山口の寺院スポット一覧

  • 山口サビエル記念聖堂
    rating-image
    3.5
    123件の口コミ
    旅行/観光
    山口県山口市亀山町4-1
    山口市にあるカトリック教会。昭和27年(1952)に、宣教師のフランシスコ・ザビエルが布教活動で山口を訪れてから400年を記念して建てられた。一度焼失しており、現在の聖堂は平成10年(1998)に再建されたもの。50mを越える2本の塔は、山口市のランドマークとなっている。

    石造建築の荘厳な旧聖堂を知ってる者としてはどんな理由で現代建築のガラス巣張りの今の聖堂にしちゃったのかが全く理解不可能です。まあ地下エリアの博物館展示は素晴らしいですが何とも腑に落ちない・・・ 何でもかんでも新しい機能性を求めた結果歴史も何もない箱モノになっちゃいましたねー

  • 黄檗宗 護国山 東光寺
    rating-image
    4.5
    96件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市椿東1647
    萩市にある黄檗宗の寺院であり、旧萩藩藩主・毛利家の菩提寺。元禄4年(1691)に3代藩主・毛利吉就が建立し、毛利氏廟所には、5代・7代・9代・11代の藩主および夫人や側室など一族の墓がある。また、境内には重要文化財の総門・大雄宝殿・鐘楼など、見ごたえある中国風の建築物が多数点在。

    松蔭神社参拝後に伺いました。 以前訪れた際に強烈な印象を受けたので萩に来た際にどうしても訪れたかったお寺でした。 宇治にある大本山萬福寺の黄檗宗の寺院なので造りが中国様式なのか他の寺院と少し異なります。 山門から真っ直ぐ伸びる参道に痺れます。 本堂を更に奥に進むと毛利家の墓所となりますが規則正しく並ぶ石廟は圧巻で伴すると怖い程ですが…なんとも静かに佇む様は凄いなぁ〜と感じます。 静かに参拝し自然...

  • 功山寺
    rating-image
    4.0
    87件の口コミ
    旅行/観光
    山口県下関市長府川端1-2-3
    下関市にある寺。曹洞宗の寺で「千手観音菩薩」を本尊としている。創建は1327年で、仏殿は鎌倉時代の禅宗様建築を代表するものとして、国宝に指定されている。幾度となく歴史の舞台になった場所としても知られており、境内には馬上の高杉晋作像があることから、多くの歴史ファンが訪れるスポットとしても知られている。

    無料駐車場がいくつかあります。寺に入ると彼らの意気込みが伝わってきます。墓に行くと時の流れと感じます。屋根を見てください。ヒノキの皮と重ねた珍しい屋根が残っています。

  • 常栄寺 雪舟庭
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    山口県山口市宮野下2001-1
    約500年前に建てられた大内政弘の別邸の庭で、画僧・雪舟等楊に築庭させたと伝えられている庭園。後に寺となり、妙喜寺から常栄寺へと名を変えた寺院本堂の北側に位置し、国の史跡および名勝に指定された。東西北の三方を山林に囲まれた日本庭園で、四つの島が浮かぶ池と周囲に配された庭石、枯滝の石組みには室町時代の特色が感じられる。

    瑠璃光寺五重塔で有名な香山公園の観光のあとにツアーバスで立ち寄りました。すぐ近くに長州苑というお食事処があり、昼食時間を含めた自由時間になったのでこちらのお寺に立ち寄りました。お寺の本堂の奥が雪舟がつくったお庭になっていて、美しい日本庭園でした。

  • 周防国分寺
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    旅行/観光
    山口県防府市国分寺町2-67
    防府市国分寺町にある寺院。741年に聖武天皇の勅命により全国に建立された国分寺のうちの一つであるが、現在でも創建時と同じ位置に伽藍が建っているものは全国でも珍しい。本尊の薬師如来坐像をはじめ、日光・月光菩薩立像、阿弥陀如来坐像、四天王像など、重要文化財にも指定されている仏像を安置している。

    2020年3月26日朝訪問 前日防府市に出張で泊まりましたので 翌朝散歩を兼ねて防府八幡宮からこちらへと 5km散歩いたしました。 現在の建物は比較的新しいようですが 当時の雰囲気は伝わりました。 お地蔵さんがたくさんありました。

