NAVITIME Travel

日田・九重・竹田の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 岡城阯
    旅行/観光
    大分県竹田市大字竹田2761
    竹田市大字会々にある城跡。1185年、源義経を迎えるために緒方三郎惟栄が築城したと伝わる。 大野川の支流が合流する台地上に建てられ、難攻不落の天然の要塞として知られたが、明治4年(1871)に廃城となり取り壊された。竹田の地で少年時代を過ごした瀧廉太郎の作曲による唱歌「荒城の月」のモデルとも言われる。
  • 日田祇園山鉾会館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市隈2-7-10
    日田市隈2丁目にある展示施設。国の重要無形民族文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」にも含まれる日田祇園の曳山行事に関する展示を行っている。「飾り山鉾」や「見送幕」などをはじめとした資料を観賞できる。

    日田市のことを何も知らずに訪れたのですが、祇園の曳山があると知ってビックリ! 博多とは違った高層の飾り山は一見の価値ありです。

  • 咸宜園跡
    旅行/観光
    大分県日田市淡窓2-2-13
    日田市淡窓2丁目にある歴史的建造物。日田出身の江戸後期の儒学者・廣瀬淡窓により開かれた私塾で、大村益次郎、高野長英らの人物を輩出した名門として知られた。現在は無料で見学ができるほか、隣接する「咸宜園教育研究センター」では塾や門下生に関する資料展示を見ることができる。
  • 天領日田資料館
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町11-7
    日田市豆田町、国の重要伝統的建造物群保存地区内にある資料館。江戸幕府の直轄地「天領」の一つとして栄えた日田の歴史や町人文化に関する展示を行っている。書画や古文書などの資料を通して、天領時代の日田を体感することができる。
  • 薫長酒蔵資料館
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町6-31
    日田市豆田町の上町通り沿いにある酒蔵「クンチョウ酒造」内の資料館。国の重要伝統的建造物群保存地区に位置する江戸時代建築の酒蔵の一画で、昭和30年(1955)頃まで実際に使用されていた酒造りの道具を展示。施設一帯には、江戸から大正にかけて建てられた酒蔵群を利用したショップや、酒を使ったスイーツ店、カフェ併設のパン工房などの施設が集まる。
  • 瀧廉太郎記念館
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    大分県竹田市竹田2120-1
    竹田市竹田にある記念館。「荒城の月」で知られる作曲家・瀧廉太郎が14歳までの2年間を過ごした屋敷を利用。直筆の譜面や手紙をはじめ、写真や映像などの資料により、瀧廉太郎の生涯に関する展示を行っている。

    日本の音楽の教科書で必ず紹介される瀧廉太郎が住んでいた家です!クラシック音楽が大好きで訪れましたが、当時の時代背景やドイツ留学の大変さもわかりました。荒城の月の歌詞から、晩年のピアノ曲「憾」は感極まるものがありました。 駐車場はありません!近くにコインパーキングもありません!どこかのお店の駐車場に停めて何か買って地元の経済を潤してください笑

  • 地底博物館 鯛生金山
    遊ぶ/趣味
    大分県日田市中津江村合瀬3750
    日田市中津江村合瀬にある博物館。明治27年(1894)に金鉱が発見され、昭和初期には東洋一の産出量を誇った鯛生金山の坑道を利用したもの。当時の採掘の様子を再現した模型やパネル展示などにより、昭和47年(1972)の閉山に至るまでの鉱山の歴史を辿ることができる。
  • 高塚愛宕地蔵尊
    旅行/観光
    大分県日田市天瀬町馬原3740
    地蔵菩薩を本尊としながらも鳥居があり、境内には天照大神の摂社があるなど、神仏習合の形式をそのままに残している全国的にもめずらしい地蔵尊である。諸事祈願成就のご利益があるといわれ、「高塚さん」の愛称で親しまれている、全国から多くの参拝客が足を運ぶ地蔵尊だ。
  • 佐藤義美記念館
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    大分県竹田市竹田1735
    童謡「いぬのおまわりさん」で有名な童謡詩人・佐藤義美の記念館です。 館内には佐藤義美の直筆原稿や愛用品、遺品等の展示の他、絵本のビデオコーナーや童謡の試聴コーナーがあります。

