志摩(国指定重要文化財)

歴史的建造物

国指定重要文化財で茶屋文化の息吹を感じる

独特な茶屋建築が軒を並べるひがし茶屋街を訪れたら、当然、中にも興味が湧くはず。同茶屋街で最古の志摩が内部を一般公開しているので、ぜひ入って見学を。花街のお座敷の雰囲気を感じてみよう。

200年の歴史を刻んだ建物。内部には奥行きがあって、見た目よりも広い 200年の歴史を刻んだ建物。内部には奥行きがあって、見た目よりも広い

近世茶屋建築の様式を今に伝える

志摩は、ひがし茶屋街のメイン通りである二番丁のなかほどにあり、江戸時代の花街の風情を今に伝える全国的にも貴重な茶屋建築だ。国の重要文化財にも指定されている。その歴史は1820年(文政3)、ひがし茶屋街が開かれたときに始まる。創業時の名称は越中屋、慶応年間には尾張屋、明治中頃には白尾屋、昭和初期までは竹琴と変遷してきた。常連客の紹介がないかぎり利用できない「一見さんお断り」の空間は、地元の旦那衆や上流文人など当時のセレブだけが入ることを許された特別な社交の場所だった。一歩入れば、江戸時代にタイムスリップ。当時のセレブ気分でお茶屋見学を楽しんでみよう。

藩政時代のたたずまいを感じることができる 藩政時代のたたずまいを感じることができる

職人の手仕事が行き届いた細工の数々

お茶屋は2階が客間になっており、鮮やかな紅殻色の壁が印象的だ。押し入れや間仕切り壁がなく、優美で繊細な造りとなっているのは、あくまでも遊芸を主体にしているためで、お客が床の間を背にして座ると、その正面の控えの間が舞台となり、あでやかな芸妓さんの遊芸が披露される。このほか、しつらいの細部にも注目を。襖(ふすま)の引き手や手すりなどにも職人のこだわりと金沢人の美意識を見て取れる。

2階手すりの木彫り装飾の造作。「つぼつぼ」と形容される 2階手すりの木彫り装飾の造作。「つぼつぼ」と形容される

襖の引手には七宝焼がはめ込まれている 襖の引手には七宝焼がはめ込まれている

庭を眺めながらカフェタイム

一方、1階では囲炉裏や家具類、芸妓が使っていたかんざしなどをなるべく自然な感じで展示。華麗な2階とは対照的な、生活感が漂う舞台裏を垣間見ることができる。そして、中の見学をひととおり終えたら、建物の奥に進んで茶室の「寒村庵」へ。ここに一歩入ると聴こえるのは木々のざわめきだけ。自然の音をBGMに、金沢の茶人もお気に入りの上生菓子と抹茶などを楽しむことができる。ひととき、日常の喧騒を忘れ、ゆったりとした時間を過ごしてみよう。

寒村庵は足を落とせるカウンター席を用意 寒村庵は足を落とせるカウンター席を用意

上生菓子と抹茶のセットは700円 上生菓子と抹茶のセットは700円

旧中やも見学してみよう

志摩でお茶屋の世界に魅了されたら、志摩の裏手にある「お茶屋美術館」ものぞいてみよう。志摩の姉妹館といっていい、茶屋建築の施設だ。志摩と同じ1820年(文政3)に建てられ、金沢市指定文化財になっている由緒ある旧「中や」の建物を公開している。1階には金、銀、珊瑚(さんご)をぜいたくに施した髪飾りをはじめ、加賀蒔絵(まきえ)、加賀象嵌(ぞうがん)などの優美な道具類が多数展示されている。加賀藩における町人文化の栄華の一端がうかがえる。また、2階のはなれは、壁が群青で深海を思わせる空間となっている。志摩との違いを見比べてみるのもおもしろい。

「お茶屋美術館」では、芸妓が身に着けたかんざしやくしなどの装飾品を多数展示 「お茶屋美術館」では、芸妓が身に着けたかんざしやくしなどの装飾品を多数展示

スポット詳細

住所
石川県金沢市東山1-13-21
電話番号
0762525675
時間
9:30-17:30(12-2月は17:00まで)
休業日
無休
料金
【入館料】
[一般]500円(団体20人以上450円)
[小・中学生]300円(団体20人以上250円)
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 別世界の風景
    4.0 投稿日:2021.04.08
    金沢市東茶屋街にあります、江戸時代にたてられたお茶屋さんのどことなく優美な造りなっています国指定重要文化財です。
  • 国指定重要文化財の建物
    3.0 投稿日:2021.02.23
    「志摩」は、文政三年(1820)に建てられたお茶屋の建物で、これまで手を加えることなく江戸時代そのままに残っています。学術的にも貴重な文化遺産として高く評価されています。お茶屋は、2階を客間とし、押し入れや物入れ等は作らずあくまでも遊興を主体とした粋な造りです。ここでの遊びといっても、琴、三弦、舞、謡曲、茶の湯から、和歌、俳諧に及ぶもので巾広く高い技能と教養が要求され「芸どころ金沢」の礎となったの...
  • 江戸時代の遊び
    3.0 投稿日:2020.12.24
    有料で公開している昔のお茶屋さんです。1階は簡単な台所と、当時に使われていた塗り物の食器や、みせの間に簪やキセルなどが展示してあります。2階がお座敷で、当時の華やかな雰囲気が感じられます。階段はかなり狭くて急です。写真は撮れないので、荷物はロッカーに預けます。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          ひがし茶屋街周辺エリアのおすすめスポット

          石川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました