NAVITIME Travel

福島の歴史的建造物スポット一覧

  • 会津武家屋敷
    旅行/観光
    福島県会津若松市東山町大字石山字院内1
    江戸時代の会津藩家老、西郷頼母の屋敷を中心に、旧中畑陣屋や茶室、藩米精米所など、歴史的建造物が連なる屋外博物館。会津の歴史や文化の情報発信、伝承を目的に建立された総合的な文化施設であり、約7,000坪の敷地を有する。売店やレストランもあり、特産品の購入や食事をすることも可能だ。会津の文化を体験できる赤べこ絵付や起上り小法師の絵付け体験も行っている(要予約)。
  • 会津さざえ堂
    rating-image
    4.0
    275件の口コミ
    旅行/観光
    福島県会津若松市一箕町八幡弁天下1404
    1796年に建立された六角三層のお堂。白虎隊で有名な会津若松市の飯盛山にあり、さざえの形に似ていることから「さざえ堂」とも呼ばれている。特徴的な二重螺旋状のスロープを上っていくと、いつの間にか下りているという不思議な回廊。スロープに沿って西国三十三観音像が安置され、上ることで三十三観音参りができる。平成8年(1996)に国の重要文化財に指定された。

    JR会津若松駅から路線バスで5分の「飯盛山下」で下車。そこから石段を上った飯盛山の中腹にある。入堂料は400円。 1796年に建立された正宗寺の仏堂で、国の重要文化財に指定されている。堂内の回廊がさざえ(巻貝)のように螺旋状になっているため「さざえ堂」と呼ばれているが、円通三匝堂(えんつうさんそうどう)というのが正式名称らしい。 かつては西国三十三観音像が安置されており、このお堂を巡ることによ...

  • 大和川酒造店 大和川酒蔵北方風土館
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    福島県喜多方市字寺町4761
    寛政2年(1790)創業の老舗酒造店。江戸時代に建てられた最も古い土蔵である「江戸蔵」では、様々な酒造りの道具を展示しており、当時の酒造りの一端を見ることができる。売店に併設している利き酒コーナーでは、10種類以上の弥右衛門酒を無料で試飲可能。地産地消にこだわった日本酒を堪能、購入できる。

    酒蔵を見学させていただいたあとは、定番の試飲大会。甘口、辛口、フルーティーなものまで試飲できました。お土産選びはお任せ。私はドライバーなので、仕込みに使う伏流水を飲んでいました。

  • 旧滝沢本陣
    旅行/観光
    福島県会津若松市一箕町滝沢122
    会津若松市一箕町大字八幡滝沢にある国指定史跡。参勤交代などの際に大名や旗本が休息所として利用した「本陣」の跡。幕末の戊辰戦争の際には本営として使用され、白虎隊が出陣の命を受けた場所でもある。国の重要文化財に指定されている建物の随所に弾痕など戦いの跡が残っている。
  • 前沢曲家集落
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    福島県南会津郡南会津町前沢
    南会津郡南会津町前沢にある集落。明治40年(1907)に集落の大半を火災で消失、一斉に再建がなされたことから集落全体の意匠が統一され、現在では伝統的家屋が多く残る集落として国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。5月の「前沢薬師様まつり」や10月の「前沢曲家まつり」などのイベントも開催され、1月に行われる年中行事「歳の神」の際には集落の沿道にろうそくが灯される。

    桧枝岐村に行く途中、ナビに国の「重要伝統的建造物群保存地区」とあったので寄ることにした。入場料は300円、まず向かいの山からの展望台から見下ろすと一ダースほどの曲屋が立ち並んでいる。明治の大火によって再建されたので景観が揃って保存されている。公開されている1軒を除いて、みな住民がいて、きちんと自主管理されており、観光化されていないのがうれしい。養蜂農家があって蜂蜜を無人販売していたので購入して食べ...

