は迂回路があるので高所恐怖症の人でもなんとか回れます。住職オススメの「小尻返し」では1.5m程度の岩を登ると素晴らしい景色を見ることができます。ここも片側が断崖絶壁なのでヘタレな私はちょっと登ってすぐに降りてしまったのですが。 この表行場は2時間程度でまわれました。 裏行...

  • 朝熊岳 金剛證寺
    旅行/観光
    三重県伊勢市朝熊町548
    三重県伊勢市の「朝熊山」山頂にある臨済宗南禅寺派の寺。伊勢神宮の鬼門を守る寺として知られ、伊勢神宮とあわせて参詣する慣わしがあった。6世紀半ばに欽明天皇の命により創建されたといわれ、天長2年(825)以降は空海ゆかりの真言密教道場として栄えた。境内には、慶長14年(1609)に再建された朱塗りの本堂など多数の堂宇が立ち並び、国宝・重要文化財を多数展示する宝物殿も必見。日本三大虚空蔵菩薩の第一位である本尊「福威智満虚空蔵大菩薩」は、20年に1度の遷宮の翌年に期間限定で開帳される。
  • 御座爪切不動尊
    旅行/観光
    三重県志摩市志摩町御座
    金比羅山の麓、御座白浜へと向かう志摩バイパスの途上にある爪切り不動尊。この地を訪れた弘法大師が志摩の自然と人々を気に入り、祈祷の満願日に大地から生える自然石へ自らの爪で不動明王を刻んだとされる。境内には弘法大師ゆかりの池や井戸があり、眼病にご利益があるとされる明星水や健康祈願の撫石などパワースポットも多い。また春は椿に梅や桜、梅雨時にはアジサイ、秋には紅葉と四季折々の草花を鑑賞することもできる。
  • 石仏(潮仏)
    旅行/観光
    三重県志摩市志摩町御座
    御座港から西の海岸へ進んだ先にお地蔵様がある。この仏様は潮の満ち引きにより水上に現れたり消えたりすることから「潮仏」と呼ばれ、女性の腰から下の病気にご利益があるとされる。常に水中に浸かることで病を引き受けているという言い伝えがあり、その為潮仏をお参りに訪れる女性の観光客や海女さん達が多く見受けられる。毎年3月15日には潮音寺による潮仏の例祭が行われ、この例祭の翌日から海女漁が解禁される。
  • 九關山寶藏寺 關地藏院
    旅行/観光
    三重県亀山市関町新所1173-2
    JR関駅から徒歩10分。東海道47番目の宿場町として栄えた関宿にある、日本最古の地蔵菩薩で知られる地蔵院。古くから関のお地蔵さんと呼ばれ、東海道を旅する人々や関に暮らす人々から信仰を集めている。起源は、天平13年(741)。奈良東大寺の僧行基が、諸国に流行した天然痘から人々を救うため、この地に地蔵菩薩を安置したのが始まりと伝えられている。境内の本堂、鐘楼、愛染堂は国の重要文化財に指定されている。
  • 多度大社
    旅行/観光
    三重県桑名市多度町多度1681
    桑名東ICより車で約10分。1500年以上の歴史がある神社。創建は5世紀後半、雄略天皇が社殿を建てたのが始まりとされる。本宮の御祭神は皇大御神の御子神である天津彦根命。元亀3年(1572)、戦火により焼失したが、江戸時代に再興された後は、伊勢参りをするなら多度大社にも参ったほうがよいといわれる程復興した。5月に行われる多度祭は、2mほどの絶壁を人馬一体となって駆け上がり、上がりきった人馬の数や順番で豊凶を占う上げ馬神事を観に多くの参詣者が訪れる。
  • 松尾観音寺
    rating-image
    4.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市楠部町156-6
    日本最古と伝えられる厄除け観音寺。もともと龍の住まう場所に寺を建てたという伝説があり、その他にも数々の龍神伝説が残っている。なかでも有名な話として、600年前に本堂が火災にあった際に池から雌雄一対の龍神が現れ、観音様を守ったという伝説がある。10年ほど前に、床板の張替えを行ったところ、偶然床板に龍の姿が浮かび上がり、撫でるとご利益を受けられる「なで龍」がパワースポットとして有名になった。

    歴史ある古寺で伊勢西国三十三観音の一つです。古くから厄除けの寺院とされているそうです。本堂の床を新しくしてから1年後にここに言い伝わる龍神様が姿を現したとされる「床龍神」が有名で、実際にそれを触ったり写真を撮ったりすることもできます。

  • 専修寺
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    旅行/観光
    三重県津市一身田町2819
    JR一身田駅から徒歩5分、浄土真宗の十派のひとつ、全国に600以上ある真宗高田派の総本山。平成29年(2017)11月28年日に御影堂と如来堂の2棟が、建造物としては三重県初の国宝に指定された。東京ドームの約2倍の境内には、国宝となった2棟の他にも国指定の重要文化財を11棟も擁する巨大寺院だ。拝観料は無料で、6時から15時30分まではお堂の中にあがることもできる。蓮寺としても有名で、夏は見事な蓮池や境内の各所にて様々な種類の蓮を楽しむことができる。

    私の菩提寺に母の納骨に行き、久しぶりに境内を拝観してきました。国宝に指定された事に喜びを感じながら境内をまわりましたが、中でも本堂の御影堂、如来堂は外観はもとより、内部に入ると立派さに改めて感動しました。是非外観だけでなく、上がられて参拝される事をお勧めします。また、納骨堂周りにも沢山立派重要文化財もあり、池には立派な鯉が泳ぐ姿を見ることができます。蓮でも有名なお寺ですがこれからの季節紅葉も楽しめ...

