NAVITIME Travel

大分の自然スポット一覧

  • 金鱗湖
    旅行/観光
    大分県由布市湯布院町川上
    湖底から温泉と清水が湧く、年間を通じて水温が高いめずらしい湖である。冬の早朝には湖から湯気が立ち上がり、幻想的な光景を見ることができる。明治初頭の儒学者・毛利空桑が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日を浴びて金に輝くのを見て、この名をつけたと伝えられている。
  • 一目八景
    旅行/観光
    大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬
    険しく岩肌がむき出しになった凝灰岩と、広葉樹林から成る渓谷である。鳶巣山や夫婦岩、雄鹿長尾の峰など8つの岩峰を望めることからこの名がついた。初夏の新緑から秋の紅葉まで四季折々の景観を楽しめるが、特に秋の紅葉が美しい。赤と黄に染まる葉、緑が残る葉、そして黒い岩肌のコントラストが生み出す自然の造形美を一目見ようと訪れる人が後を絶たない。徒歩5分ほどのところに公共駐車場あり。
  • 原尻の滝
    旅行/観光
    大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
    高さ20m、幅120mの迫力ある滝で、日本の滝100選、大分県百景の一つにも数えられる名瀑である。約9万年前、阿蘇山が大噴火した際に発生した火砕流が作り出した滝で、平地に突如滝が現れることが特徴。「東洋のナイアガラ」と呼ばれることもある。滝の前には吊り橋がかかっており、滝を正面から見ることができ、下に降りて滝の近くまで行くこともできる。
  • 田ノ浦ビーチ
    旅行/観光
    大分県大分市大字神崎
  • 沈堕の滝
    旅行/観光
    大分県豊後大野市大野町矢田
    大野川の本流にある高さ20m、幅100mの雄滝と、支流の平井川にある高さ18m、幅4mの雌滝の総称であり、「大野のナイアガラ」とも呼ばれている。雄滝の近くまでは遊歩道が整備されており、遊歩道突き当たりの滝見台からの眺めはまさに圧巻。室町時代の水墨画家・雪舟の「鎮田瀑図」にも描かれた名瀑である。
  • 英彦山
    旅行/観光
    福岡県田川郡・大分県中津市
    福岡県田川郡と大分県中津市に跨る、標高1199mの山。スロープカーが完備されており、景色を楽しみながら「英彦山神宮」や「銅鳥居」などの名所を訪れることができる。また「日本三彦山」や国の「史跡」などにも選ばれており、多くの観光客が訪れている。
  • 東椎屋の滝
    旅行/観光
    大分県宇佐市安心院町東椎屋
    宇佐市安心院町東椎屋にある滝。高さ85mの直下型の滝で、日光の華厳の滝に姿が似ていることから「九州華厳」とも称される。新緑や紅葉などの渓谷の自然とのコントラストも美しく、「日本の滝百選」にも選出された。
  • 風連鍾乳洞
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    大分県臼杵市野津町泊
    臼杵市野津町大字泊にある鍾乳洞。大正15年(1926)に発見された奥行き500mの鍾乳洞で、国の天然記念物に指定。外気による風化などの影響が少ない環境にあり、光沢があって純白に近い、美しい洞窟となっている。洞窟内では「天上界」、「霊妙閣」、「瑞雲の滝」といった、石筍や鍾乳管などによって形成された21ヶ所の景勝地を観賞することができる。

    地元大分だが、年前から行ってはない。秋の晴天の休日だが、高速道路や海岸通りから離れているスポットで、今では訪問者も少なさそう。ぽつぽつの客。 最初 ずいぶん綺麗な鍾乳石、鍾乳洞の記憶あったが。 確かに綺麗で、種類も多い。しかもあまり長大な鍾乳洞でなく、30分もあれば、ゆっくり鑑賞できる。 途中の洞内にも、見所はあるが、最大のそれは、最深部の『 竜宮城 』と名付けられたところ。 10mを超す...

  • 九酔渓
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町
    玖珠郡九重町田野の玖珠川流域にある渓谷。川の両岸約2kmに渡る断崖に原生林が広がる美しい景観で知られ、特に紅葉の時期には多くの見物客が訪れる。ヘアピンカーブが多いため、「十三曲がり」の別名でも呼ばれる。
  • 久住高原
    旅行/観光
    大分県竹田市久住町
    竹田市久住町に広がる高原。阿蘇くじゅう国立公園にも含まれる。3月頃に行われる「野焼き」は数百年に及び伝統的に行われているもので、これによって保たれる美しい草原で放牧が営まれている。コテージなどの宿泊施設や、キャンプ場、温泉地、観光牧場や展望台などが点在。
  • 神楽女湖
    rating-image
    3.5
    26件の口コミ
    旅行/観光
    大分県別府市枝郷
    別府市大字神楽女、別府市街の南西に位置する湖。周囲約1kmほどの湖の周辺に80種1万5千株に及ぶ花菖蒲が植えられた花の名所として知られる。6月から7月にかけての開花時期には多くの見物客が訪れ、「神楽女湖花しょうぶ観賞会」も開催される。

    15000株の花菖蒲今の時期3分咲,入場料は無料だが駐車場は普通車で310円を払って、菖蒲が咲いてるところまで10分程度の歩き、20日後は満開に近いとの事、又身障者や歩きに困難な方は駐車場の方に相談して通行書をもらえば菖蒲園前の駐車場まで車で行ける、この件のトラブルがかなりありホームぺージへの書き込みを徹底して欲しい。

