NAVITIME Travel

富山の名所スポット一覧

  • 黒部ダム
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    建設当時の金額で513億の巨費が投じられ、延べ1,000万人もの人手により、7年の歳月を経て完成した国内最大規模のアーチ式ダム。186mと日本一の高さを誇るダムからは、毎秒10立方メートルもの水が放出されている。敷地内には展望台や展望広場、放水観覧ステージ等が整備されており、大迫力の放水を間近に見ることができる。毎年6月下旬から10月中旬にかけて、観光放水が行われる。
  • 室堂平遊歩道
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
    立山の頂上を一望できる遊歩道。平成9年に石が敷き詰められたほか、目的地を示す標識も配置され、以前よりぐっと歩きやすくなった。所用時間は1時間-2時間30分の散策コースがある。
  • 美女杉
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    立山ケーブルカーと立山高原バスの駅「美女平」の、すぐそばで見られる女人禁制の伝説がある杉の木。立山連峰山麓の杉は立山杉といわれ、原生林に囲まれた美女平では立山杉が見られることで有名な場所だ。駅舎の南側にある。
  • 越中五箇山・相倉合掌集落
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉611
    国指定史跡であり世界文化遺産として登録された文化財保護地域のひとつ、「越中五箇山・相倉合掌集落」は、地域住民が今もなお生活している場所だ。茅葺き屋根の独特な建物は生産生業・暮し方の時代的特色が現れており、そこに人間が知恵を働かせた跡が残る。最近では奇数月に4-5回のライトアップが実施されている。
  • 立山黒部アルペンルート
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町
    そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にある「立山黒部アルペンルート」は、世界有数の山岳観光ルートだ。アルペンルート内は一般車両の通行はできず高原バスやロープウェイなど6つの乗り物を乗り継ぐ。四季折々に変化する雄大な自然は、数々の感動を与えてくれる。
  • 温泉噴水
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月温泉富山地方鉄道宇奈月温泉駅前
    黒部市の富山地方鉄道「宇奈月温泉駅」前にある噴水。昭和48年(1973)に宇奈月温泉開湯50周年を記念して作られ、宇奈月温泉街のシンボルとなっている。黒部峡谷黒薙温泉から引湯された60度の豊富なお湯が勢いよく吹き上げられ湯けむりを上げている。90年以上続く宇奈月温泉の玄関口で、フォトジェニックな観光名所として有名だ。
  • 雪の大谷
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
    室堂ターミナル周辺の道路を除雪した際にできる雪の壁。壁が連なる500メートル区間のことを総じて「雪の大谷」と呼ぶ。高さ20メートルに迫る巨大な壁は、およそ1ヶ月をかけてブルドーザーで少しずつ除雪し作られていく。毎年4月中旬から6月中旬のみ開催している「立山・雪の大谷ウォーク」では、大迫力の雪の壁を間近で見て触ることができ、海外からも多くの観光客が訪れる。
  • 北前船回船問屋森家
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市東岩瀬町108
    JR富山駅より車で約20分の廻船問屋。行きと帰りで「倍倍」に儲かることから、北前船はバイ船と呼ばれ、東岩瀬港では幕末から明治にかけて財をなした。明治11年(1878)に建築された森家は、北前船の歴史を感じられる国指定重要文化財。館長の名調子が見学を盛り上げてくれる。見どころは屋久杉の板戸、能登産黒松のはり、小豆島産の巨大な一枚岩など全国各地の贅を尽くした造り。「オイの間」や龍虎のコテ絵、中庭に面した鶯張りの廊下も風格がある。

    明治時代に建てられた北前船の廻船問屋の建物。日本海航路がいかに日本の物流を支え、富が生まれていたか往時を忍ばせる。岩瀬の街並みの中でも国の重要文化財としてまず見ておきたい。

