富山市ガラス美術館

美術館

はかなくも美しいガラスの魅力にとりこになる

富山市は、約30年前から「ガラスの街とやま」をコンセプトに街づくりを進め、世界でも有数のガラスの街に成長した。この美術館はその集大成といえる施設であり、国内外のグラスアートの聖地となっている。

立山連峰をイメージさせる外観は、ガラスとアルミ、御影石を用い、光の反射によって建物に立体感を出している 立山連峰をイメージさせる外観は、ガラスとアルミ、御影石を用い、光の反射によって建物に立体感を出している

隈研吾が設計を手がけた木材を使った空間

富山市の中心市街地にあってひときわ目立つのが、周囲の空間を映し出し、キラキラと輝く「TOYAMAキラリ」だ。富山市ガラス美術館をはじめ、富山市立図書館本館、富山第一銀行本店などが入居する複合施設で、世界的建築家の隈研吾氏が設計を手がけた。内部は富山県産材のルーバー(羽板)を活用した温もりのある開放的な空間となっている。すべての杉板を並べると、約10kmの長さになるという。2階から6階までは吹き抜けとなっており、大きな斜めの光の筒がつらぬき、建物全体をやわらかな光で包んでいる。富山市ガラス美術館は2階から6階までの一部のスペースを使っている。

思わずシャッターを切りたくなる。上から見下ろす景色も美しい 思わずシャッターを切りたくなる。上から見下ろす景色も美しい

世界的巨匠のガラス作品を

この美術館には、現代ガラス作家の巨匠デイル・チフーリ氏によるインスタレーション(空間芸術)作品5点が6階「グラス・アート・ガーデン」に常設展示されている。その内、『トヤマ・ペルシャン・シーリング』は、海の生物を連想させる赤や青、黄色などのガラスのパーツで天井が彩られ、やさしい光が床まで伸びている。また、『トヤマ・フロート・ボート』は、その昔、富山市を流れる神通川で使われていた笹舟と、2015年(平成27)に富山県で制作されたものを含む117個のフロート(浮き玉)がディスプレイされている。

デイル・チフーリ《トヤマ・フロート・ボート》2015年、H60×W917.5×D657.5cm、富山市ガラス美術館所蔵、(C)Chihuly Studio All rights reserved デイル・チフーリ《トヤマ・フロート・ボート》2015年、H60×W917.5×D657.5cm、富山市ガラス美術館所蔵、(C)Chihuly Studio All rights reserved

個性的な作品でパブリックスペースに

富山ゆかりの20名の作家の作品が並ぶのが「グラス・アート・パサージュ」だ。2階から4階までのパブリックスペースに展示し、ぶらぶらと歩きながらガラスに親しむことができる。20名の作家は、いずれも富山の地で学び、現在は日本だけでなく世界に羽ばたき、活躍の場を広げている。それぞれの作家が器やオブジェなどで個性を表現しており、常時約50点の作品を見ることができる。

グラス・アート・パサージュの展示風景。作家の作品が間近に見られる。ガラスとは思えない質感の作品もある グラス・アート・パサージュの展示風景。作家の作品が間近に見られる。ガラスとは思えない質感の作品もある

お気に入りの商品に出合う

2階にあるミュージアムショップでは、ガラス製のグラスや箸置きから美術館限定の商品までがそろう。作家の作品も販売されており、訪れた日にしか巡り会えない商品もあるので、お気に入りを見つけてほしい。箸置き、てぬぐい、マスキングテープ、ビアマグカップなど、300円ほどのお手頃な価格から一点物の数万円の作品までを販売し、店内を歩いているだけでも楽しい。

店内はゆったりとしたスペース 店内はゆったりとしたスペース

ガラスとひとくちにいっても色も形も千差万別 ガラスとひとくちにいっても色も形も千差万別

スポット詳細

住所
富山県富山市西町5-1
エリア
富山エリア
電話番号
0764613100
時間
【常設展・企画展】
[日-木]9:30-18:00
[金・土]9:30-20:00

【カフェ】
9:30-17:00

【ミュージアムショップ】
[日-木]9:30-18:00
[金・土]9:30-19:30
休業日
[常設展・企画展]第1・3水、年末年始、企画展により閉場日が異なる場合がございます。
[ミュージアムショップ]第1水、年末年始
[カフェ]火(祝の場合は営業)、第1水、年末年始
料金
【観覧料】
[一般・大学生(常設展時)]200円(20名以上の団体は170円/1名)
※企画展は観覧料が異なります。
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners Club、J-Debit)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、Apple Pay、Google Pay、ICOCA、toIca、Kitaca、SUGOCA、nimoca、manaca、その他)
Wi-Fi
あり(フリーWi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
備考: ※観覧料
滞在目安時間
60-120分(展覧会ごとに、また個人差あり)
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          富山エリアのおすすめスポット

          富山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました