NAVITIME Travel

和歌山・紀の川の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 和歌山城
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市1-3
    徳川御三家の一つ、紀州徳川家の居城であった名城で、古くから和歌山のシンボル的存在として多くの人に親しまれている。国の重要文化財に指定されている岡口門と、紀州特産の青石(緑泥片岩)でできた野面積みの石垣は建設当初から変わらぬ姿を保ち続けている。戦後、昭和33年(1958)に市民の手によって再建された天守閣からは、紀ノ川や和歌山市街を一望することができ、桜や紅葉の時期を中心に多くの観光客が訪れる。天守閣内部には徳川家ゆかりの品が多数展示されている。
  • 和歌山ビッグホエール
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市手平2-1-1
    最大収容人員8500人で、様々なイベントに対応できる設備を備えた多目的ホール。
  • 粉河寺
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県紀の川市粉河2787
    紀の川市粉河にある寺院で、西国三十三箇所観音霊場の第三番札所。奈良時代の末期、宝亀元年(770)に大伴孔子古(おおとものくじこ)が開創した。現在の本堂は享保五年(1720)に再建されたもので、一重屋根の礼堂と二重屋根の正堂が結合した非常に珍しい形の複合仏堂となっており、国の重要文化財に指定されている。

    粉河寺本堂の前に、崖地を利用した石組による枯山水庭園があります。 大小様々な石と蘇鉄などの植物を組み合わせた独特の力強さを感じる珍しい作風で、桃山時代のものです。 国の名勝に指定されています。

  • 和歌山城歴史資料館
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市一番丁3
  • 根來寺大塔
    旅行/観光
    和歌山県岩出市根来2286 総本山根來寺内
    高野山の学僧でもあった覚鑁上人によって開創された新義真言宗の総本山「根来寺」の境内にある、高さ36mにもなる日本最大級の木造多宝塔。真言密教の教義を形として表した建物で、天文16年(1547)に完成。豊臣秀吉による紀州征伐の焼き討ちは免れたが、当時を物語る火縄銃の弾痕が今でも残っている。国宝に指定されており、中に入って参拝することができる。
  • 淡嶋神社
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市加太
    全国に約1000社もある「淡嶋系統」の総本社。人形供養で知られ、たくさんの日本人形が所狭しと並んでいるのが特徴。人形供養発祥の地、ひな祭りの発祥の地として信仰を集めてきた故に、毎年30万体もの人形が奉納される。御祭神に祀るのは医薬の神様・少彦名命(すくなひこなのみこと)。特に婦人病や子宝、縁結びのご利益で女性の支持を集めている。催し物は2月8日に「針供養」、3月3日に「雛流し」、10月3日に「甘酒祭」が行われる。
  • 温故傳承館・黒牛茶屋
    rating-image
    2.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県海南市黒江846
    酒造りの資料館。展示館は昔の酒蔵が利用され、名手酒造店が所蔵する清酒製造の道具や、当時の生活用具などを展示。豊富な資料で江戸時代からの酒造りの方法や商いの記録を知ることができる。向かいの黒牛茶屋は受付兼喫茶店となっており、酒造りの道具をリメイクしたテーブル椅子などが使われ温かみのある内装となっている。「黒牛・一掴」などの利き酒ができるほか、コーヒー・甘酒などもありゆっくり休憩が可能。また、名手酒造店の製品を中心に、各種酒器や和歌山の土産物なども販売。

    温故伝承館に行ったのですが、黒牛茶屋の建物にも温故伝承館と書かれ、道路を挟んで向いにの建物にも、温故伝承館と書かれていますが、そちらの入口は閉ざされていて、黒牛茶屋は、売店だけの営業のようで、何が、どれが、温故伝承館なのか、分かりませんでした。

  • 長保寺
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県海南市下津町上689
    海南市下津町上にある寺院。1000年に一条天皇の勅願によって創建。境内には約1万坪にわたる紀州徳川家歴代の廟所があり、大名墓所としては全国一の規模を誇る。また法隆寺以外で唯一、本堂と多宝塔、大門が国宝に指定されている寺院である。

    福岡から関西空港経由で、奈良・吉野と熊野古道を周る一人旅の最後の訪問地でした。帰路は那智から紀伊半島を海沿いに進み、途中...

  • 和歌山市立こども科学館
    rating-image
    3.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市寄合町19
    和歌山市寄合町にある科学館。和歌山の自然に関する展示や、運動、音、光、電気などの仕組みを学べる体験型の展示などを行う。併設のプラネタリウムではその日の星空の解説付きで番組を上映。科学教室や自然工作教室、天体観察会などのイベントも開催している。

    メインはプラネタリウム(4F)の観賞であるが、1F〜3Fの各フロアーにも 子供の科学的な興味を引く実験道具的なものが豊富に準備され、2〜3時間は ゆうに遊べる 内容になっている。プラネタリウムは通常の星座や天体観測の他に ドラえもんの宇宙旅行が併映され、子供達は大いに楽しんでいた。

  • 玉津島神社
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26
    和歌山市和歌浦中3丁目にある神社。「和歌三神」に数えられる衣通姫尊(そとおりひめのみこと)を祀っており、平安時代から多くの歌人が和歌を奉納してきた。境内を含む周辺地域は「和歌の浦」として国の名勝に指定されている。毎年9月16日には、かつらぎ町天野の丹生都比売神社から紀の川を下って神輿が渡御する「浜降り神事」が行われる。

    高松の根上り松の「鶴松」の根が、大正時代に移されて展示されています。展示されている根を見ることで、枯れる前の天然記念物の松の姿を想像することができます。

  • 和歌山県立近代美術館
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市吹上1-4-14
    和歌山城の敷地に隣接して建つ近代美術館で、現代的かつ洗練されたデザインの外観が特徴。明治時代から現代までの美術を中心に収集・展示している。和歌山県ゆかりの作家の作品をはじめ、佐伯祐三の油彩13点やピカソ、ムンクの版画など、1万点以上のコレクションを所蔵。企画展やコレクション展を開催し、随時展示替えを行いながら公開している。

    和歌山城から道路を挟んだ反対側に、県立博物館と隣接して建っている。設計は黒川紀章。 和歌山市内の美術館・博物館は、2館目以降は割引料金となる。受付で和歌山城天守閣の入場券を見せると団体料金での入館となった。 所蔵品は多数あるが、常設展示は行っておらず、コレクション展という形で入れ替え展示を行っているようである。訪館したのは12月24日であったが、コレクション展は開催しておらず、特別展のみであっ...

  • 紀州東照宮
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-20
    元和7年(1621)、紀州藩初代藩主・徳川頼宣により、南海道の総鎮護として創建された権現造りの神社で、徳川家康と徳川頼宣両人を御祭神として祀っている。漆塗・極彩色の精巧な彫刻、狩野・土佐両派の絵によって鮮やかに彩られた社殿は、『関西日光』と称されている。江戸時代初期の代表的な建造物として、国の重要文化財に指定されている。

    紀三井寺から歩いてたどり着きました。けっこう距離あります。階段の数も紀三井寺より少ないですが、やはりキツい。登りつめると、内殿を見学するには500円必要です。帰りは緩やかな坂を下りました。さすがに疲れて、隣にある天満宮はギブアップしました。

  • 紀三井寺(紀三井山金剛宝寺護国院)
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市紀三井寺1201
    和歌山市紀三井寺にある寺院。宝亀元年(770)、唐から渡ってきた為光上人によって開かれた。境内の多宝塔、鐘楼、楼門は国の重要文化財に指定されている。また、境内に500本の桜の木が植えられており、早咲きの桜の名所としても知られ、本堂前には桜の開花宣言の目安となる標本木もある。
  • 藤白神社
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県海南市藤白466
    海南市藤白にある神社。熊野の入り口として「熊野一の鳥居」と称され、熊野九十九王子の中でも特に格式高い「五躰王子」のひとつである。境内には樹齢1,000年を超える子守楠や、鈴木姓の祖と言われる鈴木氏の屋敷跡などもある。

    熊野の入口といわれ、平安時代には、熊野詣での人々で賑わっていたとのことです。今でも、参拝客が多いようで、第一駐車場、第二駐車場がありました。

  • 和歌山県立紀伊風土記の丘
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市岩橋1411
    特別史跡・岩橋千塚古墳群の保全と公開を目的とし、昭和46年(1971)8月に設立された県立博物館。約65haもの面積を誇る敷地内には、430基を越える古墳が点在しているほか、重要文化財・旧谷山家住宅をはじめとする文化財民家が保全されている。考古・民俗資料展示を中心とした資料館(有料)や万葉集で詠われている植物を栽培する万葉植物園、復元された竪穴住居等もあり、見学や体験を通して様々な年代の歴史や文明、昔の暮らしについて学ぶことができる。
  • 和歌山県立博物館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市吹上1-4-14
    和歌山県和歌山市の和歌山城近くにある県立博物館で、設立は昭和46年(1971)。平成6年(1994)に現在地へ移転・開館した。建築家・黒川紀章氏が設計した建物は、ガラス張りで明るく、現代的なデザイン。和歌山県ゆかりの文化財や歴史資料を収集・展示しており、高野山や熊野信仰・熊野古道に関する資料、紀州徳川家旧蔵品など収蔵品の数は1000点を超える。常設展では和歌山県3万年の歴史を紹介しているほか、年に数回特別展や企画展を開催。

    ガラス越しに展示物を見るのですが、室内の照明が若干暗く設定されているためか、説明文や展示物の様子がよく見ることができないものが有りました。

  • 根來寺
    旅行/観光
    和歌山県岩出市根来2286
    岩出市根来にある寺院。開山900年を超える新義真言宗の総本山。山内にある「大毘廬遮那法界体性塔(だいびるしゃなほっかいたいしょうとう)」は国宝に指定されており、国宝指定の木造大塔としては日本で唯一、中に入ってお参りができる。また、桜の名所としても知られる。
  • 和歌山県立自然博物館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県海南市船尾370-1
    海南市船尾にある博物館。第1展示室は水族館ゾーン、第2展示室は動物や植物、地質、化石の標本、ジオラマなどのゾーンとなっている。博物館内でのイベントや、野外での自然観察、発掘などのイベントも随時開催しており、和歌山の豊かな自然について学ぶことが出来る。

    小さいながらも水族館くらいの価値はあります。亀やカエルなど身近な生き物からはじまって、大きい水槽を泳ぐ魚たちに癒されます。 タッチングプールがあったのも良かったです。 ゆっくり見て回れるし、とくにお子様連れにはオススメです。

  • 和歌山市立博物館
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市湊本町3-2
    和歌山市駅から徒歩で約5分、和歌山インターチェンジから車で約20分。和歌山市民図書館の隣にある、昭和60年(1985)にオープンした博物館。「資料が語る和歌山の歴史」をテーマとした常設展示を行なっており、原始から近代までの時代を追った5つと農家の様子を復元した民俗の計6つのコーナーがある。特別展や企画展では時代や土地を絞って紹介しているほか、講座や体験学習なども実施。また、ショップでは過去の展示の図録も販売している。
  • 伊太祁曽神社
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市伊太祈曽558
    五十猛命を主祭神とする神社。「続日本紀」の文武天皇大宝2年にその名が出てくるほど古い歴史を持つ。貴志川線伊太祈曽駅から南へ徒歩3分の場所にあり、713年にこの場所へ遷ったとされる。境内には主祭神を祀る本殿の他、水の神様と井戸の神様を祀る「御井社」や撫でると首から上の病に御利益があるとされる「お猿岩」といったパワースポットが存在。また毎年小正月に行われる「卯杖祭」は多くの参拝者が訪れる神事。小豆粥が振る舞われ、これを頂くと1年間無病息災になると言われる。

    休みの日に電車に乗っていきました。荘厳な神社で、心が洗われるようでした。また、ふと行ってみたいところの一つです。

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す