NAVITIME Travel

白浜・龍神・熊野・那智の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 熊野本宮大社
    rating-image
    4.5
    441件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町本宮
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつ。難行苦行が続く熊野古道巡礼の道のりで、最初にたどり着く場所として知られ、古くから、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰を支える参拝客が多く訪れる。飛鳥時代に社殿が建立され、明治22年(1889)の大洪水により被害を受けたため、現在地へ移転。杉木立の中、158段の石段を上ると、檜皮葺きの4つの社殿が現れ、主祭神の家都美御子大神をはじめ4柱の神々が祀られている。

    東京や、大阪、日本の都市部からのアクセスは決して良いとは言えない地ですが、訪れる価値のあるところです 熊野古道を歩くことは滞在時間の都合上叶いませんでしたが、車で社の近くまで行くことが出来ます 今年は御創建2050年とのことで、伺った時にも奉納イベントが行われていて、一層厳かさが増しました

  • 熊野那智大社
    rating-image
    4.5
    524件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつだが、ほかの2社と異なり、山中の「那智の滝」を神聖視する原始信仰が起源。別宮飛瀧神社では、滝そのものを御神体として祀っており、古来から延命長寿を願う滝修行者や参拝客が多く訪れる。滝を真正面から拝観できる観覧舞台では、延命長寿の水と伝えられる滝つぼの水も飲むことができる。境内には、朱塗りの6棟の本殿、拝殿、宝物殿などが並び、神の使いである八咫烏の烏石、平重盛が手植えした樹齢約850年の大楠など、見どころが多い。

    熊野那智大社。数年ぶりになるが3回目の参詣になる。駐車場から大社までの階段がきついので、これまでは訪れていた夏ではお汗だくになった詣でていた。参道にある土産屋を覗きながらゆっくりと登れば良いが、那智黒の置物など品ぞろえ的にはどこも同じなので、一気に登ってしまっても良いか。やがて見えてくる社は橙と緑が陽に映える鮮やかな建物。2018年11月は改修が行われており、神社も寺院も見えることができなかったが...

  • 熊野速玉大社
    rating-image
    4.0
    249件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県新宮市新宮1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつで、松明を持った白装束の男たちが急な石段を駆け降りる御灯祭など、めずらしい祭りが行われている。熊野古道を巡礼し、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰の中心的存在で、熊野速玉大神を主神に、家津御子大神、夫須美大神の三神を祀り、国宝など約1,200点の古神宝類を保管、展示している。境内には、樹齢1,000年以上のナギの大樹が枝を広げ、ナギの実から作られる縁結びのお守りも人気。

    新宮駅からも平坦な道で商店街などをあるいて徒歩で行けます!朱塗りの鳥居・本殿などとても美しいです。御神木の梛(なぎ)は、必見です!

  • 那智山青岸渡寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
    西国三十三ヶ所第1番札所に定められる天台宗の寺院。もともと「那智の滝」を中心にした神仏習合の一大修験道場だったが、明治初期に青岸渡寺と熊野那智大社に分離した。熊野古道を巡礼し、悟りを開こうとする熊野信仰の霊場として長い歴史を持ち、本尊の如意輪観世音像は、仁徳天皇時代、インドから渡来した裸形上人が、那智の滝の滝壺で見つけ、安置した言われている。本堂後方にある朱色の三重塔は、滝との調和が美しく人気のフォトスポット。
  • 日米修交記念館
    rating-image
    3.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡串本町樫野1033

    紀伊大島の東岸にどうして日米修好記念館があるのか不思議だったのですが、解説を見てわかりました。1791年というからペリーの黒船来航より62年も前に、レイディ・ワシントン号とグレイス号という2隻のアメリカ商船が大島に上陸したとのこと。これが公文書に記録された最初の日米間の接触だそうです。アメリカ独立は1776年ですからね。

  • 東光寺
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町湯峰112
    湯の峰温泉にある天台宗の寺院。高さ約3mの本尊「湯峯薬師」は、温泉の源泉の周囲で湯の花が自然に積って薬師如来の形となったものだと伝わっている。約1,800年前、裸形上人が薬師如来の胸に空いた穴から温泉が湧きだしているのを見出したという。毎年1月8日には、「八日薬師祭」が行われ、温泉の湯を献湯し、湯の峰温泉の繁栄と参拝者の諸願成就を祈願する。
  • 白浜エネルギーランド
    rating-image
    3.5
    101件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町3083
    「人と自然のエネルギー」をテーマにした不思議いっぱいの体験型テーマパーク!様々な仕掛けをクリアしてゴールを目指す「Da 迷路」や自然エネルギーについて学習できる「太陽の街」、目の錯覚を利用した、不思議な写真が撮れる「トリックアートハウス」など遊びながら学べるアトラクションが盛りだくさん!

    スタッフの方はみなさんキチンと仕事されててます。ただ展示やアトラクションの内容が価格と見合ってないです。 恐竜のシアターもホントは座席がもっと動くシステムのはずですが振動のみ、、、あれじゃ小さい子供ですら楽しめない。 中は迷路のような構造ですが人員が少ないのか案内人などいないので自力あるのみ! 足湯だけは満足です。

  • 紀州博物館
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町2054-4
    白浜温泉を一望する平草原公園の入口にある美術館。昭和48年(1973)に開館し、紀州の名家、小竹一族が約400年にわたって収集した美術品を中心に1,300点以上のコレクションを誇る。小規模な施設ながら、歌川広重の「東海道五十三次」がすべて揃っており、歌麿や写楽、北斎、広重の浮世絵、日本一とも称される古唐津焼のコレクションなど見どころが多い。
  • 南方熊楠記念館
    旅行/観光
    和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1
    和歌山県出身の偉大な博物、民俗学者である南方熊楠の業績を文献などで紹介している。愛用品の眼鏡や研究器具、海外で収集した植物の標本など、800点が展示され、熊楠が昭和天皇に進講した粘菌を顕微鏡で見られるコーナーも。半島の突端に位置しているため、屋上から見える360度のパノラマは圧巻。
  • 大斎原
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町本宮
    本宮町「熊野本宮大社」の旧社地にある史跡。かつて熊野本宮大社が鎮座した、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある中洲。神域と俗世を分かつ境界・結界の役割を果たす鳥居があり、ここ大斎原では、高さ34m(11階建てのビル相当)にもなる大鳥居が特徴。また、奥深い熊野の山に迷った神武天皇を導いた「八咫烏」の言い伝えに因み、毎年8月に行われている「八咫の火祭り」は、人々を幸せに導く神事として知られ、パワースポットとして多くの人が訪れている。
  • 落合博満野球記念館
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡太地町字神の浦1099-5
    東牟婁郡太地町太地にある記念館。3度の三冠王をはじめとした落合博満氏のプロ野球における偉大な功績を顕彰する、数々のトロフィーなどの資料やビデオ映像などの展示を行っている。背番号「6」にちなんだ六角形の建物内には海を一望する喫茶も併設し、外には野球教室などに使えるミニグラウンドを備える。
  • 燈明崎山見跡
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡太地町
  • 神倉神社
    rating-image
    4.5
    158件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県新宮市神倉1-13-8
    新宮市神倉1丁目にある神社。熊野大神が最初に降臨した聖地とされ、500段以上の自然石の石段を上った先にある「ゴトビキ岩」をご神体としている。毎年2月6日に行われる「御燈祭」は、松明を持った白装束の男たちが御神火をいただいて石段を駆け下りる奇祭。国の指定重要無形民俗文化財となっている。

    熊野速玉大社の摂社ですが、熊野信仰の原点といえる地とされているそうです 駐車場から鳥居に向かう途中には、石段を上がられる方への注意の看板があります 確かに、五百数十段とも言われる自然石の石段は急で御神体のゴトヒキ岩へたどり着くには足腰に不安があっては厳しそうです ただ、わずかながらでも熊野古道を歩いたんだと言う気持ちにさせてくれます 鳥居のところにどなたでも使える杖が在りますので、迷わず使いましょ...

  • 滝尻王子
    旅行/観光
    和歌山県田辺市中辺路町栗栖川1226
    富田川と石船川が合流する地点にあり、ここから先が熊野三山の神域に入るコースとなっている。最高地点の上多和茶屋跡までは約600mの高低差があり、険しい山道。九十九王子の中でも特に格式高い「五体王子」の一つである。
  • トルコ記念館
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡串本町樫野1025-25
    和歌山県東牟婁郡串本町にある町立博物館。明治23年(1890)にオスマン・トルコの特派使節団が乗る木造巡洋艦「エルトゥールル号」が熊野灘で沈没し、587名が犠牲となった。その際に地元住民が献身的な救助活動を行ったことから、日本とトルコは現在まで友好な関係を築き続けている。館内では、沈没したエルトゥールル号に関する資料や模型、乗員の遺品などを展示。2階には展望台があり、事故が起きた場所を見ることができる。

    トルコがなぜ親日国なのか良くわかります。今でも小学校の教科書に日本人がトルコ軍を救った事を教えています。 1890年の出来事を。 是非とも行って見る事をオススメします。

  • 闘けい神社
    旅行/観光
    和歌山県田辺市東陽1-1
    和歌山県田辺市にある神社で、熊野権現を勧請し田辺宮と称したことから「権現さん」と呼ばれ親しまれている。武蔵坊弁慶の父と伝えられる熊野別当湛増が源平合戦の折り、源平どちらに味方するかを決めるため、本殿前で闘鶏を行った。その結果、熊野水軍を率いて源氏に味方し、勝利に導いたという伝説が残る。境内には湛増と弁慶の像があるほか、弁慶産湯の釜や源義経の笛などの寺宝を収蔵。10月初旬には「弁慶まつり」が開催され、多くの参拝客が訪れる。
  • 熊野古道館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県田辺市中辺路町栗栖川1222-1
    和歌山県田辺市中辺路町にある無料休憩所で、12の王子社をもつ中辺路町と熊野古道の観光案内施設を兼ねている。12の王子社にちなんだ12角形の建物が目印。中辺路を紹介する映像や熊野古道に関する資料、滝尻王子社の所蔵品などを展示しているほか、平安衣装を着て記念撮影ができるコーナーもある。地元の陶芸グループの作品やグッズ販売コーナーも併設。

    滝尻王子跡の近くにある熊野古道館には、中辺路のルート紹介やビデオ情報、また歴史的な資料なども揃っているので、まず最初に立ち寄るべきポイントでしょう。熊野古道マップをいただき、おすすめのコースを教えてもらいました。

  • 高山寺
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県田辺市稲成町392
    田辺の市街地を一望する高台に建つ真言宗御室派の古寺で、弘法大師(空海)が開創したとされている。桜の名所としてしられており、毎年春に執り行われる「高山寺春の大祭」には多くの花見客・参拝客で賑わう。境内には、全国的にも珍しい上宮太子(聖徳太子)を本尊とした多宝塔があるほか、縄文時代早期の史跡・高山寺貝塚があり、多くの考古資料が発掘されている。また、海沿いにある墓地には、粘菌学の父と称された生物学者・南方熊楠、合気道の創始者・植芝盛平の墓がある。

    私は紀伊田辺駅の方から歩いてアクセスしましたが、線路からすぐ近くに見えている割には、道はちょっと入り組んでいて、思った以上の距離を感じました。お寺は小山の上にあるような立地ですが、登り口からすると想像つかない程高台エリア内に見所は多くて、墓地には有名な南方熊楠のお墓等もありますので、それぞれの見所を具に見ていくと、案外所要時間が必要な名刹だと思いました。

  • 南方熊楠顕彰館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県田辺市中屋敷町36
    近代日本における博物学・宗教学・民俗学の先駆者であった南方熊楠の蔵書や資料を保管・展示する施設。熊楠が晩年を過ごした邸宅の隣に建てられており、和歌山県田辺市中屋敷町にある。館内では、熊楠の偉業やその生涯、地域との関わりを紹介する資料を展示。2階は関連図書や複製資料の閲覧コーナーになっている。中でも、7.8mもの巻紙に細字で書かれた熊楠の履歴書は必見。入館無料。隣接する南方熊楠邸は有料。

    南方熊楠顕彰館に隣接しています。(有料300円) 近代日本の博物学者南方熊楠が後半生を過ごした屋敷。 屋敷の外から内部を眺めるルートで玄関や当時の生活がうかがえる居間や研究に没頭した書斎などそのまま残されています。また、研究の対象になった木々や植物などが植えられた広い庭も見どころです。彼のエコロジーの思想が今の熊野自然を守ったのでしょうね。

  • 串本応挙芦雪館
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県東牟婁郡串本町串本833
    串本駅から徒歩10分の寺院「無量寺」境内にある美術館。同寺の寺宝の保存・公開に加え、現代美術や郷土資料の収集を行っている。日本一小さい美術館を言われているが、円山応挙と弟子の長沢芦雪をはじめ、狩野探幽や白隠などの近世絵画を多数収蔵。円山応挙の「波上群仙図」や長沢芦雪「龍虎図」など55面の障壁画は、国の重要文化財に指定されている。

    ずっときになっていました。 道に迷って地元のこどもに教えてもらい到着。 何人か他のお客さんもいたので一緒に鑑賞。 円山応挙と長沢蘆雪の作品を身近に鑑賞できます。 迫力があり、虎の表情がとても好きです。

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す