大分の資料/郷土/展示/文学館スポット一覧

  • 薫長酒蔵資料館
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町6-31
    日田市豆田町の上町通り沿いにある酒蔵「クンチョウ酒造」内の資料館。国の重要伝統的建造物群保存地区に位置する江戸時代建築の酒蔵の一画で、昭和30年(1955)頃まで実際に使用されていた酒造りの道具を展示。施設一帯には、江戸から大正にかけて建てられた酒蔵群を利用したショップや、酒を使ったスイーツ店、カフェ併設のパン工房などの施設が集まる。

    無料と書いてるけど、実際には寄付が要求されてます また、入った酒蔵は、道具類が雑然と置かれているだけのビミョーな雰囲気 もう少し工夫したら、帰路に買い物する人が増えるかと

  • 別府市竹細工伝統産業会館
    rating-image
    4.5
    17件の口コミ
    旅行/観光
    大分県別府市東荘園町8-3
    大分県の伝統工芸である「別府竹細工」の展示施設。名工や伝統工芸士による古くからの日用品や花籠、現代的なインテリアまで見応えのある作品が多く鑑賞できるほか、別府市出身の人間国宝「生野祥雲斎」の作品などが展示されている。1週間前までに予約をすれば、竹鈴や花籠を編む体験学習も可能。平成30年にオープンしたミュージアムショップ&カフェでは、竹製品やコーヒーなどの飲料も販売している。最寄のバス停は「光の園前」もくしは「竹細工伝産会館前」。

    別府の竹細工が有名なので、竹製品の展示を観に産業会館に寄った。竹製品をアクリルで固めた花びんに興味を持った。4種類ほどの竹を使った竹製品も素晴らしく感動しました。

  • 九州電力 八丁原発電所展示館
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町大字湯坪字八丁原601
    玖珠郡九重町湯坪にある八丁原発電所に併設された展示施設。地球の熱を利用して発電を行う地熱発電の仕組みについて、パネルや映像などを使った展示を行っている。また、スタッフの案内による約60分間の発電所・展示館見学ツアーも実施しており、地熱発電所としては日本一の規模を誇る八丁原発電所の中を見学できる。

    九電の発電所内にある訪問者用の施設。この展示館の先は広い発電所になっている。ここでの地熱発電の仕組みなどを、説明してもらえる。

  • 日田祇園山鉾会館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市隈2-7-10
    日田市隈2丁目にある展示施設。国の重要無形民族文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」にも含まれる日田祇園の曳山行事に関する展示を行っている。「飾り山鉾」や「見送幕」などをはじめとした資料を観賞できる。

    旅館から近かったので、寄ってみました。中には鮮やかな山鉾が並んでいて、迫力がありました。2階からも見ることができ、高さを実感できます。これらが街を練り歩く姿を見たいと思いました。

  • 小鹿田焼の里(小鹿田焼陶芸館)
    旅行/観光
    大分県日田市源栄町皿山138-1
    日田市源栄町皿山、高塚山の麓に位置する小鹿田焼の陶芸館。1705年に開窯し朝鮮半島の陶技をルーツとする小鹿田焼の保存と振興を目的としている。平成30年1月リニューアルオープンした館内の展示室では、江戸時代からの小鹿田焼作品を展示。その歴史や特徴を紹介している。他にも工程の展示や重要文化的景観「小鹿田焼の里」の紹介も行っている。
  • 昭和の町展示館
    旅行/観光
    大分県豊後高田市中央通691
    豊後高田市中央通にある展示施設。昭和8年(1933)建築の旧大分合同銀行の建物を利用し、昭和の生活用品や年表などの資料を展示。入場料無料で昭和時代の生活用品は触れることもでき、昭和の生活や歴史について学ぶことができる。また、昭和レトロファッションの洋服のレンタルも行っており、昭和のファッションに身を包んで昭和の町・豊後高田を散策できる。
  • 湯布院創作人形館いま
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    大分県由布市湯布院町塚原321-6
    館長の田中悦子さんをはじめ、7人ほどの作家の作品を展示。すべてハンドメイドで、1体つくり上げるのに1カ月半はかかるとのことで、購入は7000円-。2階は開放スペースで、講習会の生徒の作品展などを随時開催している。

    何人かの作家さん手作りの創作人形が見られます。入館料は有料ですがやすいです。ちょっと行きにくいですが車だと駐車場もあるのでいいです。4月には教室も開かれているとのことなので興味があるひとは参加してみるのも面白いです。

  • 天領日田資料館
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町11-7
    日田市豆田町、国の重要伝統的建造物群保存地区内にある資料館。江戸幕府の直轄地「天領」の一つとして栄えた日田の歴史や町人文化に関する展示を行っている。書画や古文書などの資料を通して、天領時代の日田を体感することができる。
  • 宇佐神宮宝物館
    旅行/観光
    大分県宇佐市大字南宇佐
  • ゆふいん麦酒館
    rating-image
    3.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    大分県由布市湯布院町川南108-1
    麦芽100%の地ビールを醸造している。レストランからガラス越しに醸造所を見学できる。16時から17時半までは利用不可。

    地図にあったので行ってみたら、ランチバイキングのレストランで、団体客向けのようでした。ビールだけを飲むとかはできませんでした。。 隣にお土産屋さんがあって地ビールを販売していますが、飲めるようなところはありませんでした。

  • 宇佐市平和資料館
    rating-image
    4.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    大分県宇佐市大字閤440-5

    日本では戦争博物館は「平和」が先に付く資料館とか になっております。 2020年2月初めて訪問いたしました。 建物も展示物も質素ですが先の戦争を 伝える力は残っています。 零戦も桜花も複製品ですが、75年前に 人間飛行爆弾には乗らない一部の人が 戦争中とはいえ若い優秀な未来があるであろう 人達に犠牲を強要した事実を思い起こさせてくれる 場所のひとつとして宇佐市には残していただきたいと 思いまし...

  • きつき城下町資料館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    大分県杵築市南杵築193-1
    大分空港道路「杵築IC」から車で約5分。杵築の南台にある、町の魅力を紹介する資料館。先人が残した貴重な資料や文化財を収集し、保管や調査、研究を行い展示することで広く紹介している。1階ロビーには町の構造がよくわかる城下の立体模型や、天神まつりに使われる御所車なども展示されている。2階は武士のくらしと文化をテーマに、町役所日記や町人の文化に関する物を展示、3階では杵築歌舞伎や産業、民話や文化財などを紹介している。

    入るとすぐにお祭りで使う山車があります。かなり立派は山車です。城下町の大規模な模型やしっとういの加工機等の展示があります。 観光中の休憩所としていいかも

  • 廣瀬資料館
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町9-7
    2代に渡って掛屋を営んだ廣瀬家の生活道具、書画、雛人形などを展示。どれもすばらしく高価なものばかり。

    日田観光のメインと考えていた廣瀬資料館。淡窓のことを勉強しようかと思っていたのに、休館でなく大修理とか。 他に草野家も大修理とかで勘弁してねということでした。

  • 岩尾薬舗日本丸館
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町4-15
    日田ICから車で約5分、日田駅から徒歩で約15分。豆田町商店街の上町通りにある資料館で、1855年に実家に代々伝わっていた薬品を日本丸として販売した薬屋の伏見屋岩尾古雲堂がオープンしたもの。増改築を繰り返したために複雑な構造となっていて、展望楼は日田中が眺望できることから豆田の天守閣と称される。奥の間はギャラリーになっていて様々な展示が行われているほか、明治大正の日本丸についての資料を公開。食膳茶なども販売している。

    前回日田には来たが、残念ながら町を眺めることが出来なかった。今回は豆田町の古い町並みを眺めながら歩く。漢方薬で有名な日本丸館の前を通る。そうじてよく保存されている。

  • 中津市歴史民俗資料館分館大江医家史料館
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市鷹匠町906

