金澤神社

神社

「金沢」の地名の由来となった泉が湧く、前田家の天満宮

国登録有形文化財の金澤神社の拝殿 国登録有形文化財の金澤神社の拝殿

兼六園の南に隣接する、菅原道真を祀る神社。前田家11代・治脩(はるなが)が1794年(寛政6)に藩校明倫堂を建てた際、その鎮守社として創建した。江戸時代、徳川家が源氏の末裔を称したのに対して、前田家は学問の神である菅原道真の末裔を名乗り、家紋も道真にちなんだ梅鉢紋にしたといわれている。かつて藩主が朝夕の兼六園散策に合わせて領内の平和と繁栄を祈願した社は、現代では受験生とその関係者が学業上達を祈願する場となっていて、ふだんは静かなこぢんまりとした境内には、受験シーズンになると数多くの参拝者が集まる。境内の西には「金沢」という地名のルーツになった泉「金城霊澤(きんじょうれいたく)」が湧き、地元に伝わる民話『芋掘り藤五郎譚』では、藤五郎という芋掘りが山芋をこの沢で洗うといつも砂金が残っていたため「金洗いの沢」と呼ばれるようになり、これがやがて「金沢」になったという。泉は柵で囲われているので水を汲むことはできないが、境内の手水舎が泉と同じ地下水源から水を汲み上げていて、飲用も問題なくできる。

神門は藩の重臣・前田土佐守家が1821年(文政4)に奉納したものを再建した 神門は藩の重臣・前田土佐守家が1821年(文政4)に奉納したものを再建した

金沢という地名の元になった「金城霊澤」 金沢という地名の元になった「金城霊澤」

「金城霊澤の水」として市民に親しまれている手水 「金城霊澤の水」として市民に親しまれている手水

スポット詳細

住所
石川県金沢市兼六町1-3
電話番号
0762610502
時間
9:30-17:00
休業日
無休
料金
[拝観料]無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(ALIPAY)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 御朱印にも金箔が!
    4.0 投稿日:2020.04.01
    もともとは金沢神社でしたが明治7年(1874)に金澤神社と改称されたそうです学問の神様としても有名らしく合格系の絵馬を書きにくる学生さんも多いらしいです御朱印にも金箔がちらしてありとっても石川県らしが出ていて素敵です
  • 前田家の祖先とされる菅原道真を祀る神社です。
    4.0 投稿日:2020.03.01
    菅原道真を主祭神とする石川県金沢市に鎮座する神社。兼六園に隣接しています。加賀藩11代藩主前田治脩が藩校明倫堂を建てた際、その鎮守社として創建したのに始まります。前田家の祖先とされる菅原道真を奉斎すると言うことですが初めて聞きました。史実かどうかは怪しいですが権力者などが無理やり祖先を有名な人だと自称するのはそんなに珍しいことではないですね。菅原道真を祀る神社と言えば●●天満宮が多いですが...
  • 学問の神として知られている菅原道真公を御祭神とした神社
    3.0 投稿日:2020.02.19
    兼六園のすぐ側にある天神様は学問の神様と全国の人々にしたしまれており、試験の無事合格をお祈りするのに訪れる人が多いようです。合格祈願の絵馬が沢山見られます。金沢神社の神門は老朽化したために一旦壊され、1993年に復刻竣工されました。隋身様と呼ばれる神像が祀られているため、隋身門・隋神坂と呼ばれているようです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          兼六園周辺エリアのおすすめスポット

          石川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました