NAVITIME Travel

宮城の寺院スポット一覧

  • 瑞巌寺
    旅行/観光
    宮城県宮城郡松島町松島字町内91
    天長5年(828)、慈覚大師によって建立された瑞巌寺は、臨済宗妙心寺派に属する。戦国の騒乱で衰退していた寺を復興すべく、伊達政宗が慶長9年(1604)より丸4年の歳月をかけ桃山様式の本堂を完成させた。その際正式名称を「松島青龍山瑞巌円福寺」と改める。見どころは、「庫裡」。いわゆる台所であり、その美しさは国宝にも指定されている。
  • 定義如来(西方寺)
    rating-image
    4.0
    59件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
    8/15に行われる「ローソク祭り」が幻想的で美しく有名な「定義如来(西方寺)」は、平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、源氏の追討をのがれて、この地に隠れた肥後守平貞能公が開祖と言える。その後、宝永3年(1706)に従臣の後裔早坂源兵衛が自ら出家し「観蓮社良念」と称し開創された。東北自動車道「仙台宮城IC」より車で約45分。

    紅葉がとてもきれいに映えて良かったです。一回り散策しました。 ここに来たら付近の三角油揚げを食べるのも欠かせません。

  • 杉薬師双林寺文化財収蔵庫
    旅行/観光
    宮城県栗原市築館薬師台双林寺
  • 五大堂
    旅行/観光
    宮城県宮城郡松島町松島字町内
    松島のシンボルである五大堂は、国の重要文化財として指定されている仏堂。臨済宗妙心寺派の寺院・瑞巌寺に属す。五大堂と呼ばれる由縁は、「大聖不動明王」を中心に、「東方降三世」、「西方大威徳」、 「南方軍五大堂」、「北方金剛夜叉」の五大明王像が安置されたことによる。平安時代中期に制作された秘仏とされる五大明王像は、33年に1回のみ開扉される。
  • 円通院
    旅行/観光
    宮城県松島町松島字町内67
    臨済宗妙心寺派の寺院で、三陸三十三観音霊場の第1番札所とされている。正保4年(1647)、三慧殿が建立され開山された。境内の庭には、心字の池を中心とした石庭があり、秋には紅葉で鮮やかに彩られる。夜はライトアップもされ、境内は神秘的な雰囲気に包まれる。バラの庭「白華峰西洋の庭」が見事なバラを咲かせることから、バラ寺と呼ばれていた。近年はバラの数が減少し、境内には苔が生えている事から苔寺として親しまれている。
  • 双林寺
    旅行/観光
    宮城県栗原市築館薬師台1-1
    760年に「医王山興福寺」として開創したが、幾度もの火災により薬師堂を残して焼失。1591年に再建、改称した。本尊の「木造薬師如来座像」は重要文化財に指定。境内にある「姥杉」は樹齢約1200年と言われる巨木で、県の天然記念物に指定。
  • 蔵王寺
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内
    刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内の蔵王エコーライン沿いにある寺院。7世紀から8世紀初頭の白鳳時代に役の小角(えんのおづぬ)によって開山され、山岳仏教の修験場として使われた。明治期に廃寺になるも後に再興。境内には延命地蔵尊が祀られている。
  • 蔵王不動尊
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林地内
    刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内の蔵王エコーラインにある石碑。蔵王不動尊が刻まれた大石碑が滝見台の近くに祀られている。滝見台からは、蔵王最大の滝「不動滝」など3つの滝が望める。
  • 瑞川寺
    旅行/観光
    宮城県大崎市古川三日町2-2-2
    大崎市古川三日町2丁目にある寺院。正確な創建年代は明らかではないが、かつては郡内第一と称される寺院だったとされる。兵火により一度廃寺となった後、伊達政宗の家臣で古川城主の鈴木和泉守元信により中興された。
  • 石雲寺
    旅行/観光
    宮城県大崎市松山千石字大欅91
    大崎市松山千石大欅にある寺院。境内には仙台藩の重臣・茂庭家の御霊屋があり、毎年1月16日と8月16日の2回御開帳される。また、本堂前庭の崖上にある樹高23mのコウヤマキの巨木は県の天然記念物に指定されている。
  • 弥勒寺
    旅行/観光
    宮城県登米市中田町上沼字弥勒寺寺山63
    登米市中田町上沼弥勒寺寺山にある寺院。7世紀に役の行者により建立された草堂を起源とし、33年に1度御開帳される「彌勒佛坐像」を本尊として祀っている。毎年8月15日と16日に行われる大祭は「おみろくさんの夜祭り」と呼ばれ親しまれており、毎年多くの参詣客で賑わう。
  • 白魚山大徳寺(横山不動尊)
    旅行/観光
    宮城県登米市津山町横山本町3
    登米市津山町横山本町にある寺院。弘法大師の作と伝わる国指定重要文化財の不動明王像を祀っている。南三陸金華山国定公園にも含まれる境内地は豊かな自然環境を有し、「横山のウグイ生息地」として天然記念物に指定されている。
  • 柳津虚空蔵尊
    旅行/観光
    宮城県登米市津山町柳津字大柳津63
    弘法大師によって、亀岡三年(726)に開かれたと伝えられる、非常に歴史ある寺院。本尊の「福智満虚空蔵菩薩」は行基菩薩の一刀三礼の作と言われている。また、本尊の左右に安置された大黒天と毘沙門天の2体は弘法大師の作と言われている。月見の井戸や子育ての松など、不思議な言い伝えが多く残されており、まとめて虚空蔵尊七不思議とも呼ばれている。境内には囲炉裏のあるカフェがあり、参拝のついでに一休みできる。
  • 資福寺
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区北山1-13-1
    仙台にある、北山五山の一つに数えられる寺。仙台藩の初代藩主である伊達政宗と縁が深く、父の輝宗が虎哉宗乙を資福寺に招き、幼年の政宗を師事したことで知られる。また、伊達氏移封と共に岩出山、仙台と移り、寛永15年(1638)に現在地に移転。紫陽花の名所としても有名で、紫陽花寺や花寺とも称される。紫陽花の見頃は6月下旬から7月中旬まで。他に樹齢200年を越えるも仙台市の保存樹木、五葉松やコウヨウザンも。本堂や枯山水庭園など、境内の好きな場所でコーヒーを楽しむ珈琲参杯も行なわれている。

    「紫陽花がとても綺麗なお寺がある」と10年ほど前に聞いて以来、いつか紫陽花の季節に行ってみよう!と思っていた資福寺に今年はやっと行けました(と言っても、もうすでに終わりかけでしたが・・)。 仙台市中心部から北方面「北山」という寺院が密集しているエリアにあります。 伊達氏ゆかりのお寺で、臨済宗のお寺です。紫陽花の時期に是非!

  • 輪王寺
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区北山1-14-1
    仙台駅よりタクシーで約15分ほどのところにある寺院。嘉吉元年(1441)に福島で創建されたことに始まり、伊達家の居城の移り変わりと共に各地を巡り、慶長7年(1602)に現在の仙台市へと移った。東北有数の名園として知られる「禅庭園」では、桜や紫陽花などの季節の草花を鑑賞することができ、仙台市外からも多くの人々が拝観に訪れる。毎月1日、15日は、仙台市指定有形文化財「釈迦如来坐像」の御開帳がある。また、毎週土曜日には一般参加も可能な坐禅会が行われている。

    古いお寺で敷地が広く、あらゆるものに趣があります。なぜかロバが3頭飼われています。晩秋に行くと紅葉がとても美しく、池の周りをぐるりと歩けて楽しめます。

  • 仙台大観音
    旅行/観光
    宮城県仙台市泉区実沢字中山南31-3
    JR仙山線・国見駅から車で10分ほどのところにある寺院。当寺の通称ともなっている仙台大観音像は、仙台市制100周年を記念して高さを100メートルとし、21世紀の繁栄を願い地下21メートルまで掘られている。また、境内には赤い鳥居の油掛大黒天を祀る大黒堂があり、縁結びのスポットとして有名になっている。毎月18日を観音様の御縁日とし、仏教の教えや神仏に関してわかりやすく説く「縁日法話」を開催している。参加無料で仏教に興味のある人であれば誰でも参加可能。ペット供養も行っている。
  • 陸奥国分寺薬師堂
    旅行/観光
    宮城県仙台市若林区木ノ下3-8-1
    天平13年(741)、聖武天皇の発願で、全国に建立された最北の国分寺。文治5年(1189)に焼失したが、伊達政宗により薬師堂などが再建された。ほかに境内には仁王門や鐘楼・准胝観音堂が立ち、本坊には大塔がある。
  • 高蔵寺阿弥陀堂
    旅行/観光
    宮城県角田市高倉字寺前49
    1177年(治承元)、藤原秀衡[ひでひら]によって建立されたもので、平安時代の阿弥陀堂としては宇治平等院、大原三千院、平泉中尊寺、いわき白水[しらみず]阿弥陀堂と並ぶ、全国7ヵ所の一つ。本尊阿弥陀如来像とともに国の重要文化財。阿弥陀如来像拝観は要予約(2019年秋まで阿弥陀如来像は修理中により拝観休止中)。阿弥陀如来像は修理中のため平成31年(2019)秋まで拝観を休止。建物は要予約にて見学可能。
  • 三瀧山不動院
    rating-image
    3.5
    43件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区中央2-5-7
    クリスロード商店街にある、商売繁盛・家内安全を祈願する寺。地元では「お不動さん」と呼ばれ親しまれている。明治時代に仙台に実在した人物といわれ、福の神として知られる仙臺四郎の像が安置されている。本堂の前には、お札や四郎グッズの販売所、仏具、日本茶などの仲店が並ぶ。毎年7月27・28日に行われる夏祭りでは、神輿や山車が練り歩く。

    るーぷる仙台で広瀬通で下りていきました。地図を便りに商店街を歩くとファミリーマートの隣、仏壇屋の真向かいにありました。狭かったですが、数人が並んでいました。書き置きですが、御朱印をいただくことができました。

  • 大鳥居
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字鬼石原
    この地点はかつて蔵王大権現への参詣路にあった弐の鳥居があった場所。昭和37年(1962)の蔵王エコーライン開通を記念して昭和44年(1969)にこの大鳥居が建てられ、霊峰蔵王山への入口を示す。

宮城の主要エリア

around-area-map

東北の雄・伊達正宗を生んだ宮城県は、自然に恵まれた景勝地や歴史的な観光地など魅力にあふれた地域です。 三大都市圏からアクセスがしやすく、東北新幹線や飛行機、東北自動車道路などが利用できます。東京からは東北新幹線で1時間31分、名古屋や大阪から飛行機では仙台空港まで1時間10分です。 宮城県といえば、日本三景の松島が有名です。松島は景観もとてもきれいですが、国宝に指定されている「瑞巌寺」など、歴史的にも価値のある場所となっています。 他にも、国宝に指定されている「大崎八幡宮」、雄大な景観が楽しめる「蔵王連峰」、海と奇岩が織りなす自然の景観を楽しめる「三陸復興国立公園」など、自然と歴史が楽しめる県です。 ご当地グルメは牛タンをはじめ、松島で取れたカキをふんだんに使ったカキ丼や、すいとんに似た「つゆはっと」など、おいしいものがたくさんあります。

宮城の写真集

目的から探す