    レンタル自転車で行きましたが、ここは竹田城下町の中では珍しく駐車場がありました。竹田駅のほうから稲葉川沿いに行き、亀が淵橋の手前ありました。建物は一見、一般の家屋のようで中に入っていいのか少し躊躇しました。入ってすぐが受付で靴を脱いで二階が展示施設になっていました。佐藤義美自身は竹田地域の出身ですが、展示の内容は神奈川などから移設したものが多いようでした。犬のおまわりさんが中で流れていなかったのが...

  • ビジターセンター長者原
    rating-image
    4.0
    39件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県玖珠郡九重町大字田野255-33

    施設の中はこの地域の植物や生物などについて展示説明がされていました。建物の中では大きなガラスのある場所には椅子があり目の前に山々がそびえています。 下の階に降りるとシデ原湿原の入口へと向かう道です。 ファイルと絵葉書が売っており絵葉書は5枚購入すると1枚おまけでもう一枚いただけました。 絵葉書はこの地域の四季を写した写真です。

  • 竹田キリシタン研究所・資料館
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    大分県竹田市大字竹田町581
    江戸時代の禁教期に岡城で隠し続けられたサンチャゴの鐘や聖ヤコブ像のレプリカを始めとする、キリシタン遺物を展示。隠れキリシタンが聖母マリアに見立てて礼拝した菩薩像「マリア観音」、信徒の密告を促す高札、聖杯や燭台などキリシタン遺物45点も展示。フランシスコ・ザビエルの末裔、ルイス・フォンテス神父から竹田市に寄贈されたイコン画(宗教画)616点の一部も常設展示し、全国で類を見ない藩ぐるみでキリシタン隠しをした竹田市の歴史を伝える内容となっている。展示のほか、飲食自由のフリースペースも併設。

    竹田駅の前の橋を渡りカリヨンベルの少し先に通りの右にありました。よく見ないと普通の商店かと間違うような場所でした。中に岡城で発見された教会の鐘のレプリカや竹田に関係する禁教期に関係するキリシタン資料を展示されていました。中にはいると、竹田の礼拝洞窟が武家屋敷のすぐ近くにあったりとするので、「隠れキリシタン」ではなく「隠しキリシタン」と呼ばれているというようなことをスタッフの方に話をきかせていただき...

  • 皿山
    旅行/観光
    大分県日田市源栄町皿山
    日田の町からさらに北にある集落が皿山。国の重要無形文化財に指定された民陶・小鹿田[おんた]焼の故郷だ。10軒の窯元があり、今でも水力で動く唐臼で陶土を砕く昔ながらの制作風景がみられる。
  • 観音寺
    旅行/観光
    大分県竹田市竹田1782
    「歴史の道」として整備された石畳の道を抜けると、観音寺へと続く石段の参道が見えてくる。石段右には、訪れる者を見下ろすかのように16体の石仏が鎮座。十六羅漢とよばれ、それぞれ違った表情は迫力満点だ。境内に立つ願成院本堂(愛染堂)は国の重要文化財に指定され、春と秋の2回開帳される。
  • 愛染堂
    旅行/観光
    大分県竹田市竹田1773
    寛永12年(1635)、岡藩2代藩主・中川久盛が建立。堂宇は、軒下の四隅に天邪鬼[あまのじゃく]や人面の彫刻が施された木造宝形造、本瓦曵葦きの竹田市最古の木造建築。日光東照宮造営奉行だった中川氏が連れて帰った、飛騨の匠に造らせたものだ。内部に本尊の愛染明王が安置され、恋愛成就の御堂としても有名。奇数月第2土曜10-14時無料で開帳、4・11月に2日ずつ特別に開帳(有料、300円)される。観音寺境内の円通閣を抜けた場所に立つ。
  • 旧竹田荘
    旅行/観光
    大分県竹田市大字竹田字殿町2069
    江戸時代の豊後南画の先駆者、田能村竹田[たのむらちくでん]の旧宅(史跡)。市街地を見下ろす高台にあり、竹田は2階の10畳間を書斎として絵を描いていたという。1階の母屋東側には使い古した筆を供養した筆塚などが残っている。
  • 殿町武家屋敷通り
    旅行/観光
    大分県竹田市大字竹田殿町
    家老や奉行を務めた江戸時代の中級武士の屋敷が並ぶ殿町。土塀や重厚な長屋門が100mに渡って立ち並び、当時を偲ばせる。通り沿いの竹田創生館では散策などの観光情報が入手できる。
  • キリシタン洞窟礼拝堂
    旅行/観光
    大分県竹田市大字竹田殿町
    殿町武家屋敷の裏手にある、凝灰岩をくり抜いて造られた世界でも珍しい洞窟の礼拝堂。入口の格子ごしに見られる。弾圧が厳しかった江戸時代でさえ、竹田には1万5000人もの信者がいたといわれる。毎年12月24日にはここで殉教者を偲ぶミサが開かれる。
  • 草野本家
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町11-4
    江戸時代、製蝋と掛屋で財をなした商家。なまこ壁が目を引く歴史ある建物で、178体のひな人形をはじめとした家宝を、雛祭りをはじめ年4回に分けて一般公開する。

    大分県で一番古い民家だそうで豆田町散策時に思わず吸い込まれるように入場。地元の大商人の家で綺麗に手入れされています。庭を囲むように建てられており見応えあり。バトンタッチ式に案内人の案内を受けながら見学します。 お庭とか綺麗なのに館内は撮影禁止なのが残念。絵画とかならともかく、別にお庭とかなら許しても良さそうなものだけど。

  • 公益財団法人 廣瀬資料館
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町9-7
    掛屋を営んでいた日田の豪商・廣瀬家は儒学者・教育者廣瀬淡窓の生家。掛屋とは、幕府各藩の公金の出納管理を担当し幕府各藩の必要に応じて送金するものを業務とした現在の銀行に相当するものをいう。天坪計や各藩に貸し付けた証文、茶道具、江戸時代のお雛様を展示している。また平成24年(2012)11月より廣瀬資料館及び廣瀬本家(淡窓の生家)並びに隠宅、庭園、土蔵等9棟の建物が国史跡指定を受けたので、それらの建物も一般に公開されている。

    廣瀬淡窓の生家(現大分県知事は、この家系)で、淡窓が開いて居た私塾『咸宜園』とともに日田市を訪れた際には立ち寄りたいところである。 廣瀬家の家訓『志高頭低』は見習うべきもの。

  • 日田杉資料館
    旅行/観光
    大分県日田市南友田町126-1
    平成3年(1991)の台風で被害を受けた貴重な日田杉を保管する資料館。近郊の宮園神社の御神木だった樹齢500年、直径約180cmの大杉も展示。所要20-30分。

大分の主要エリア

around-area-map

北部から西部にかけて瀬戸内海と豊前海に面している大分県は、「大分空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは約1時間から1時間35分でアクセスできます。 大分県は、多種多様な温泉が有名な県です。毎年多くの観光客が温泉巡りに赴きます。特に人気の定番温泉地は、「別府」と「湯布院」です。 別府は、湯煙の立ち込める街並みのほかに海岸通りも有しており、趣のある雰囲気の温泉地です。日本の名勝でもある「別府地獄めぐり」といったスポットもあります。 湯布院は、別府と違い「由布岳」という山のふもとにある温泉地です。壮観な山の下には、江戸時代の雰囲気を思わせる情緒豊かな街並みが広がっており、温泉だけでなくお土産物巡りなども堪能できます。 温泉地ではご当地グルメも豊富で、温泉の蒸気を利用して蒸す「地獄蒸し」は、温泉街の代表格グルメです。ほかにも鳥を揚げたとり天やフグ料理、モズクガニを使用したがん汁など、海の幸から山の幸まで楽しめます。

大分の写真集

目的から探す