和歌山の名所スポット一覧

  • 琴ノ浦温山荘園
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県海南市船尾370
    大正初期から昭和初期にかけて、ニッタ株式会社の創業者である新田長次郎が造営した別荘庭園。和歌山県海南市にあり、個人庭園としては日本最大級の面積を誇る。海水を引いた3つの池は、潮の干満に応じて水位が変わる珍しい造り。松や庭石を配し、茅葺きの茶室と座敷を点在させた美しい景観は、国の名勝にも指定されている。建造物は重要文化財。

    明治大正期の豪商が建造した迎賓館です。 波兎の欄間、七宝焼の襖金具、ゆらゆらガラス越しに見える庭の様子。 贅沢に使われている材木や巨大な緑石をそのまま置いた庭園の橋。 見どころがたくさんありました。 入場料がかかりますが、本など持っていき、ゆっくり過ごすと最高だと思います。

  • 白崎海岸
    旅行/観光
    和歌山県日高郡由良町大引
    日高郡由良町にある海岸。付近は白崎海岸県立自然公園に指定され、日本の渚百選にも選定されている。海沿いの立地を活かし、ダイビングや釣りのレジャーも楽しめ、道の駅やキャンプ場なども併設。水仙の群生地でもあり、植えられている10万株以上の水仙が咲き乱れる季節には、黄色と白の花が白い海岸に映え美しい景色が見られる。
  • ドライブイン花園あじさい園
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    交通
    和歌山県伊都郡かつらぎ町花園久木364-26
    高野龍神スカイラインの標高1040mの高地に作られたドライブイン。ここには約3500株のアジサイが植えられた公園が整備されており、針葉樹や山並みを背景にフォトジェニックな風景が広がっている。見頃は平地より遅く7月中旬から8月初旬。また春には1000株のシャクナゲが咲き、秋には赤く色づいた紅葉や「和歌山夕日百景」にも選ばれた夕日が見られるなど四季折々の風景も魅力である。レストランでは季節の山菜やあまごめし、季節限定のマツタケメニューといった特色ある料理を提供。高野槙や焼きよごみ(よもぎ)といった名物品の販売も行っている。

