富山の資料/郷土/展示/文学館スポット一覧

  • 広貫堂資料館
    rating-image
    3.5
    47件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市梅沢町2-9-1
    「越中富山の置き薬」として知られる富山の製薬業。その中心として栄えた「広貫堂」の歴史を伝える資料館である。市電広貫堂前駅から徒歩3分、立像寺と隣接した場所にあり、無料駐車場も設置されている。主な展示品は古文書や売薬資料をはじめ、広貫堂が所有する貴重な資料がメイン。また江戸時代から現代まで続く薬の歴史や製造工程を大型スクリーンで上映している。他にも越中富山の薬を江戸中に広めた「江戸城腹痛事件」や薬売りの行商の姿をジオラマで紹介している。

    富山市内にある3軒訪問した富山の薬関連の資料館の一つです[他の2軒;[金岡邸][池田屋安兵衛商店]]。 3軒の内 展示内容としては 一番地味ですが こちらに入館すると 1.[廣貫堂シアター]と言う形で 10分間程度の[富山のくすり]の発祥、歴史的発展過程の紹介があり、 2. [富山のくすり]産業の創始者:富山藩二代目藩主《前田正甫》公 直筆の《反魂丹》扁額(添付 写真参照) や 元禄3年(1690...

  • 富山市八尾曳山展示館
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市八尾町上新町2898-1
    JR高山本線越中八尾駅からバスで11分、「曳山展示館前」停留所からすぐにある八尾曳山の展示館。 高さ7.5m、越中美術工芸の粋を集めた絢爛豪華な彫刻で飾り付けられた曳山6基は、富山県有形民俗文化財にも指定され、3基を常設展示している。 他にも「蚕都」と呼ばれた八尾の養蚕業の歴史や道具、版画家・林秋路の版画が見られる。 またホールでは毎月第2・4土曜日に「風の盆ステージ」を開催。三味線・胡弓の演奏、華麗な踊りなど、おわらを心ゆくまで楽しむことができる。

    曳山のお祭りは5月、風の盆は9月。 こちらは曳山が展示されています。1700年代のパーツ(柱)もあったりして随分と歴史のあるただ充分に現役の曳山が見れます。 私が心を奪われたのはビデオです。おわら風の盆のビデオでした。素晴らしい踊り、これを見たい、このビデオを見て強くそう思いました。皆さんもぜひ訪れてください。

  • 高岡御車山会館
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    富山県高岡市守山町47-1
    国の重要有形・無形民俗文化財である、全国で5つしかない「御車山」を通年展示する施設。「高岡御車山」は、天正16年(1588)に豊臣秀吉が後陽成天皇を聚楽第に迎えるときに使用した御所車を、高岡開町の祖・二代前田利長が町民に与えたのが始まりとされる。山車には金工、漆工、染織等の工芸技術の装飾がほどこされ、日本屈指の華やかさを誇る。館内1階には、国の重要有形民俗文化財「御車山」と御車山の部材などを展示。2階は御車山囃子やからくり人形体験が楽しめる。

    ちょうど御車山の入れ替えの日にあたり、中に入ると神主さんや地域の方が立会いをされており、とても神聖な雰囲気でした。年に数回?とのことでとてもラッキーでした。真近で大迫力の山を見ることができ、圧倒されます。様々な体験コーナーもあって想像より見応えがあり、高岡を訪れる方には是非観ていただきたいです。絶対に損はしません。

  • 塩硝の館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市菅沼134
    南砺市菅沼にある「五箇山民俗館」に隣接する資料館。加賀藩の時代、五箇山の一大産業であった黒色火薬の原料「塩硝」の製造についての資料を展示している。材料の採取から、製造、出荷の過程を人形などで再現。塩硝製造の歴史を学ぶことが出来る。

    菅沼合掌造り集落にあります。当時の塩硝の作り方が詳細に説明されていました。山の草だけでなく蚕の糞や人の小便なども原料だったとのことです。鉄砲が日本に伝来してからは塩硝は養蚕と並んで重要な収入源だったようです。時間があれば訪れてみてはと思います。

  • 高志の国文学館
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市舟橋南町2-22
    富山県ゆかりの作家や富山県を舞台とした作品を紹介し、気軽にその魅力に触れることができる博物館。堀田善衛や藤子不二雄A、藤子・F・不二雄など富山県ゆかりの作家の経歴や執筆原稿などを常設展示している。ふるさと文学の蔵1では、富山県ゆかりの文学作品で埋め尽くされた長さ13m高さ5mの大書架が訪れる人を圧倒する。ライブラリーコーナーでは一部書籍や漫画も閲覧が可能。漫画・アニメができる過程を学べるデジタル絵本やキッズスペースもあり、親子連れでも楽しめる施設が揃っている。

    富山には数度訪れていますが、高志の国文学館を初めて立ち寄りました。 藤子不二雄(A)(本名...

  • 高岡市土蔵造りのまち資料館(旧室崎家住宅)
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    富山県高岡市小馬出町26
    昭和20年(1945)まで綿糸や綿布の卸売業を手広く営んでいた高岡でも屈指の商家である室崎家の住宅を、市が資料館として整備し一般公開している。山町筋の土蔵造りの特徴をよくとどめる代表的な町家であり、主屋内部を一通り見学することができる。また高岡の町建ての歴史や土蔵造りに関する資料も展示している。

    このいえのこと、伊藤博文と関わりがあったこと、家の作りのこと、お祭りのこと、北前船のことたくさんの話を聞けました。時間があまりなかったのですが一時間ほどがあっという間でした。中に入って 暮らしぶりを見た方がいいと思います。

  • 高岡市鋳物資料館
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    富山県高岡市金屋町1-5
    高岡鋳物に関する貴重な資料を展示。企画展の開催内容にあわせて展示品の入れ替えがある。木板をシーソーのように踏んで炉に風を送る「たたら」作業は常時体験できる。

    以前、高岡出身の鋳物に詳しい人に鋳物について話を聞かせてもらったことがありましたが、ちっともイメージが浮かびませんでした。ここで、実際に鋳型などの道具をみたら格段に理解が進んだ気持ちになりました。

  • 砺波市立砺波郷土資料館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    富山県砺波市花園町1-78
    明治後期に建設された中越銀行本店建物を昭和57年(1982)にチューリップ公園内へ移築し、翌昭和58年(1983)に資料館になった。民具資料・出土品等の考古資料・古文書などを収蔵しており「砺波地方の風土と心」が常設されている。砺波地方の歴史・民俗・地理等についてわかりやすく展示している。

    中は西洋建築の豪華な作りになっていて驚いた。「宮大工が当時流行りの西洋建築を見よう見まねで作った」というスタッフさんの説明で二度驚いた。 中は写真撮影OKで、砺波の歴史の資料館になっている。土曜に訪れたのですが、2階も見学できるかと思いきや、どうやら第一土曜日だけとのこと。 自分が行った時は誰もおらず、スタッフさんが丁寧に説明をしてくれてとても楽しかった。 無料でラッキーだけど、保存のためにも入場...

  • 高岡市伏木北前船資料館
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    富山県高岡市伏木古国府7-49
    文化年間(1804-1818)以前より現在地で海運を生業とした旧家である秋元家の住宅は、民家としては建築年代も古く、かつて北前船で繁栄した伏木海船問屋の数少ない遺構として評価され、平成10年(1998)に高岡市指定文化財に指定された。主屋は切り妻造り・一部2階建て・妻入りで、梁や束・黒壁の構成が美しいアヅマダチの形式。当時のことがうかがえる調度品を多数展示している。

    私は島根県に住んでいますが、資料館の林さまから島根と伏木は深い縁が有ると言われ驚きました。伏木の瓦は島根県の石見地方の赤瓦甕類に習いて、越前の黄土を使って赤瓦を焼いた事を知り非常の驚きました。北前船で石見の赤瓦の技術が伏木に伝わり赤瓦が焼かれた驚きです。富山の有名な寺院も赤瓦が残っており石見の影響は有ったのかと思っています。

  • 城端曳山会館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市城端579-3
    先達の匠の技が光る傘鉾、曳山・庵屋台などが広い室内に常時展示されている会館。毎年5月4・5日の両日に行われる城端神明宮の祭礼「城端曳山祭」の様子を撮影したビデオがロビーで放映されており、いつでも祭の臨場感を味わえる場所にもなっている。

    江戸時代の1710年代に成立し、明治以降春祭りとして毎年5月に開催されています。る国の重要無形民俗文化財に指定され、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。この祭りの傘鉾、庵屋台、曳山などを一年中展示している施設です。照明で夜の提灯モードで見ることもでき、祭りの夜を疑似体験できるようになっています。優雅な祭り囃子と一緒に曳山祭の様子を映した映像をロビーで鑑賞できます。

  • うなづき友学館
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月町下立682
    黒部市歴史民俗資料館と、黒部市立図書館宇奈月館とが併設された施設。日本三奇橋とといわれた愛本刎橋の復元模型(縮尺1/2)が歴史民俗資料館に常設展示されている。定期的にさまざまな企画展や歴史講座も開催されており、黒部の歴史・文学・芸能・民俗・産業・自然について学べる。

    図書館と博物館が併設された複合施設です。図書館は山岳関連の本をメインに収集しているようです。博物館には、日本三大奇橋といわれる愛本刎橋の縮尺二分の一のかなり迫力がある模型が展示されています。宇奈月の歴史などがパネルや資料で展示されています。

  • 薬種商の館金岡邸
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市新庄町1-5-24
    富山市新庄町1丁目、県道177号線沿いにある資料館。300年の歴史を誇る富山の売薬業をはじめ、薬業に関する資料を展示している。建物の母屋部分は明治初期の建築で、インフラ整備や銀行、大学の設立など、富山県の発展にも大きく貢献した薬種商・金岡家の店舗だったもの。当時を再現した壁一面の薬箪笥など数々の資料によって、富山の薬売りの歴史を感じられる。

    富山市内にある富山の薬の歴史に触れる為 3軒の資料館を訪問した内の1軒です(他の2軒[池田屋安兵衛商店][廣貫堂資料館])。3軒の内 こちらは 富山地鉄の東新庄駅の近くにある為 他の2軒と比較すると アクセスとして少し面倒ですが 多少時間的に余裕あり 富山の薬の歴史に触れると言う意味では こちらの訪問を一番お薦めします。 又 建築物鑑賞ファンの方 必見です、《店舗の畳縁(たたみべり)》が 綿製や麻...

  • となみ散居村ミュージアム
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    富山県砺波市太郎丸80
    砺波市太郎丸にある博物館。砺波平野に点在する約7,000戸の農家からなる「散居村」の歴史や民俗に関する展示を行っている。国重要文化財指定の農具や生活用具約1,000点を展示する「民具館」や、村の代表的な建築様式「アズマダチ」の建物を移築した「伝統館」など4つの展示施設からなる。

    散居村の情報提供をする「情報館」、砺波地方に伝わる伝統文化が紹介している「伝統館」、伝統的家屋の新しい居住スタイルを提案する「交流館」、砺波地域の生活・生産用具を展示する「民具館」があります。民具館以外は無料の施設になっています。散居村の歴史そして魅力に触れることができます。

  • 相倉伝統産業館
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉204-2
    江戸時代の五箇山の三大産業・塩硝・養蚕・和紙づくりの道具が展示されている産業館。相倉合掌造り集落が国の史跡に指定されたのを機に、当地方の民俗資料を収集し、風土に培われた生活用具を展示公開する施設として昭和44年(1969)に開館した。茅葺き合掌造りの古い家を利用している。

    相倉合掌造り集落の駐車場から一番奥まったところに位置しております。メインの散策路から少し離れており、見過ごしてしまいそうです。相倉民俗館とは異なり、五箇山の主要産業であった塩硝、養蚕、和紙づくりの道具などが展示されています。

  • たいら郷土館
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市入谷139
    南砺市入谷の国道156号線沿い「道の駅 たいら 五箇山和紙の里」に隣接した資料館。原始時代からの地域の歴史や、塩硝の製造や養蚕などの産業に関する資料展示を通して、五箇山の文化を学べる。また、「全国和紙ちぎり絵展」の開催時には作品の展示も行われる。

    モダンな合掌造りのような大きな屋根が印象的です。道の駅たいらの駐車場から長い階段を上って入館しましたが、郷土館のすぐ横に駐車場がありました。建物の中央には、竪穴式住居が造られています。五箇山伝統産業の養蚕と硝煙について興味深く見ることはできました。

  • 池波正太郎ふれあい館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市井波3110-1 よいとこ井波内
    井波を「父祖の地」として、親しみと愛着を持って度々訪れ、鬼平犯科帳・剣客商売・仕掛け人・藤枝梅安などの人気時代小説を執筆した池波正太郎氏。その池波正太郎氏と井波の人達との交流の深さを示す書簡や自筆絵画・色紙・写真等をはじめ、著書本や池波正太郎氏愛用の品々を展示している。

    ファンには楽しい博物館。瑞泉寺の周りの街道にあり便利。食堂や土産屋が入っている施設の中にあるのでついでの時によい。

  • 称名滝展示館
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    中新川郡立山町芦峅寺にある展示施設。350mという日本一の落差を誇る称名滝(しょうみょうだき)近くの休憩所に併設。模型などの資料を使って称名滝についての展示を行っており、滝について学ぶことができる。
  • 砺波民具展示室
    旅行/観光
    富山県砺波市頼成566(庄東小学校3F)
  • 八尾おわら資料館
    旅行/観光
    富山県富山市八尾町東町2105-1
    JR高山本線「越中八尾駅」から八尾コミュニティバス環状線左廻りで約13分、右廻りで約28分。八尾の伝統的な町家を再現した館内でおわら風の盆を紹介する資料館で、おわらの歴史や伝統芸能などを詳しく知ることができる。特に歴史については、おわらを育んだ故・川崎順二氏にまつわる資料を中心に、小杉放庵や野口雨情ら多くの文人墨客との交流の様子や歴史がうかがえる数々の資料が展示されている。映像展示室内の大型スクリーンでは、おわらの映像を楽しむこともできる。
  • 大夢来館
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月町舟見明日音沢4-9
    宇奈月ダムの概要や様々な機能・完成までの道程の紹介と、年間東京ドーム1杯分以上といわれる黒部川の土砂問題への取組み学べる情報資料館。黒部川流域の自然の雄大さを伝えるパノラマ写真や富山県の衛星写真が床一面に広がる。また流域一帯を再現した4mを超える大型地形模型・リアルタイムで情報が提供できる検索装置やミニシアターも設置している。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す