  • 龍福寺
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    旅行/観光
    山口県山口市大殿大路119
    建永元年(1206)に創建された臨済宗の寺院。元々は宝珠山瑞雲寺という名で白石の地にあったが、延元元年(1336)に再建され大内弘直の菩提寺となった。現在の本堂は度重なる消失を経て明治16年(1883)に再建されたもの。室町時代の代表的な寺院建築として、昭和29年(1954)に国の重要文化財に指定された。参道の両側にはモミジが立ち並び、秋には色鮮やかなトンネルができることから紅葉スポットとしても有名。敷地内には大内義隆画像を展示する龍福寺資料館が併設されている。

    此処山口を拠点とした守護大名大内家の館が有った場所に現龍福寺が有ります。 門構えも立派で大きな本堂も有って龍福寺資料館も境内に有ります。 大内義隆の菩提寺と有りましたがお墓がどこかはわかりませんでした。

  • 洞春寺
    rating-image
    3.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    山口県山口市水の上町5-27
    山口市水の上町にある、毛利元就の菩提寺として知られる寺院。かつて大内盛見が建立した国清寺の跡地でもあり、その名残として重要文化財である四脚門の山門が残る。大内氏の滅亡後、元亀3年(1572)に安芸の国吉田の城内に洞春寺が創建され、毛利家とともに移転を繰り返した後、明治1年(1868)に現在の地に移された。山門とともに重要文化財に指定されている観音堂は、大内氏ゆかりの滝の観音寺から移建されたもので、花頭窓や桟唐戸などが美しい唐様の建物。寺内では、メディアで有名になった看板犬「マル住職」が参拝者を出迎える。

    山口県庁舎の裏側に位置するの洞春寺は戦国時代に活躍した毛利元就公の菩提寺になります。 境内入口の古びた小さな山門は室町時代に建てられた物で重要文化財です。 本堂脇の観音堂も重要文化財指定を受けていて見ものです。

  • 瑞雲萬歳山 大寧護国禅寺
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    山口県長門市深川湯本1074
    山口県長門市にある寺院。「釈迦如来」を本尊とする曹洞宗の寺院で、1410年に創建された。かつては、西の高野と言われるほどの隆盛を誇り、室町時代には山口に栄華を極めた大内氏の終焉の地としても知られている。本堂は、山口県の重要文化財に指定されており、春には桜、秋には紅葉の名所として知られている。

    桜と紅葉の時期は見応えあります。どちらかと言えばしっとり赴きあるお寺ですが、奥には稲荷神社があります。山口3奇橋の盤石橋もあり、紅葉とのマッチングが良いです。また、長門湯本温泉からも近いので、散策がてら訪れるのもお勧めです。

  • 金毘羅社 円政寺
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市南古萩町6
    建長6年(1254)に創建された「円政寺」は、寺であるのに、入り口には石鳥居(市指定有形文化財)、境内には十二支の彫刻が施された金毘羅社社殿(市指定有形文化財)があり、全国でも珍しい神仏習合の形態が今でも見られる点で貴重な遺構だ。また境内には幼少期の高杉晋作や伊藤博文が遊んだとされる木馬(神馬)が残っている。

    神社とお寺が共存しています。伊藤博文や高杉晋作が幼少期に学んだ場所とのこと。こちらの住職より、この地の他有名人も説明して頂き非常に楽しめました。会えると、ラッキーですよ。為になるお話満載。この地は、歴史あるすごい場所に気付かされます。

  • 龍蔵寺
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    山口県山口市吉敷1750
    山口県の「滝山」の中腹にある寺院で、「阿弥陀如来(あみだにょらい)」を本尊として祀っている。境内には、国指定の天然記念物に選ばれた樹齢約900年以上のイチョウの巨木がある。また、「鼓の滝」や雪舟作と言われている「池泉回遊式庭園」などが整備されている。「中国三十三観音」の第十七番札所としても知られ、多くの参拝客が訪れている。

    境内の奥の滝の更に奥に続く山道を登ると「奥の院 磨崖仏」がある。天然の岩を削った線で描いた仏様である。 そこまでの山道は、250m続き約半分は急勾配の坂となっており、土と岩と木の根があらわになった階段状である。滑りやすく、狭く、足腰と靴底に自信がないと行ってはいけない。 ただ、山中にたたずむ仏様を拝むと、なんとも言えない心洗われる気持ちになる。是非とも体験していただきたい。

  • 阿弥陀寺
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    山口県防府市牟礼上坂本1869
    山口県防府市にある寺院。「阿弥陀如来」を本尊とする華厳宗の寺院で、1187年に東大寺重源により創建された。アジサイの名所としても知られており、現在では80種・約4000株のアジサイが植えられ、「アジサイ寺」としても知られる。また、毎年6月には「アジサイ祭」が開催されている。

    早咲きの桜がとても綺麗に咲いてます。アジサイの季節はにぎやかですが今は静かなので、ゆっくり観賞できます。お勧めです。 駐車場から本堂までの道も、仁王さまやお地蔵さまが迎えてくれ、心身ともにいやされます。

  • 大照院
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市大字椿4132
    明暦2年(1656)に建立された臨済宗南禅寺派の寺院。長州藩2代藩主・毛利綱広が、亡父の初代藩主・秀就の菩提所とする目的で承応3年から明暦2年(1654-1656)にかけて建て直した。その後延享4年(1747)の火災で一度は消失するも、6代藩主宗広によって再建された。本堂や庫裏、書院、鐘楼門、経蔵は国指定重要文化財に指定されている。隣接する「萩藩主毛利家墓所」には、秀就以下2代から12代までの偶数代の藩主と一族と秀就に殉死した7藩士の墓石がある。平成30年には本堂が一般公開された。

    萩駅から西に少し歩きます。毛利家の墓所があることで知られていて、夥しい数の石灯籠が並びます。静寂の支配する名刹で、墓地以外にも堂宇も非常に見ごたえがありました。

  • 普賢寺
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    山口県光市室積8-6-1
    創建は平安時代の中期、寛弘3年(1006)と伝わる古刹。古くから「海の菩薩」として全国各地から広い信仰を集めてきた。境内の奥まった一画に、樹木と自然石を巧みに調和させて造られた雪舟作と伝えわる枯山水の庭園がある。枯山水庭園の築造が本格化し始めた時期の作庭であることが高評価となり、県指定名勝に指定されている。慶応元年(1865)には幕末期に長州藩で結成された長州藩諸隊・南奇兵隊の本陣が置かれ、約400名の隊士が終結した場所としても有名。

    海に突き出た場所に広めの境内を誇る1006年に創建されたお寺です。 有名なのは雪舟が造ったと云われる枯山水の庭園や、見事な仁王門の仁王、そして長州藩の騎兵隊の本陣だった時には400名程の長州藩士が集ったとされることといったことがあります。 しかし、個人的に印象に残ったのは境内の一部にお濠のような場所があり、何か所かの人工的に造られた浮島の様なスペースにカメが群がっている姿や、庭園付近で見かけた複数...

  • 二尊院
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    山口県長門市油谷向津具下3539
    その昔、世界三大美女のひとり「楊貴妃」が難を逃れて小舟に乗り、漂着したという伝説があるお寺。内海の油谷湾を望む境内に「楊貴妃の墓」と伝えられる五輪塔と、その菩提を弔うために安置された本尊二尊仏(阿弥陀如来立像・釈迦如来立像)が祀られている。例年3月には梅林が、4月には楊貴妃桜が見頃を迎え、女人守護をはじめ安産・子宝・縁結びにご利益があることで有名だ。境内から見える油谷湾は夕陽の時間帯が特に美しいことからツーリングコース、デートコースとしても知られている。

    山口油谷湾の小さな集落に楊貴妃のお墓と伝承されるスポットがあります。その謂われは綿々と心打たれるもので、なるほどこれが楊貴妃のお墓かもと思わせるモノがあります。この伝承の中でこのお寺さんも改名したそうです。 平日であったこともあり、訪れていたのは私一人。散歩に来ていた地元の方からお寺の説明を聞かせて頂きました。中華風の建物や大理石の楊貴妃像など異国情緒も目を引きました。

  • 覚苑寺
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    山口県下関市長府安養寺3-3-10
    長府毛利家3代綱元が元禄11年(1698)に創建した長府毛利家菩提寺。日本画の巨匠・狩野芳崖、乃木将軍の銅像があり、付近は和銅元年(708)鋳造の貨幣、和同開珎の鋳銭所跡(史跡)で、古銭やフイゴなどが発見された。