    本来梅雨時の花であるアジサイが、当地では真夏に見頃を迎えます アマチュアカメラマンや家族連れが多く訪れていました また5月にはシャクナゲも見応えがあります

  • 国指定名勝 和歌の浦
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市
    平成22年(2010)に国に名勝として指定された、数々の絶景スポットが集まる地域。三十六歌仙の一人であり、後世には歌聖とも称された奈良前期の歌人・山部赤人が和歌を詠むなど、1300年にも及ぶ歴史が多くの名作を生み出している。また、豊臣秀吉や徳川頼宣、夏目漱石といった偉人たちが時代を問わず訪れた場所でもあり、現在もなお、美しい光景を求める人々が絶えない。和歌浦十景に選ばれた干潟など、自然が作る絶景が魅力。
  • 七川ダム
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡古座川町佐田1016
    JRきのくに線「古座駅」から車で35分、古座川上流の七川に造られたダム。旧名は古座川ダム。ダム湖ではブラックバスなどの釣りを楽しむことができ、湖畔には湯の花温泉がある。ダム湖畔の道路には周囲約5kmに渡って約3000本のソメイヨシノが植えられ、「日本さくら名所100選」に選ばれている。3月下旬から4月上旬に行われる桜まつりは「佐田の桜まつり」とも呼ばれ、提灯の明かりに映える夜桜を楽しむこともできる。
  • あらぎ島 展望台
    旅行/観光
    和歌山県有田郡有田川町三田196
    有田川町にある棚田の通称。扇形に広がる景色の美しさは指折りで「日本の棚田百選」にも選ばれた。有田川を挟んだ対岸には展望台があり、四季折々の表情を楽しめる。
  • 七色ダム(七色峡)
    旅行/観光
    三重県熊野市
    JR熊野市駅から尾川行きバスで約1時間、終点尾川バス停で下車。杉林に囲まれた人工湖で、桜やツツジ・紅葉が季節の移ろいを美しく彩る。バスフィッシングにも最適で、例年多くの釣り客が訪れ、40センチ-50センチの大物を釣りあげることも多数。大人から子供まで楽しむことができる。ダムのやや下流には、清洌な水をたたえる「七色峡」があり、その名の通り四季を通じて川が七色に変化する様子は神秘的。
  • 桃源郷
    旅行/観光
    和歌山県紀の川市桃山町段新田百合
    JR和歌山線「下井阪駅」から、徒歩で約20分のところにある桃の産地。「桃源郷」と呼ばれ、紀の川の南沿いに3月下旬から4月上旬にかけ、ほのかに甘い香りの桃色の景色が堪能できる。「ひと目十万本」と称される桃の花はかおり風景100選にも選ばれている。栽培される桃は、砂れきを含んだ水はけの良い地質と温暖な気候、手間を惜しまない栽培方法で「あら川の桃」ブランドとして全国で知れ渡っている。4月上旬には「桃山まつり」などのイベントが開催される。
  • 子安地蔵寺の藤
    旅行/観光
    和歌山県橋本市菖蒲谷94
    JR橋本駅より車で約15分のところにある藤の花の名所。紀州徳川家代々安産祈願所として知られる「子安地蔵寺」は、関西花の寺25カ所霊場会「第24番札所」の「ふじの寺」で、「九尺藤」「口紅藤」「白野田藤」「赤長藤」を始めとした、8種類25本の藤に囲まれている。開花シーズンには境内をぐるりと囲むように咲く花の中を散歩ができる。また、子安地蔵寺には、藤だけではなく、桜や椿も植えられており、四季折々の花々が鑑賞できるのが魅力。
  • 鷲ケ峰コスモスパーク
    旅行/観光
    和歌山県有田郡有田川町長谷244-2
    有田インターチェンジから車で約30分。標高586メートルある鷲ヶ峰の頂上に建つ公園。名前のとおり辺り一面に広がるコスモスが特徴で、9月末から10月初旬にかけて見頃を迎える。また、5月初旬から中旬にはツツジが満開になる花の名所として知られている。峰にあることから、晴れた日には海の向こうに淡路島や四国まで眺望可能。園内には滑空する鷲をイメージした「コスモスと風の館」があり、風景を眺めながらお弁当を食べられる休憩所となっている。
  • 海中ポスト
    旅行/観光
    和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見4857-74
    JR紀勢本線「周参見駅」から徒歩約19分。すさみ町の枯木灘(かれきなだ)海岸の沖、岸から100m・水深10mの海中にある郵便ポスト。平成11年(1999)に開催された「南紀熊野体験博」の際に設置されたもので、「世界一深いところにあるポスト」としてギネスブックに掲載されている。耐水合成紙で作られた海中郵便ポスト専用はがきは「クラブノアすさみ」で購入可能。自分で潜れなくてもスタッフが代わりに投函してくれる。
  • 動鳴気峡
    旅行/観光
    和歌山県田辺市稲成町
    阪和自動車道「田辺IC」から車で約10分。ヒキガエルに似た奇怪な形の岩山が並ぶ「ひき岩群国民休養地」にある景勝地。約300本のソメイヨシノやヤマザクラが植樹され、3月下旬から4月上旬の開花シーズンには多くの花見客が訪れる。開花時期に合わせて開催される「動鳴気峡桜まつり」では、ライトアップされた夜桜も楽しめる。田辺市内が一望できるひき岩群への遊歩道も整備され、四季折々の景色を楽しみながらの自然散策やハイキングなどに最適。
