関連する記事

関連する観光コース

- 和歌山 PHOTO ALBUM -

banner_photo

九度山・真田ミュージアム

時代別の展示で真田氏三代の物語を追体験

平成28年(2016)にオープンした和歌山県伊都郡九度山町のミュージアムで、戦国武将の真田昌幸から子の幸村・孫の大助までの真田3代の軌跡を紹介している。館内では、幸村が生涯で一番長い時間を過ごした九度山での生活をパネル展示や映像を使って解説。真田3代の綿絵や書物、大坂夏の陣での幸村の戦いぶりを描いた屏風なども展示されている。常設展のほか、不定期で企画展も開催。

place

和歌山県伊都郡九度山町九度山1452-4 (高野山エリア)

phone 0736542727

九度山・真田ミュージアムの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/11 施設単体では普通。九度山一帯で真田親子に思いを馳せるのはなかなか良し。
真田家に関しては、長野や群馬で数多くゆかりの地があり、大河放映時に開設されたミュージアムの類いも多く、本館に来て新しく知ることや独自の企画があるわけではありません。ただ九度山という場所が、近くには真田庵もあり、幸村庵という名前の美味しいそば屋もあり、世界遺産の慈尊院というお寺さんもあったりして、高野山詣での道中や帰途に1セットで立ち寄りやすいと思います。町営の駐車場にとめて、全部ぐるっと見回っても...
投稿日:2019/11/24 祭りの後感
大河ドラマの最中はにぎわったのでしょうが、今は静かに祭りの後という感じです。500円払って入る価値があるかどうかは、信州上田城やその周辺と比べると劣るように思う。小さいカフェやお土産物販売コーナーがあるが、何を買ってもどれも内税8%とレシートに書いてあった。得してるのか、適当なのか・・(笑)
展示スペースは映像コーナーが多く、途中お化け屋敷並みに真っ暗で、急にライトが真田親子人形に当たったりでビビ...
投稿日:2019/07/20 真田一族の理解を深めることができる
館内には真田昌幸、幸村、大助の真田三代が、上田、九度山、大阪など時代ごとに紹介していて、真田一族の理解を深めることができる施設です。
なお、開館は水曜から日曜(月曜・火曜休館)の9時から16時30分ですので注意してください。
なお施設は九度山の町中にあり、近くに駐車場はありません。

おすすめ記事

詳細情報

住所
和歌山県伊都郡九度山町九度山1452-4 [地図]
エリア
高野山エリア
電話番号
0736542727
時間
9:00-17:00(最終開館16:30)
休業日
月、火(祝の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12/29-1/3)
※ゴールデンウィークは休まず開館
料金
【入館料】
[大人(高校生以上)]500円(400円)
[小人(小中学生)]250円(200円)
※()は団体割引料金(15名以上)
※乳幼児、障害者手帳などをお持ちの方(証明書の提示が必要、介添者1名含む)無料
駐車場
なし(身体障害者用のみ2台を併設)
※周辺の駐車場をご利用ください
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          和歌山 の主要エリア

          around-area-map

          日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。