NAVITIME Travel

和歌山の歴史的建造物スポット一覧

  • 徳川家霊台
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山682
    江戸幕府初代将軍・徳川家康と二代将軍・秀忠を祀る東照宮である。もとは大徳院の境内であったが、明治時代、大徳院が他の寺院と合併したためこの霊台だけが残された。向かって右側が家康、左側が秀忠である。建物は桁行三間、梁間三間の一重宝形造であり、内部は蒔絵などが施された豪華絢爛な造りとなっている。
  • 六時の鐘
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
    金剛峯寺のすぐ西に位置する鐘楼。1618年に安土桃山時代の武将である福島正則が、父母の菩提を祈り建立したとされる。現存している鐘楼は1640年に正則の子の正利が鋳造し直したもの。仮名交じりの文で鐘銘が刻まれており、珍しさから有名となっている。長い年月が経過した現在でも朝の6時から22時にかけて2時間置きに、毎日9回その鐘の音を響かせている。また、鐘の下にある石垣には石川五右衛門が隠したとされる「かすがい」が残されており、触ると絆を増すという。
  • 天誅倉
    旅行/観光
    和歌山県田辺市龍神村小又川27
    小又川バス停から徒歩で約15分。近くに専用駐車場があるため、車でも訪れやすいのが嬉しい歴史的建造物で、県の文化財に指定されている。1863年に尊王倒幕を目指し決起した天誅組の水郡長雄たちが幕府軍の追討を受けて自首、その際心意気に酒を振る舞い、怪我を治療するなど護送前に8名が幽閉されていたのが当時農家の米倉として使われていた建物だった。現在あるのは復元したもので、天誅組を紹介する展示物や辞世の句が見られる。
  • 旧中筋家住宅
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市禰宜148
    JR和歌山線千旦駅から徒歩約20分。和歌山市の東部で熊野古道に面して建つ、江戸時代末期に栄えた和佐組大庄屋の屋敷。3階の望山楼や20畳敷きの大広間など、紀の川流域随一の規模を誇る。昭和49年(1974)主屋のほか表門・長屋蔵・北蔵・内蔵・御成門の付属建物が、国の重要文化財に指定された。平成12年(2000)から約10年間にわたる保存修理事業を行い、平成22年(2010)8月から一般公開されている。

    立派な家です。しかも手入れが行き届いています。見に行ったときにも、五人の人が、庭の雑草をむしったり、何らかの作業をしていました。維持管理が大変だと思いました。

  • 観海閣
    rating-image
    3.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-28
    玉津島神社の向かいにある妹背山[いもせやま]。そこにかかる県内最古の石橋、三断橋を渡ると、和歌浦から紀三井寺を遥拝するため徳川頼宣が建立したとされる水上楼閣がある。現在の建物は昭和38年(1963)に復元されたもの。景勝地としても有名で、名草山にかかる美しい月が眺められる。観海閣を含む「和歌の浦」が国名勝に指定。 【写真提供】和歌山市観光協会

    と言いたいところですが、台風の被害にあったのでしょうかここ妹背山にある「観海閣」へ行く三断橋が通行止めでした。 この観海閣は徳川頼宣が1650年頃に木造の水上楼閣として建立したものですが、第二室戸台風で被害に現在の楼閣はコンクリートで再建されている、とのことです。 干潮時には歩いて行けるようにも思いますがいかがでしょうか。 今回行くことができませんでしたが必ず修復してもらいたいです。様子を見て行き...

  • 旧名手本陣妹背家住宅
    旅行/観光
    和歌山県紀の川市名手市場641
    中世以来の名家で、江戸時代には紀州藩主頼宣[よりのぶ]から地士に処遇され、寛永7年(1630)以来名手の大庄屋だった妹背家の住居(重要文化財・史跡)。旧大和街道に面し、参勤交代や鷹狩りなどのときに藩主が宿泊した本陣で、人々からは名手本陣とよばれていた。建物は江戸時代に建てられたもので、御座の間にある入母屋造の母屋や米倉など保存状態がよい。
  • 春林軒
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県紀の川市西野山473
    江戸時代の外科医・華岡青洲の診療所。文化元年(1804)、全身麻酔による外科手術に成功した青洲が患者の治療を行った主屋、門下生に医学を教えた門下生部屋、入院患者のための病室などが復元されている。内部には人形・音声ガイド・ビデオによる解説があり、当時を偲びながら青洲の業績を学べる。

    和歌山が生んだ名医、華岡青洲先生の旧居です。和歌山で育ったので、華岡先生の名前は知っていましたが、いざ見学すると先生の偉大さが勉強できる博物館のようになっています。

  • 古式捕鯨山見台
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡太地町
    燈明崎にある。山見台とは、太地古式捕鯨でいう総指揮所のこと。広大な海上で捕鯨を行うには、全体を見渡せる高い位置から指令を出すことが必要だった。この条件に合った数カ所のポイントに山見台が築かれたが、燈明崎の山見台はなかでも重要な役割を担っていたという。現在は古式捕鯨絵図を参考にして平成4年(1992)に復元されたものが立っている。日本遺産に選定。
  • 和歌山城
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市1-3
    徳川御三家の一つ、紀州徳川家の居城であった名城で、古くから和歌山のシンボル的存在として多くの人に親しまれている。国の重要文化財に指定されている岡口門と、紀州特産の青石(緑泥片岩)でできた野面積みの石垣は建設当初から変わらぬ姿を保ち続けている。戦後、昭和33年(1958)に市民の手によって再建された天守閣からは、紀ノ川や和歌山市街を一望することができ、桜や紅葉の時期を中心に多くの観光客が訪れる。天守閣内部には徳川家ゆかりの品が多数展示されている。
  • 湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県有田郡湯浅町湯浅
    JR湯浅駅から徒歩で約10分。熊野古道に参詣する人々の宿場町として、また、鎌倉時代に中国で修行した僧が伝えた金山寺味噌を元に醤油を生み出した地域として知られる湯浅町の古い町並みを残した一帯。中町通りを中心とした東西におよそ400メートル、南北に280メートルの範囲が文部科学省に「重要伝統的建造物群保存地区」と指定されている。通りと小道とで区画割りがなされており、醤油醸造家だった町家が並ぶ江戸明治の雰囲気を色濃く残し、伝統と文化を身近に感じられる。

    湯浅町は、熊野古道の宿場として賑わった町。 中心部には、醤油醸造業で栄えた昔ながらの町並みが残されています。 2006年に和歌山県初の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。 軒先に下げられた「幕板」・さまざまな形状の格子・漆喰で塗った「虫籠窓」など、古い町家の表構が素敵です。 湯浅の特徴である迷路のような小路、入り込むとタイムスリップしたかのよう、居心地の良い空間が続きます。

  • 友ヶ島第3砲台美術館
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市加太
  • 光恩寺庫裡
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市大垣内663
  • 嘉家作り丁
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市嘉家作丁
  • 鈴木屋敷
    旅行/観光
    和歌山県海南市藤白468、486
  • 双青閣
    旅行/観光
    和歌山県海南市阪井字西青田806
  • ふれあいギャラリー双松舎(前田邸)
    旅行/観光
    和歌山県橋本市高野口町名倉
  • 六角経蔵
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
  • 愛染堂
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
  • 大塔の鐘(高野四郎・高野二郎)
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
  • 法蔵寺鐘楼
    旅行/観光
    和歌山県有田郡広川町上中野1179 法蔵寺境内

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す