    長府という城下町の趣を残す町の端のほうに在ります。 古い木造建築が残っており、歴史を感じさせるお寺です。 長州出身の乃木希典大将の等身大より少し大きな立派な銅像があります。 日本の古い町並みを散策しに来たときには、よってみることをお薦めします。

  • 龍文寺
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    山口県周南市長穂1075-1
    永享元年(1429)の創建と伝わる曹洞宗の名刹。陶氏5代の盛政が菩提寺とし、室町時代に大内氏の重臣であった代々の陶氏を祀っている。盛政自身の墓は所在が分からなくなってしまったが、境内には陶氏一族の宝篋印塔や五輪塔が立ち並んでいる。寺に伝わる伝統芸能「念仏踊り」は、かつて陶氏追善供養のために踊られ、やがて雨乞いの踊りに変化して伝承された県無形民俗文化財。市指定の文化財である特注の茶釜「鉄造茶釜」を所蔵するなど、地域の歴史を現在に伝えている。

    毛利の家紋がありますが 陶氏ゆかりのお寺の様です 道からは大きな門が目立ちますが 奥に入った庭園も見事で 特に秋の紅葉は綺麗だと思います

  • 国宝瑠璃光寺五重塔
    旅行/観光
    山口県山口市香山町7-1 香山公園内
    山口市の香山公園内にある五重塔。現存する五重塔の中で10番目に古く、日本三名塔のひとつに数えられる。嘉吉2年(1442)頃に建立。当時全盛期を迎えていた大内文化の傑作であり、国宝に指定されている。高さは31.2m。勾配のゆるい優美な檜皮葺屋根が特徴で、桜や楓の裏山を背に格別の風情を感じさせる。夜間のライトアップも必見。
  • 瑠璃光寺
    旅行/観光
    山口県山口市香山町7-1
    山口市にある曹洞宗の寺院で、「薬師如来(やくしにょらい)」を祀っている。境内は「香山公園」として整備されている。中心に立つ国宝の「瑠璃光寺五重塔」や、毛利家墓所のある「香山墓地」は、国指定の史跡にもなっており、多くの観光客が訪れている。
  • 漢陽寺
    旅行/観光
    山口県周南市大字鹿野上2872
    周南市にある「臨済宗南禅寺派」の寺院で、「中国三十三観音霊場」の第十五番札所である。境内には、作庭師・重森三玲が作った「曲水の庭」があることで有名である。また「夜の特別拝観日」なども行われており、竹灯篭で照らされた美しい庭園や、漢陽寺を眺めに多くの参拝客が訪れている。
  • 妙青寺
    旅行/観光
    山口県下関市豊浦町川棚5192
    下関市豊浦町川棚にある寺院。1416年に長門国の守護職・大内持盛によって創建。行基の作と伝わる観世音菩薩を本尊として祀っている。境内には室町時代の水墨画家・雪舟によって造園された庭園があり、ツツジの花なども観賞できる。また、寺に隣接した池には藤の花が自生しており、5月上旬頃には水面に向かって垂れた藤の花と池を泳ぐ鯉が織りなす美しい景色を楽しめる。

山口の主要エリア

around-area-map

本州の最西端に位置する山口県。日本海、瀬戸内海、響灘と3つの海に面し、美しい海と砂浜が特徴的です。 県外からのアクセスは山口宇部空港・新山口駅が便利で、羽田空港からは約1時間半、大阪・名古屋からは新幹線で2時間半ほど。 山口県は、下関市のある「西部」、長門市のある「北部」、山口市のある「中部」、岩国市のある「東部」に分かれています。 西部・下関市には、ドラマやCMのロケ地として有名になった「角島大橋」があり、エメラルドグリーンの海と白い橋のコントラストがとてもきれいな人気スポットです。 北部・長門市にある「元乃隅稲成神社」は123基の赤い鳥居が100m以上にわたって並び、赤、青、緑のコントラストが美しい景色は、CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれています。 中部・山口市では「龍福寺(大内氏館跡)」や「国宝瑠璃光寺五重塔」が有名です。 東部の鉱山跡を利用したテーマパーク「地底王国美川ムーバレー」では、洞窟探検アトラクションが楽しめます。 グルメは、フグ、クルマエビ、笠戸ひらめ、ケンサキイカなどの海鮮が楽しめます。

山口の写真集

目的から探す