  • 四天王寺
    旅行/観光
    三重県津市栄町1-892
    三重県津市栄町、推古天皇の勅願により聖徳太子が建立したと伝えられている、津市で最も古いお寺。もとは広い境内を有していたが、戦災で大半を焼失した。織田信長の生母、花屋寿栄禅尼の墓や、重要文化財の聖徳太子像や薬師如来像。市の有形文化財となっている山門など貴重な文化財が数多く残されている。また、気軽に禅寺の雰囲気を味わえる「禅体験コース」や「写経のつどい」が実施されている。
  • 津観音(恵日山観音寺)
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    三重県津市大門32-19
    JR・近鉄津駅から三交バス京口立町停留所下車後、徒歩約3分の真言宗の寺院。正式な寺号は「恵日山観音寺」で、東京・浅草観音、名古屋・大須観音と共に、日本三観音の一つと称されている。奈良時代から1300年以上にわたり津を守り続け、天正8年(1580)には安濃津城主・織田信包により本尊の改修が行われた。隣接する資料館では、豊臣秀吉・徳川家康の肖像画や仏画、工芸品、古文書など、長い歴史の中で受け継がれた多くの宝物が展示されている。

    鳩の餌が受付で買えます。一袋30円くらいだったと思います。とにかく鳩がたくさんいました。 朱色の塔が美しかったです。

  • 大智院
    rating-image
    3.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    三重県桑名市長島町西外面1219
    大智院は、長島藩主・松平定政[まつだいらさだまさ]公の祈願所として建立された寺で、本尊は不動明王を祭る。芭蕉にゆかりのある寺としても知られ、元禄2年(1689)芭蕉が旅の途中に立ち寄り、その折にあいさつとして詠んだ「うき我を さびしからせよ 秋の寺」という句が刻まれた碑が残る。

    かつては風情ある寺でしたが、近年建て直されました。芭蕉が立ち寄ったことでしられ門前には句碑があります。

  • 世義寺
    旅行/観光
    三重県伊勢市岡本2-10-80
    行基が開祖といわれる真言宗の古刹で、外宮の東側の小高い場所にある。毎年7月7日に行われる柴燈大護摩[さいとうだいごま]法要は伊勢の夏の風物として知られる。当日は家内安全、豊作、大漁を願う人々が護摩木を求めて訪れる。
  • 久昌寺
    旅行/観光
    三重県伊勢市矢持町菖蒲127
    古い石垣がみごとなこの寺は、平清盛の四男・知盛[とももり]ら平家の弔いのために創建されたといわれる。境内には知盛とその子孫の五輪塔が立つ。本尊の木造阿弥陀如来立像は鎌倉時代の作で国指定重要文化財。北側にそびえる鷲嶺[しゅうれい]の麓には、敵方に追われた落人たちが、女子供をかくまって守ったという覆盆子洞[ふぼんじどう]とよばれる洞窟がある。
  • 太江寺
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市二見町江1659
    音無山の東麓にある元興玉社を祀る真言宗の古刹。僧行基が大仏建立の勧進で伊勢参詣し、元夫婦岩沖の興玉神石から龍神とともに昇ってきた興玉神・天照神・千手観世音菩薩を祀ったという神仏習合の寺院。本尊の木造千手観音坐像は国指定重要文化財となっている。4月下旬からフジ、アジサイ、年末の雲南月光花等が咲く。平成30年(2018)の戌年には戌年の守り本尊阿弥陀如来、愛犬の守り石(お犬石)をお参りしてみよう。

    お伊勢参りの玄関、夫婦岩の見える二見置賜神社を戻って、鳥羽方面にトンネルを抜けた右側ですが、山の上の神社です。静かで綺麗にお掃除され海からの潮風がとても気持ち良かったです。お守るりも売っていたのでお土産に購入しました。

三重の主要エリア

around-area-map

海と山に囲まれて自然に恵まれている三重県は、伊勢神宮や熊野古道、ナガシマスパーランドなど観光が産業として成り立っている県です。名古屋や大阪を経由すれば、新幹線、電車、バス、フェリーなどを使って簡単にアクセスができます。 伊勢神宮で有名な三重件ですが、ほかにも鈴鹿サーキットやナガシマスパーランドなどアミューズメント施設があり、伊賀・名張は忍者体験や名水スポットで訪日外国人からも人気のある場所です。伊勢・志摩・鳥羽エリアには伊勢神宮や鳥羽水族館など観光スポットが多く、足を伸ばせば熊野古道や鬼ヶ城など自然景観が美しい熊野・東紀州エリアにも日帰りで行き来できます。 伊勢エビや的矢かき、あのりふぐ、伊賀牛など贅沢グルメから伊勢うどんやとんてき、めはり寿司などの親しみやすい味まで楽しめるのも三重県ならではです。

三重の写真集

目的から探す