    前野良沢をはじめ蘭学の発展に寄与した中津の先哲に造詣の深い川嶌整形外科病院理事長のご案内をうけて、当館をお訪ねしました。最近まで医院であったところで、大江家を中心とした素晴らしい資料館です。

  • 鬼会の里
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市長岩屋1152番地

    岩戸寺の修正鬼会、初めて観にいきましたが、迫力があります。 国東では、以前、いろんなお寺でも、修正鬼会をしていたそうですが、今は、岩戸寺と成仏寺の二箇所。 場所は、国東半島の中程。 午後3時ぐらいから、講堂での僧侶の読経から始まり 午後7時ぐらいに(竹を束ねたの)火がつけられます。 午後10ぐらいからは、いよいよ僧侶が香水棒などを持ち、舞い、「鈴鬼」2人の僧侶が男女の鬼に扮して、舞ます。 午後11...

  • 中津市歴史民俗資料館分館村上医家史料館
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市諸町1780
    村上医家は寛永17年から医家として現在まで継続しており、医学関係の資料やその他の資料などが数多く残っている。館内には、それら資料を展示している。

    江戸時代から続く医者の家系で、昭和32年までここで医院をしていたというのが驚きでした。入口手前が医院で、奥は住居だったらしいです。庶民の家からすれば立派なのでしょうが、病院兼自宅にしては小ぶりな感じがしました。近所にある現代的な村上記念病院を見てから行くと、そのギャップが興味深かったです。 中津城・福沢諭吉旧邸との共通入場券を見せると、ほぼ半額の100円で入館できます。

  • 南蛮BVNGO交流館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    大分県大分市顕徳町3丁目2-45

    かつてここを拠点に九州の広い地域まで影響力を持って大友宗麟の時代には南蛮貿易で栄えた場所です。交流館は映像でその様子を紹介しています。また、周辺では壮大であった大友館の発掘調査が行われており、将来的には復元計画があるようです。現在は、この交流館と庭園のみ公開されています。

  • 佐伯市歴史資料館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    大分県佐伯市大手町1丁目2-25

    佐伯市歴史資料館は、大分空港発佐伯駅行き佐臼ライナーの大手前バス停の前にありますので、大分空港からのアクセスは良いです。佐伯市歴史資料館の敷地は佐伯藩の役所が置かれていた場所にあり、市指定有形文化財の三府御門をくぐって入ります。歴史館の庭には、市指定有形文化財の毛利家御居間もあります。館内は広々としたスペースに佐伯の歴史が展示されていました。

  • 日出町歴史資料館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    大分県速見郡日出町2602-2

    ここの前の駐車場に車を停めてしばらく城址界隈を散策しました。最初にここにはいったのですが、受付にいたスタッフのおじさんが詳しく、ここの内部だけでなく鬼門櫓の中も解説してくれました。「この史料館は新しいので展示も少なくて」と恐縮しながら話してくれたのですが、興味深い解説をしてもらえたのでよかったです。入場無料です。

大分の主要エリア

around-area-map

北部から西部にかけて瀬戸内海と豊前海に面している大分県は、「大分空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは約1時間から1時間35分でアクセスできます。 大分県は、多種多様な温泉が有名な県です。毎年多くの観光客が温泉巡りに赴きます。特に人気の定番温泉地は、「別府」と「湯布院」です。 別府は、湯煙の立ち込める街並みのほかに海岸通りも有しており、趣のある雰囲気の温泉地です。日本の名勝でもある「別府地獄めぐり」といったスポットもあります。 湯布院は、別府と違い「由布岳」という山のふもとにある温泉地です。壮観な山の下には、江戸時代の雰囲気を思わせる情緒豊かな街並みが広がっており、温泉だけでなくお土産物巡りなども堪能できます。 温泉地ではご当地グルメも豊富で、温泉の蒸気を利用して蒸す「地獄蒸し」は、温泉街の代表格グルメです。ほかにも鳥を揚げたとり天やフグ料理、モズクガニを使用したがん汁など、海の幸から山の幸まで楽しめます。

大分の写真集

目的から探す