  • 宇奈月ダム
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月町舟見明日音沢4-9
    洪水を防ぎ下流域を災害から守るとともに、豊富な水を水道水や発電に生かす多目的ダムとして建設された、黒部川にあるダム。宇奈月ダムのしくみ・黒部川の自然・黒部川を守る仕事などのいろいろな情報や資料が展示されている情報資料館がある。また事前に申し込めば監査廊の一部を見学することも可能だ。
  • 明日の大桜
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月町明日836 明日山法福寺境内
    創建大同元年(806)と伝えられる明日山法福寺の境内に、文禄元年(1592)に植えられたといわれるサクラ。樹齢420年あまりのエドヒガンの古木だ。樹高13m・15m四方に枝を伸ばしている立派な樹で、昭和40年(1965)に県の天然記念物に指定された。4月の中旬頃が見頃となる。
  • 倶利伽羅峠
    旅行/観光
    富山県小矢部市埴生
    寿永2年(1183)の、源氏と平家が興亡の明暗を分けた倶利伽羅源平合戦の舞台となった場所として有名な場所。歴史探訪には最適な場所で、見どころも豊富だ。また八重桜の名所でもあり、毎年4月下旬-5月初旬にかけて桜まつりが開催される。20数年間に渡って約3,000本の八重桜を植栽したのが始まりで、現在では約6,000本の八重桜が咲き誇る。夜間は提灯300個でライトアップされる。
  • メルヘン建築
    旅行/観光
    富山県小矢部市
    1970-80年代に、文化的価値を持ち、地域の人々に親しまれ、愛される建物を作りたいということで、小矢部市の公共建築を新築する際に、西洋風の有名な建物を真似て建てられた35の建物。保育所・小学校・中学校・公民館などをめぐり、それぞれの特徴を楽しめる。小矢部市の観光名所のひとつとなっている。
  • 瓜裂清水
    旅行/観光
    富山県砺波市庄川町金屋
    およそ600年前、端泉寺の開祖である綽如上人の馬のひづめが沈みくぼんでできたという清水。村人が献上した瓜が裂けるほど冷たい水が湧き出し、綽如上人が命名した、と伝えられている。全国名水100選に数えられているおいしい水で今では県外からもこの水を求めて大勢の人が訪れる。
  • 上日寺のイチョウ
    旅行/観光
    富山県氷見市朝日本町16-8
    氷見市朝日本町の上日寺境内にあるイチョウの木。樹高24m、根回り12mと日本でも最大級の大木である。創建時に植樹されたものと伝わっており、樹齢は1000年以上とも推定される。国の天然記念物に指定。
  • 忍者ハットリくんカラクリ時計
    旅行/観光
    富山県氷見市本町-比美町
    氷見市本町の湊川沿いに設置されているカラクリ時計。氷見市出身の漫画家・藤子不二雄(A)の代表作の一つ「忍者ハットリくん」をモチーフとしたもので、定時になるとキャラクターたちが登場し、音楽と水を使ったショーが展開される。平日は9時から19時までの1時間ごと、土日祝日は30分ごとに作動。
  • 神通川左岸堤防
    旅行/観光
    富山県富山市五福
    富山市中心部にある桜の名所。市街地近くを流れる神通川の堤防沿い約1.3kmに渡って桜の木が植栽されている。神通川に架かる神通大橋や富山大橋などからは、山を背景とした遠景も楽しめる。
  • 殿様清水
    旅行/観光
    富山県富山市春日
    富山市春日の「春日公園」内にある湧き水。江戸時代、飛騨に運ぶ塩の中継所となる富山藩の塩蔵が同地に置かれており、この御蔵番を務めた殿様が好んで飲用したことからこう呼ばれる。殿様は水のおかげで無病息災のまま生涯を送ったとされ、現在も「とやまの名水」に指定されている。
  • 石倉町の延命地蔵
    旅行/観光
    富山県富山市石倉町
    富山市石倉町のいたち川沿いに祀られている地蔵尊。同地は「平成の名水百選」にも選定された「いたち川の水辺と清水」の湧水地として知られる。併設された御手水は万病に効く冷水「延命地蔵の水」として信仰を集めており、水を汲みに訪れる人も多い。
  • 山彦遊歩道
    遊ぶ/趣味
    富山県黒部市宇奈月温泉
    黒部峡谷とトロッコ列車を一度に見られる絶好のスポット。列車の音がやまびことなって温泉街に響くことから名前が付けられた赤い橋だ。宇奈月駅横の遊歩道から行ける場所で、紅葉の時期は特に美しい景色が堪能できる。
  • 山崎カール
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    カール(圏谷[けんこく])とは氷河の浸食でできた谷状の地形で、スコップでえぐったような丸い底が特徴。雄山山頂の西側にある山崎カールは幅約400m、長さ約600mの小さな圏谷。明治38年(1905)、地理学者山崎直方[やまさきなおまさ]博士により日本で初めて発見され、日本に氷河時代が存在したことが証明された。圏谷内は立入禁止だが、エンマ台から眺めるとその形がよく分かる。昭和20年(1945)2月22日国の天然記念物に指定。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す