NAVITIME Travel

立山・黒部・宇奈月の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 黒部市歴史民俗資料館
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月町下立682
    黒部川の愛本刎橋の一部を復元したものをはじめ、愛本新遺跡・浦山寺像遺跡の出土品などを展示している。
  • 立山室堂
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂平
    室堂とは修験者が宿泊や祈祷する場として拠点となる堂のことを指す。立山黒部アルペンルートにある室堂は日本最古の山小屋と言われ、1980年代までは立山や剱岳登山の拠点として実際に使用されていたという。また解体修理を行った際の発掘調査では12世紀頃の宗教的遺構が発見されており、鎌倉時代から使われていたことが確認されている。現在の建物は1726年に再建されたもので国の重要文化財に指定。材木は美女平の原生林を使用しており、運搬方法は今も謎に包まれている。
  • 黒部市吉田科学館
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県黒部市吉田574-1
    黒部市吉田にある科学館。プラネタリウムドームを中心とした施設にエントランスホールや実験実習室や展示室などを備え、常設展示や企画展を行う。プラネタリウムでは学習投映のほか、大人向けの投映イベントも開催。

    スタッフが手作りした展示が多いです。実際に触ったり動かしたりできるので、子供も飽きずに楽しめます。子供向けのイベントが色々と企画され、楽しく学ぶことができます。プラネタリウムは内容も良いです。月1回の天体観測会では、本格的な望遠鏡で観測ができます。

  • ほたるいかミュージアム 道の駅 ウェーブパークなめりかわ
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県滑川市中川原410
    「道の駅 ウェーブパークなめりかわ」にある「ほたるいかミュージアム」は、ほたるいかの発光ショーが見られるライブシアターや深層水で飼育している富山湾の生き物とふれあえる「深海不思議の海」など、ほたるいかや富山湾について楽しく学べる体験型ミュージアムだ。北陸自動車道「滑川IC」より車で約10分。

    滑川のほたるいかミュージアムに併設している道の駅。コンクリート打ちっぱなしの外観の中に展望台+観光案内所+トイレそこまでは普通の道の駅。ミュージアム側の建物には売店等あります。どこまでが道の駅かはわかりません。

  • 魚津埋没林博物館
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県魚津市釈迦堂814
    北陸自動車道魚津ICから車で約10分の位置にある、埋没林と蜃気楼、自然の不思議に出会える博物館。館内エントランスから続く連絡通路では、37億5000万年前から掘り起こされる富山県東部一帯の大地の歴史を紹介している。また、特別天然記念物に指定されている魚津埋没林や蜃気楼のしくみ、水循環のコーナーなどをわかりやすく展示している。埋没林が保存・展示されている幻想的な水中展示館は必見だ。屋上展望台からは富山湾を中心とした大パノラマを望める。

    かなり前に一度訪れた時は、単にプールのような場所に大きな木の根っこが入っているという、何だか良く分からない、ちょっと貧相な展示でした。 今回久しぶりに行ってみたら施設が一新されていてびっくり。入館して最初に見たのがビデオ。埋没林の発見の経緯が丁寧に説明されていました。 さらに館内を回り展示物を見て、なるほどこういう意味で展示されているのかと納得。 最後に屋上に上って周囲の景色を眺めて...

  • 大岩山 日石寺
    rating-image
    4.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡上市町大岩163
    北陸自動車道の立川ICから車で約15分のところにある寺院。725年に行基によって創建され、立山の山岳信仰の一端を担い、最盛期には21社60坊を抱える大寺として広く知られるようになった。上杉勢の兵火に見舞われ多くの寺宝や記録が焼失し一旦は衰退するも、歴代の前田家の祈願所として堂宇が再建された。境内には国指定史跡の大岩日石寺石仏、重要文化財の大岩日石寺磨崖仏など見どころも多く、不動明王を本尊とする「大岩のお不動さん」として親しまれている。

    古くから不動明王に帰依する祈願所として北陸一の霊場だそうです。 自家用車で向かいましたが、駐車場はたくさんありました。コミュニティバスも運行されているようでしたが、本数は少なそうです。 10月下旬に散策しましたが食事ができるところはほとんど閉まっていて、予約のみの受付でした。 国指定重要文化財の磨崖仏は、建物の中にあるからかとても保存状態が良く見ごたえあります。

  • 雄山神社 前立社壇
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町岩峅寺1
    富山地方鉄道・岩峅寺駅より徒歩約10分、立山IC・富山ICより車で15分のところにある神社。雄山神社は峰本社・祈願殿・前立社壇の3社からなり、3社の中で一番平野に近く立山の前に立つことから前立社壇と呼ばれている。毎年秋頃に「立山火祭り」を開催しており、熱した炭の上を裸足で歩く「参拝者火渡り」は誰でも参加が可能だ。

    立山雄山神社は三社からなり、 立山(雄山)山頂・立山博物館そばの芦峅中宮祈願殿、 そして常願寺川沿いにある岩峅前立社壇です。 御本殿は五間社流れ造りで室町中期の様式を示し北陸最大だそうです。御朱印も頂くことができました。

  • 富山県 立山博物館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
    JR富山駅から車で約45分のところにある博物館。立山山麓の芦峅寺にあるこの博物館では、「立山の自然と人間の関わり」について学術的・総合的に調査研究し、その成果を紹介している。13ヘクタールという広大な敷地内は、教界・聖界・遊界と名付けられた3つのゾーンに分かれており、展示館や遙望館など様々な施設がある。重要文化財の「銅造帝釈天立像」や、重要有形民俗文化財の「立山信仰用具」などの展示も行っている。

    立山信仰について展示されていますが、堅苦しいものではなく、楽しめました。 特にまんだら遊苑は地獄、天国の世界観を野外展示も含めて体感できます。 難点は交通の便が悪く車でしか行けないところでしょうか。。。

  • 富山県 立山カルデラ砂防博物館
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂68
    富山地方鉄道立山線の終点、立山駅より徒歩1分のところにある博物館。地質・地形・生物などに大きな特色を持つ立山と、日本有数の大規模崩壊地である立山カルデラの歴史や自然を紹介している。室内展示館では、カルデラ内部からの眺めを再現したジオラマや、シミュレーションゲームなどから立山カルデラと砂防の様子をわかりやすく学ぶことができる。アルペンルートのリアルタイムの情報も紹介している。

    冬季でアルペンルートは閉鎖されている中、こちらの博物館は営業していました。無料で見られるエリアもありますが、入館料は400円と高くはないので有料エリアの鑑賞も悪くはありません。立山は山に囲まれた地形上、過去に何度か地崩れや洪水が発生している歴史を子供でも分かりやすいように展示していました。砂の性質差による落下速度の違いなどちょっとした地学の勉強にもなります。 都合上1時間少ししかいられませんでした...

  • 大夢来館
    遊ぶ/趣味
    富山県黒部市宇奈月町舟見明日音沢4-9 国土交通省黒部河11事務所宇奈月ダム管理所
    宇奈月ダムの概要や様々な機能・完成までの道程の紹介と、年間東京ドーム1杯分以上といわれる黒部川の土砂問題への取組み学べる情報資料館。黒部川流域の自然の雄大さを伝えるパノラマ写真や富山県の衛星写真が床一面に広がる。また流域一帯を再現した4mを超える大型地形模型・リアルタイムで情報が提供できる検索装置やミニシアターも設置している。
  • 黒部川電気記念館
    rating-image
    3.5
    67件の口コミ
    旅行/観光
    富山県黒部市黒部峡谷口11
    水の宝庫といわれる黒部川の、大自然にはぐくまれた黒部と人とのあゆみを「水」をテーマに紹介している記念館。水に関することのほか、トロッコ電車や電源開発の歴史・大町トンネル建設・黒部ダム工事など充実した内容になっている。レストシアターでは黒部を守る人々や伝説など豊富な種類の映像が楽しめる。

    黒部川流域は、ほとんど関電のダムと発電所です。このおかげで、京阪神の電気を安定的に確保できました。ここでの工事は、かなり大変だったといえます。そのため、関電では、この記念館や宇奈月ダムに展示施設をつくり、アピールしています。いずれも入場料は無料です。展示館には、案内の人もおられますが、暇そうです。

  • 黒部市美術館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県黒部市堀切1035
    平成6年(1994)に開館した豊かな自然の中の美術館。立山連峰の美しい景色が眺められ訪れる人達を景色でも魅了する。郷土ゆかりの作家の作品を収集していくとともに、わが国における現代版画の流れをたどる作品の収蔵を行っており、企画展を中心に年4-6回の展覧会を開催している。

    北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅から富山湾の方へ進むと黒部市総合公園が有ります。そこにこちらの美術館が有りました。森義利の生誕120年を記念した展示を見ることができました。躍動感あふれる版画が素晴らしかったです。

  • 眼目山立山寺
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡上市町眼目15
    建徳元年(1370)に創設された歴史ある寺。新西国33ヶ所、6番目の寺で山灯・龍灯の伝説が残る。二度の火災にも難を免れた鐘楼・400年前 左甚五郎の作と伝えられている三門・千手千眼観自在菩薩(放光観音菩薩)・33体の石佛観音像がある廻廊など、見どころ豊富だ。大徹禅師墓や立山寺の木犀2本などの、町指定文化財も是非見たい。

    自家用車で向かうと駐車場が整備されていましたが、公共交通機関ではアクセスが大変そうです。 山門前の参道には県指定天然記念物の「とが(栂)並木」が延びそこを歩くだけで穏やかな気持ちになれます。 ちょうど作業中の地元の方から映画「散り椿」の撮影時のお話を聞くことができました。

  • 西田美術館
    rating-image
    2.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡上市町郷柿沢1
    富士化学工業 西田安正氏が、個人的に海外で直接収集した美術品を中心に平成5年(1993)に開館した美術館。中国・ガンダーラ・ペルシャ・ギリシャ・エジプトなど、シルクロードの周辺地域の陶磁器や仏像、ロシアイコンなどが4つの展示室で常設展示されている。また企画展・特別展も開催されている。

    円空×田中一光展でお邪魔しました。 円空の仏像はまず貸出されないらしく、館長の人脈で数年がかりで実現したそうです。 町外の方にはあまり知られていない美術館ですが、行ってみると面白いものが見れます。 入館料は600円です。

  • 穴の谷霊場
    旅行/観光
    富山県中新川郡上市町黒川84
    江戸時代、美濃国の白心(はくしん)法師がこの地で修行して以来、霊場として知られた場所。参道から約30m階段を下った谷間に石像の薬師観音堂がある。そこに祀られた薬師如来像右横から湧き出る清水は、霊水として万病にきくと信じられている。環境省選定の「全国名水百選」のひとつで、大勢の人が訪れる。
  • 富山県 [立山博物館] まんだら遊苑
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    広域分散型の博物館を形成している立山博物館の施設のひとつ。立山信仰を育んだ歴史的土壌の上に、平安の昔から今に変わらぬ立山の山並み景観を借景として、立山曼荼羅の世界を広大な敷地に立体的に構築している。地界・陽の道・天界・闇の道の4つから構成されており、一つ一つ、造形・音・光り・香りなどを置き換えている。
  • 殉職者慰霊碑
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂国有林内
    昭和31年(1956)7月、着工し昭和38年(1963)6月に完成した黒部ダム/黒部川第四発電所)建設工事「くろよん」。7年の歳月をかけたこの難工事は「世紀の大工事」といわれる。この建設工事では171名もの方が犠牲になった。その犠牲者の名前を刻んだプレートとレリーフが掲げられている場所だ。
  • 雄山神社峰本社
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺雄山山頂
    今から約1300年前、文武天皇の大宝元年(701)に開山した古い歴史を持つ霊峰立山の神社。平安期の後白河法皇御撰の「梁塵秘抄」、鎌倉時代の安居院編纂の「神道集」、洞院公賢が著した「拾芥抄」にも銘記があり広く信仰されていたことが窺える。海抜一万尺(3003m)、主峰雄山の岩頭に鎮座する。
  • 朝日町立ふるさと美術館
    rating-image
    2.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県下新川郡朝日町東草野466-8
    朝日町立生涯学習館に隣接した美術館。平成3年の開館以来、朝日町にゆかりのある作家や郷土で生まれた芸術に関する資料を収集・展示している。年5、6回行われる企画展は日本画や洋画、木彫やインスタレーションなど、形式にこだわらず多彩なジャンルを取り扱っているのか特徴だ。竹久夢二や豊明判二、大平山濤など日本を代表する作家たちの作品も所蔵し。併設する生涯学習館とあわせて余暇の有効利用やコミュニケーションの場としての役割も果たしている。

    地元の朝日町ではケーブルテレビなどで一生懸命に宣伝しているのですがあえて見に行くほどの美術館ではありません。 常設展も企画展もこの町の予算では美術館の運営自体無理があります。 特別企画展の宣伝をいつもケーブルテレビなどを使って宣伝していますが行ってみたらがっかりします。 ド田舎の美術館はよほど優秀な目利きの学芸員がいたり、地元の有志が多額のお金で自分のコレクションを展示している美術館でないとみる価...

  • 不動堂遺跡
    旅行/観光
    富山県下新川郡朝日町不動堂5
    縄文時代中期における日本最大級の住居跡が発掘された集落遺跡。朝日町不動堂地内に広がる旧扇状地の末端に、東西17m・南北8mの大形竪穴遺構があったとされる。居住跡や食料貯蔵庫と考えられる深い穴、同時代の土器や石器が多数発見され、縄文時代中期の様子を知る上で非常に重要な役割を果たす遺跡であるとして、国の史跡に登録された。現在はタイプの異なる3棟の住居跡が原寸大に復元されており、当時の生活を感じられる場所として整備されている。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す