  • 鶴見岳(阿蘇くじゅう国立公園)
    旅行/観光
    大分県別府市大字南立石字寒原
    別府の市街地の西に位置する鶴見岳の展望台。山上には4ヶ所の展望台が設置されており、別府湾や別府市街の夜景、くじゅう連山や由布岳などの景色を楽しめる。鶴見岳に整備された「別府ロープウェイ」の鶴見山上駅から徒歩でアクセスが可能。
  • 猿飛千壺峡
    旅行/観光
    大分県中津市山国町草本
    大分自動車道「日田韻IC」から車で約30分。山国川の上流、長い年月をかけて自然の激しい渓流が造りあげた大小無数の甌穴(おうけつ・川の浸食で生じた円形の穴)が約2kmに渡って広がる国指定の天然記念物。その昔、山猿が岩から岩を飛び回っていたことから「猿飛」と名付けられたと言われる。下流には名勝「魔林峡」や「念仏橋」があり、春には桜、初夏には新緑、秋には紅葉など、四季折々の美しさが楽しめる。
  • 志高湖
    旅行/観光
    大分県別府市志高4380-1
    別府市街地の南西、標高600mに位置する湖。阿蘇くじゅう国立公園にも含まれる。桜や紅葉をはじめとする豊かな自然の中を散策できるほか、湖畔に整備されたキャンプ場でのキャンプやバーベキュー、ボートなどが楽しめる。また、花菖蒲の名所として知られる神楽女湖への遊歩道も整備されている。
  • 飯田高原
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町田野
    玖珠郡九重町田野にある高原地帯。阿蘇くじゅう国立公園内に位置し、くじゅう連山への登山口ともなっているほか、ラムサール条約登録湿地のタデ原湿原などの豊かな自然環境を有する。高原の自然の中をドライブできる「やまなみハイウェイ」や、クロスカントリーコース、トレッキングコースのほか、観光牧場や複数の温泉も整備されている。
  • 稲積水中鍾乳洞
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後大野市三重町大字中津留300
    3億年前の古生代に形成された「稲積水中鍾乳洞」は、30万年前に起こった阿蘇火山の大噴火により水没、現在の姿となった。水中鍾乳石や珊瑚石、ヘリクタイトなどが多く見られる、世界的にもめずらしい水中鍾乳洞である。洞内は歩いての観察が可能。滴り落ちる水滴の音が静かに響く「名残りの池」、緑色が美しい「エメラルドの泉」など、神秘的で美しい光景は必見だ。

    鍾乳洞だけでなく、色々なものがあって、不思議というか面白いです。 行くたびに変化が見れて面白いです。 宮崎・延岡方面から行く場合は、国道326号線を豊後大野市三重町まで行ってから、ナビや看板通りに進んだ方がいいです!場所によってはナビが山道を案内するらしいです!

  • 牧の戸峠
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町湯坪牧の戸
    標高は1,333m、やまなみハイウェイの最高地点に位置する峠である。久住山や黒岩山などの登山口でもあり、駐車場、売店、公衆トイレなどが併設されていて便利。初夏にはピンク色のミヤマキリシマが咲き、美しい。
  • 岳切渓谷
    旅行/観光
    大分県宇佐市院内町定別当
    耶馬渓溶岩がつくった大きな一枚岩の上を水が流れている渓谷である。水深が10-20cmほどと浅く、清流の中、沢歩きを楽しめると人気だ。また遊歩道を歩けば新緑や紅葉など四季折々の景観を楽しむことができ、一年を通じて多くの人が訪れる。管理棟近くの湧水場で自由に汲める水は、「豊の国名水15選」にも選ばれた名水だ。
  • タデ原湿原
    rating-image
    4.0
    39件の口コミ
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町田野

    施設の中はこの地域の植物や生物などについて展示説明がされていました。建物の中では大きなガラスのある場所には椅子があり目の前に山々がそびえています。 下の階に降りるとシデ原湿原の入口へと向かう道です。 ファイルと絵葉書が売っており絵葉書は5枚購入すると1枚おまけでもう一枚いただけました。 絵葉書はこの地域の四季を写した写真です。

  • 宝泉寺温泉郷(町田川一帯)のほたる
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町町田
    筑後川支流の町田川沿いで、5月下旬からゲンジボタルが飛び始め、続いてヘイケボタルやヒメボタルが見られるようになる。鑑賞ポイントは、川底・桐木・生竜など町田川沿いに宿が点在する宝泉寺温泉郷の各所や宝泉寺温泉郷入口にあたる壁湯温泉付近の谷川が好適。宝泉寺温泉街で開催される宝泉寺温泉ほたる祭では郷土芸能や歌謡ショーなどのイベントが行われ、その日のほたる鑑賞のベストスポットに連れて行ってくれる無料のほたる観賞バスの運行などもある。

大分の主要エリア

around-area-map

北部から西部にかけて瀬戸内海と豊前海に面している大分県は、「大分空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは約1時間から1時間35分でアクセスできます。 大分県は、多種多様な温泉が有名な県です。毎年多くの観光客が温泉巡りに赴きます。特に人気の定番温泉地は、「別府」と「湯布院」です。 別府は、湯煙の立ち込める街並みのほかに海岸通りも有しており、趣のある雰囲気の温泉地です。日本の名勝でもある「別府地獄めぐり」といったスポットもあります。 湯布院は、別府と違い「由布岳」という山のふもとにある温泉地です。壮観な山の下には、江戸時代の雰囲気を思わせる情緒豊かな街並みが広がっており、温泉だけでなくお土産物巡りなども堪能できます。 温泉地ではご当地グルメも豊富で、温泉の蒸気を利用して蒸す「地獄蒸し」は、温泉街の代表格グルメです。ほかにも鳥を揚げたとり天やフグ料理、モズクガニを使用したがん汁など、海の幸から山の幸まで楽しめます。

大分の写真集

目的から探す