那智の滝(飛瀧神社)

神武天皇の頃から崇められ、信仰の端緒となった日本一の大瀑布

一の滝上流には二の滝、三の滝があり、総称「那智の大滝」と呼ばれる 一の滝上流には二の滝、三の滝があり、総称「那智の大滝」と呼ばれる

高さ133m、毎秒1t以上の水が激しく流れ落ちる那智の滝。熊野信仰のシンボルともいえるこの大瀑布は、一段の滝としては日本最大の落差を誇り、那智四十八滝と呼ばれる滝行の行場の1番目ということで、別名を一の滝ともいう。那智の滝それ自体を大己貴命(おおあなむちのみこと、大国主命の別名)の現れとして祀るのが、熊野那智大社の別宮・飛瀧(ひろう)神社。飛瀧神社のお滝拝所(大人300円)からはダイナミックな自然美をいちばん近くから感じられるほか、延命長寿の水とも伝わる滝壺の水を口にすることもできる。また、1700年ほど前までは、熊野那智大社の御祭神は那智の滝付近に祀られていた。毎年7月14日には、これらの神を扇神輿に移して大社から飛瀧神社までを渡御する「那智の扇祭り」(国の重要無形民俗文化財)が開かれ、五穀豊穣や家内安全が祈願される。大松明の明かりとともに神々が「里帰り」する様子は、那智という地に息づく自然崇拝のありようを勇壮に表現する。

那智山信仰の根源ともいえる、お滝水。喉を潤し延命長寿を祈願したい 那智山信仰の根源ともいえる、お滝水。喉を潤し延命長寿を祈願したい

那智の滝を御神体とする飛滝神社。白い鳥居が滝と映える 那智の滝を御神体とする飛滝神社。白い鳥居が滝と映える

スポット詳細

住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
電話番号
0735550321
時間
7:30-16:30
休業日
無休
料金
【参入料】
[大人]300円
[小中学生]200円
[未就学児]無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          那智勝浦・太地・新宮エリアのおすすめスポット

          和歌山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました