NAVITIME Travel

大分の旅行/観光スポット一覧

  • 宇佐神宮
    旅行/観光
    大分県宇佐市南宇佐2859
    全国に4万社あり、応神天皇の聖徳を八幡神として奉るとともに、仏教文化と神道を習合したものと考えられる八幡宮の総本社として知られている。八幡大神、比売大神、神功皇后を祀り、神亀2年(725)に創建された。境内は広く、本殿(国宝)は丘の上の上宮と、麓に鎮座する下宮に分かれている。上宮の一之御殿には金運や仕事運、二之御殿、三之御殿には縁結びや安産の御利益があるとされる。
  • 金鱗湖
    旅行/観光
    大分県由布市湯布院町川上
    湖底から温泉と清水が湧く、年間を通じて水温が高いめずらしい湖である。冬の早朝には湖から湯気が立ち上がり、幻想的な光景を見ることができる。明治初頭の儒学者・毛利空桑が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日を浴びて金に輝くのを見て、この名をつけたと伝えられている。
  • 九重 夢 大吊橋
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町田野1208
    その高さ173m、長さは390m。平成18年(2006)に完成した、歩行者専用橋としては日本一の高さを誇る吊り橋である。鳴子川渓谷、雄滝や雌滝を有する震動の滝などを一望できる眺めは絶景の一言。特に紅葉の季節がおすすめである。
  • 中津市歴史民俗資料館
    旅行/観光
    大分県中津市殿町1385
    JR中津駅から徒歩で約10分の所にある。館内には、考古資料、模型、生活用具、農具、漁具などを展示している。
  • 山王山石仏群
    旅行/観光
    大分県臼杵市深田
    大分県を代表する臼杵石仏群。その中にある山王山石仏群は、釈迦如来を本尊とした3体の像の、やさしく丸々とした表情が特徴である。
  • 別府市竹細工伝統産業会館
    rating-image
    4.5
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県別府市東荘園町8-3
    大分県の伝統工芸である「別府竹細工」の展示施設。名工や伝統工芸士による古くからの日用品や花籠、現代的なインテリアまで見応えのある作品が多く鑑賞できるほか、別府市出身の人間国宝「生野祥雲斎」の作品などが展示されている。1週間前までに予約をすれば、竹鈴や花籠を編む体験学習も可能。平成30年にオープンしたミュージアムショップ&カフェでは、竹製品やコーヒーなどの飲料も販売している。最寄のバス停は「光の園前」もくしは「竹細工伝産会館前」。

    高そうで、繊細な竹工芸品が展示されています。 隣の白い建物にはショップとカフェも。 入場料は大人300円、子供が100円です。 別府の竹工芸に興味ある人にオススメです。

  • 国宝 臼杵石仏
    旅行/観光
    大分県臼杵市深田延内804-1
    切り立った丘陵の岩肌に掘り出された臼杵石仏。「真名野長者伝説」によると、石仏は長者が亡くなった娘の菩提を弔うために彫らせたものであり、その仏像様式から平安時代後期から鎌倉時代にかけての作ではないかと推定されている。磨崖仏の規模と量、質の高さとしては日本最大級の石造彫刻であり、古園石仏、ホキ石仏第一群など60余りの石仏のうち、59体が国宝に指定されている。
  • 富貴寺
    rating-image
    4.5
    94件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染蕗2395
    豊後高田市の県道655線沿いに、ひっそりと佇む天台宗の寺院。平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれ、本尊の木造阿弥陀如来座像は重要文化財に指定されている。境内の富貴寺大堂は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、国宝に指定されている九州最古の木造建築。富貴寺大堂に隣接する旅庵「蕗薹」はゆっくりしたい人にオススメ。

    土曜日の夕方に伺ったのですが、すごい参拝客がいました。 現在文化財が公開されており、中では面白い話を聞くことができました。 御朱印はすごく混んでいるため、先に渡してから参拝されて方が良いです。

  • 熊野磨崖仏
    rating-image
    4.0
    98件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染平野
    平安時代末期に岩肌を彫って作ったといわれる国内最古の仏像。約8mの高さの不動明王像、約6.7mの大日如来像の二体があり、どちらも国内最大級の磨崖仏で、国の重要文化財、および史跡に指定されている。参拝するためには、急な石段を登らなければならず、歩きやすい靴で出かけるのがオススメ。杖のレンタルも可能。拝観時間は夕方頃まで。

    駐車場に車を止めて階段を登ります。鳥居を潜ると最後の100mは不揃いの石の急な坂です。今日は雨。大きな樹に囲まれているので雨自体は気になりません。ですが足元は滑りそうで気を使います。磨崖仏は2体。不動明王の方が有名ですが、大日如来も良いです。更に登って神社にお参り。にわか修験者の気分になりました。

  • 大分県立歴史博物館
    遊ぶ/趣味
    大分県宇佐市高森字京塚
    史跡公園「宇佐風土記の丘」の中にあり、大分ゆかりの文化財を中心に保存、展示している。国宝の富貴寺や臼杵磨崖仏の実物大模型や重要文化財の免ヶ平古墳出土品などを見ることができる。最寄りのバス停は「大分県立歴史博物館前」もしくは「風土記の丘入口」。
  • 沈堕の滝
    旅行/観光
    大分県豊後大野市大野町矢田
    大野川の本流にある高さ20m、幅100mの雄滝と、支流の平井川にある高さ18m、幅4mの雌滝の総称であり、「大野のナイアガラ」とも呼ばれている。雄滝の近くまでは遊歩道が整備されており、遊歩道突き当たりの滝見台からの眺めはまさに圧巻。室町時代の水墨画家・雪舟の「鎮田瀑図」にも描かれた名瀑である。
  • 杵築城
    rating-image
    3.5
    95件の口コミ
    旅行/観光
    大分県杵築市杵築16-1
    八坂川の河口近くの台地にそびえる、日本一小さいとされるお城。応永元年(1394)に木付頼直によって建てられ、築城当時は「木付城」と呼ばれていたものが、幕府朱印状に誤って「木付」を「杵築」と記載されたためにそれ以降「杵築城」の名前で通るようになった。台地の形が牛が臥した姿に見えることから「臥牛城」とも称されている。現在の天守閣は昭和45年(1970)に建てられたもので、城内には藩主ゆかりの甲冑などが展示されている。最上階からの景色は必見。

    タクシーの運転手のガイドの下、このお城へ。駐車場からかなり歩くようですが案内してくれた運転手さんは特別?らしくお城のすぐ下まで車を乗りつけてくれました。お城の中では専属のスタッフが歴史を説明しながら1階を案内してくれて、その後上階へ向かいます。ガイドがないとどこでもある展示、でスルーしてしまいそうですが、ここの展示品はなかなか面白いです。特に甲冑類はよ~くみると面白い発見があると思います。

  • 由布岳
    旅行/観光
    大分県由布市湯布院町川上
    鶴見岳の西側位置する火山。東峰と最高峰1583mの西峰の二つのピークで構成され、円錐形の山であることから「越後富士」とも呼ばれる。登山道は、最も登山者が多く、駐車場が整備されている「中央登山口」、「西登山口」、「東登山口」の三つが存在し、山頂付近では火口の縁を回る「お鉢巡りルート」を巡ることが可能。新日本百名山にも選定されていて、天候がよければ大分県・福岡県境の「英彦山」長崎県の「雲仙岳」を眺望することができる。
  • 由布市ツーリストインフォメーションセンター
    旅行/観光
    大分県由布市湯布院町川北8-5
  • 英彦山
    旅行/観光
    福岡県田川郡・大分県中津市
    福岡県田川郡と大分県中津市に跨る、標高1199mの山。スロープカーが完備されており、景色を楽しみながら「英彦山神宮」や「銅鳥居」などの名所を訪れることができる。また「日本三彦山」や国の「史跡」などにも選ばれており、多くの観光客が訪れている。
  • 安心院葡萄酒工房
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    大分県宇佐市安心院町下毛798
    宇佐市安心院町下毛にあるワイナリー。温度差の激しい安心院の気候を活かしてぶどうを栽培し、ワインを醸造している。園内では醸造所やぶどう畑の見学ができるほか、ワインの試飲や購入も可能。秋には「新酒祭」、春には「樽開き」などのイベントも開催している。

    嫁と「安心院葡萄酒工房」を訪れました。 白、赤のいろいろ種類のワインを試飲できました。その中で気に入った2本を購入しました。 ちょっと楽しかった小旅行でした。

  • 東椎屋の滝
    旅行/観光
    大分県宇佐市安心院町東椎屋
    宇佐市安心院町東椎屋にある滝。高さ85mの直下型の滝で、日光の華厳の滝に姿が似ていることから「九州華厳」とも称される。新緑や紅葉などの渓谷の自然とのコントラストも美しく、「日本の滝百選」にも選出された。
  • アクトいちごファーム
    旅行/観光
    大分県宇佐市蜷木2215-51
    宇佐市蜷木にあるいちご農園。九州最大の規模を誇る敷地内で、「紅ほっぺ」、「ゆふおとめ」、「恋みのり」などの10品種のいちご1月から5月ごろにかけて時間無制限、食べ放題のいちご狩りを実施している。また、無添加のいちごジャムやアイスなどの商品も販売している。5月には「ナイトいちご狩り」も開催。
  • 臼杵城跡(臼杵公園)
    旅行/観光
    大分県臼杵市臼杵丹生島91-1
    臼杵市臼杵丹生島にある城跡。臼杵城は戦国時代、キリシタン大名・大友宗麟によって臼杵湾の丹生島に築かれた(後に埋め立てによって陸続きとなった)。現在は櫓などの一部の建物や堀、石垣などが残っている。城跡一帯が「臼杵公園」として整備されており、春には桜の名所として花見客で賑わう。
  • 風連鍾乳洞
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    大分県臼杵市野津町泊
    臼杵市野津町大字泊にある鍾乳洞。大正15年(1926)に発見された奥行き500mの鍾乳洞で、国の天然記念物に指定。外気による風化などの影響が少ない環境にあり、光沢があって純白に近い、美しい洞窟となっている。洞窟内では「天上界」、「霊妙閣」、「瑞雲の滝」といった、石筍や鍾乳管などによって形成された21ヶ所の景勝地を観賞することができる。

    地元大分だが、年前から行ってはない。秋の晴天の休日だが、高速道路や海岸通りから離れているスポットで、今では訪問者も少なさそう。ぽつぽつの客。 最初 ずいぶん綺麗な鍾乳石、鍾乳洞の記憶あったが。 確かに綺麗で、種類も多い。しかもあまり長大な鍾乳洞でなく、30分もあれば、ゆっくり鑑賞できる。 途中の洞内にも、見所はあるが、最大のそれは、最深部の『 竜宮城 』と名付けられたところ。 10mを超す...

大分の主要エリア

around-area-map

北部から西部にかけて瀬戸内海と豊前海に面している大分県は、「大分空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは約1時間から1時間35分でアクセスできます。 大分県は、多種多様な温泉が有名な県です。毎年多くの観光客が温泉巡りに赴きます。特に人気の定番温泉地は、「別府」と「湯布院」です。 別府は、湯煙の立ち込める街並みのほかに海岸通りも有しており、趣のある雰囲気の温泉地です。日本の名勝でもある「別府地獄めぐり」といったスポットもあります。 湯布院は、別府と違い「由布岳」という山のふもとにある温泉地です。壮観な山の下には、江戸時代の雰囲気を思わせる情緒豊かな街並みが広がっており、温泉だけでなくお土産物巡りなども堪能できます。 温泉地ではご当地グルメも豊富で、温泉の蒸気を利用して蒸す「地獄蒸し」は、温泉街の代表格グルメです。ほかにも鳥を揚げたとり天やフグ料理、モズクガニを使用したがん汁など、海の幸から山の幸まで楽しめます。

大分の写真集

目的から探す