NAVITIME Travel

富山の歴史的建造物スポット一覧

  • 村上家
    旅行/観光
    富山県南砺市上梨742
    合掌造りで有名な五箇山の中でも、その存在が際立つ「村上家」。古い時代の形式を改造せず、当時の建築様式を今に伝える代表的な建造物で、国の重要文化財にも指定されている。400年の歴史を誇る建物の中には数多くの民俗資料が展示されており、囲炉裏端では当主の説明を聞くことが可能。庭には「五箇山絞り」と名付けられた雪椿があり、4月下旬から五月上旬にかけて見頃を迎える。
  • 立山室堂
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂平
    室堂とは修験者が宿泊や祈祷する場として拠点となる堂のことを指す。立山黒部アルペンルートにある室堂は日本最古の山小屋と言われ、1980年代までは立山や剱岳登山の拠点として実際に使用されていたという。また解体修理を行った際の発掘調査では12世紀頃の宗教的遺構が発見されており、鎌倉時代から使われていたことが確認されている。現在の建物は1726年に再建されたもので国の重要文化財に指定。材木は美女平の原生林を使用しており、運搬方法は今も謎に包まれている。
  • 世界遺産 菅沼合掌造り集落
    旅行/観光
    富山県南砺市菅沼
    富山県南砺市菅沼の三方を庄川に囲まれた場所にある小さな集落。田園風景の中に茅葺き屋根の「合掌造り家屋」9戸と古い土蔵などが建ち、古き良き日本の風情を感じられるスポット。五箇山の歴史と伝統を学べる民俗館があり、厳しい自然とそこに息づく人々の素朴な暮らしに触れることができる。集落は「相倉合掌造り集落」とともにユネスコの世界文化遺産に登録されている。季節ごとにライトアップイベントも開催。
  • 薬種商の館金岡邸
    旅行/観光
    富山県富山市新庄町1-5-24
    富山市新庄町1丁目、県道177号線沿いにある資料館。300年の歴史を誇る富山の売薬業をはじめ、薬業に関する資料を展示している。建物の母屋部分は明治初期の建築で、インフラ整備や銀行、大学の設立など、富山県の発展にも大きく貢献した薬種商・金岡家の店舗だったもの。当時を再現した壁一面の薬箪笥など数々の資料によって、富山の薬売りの歴史を感じられる。
  • 相倉民俗館
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉352
    東海北陸自動車道五箇山I.Cから飛越渓合掌ラインを東へ進んだ山間にある世界遺産「相倉合掌造り集落」。その一角に相倉民俗館はある。藁葺き屋根の合掌造りが特徴的で、旧尾崎家の住宅そのままを活用し、昔の村人達が使用していた民具や助け合いの伝統を伝える資料が展示されている。また2階に上がると合掌造りの骨組みや内部構造を間近で見ることも可能だ。2号館となる「相倉伝統産業館」では、五箇山の伝統産業である和紙や塩硝に関する資料を展示。先人の知恵や苦労から、日本の原風景を感じることができる。

    アマ(2F)、ソラアマ(3F)へも上ることができ、伝統的な生活道具、農機具などが展示されていた。そうか、縄は囲炉裏の煙によって強化されるのか。

  • 相倉伝統産業館
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉204-2
    江戸時代の五箇山の三大産業・塩硝・養蚕・和紙づくりの道具が展示されている産業館。相倉合掌造り集落が国の史跡に指定されたのを機に、当地方の民俗資料を収集し、風土に培われた生活用具を展示公開する施設として昭和44年(1969)に開館した。茅葺き合掌造りの古い家を利用している。
  • 流刑小屋
    旅行/観光
    富山県南砺市田向
    江戸時代、加賀藩の流刑地となっていた場所に残る小屋。現在の流刑小屋の建物は明和年間(1764-72)に流刑小屋として建てられもので、お縮小屋と呼ばれ、建物外には一歩も出れなく食事は牢番から柱の穴から差し入れられた、という小屋だ。民俗学上貴重な存在で昭和40年(1965)に富山県指定有形民俗文化財に指定された。
  • 豪農の館 内山邸
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市宮尾903
    富山市宮尾にある歴史的建造物。「越中一千石地主」といわれた豪農・内山家の邸宅で、1868年頃に建築された。現在は富山県民会館の分館として内部を公開するとともに、同家寄贈の美術品や民俗資料などを展示している。国の有形文化財に登録。

    市街地から離れ、ちょっと行きにくいところですが一見の価値はあります。国指定の有形文化財とのことですが、幕末のこんな立派な建物がよく今日まで残ったと驚きました。中はすべて自由に見れましたが、説明をお願いすると人数に関係なく館内全部の詳細な説明をしてもらえました。その説明の中身にはびっくりすることだらけ!!。学校では教えない日本の歴史まで教えてもらえました。ここはお庭も広く季節には花もきれいだそうです...

  • 浮田家住宅
    旅行/観光
    富山県富山市太田南町272
    富山市太田南町の県道56号線沿いにある歴史的建造物。加賀藩の奥山廻役の役宅として1828年に建てられたもので、当時の豪農民家の建築様式を今に伝える貴重な建築となっている。主屋と表門、土蔵が国の重要文化財に指定。
  • 菅野家住宅
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    富山県高岡市木舟町36
    高岡の土蔵造りの中でも、規模・質・保存度とも最も優れており、平成6年(1994)に重要文化財に指定された商家。壁面は黒漆喰を塗り、2Fには観音開きの扉を付け、屋根には大きな箱棟を付けるなど、高岡の土蔵造りの特徴を全て備えている。菅野家は明治初頭に5代の伝右衛門が北海道との通商などで家業を広げ財を築いた。

    山町筋の中で一番印象に残る住宅です。現在も住居として使用されているので 邸宅内全てを一般公開されていませんが 見事な彫刻と装飾を持つ《飾り仏壇(常時使用されている仏壇とは別に特別な際に使用されるそうです)》、欄間の《井波彫刻(表と裏で彫刻内容が異なるので両面を鑑賞して下さい、なお 天井板は屋久杉です)》、《香道・源氏香の図》をモチーフとした外壁(玄関右手)、屋根上部の雪割り(屋根に積もった雪が自然...

  • 武田家住宅
    旅行/観光
    富山県高岡市太田4258
    武田信玄の弟で三男の逍遙軒信綱[しょうようけんのぶつな]ゆかりという豪農の居宅。安永年間(1772-1780)頃に建設された肝煎住宅そのままの姿を現在に伝えている。間口、奥行きともに約21m、建築面積457平方mに及ぶ大規模な建築物で高い天井の梁組みやこの地方特有の屋根形式が特徴。肝煎とは江戸時代の世話役のこと。国指定重要文化財。 【写真提供】高岡市教育委員会
  • 岩瀬家
    旅行/観光
    富山県南砺市西赤尾町857-1
    約300年前に加賀藩の塩硝上煮役[えんしょうじょうにやく]を務めた家で、五箇山合掌造り最大の家屋。建物は間口26.4m、奥行12.7m、高さ14mの威容を誇る。内部は総ケヤキ造りの5階建てで、3-5階は養蚕作業場。明治時代までは35人もの大家族が暮らした。1階には、加賀藩の巡視役人が宿泊した書院の間などもある。
  • 茶室円山庵
    旅行/観光
    富山県富山市安養坊47-3
    富山市民俗民芸村の施設。大正9年(1920)に、富山の茶人・金子宗峰[そうほう]が建てた茶室を移築したもので、立礼席にて430円(抹茶+和菓子)で呈茶をしている。
  • 金屋町
    旅行/観光
    富山県高岡市金屋町
    金屋町は加賀前田家2代当主・前田利長公が、慶長16年(1611)に鋳物師7人を招いて鋳物場を開かせた高岡鋳物発祥の地。金屋町通りには「さまのこ」と呼ばれる千本格子の家並みと、銅片の敷き込まれた石畳が美しい佇まいを見せている。
  • 旧中嶋家住宅
    旅行/観光
    富山県砺波市花園町 砺波チューリップ公園内
    砺波チューリップ公園にある200年以上前の砺波の農家住宅。建坪53坪(175.2平方m)、大居[おえ](広間)を中心に南側に座敷、北側に土間、後ろに茶の間、寝室がある。公園への移築にあたり、家の周囲に杉や竹のカイニョ(屋敷林)を巡らして散居村の屋敷景観も復元している。
  • 北前船回船問屋森家
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市岩瀬大町108
    海商の町、岩瀬にある北前船回船問屋で、国の重要文化財に指定されている。明治11年(1878)に建てられ、最盛期の繁栄を偲ばせる豪壮な構え。玄関から裏の船着き場に通じる土間廊下に沿って母屋、土蔵などが配され、船荷はこの土間を通って土蔵へ運ばれた。また道具蔵の扉に施された家紋と竜虎の鏝絵[こてえ]も見事だ。所要30分。

    明治時代に建てられた北前船の廻船問屋の建物。日本海航路がいかに日本の物流を支え、富が生まれていたか往時を忍ばせる。岩瀬の街並みの中でも国の重要文化財としてまず見ておきたい。

  • 朝日町歴史公園
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県下新川郡朝日町横水302-1
    総面積1万1700平方mの広々とした園内にはハス池、ふれあい広場、ローラースライダーなどがある。管理棟になっている旧川上家は、江戸時代の町屋を復元した板葺き石置き屋根の建物。中には民具を展示し、朝日町の「バタバタ茶」の体験(試飲)もできる。

    近くの百河豚美術館へ行った際にこちらの歴史公園へ立ち寄りました。江戸時代の建物を復元したという町屋を見学しました。花や緑が多くて遠くの山並みが美しかったです。

  • 中島閘門
    旅行/観光
    富山県富山市中島
    中島閘門は扉の開閉で上流と下流の水位差を調節する、いわば水のエレベーター。その仕組みはパナマ運河の水門と同じで、国の重要文化財。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す