  • 七越峯
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町高山
    紀勢自動車道「上富田IC」から国道42号・311号経由で約60分。熊野本宮大社の東、大峰山脈の最南端に位置する山。熊野本宮名勝八景のひとつで、熊野本宮大社や、旧社地「大斎原(おおゆのはら)」をはじめ、日本一の大鳥居など本宮の里が一望できる。標高約260mの七越峯森林公園にはソメイヨシノやヤマザクラなど約2000本の桜が咲き誇り、花の季節には多くの花見客で賑わう。山頂には西行法師の歌碑があり、延命地蔵が祀られている。
  • 八咫烏ポスト
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町本宮1110 熊野本宮大社
    紀勢自動車道「熊野大泊IC」から国道42号・311号・168号経由で約60分。熊野本宮大社のご神木、多羅葉(たらよう)の下に設置された黒いポスト。黒は全ての色を合わせた尊い色であり、神の遣いである八咫烏の色、そして本宮の大地を象徴する神聖な色でもある。また、多羅葉は葉の裏に爪などで文字を書いていたことが葉書の語源となった木。社務所では葉書として投函できる「八咫烏ポスト絵馬」を販売している他、記念のスタンプを押してくれる。
  • 光泉寺の子授けイチョウ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川302 光泉寺境内
    JR古座駅から車で約30分。古座川の支流の三尾川と並ぶ道路から、脇に入ったところにあるお寺の境内で鑑賞できるイチョウの木。古座川町に文化財の指定をされていて、その樹齢はおよそ400年と推定されている。高さは約30m、幹は約6mという立派な巨木で、枝から垂れ下がるこぶが乳房の形に似ていることから子どもができない人が祈願すれば授かれるとの噂が広まり、やがて子授けイチョウと呼ばれるようになったとされる。
  • 西之丸庭園(紅葉渓庭園)
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市一番丁3
    和歌山公園内にある庭園。虎伏山麓の斜面という立地を生かして湧水を利用した池と瀧が作られた池泉回遊式庭園となっており、江戸時代初期の大名庭園の中では屈指の名園と評されている。通称紅葉渓庭園の通り紅葉が見事で、例年11月下旬から12月上旬には池の水面に移る紅葉などの風景を鑑賞できる。池のほとりに建つ鳶魚閣や池の中央配置された舟の形をした「御舟石」など見どころも多い。また園内にある茶室紅末庵では趣ある庭を眺めながら気軽に抹茶を楽しめる。
  • ハマボウ群生地
    旅行/観光
    和歌山県御坊市塩屋町北塩屋
    ハマボウはアオイ科の落葉低木で、暖地の海辺に生息する植物。昭和54年(1979)には市の木に、平成6年(1994)に市の花木に指定された。特に日高川河口・北塩屋の国道42号沿いには、全国でも五指に入る規模の大きな群生地があり、7月上旬-下旬には鮮やかな黄色い花が咲き、12月頃の水面に映る紅葉も趣がある。
  • 瀞八丁
    旅行/観光
    和歌山県新宮市熊野川町、奈良県吉野郡十津川村田戸
    瀞八丁(特別名勝・天然記念物)は、市内熊野川町の玉置口から奈良県十津川村田戸までの約1.2kmの渓谷を指す。春にはヤマザクラ、初夏にはツツジやシャクナゲが新緑に映え、晩秋には紅葉が美しい。渓谷の両岸が迫り、高さ40-50mの岩壁がそそり立ち始めるのは玉置口近くの洞天門から。夫婦岩などの奇岩や、高さ20m、幅87mの屏風岩、高さ45mの天柱岩など巨岩が、次々に現れる。奥行き42mの寒泉窟、岩の割れ目にできた竜泉窟などの洞窟もあって、変化に富んだ渓谷美は、実に見事。渓谷探勝には、玉置口や下流の志古などから、ウォータージェット船を利用。船は、田戸船着場に寄り、上瀞入口の獅子岩などを見て引き返す。
  • 小栗判官伝説
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町湯峯
    歌舞伎の題材で知られる小栗判官伝説はこの地が舞台。毒を飲まされ餓鬼の姿になるが、照手姫や熊野詣の人々に助けられ、つぼ湯に入り四十九日の湯治をしたところ、もとの姿に甦ったという。回復した小栗判官が力試しをした力石などの史跡も周辺に残されている。
  • 那智の瀧(飛瀧神社)
    rating-image
    4.5
    700件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

    通称、那智の滝。国の名勝にして世界遺産、そして三大名瀑。 口コミの必要がないほどの絶景です。 車をどこの駐車場にしようか迷いましたが、山の上の大社も滝も両方観光するので、滝前の土産物屋さんの駐車場にしました。ランチをとったので無料になりました。 まず坂道をくだって滝を見学、その後登り坂をひたすらのぼり大社へ。 三重塔と滝の定番写真を撮って、大社の建物をいくつか巡ってゆっくり駐車場へかえりました...

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す