  • 福島市民家園
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    福島県福島市上名倉字大石前地内
    福島市上名倉字大石前地内の「あづま総合運動公園」内にある文化財保存施設。園内には江戸時代中期から明治時代中期の県北地方や会津地方の民家などが移築復元されている。併設の展示館には「民家のくらし」をテーマとした展示コーナーや、わら細工や昔の遊びの体験コーナーを備える。

    あづま総合運動公園にあるので、JR福島駅西口から車で約30分くらいです。福島県周辺の昔ながらの家が展示されていて、無料です。

  • 會津藩校日新館
    rating-image
    4.5
    48件の口コミ
    旅行/観光
    福島県会津若松市河東町南高野字高塚山10
    日新館は会津藩における人材の育成を目的に享和3年(1803)設立された学問所。10歳になった会津藩の子弟はここで文武を学び、かの白虎隊もここで育っている。当時の建物は焼失し、現在の建物は会津若松の住宅街にて当時の図面を元に完全復元したもの。館内は当時の授業風景を再現、江戸時代の学校について詳しく知ることが出来る。また、弓道場や武道場が開放されており、研修や合宿にドラマのロケ地と多方面に使用されている。一般向けにも坐禅や茶道、弓道など体験学習を行っている。

    会津藩の武士の子供たちの学校です。昔は鶴ヶ城のそばにあったらしいですが、焼けてしまったので、現在の場所に再建されたようです。弓道の体験が出来たり、昔の武士の学びの場を感じられる場所です。

  • 喜多方蔵の里
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    旅行/観光
    福島県喜多方市押切2-109
    蔵つくり文化を後世に伝えることを目的として作られた「喜多方蔵の里」。約4,500平方メートルの広大な敷地には、中庭を中心に店蔵、味噌蔵、蔵座敷などが配置され、日本の原風景が再現されている。もとは呉服商であった「旧冠木家店蔵」では、喜多方の特産品やお土産も購入可能。喜多方蔵の里に関するチャレンジクイズに挑戦して、記念品を手に入れよう。

    ラーメンが有名なる前は蔵のほうが有名だったという喜多方。蔵の用途は多岐にわたり、穀物の保管や味噌づくりだけでなく、座敷としても使われていたそうです。中庭を囲むいくつかの蔵を落ち着いた雰囲気で見学できます。お土産屋も蔵の中でした。

  • 蔵屋敷あづまさ
    旅行/観光
    福島県喜多方市東町4109
    福島県喜多方市にある蔵屋敷。福島県一として知られる「大米穀商」の屋敷を改修し、現在は食事処とお土産販売店となっている。また食事処では、会津産のそば粉を使った手打ちそばや、オリジナル手作り味噌による田楽を堪能できる。店内には会津の物産品も取り扱っており、地酒や漆器・民芸品などの地場産のお土産物も多数販売している。
  • 天鏡閣
    旅行/観光
    福島県耶麻郡猪苗代町翁沢字御殿山1048
    福島県耶麻郡猪苗代町にある、ルネッサンス様式の洋館。「旧有栖川宮威仁親王」の別邸として使用されていた館内には、ティールームでお茶をすることもできる。また、有料のドレス試着体験なども行っている。国指定の需要文化財にも選ばれており、多くの観光客が訪れている。
  • 会津民俗館
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和字前田33-1
    江戸時代後期の旧馬場家住宅、製ろう小屋など会津地方に散在していた建物を移築し、生活文化財を収蔵している。会津のろう作りの歴史を示す900点以上の資料も。旧馬場家住宅は国の重要文化財に、1000点近い製ろう用具とろう釜屋は重要有形民俗文化財に指定されている。所要30分。

    JR猪苗代駅からレンタルサイクルで行ってきました。近くには野口英世記念館もあります。建物の中に入ると二つの古民家があり、それぞれ特色があります。 建物の中に流れるアナウンスを聞きながらですと良く理解できます〇

  • 鶴ケ城公園
    旅行/観光
    福島県会津若松市追手町1-1
    鶴ケ城は日本唯一の赤瓦天守閣。春には約1000本のソメイヨシノが開花し、「桜の名所100選」に選ばれている。堀や土塁は約400年以上前から残り、城郭全体が国の史跡に指定されている。市民のボランティアガイドによる歴史の紹介や見学ポイントの案内も好評。
  • 若松城天守閣
    rating-image
    4.0
    793件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県会津若松市追手町1-1 鶴ケ城内
    会津若松市のシンボルである若松城天守閣は、戊辰戦争の際には激しい攻防に耐えた名城。歴代城主の兜の展示や城下町の変遷を映像で紹介している。

    出発前にボランティアガイドを予約しました。城内の観光事務所に立ち寄り、予約の旨を伝えると近藤さんと言う方が待っていて下さり、30分程でしたが、城内をこと細かに案内・説明をしていただきました。 天守閣へは行かなかったけど、石垣の見かたの話は興味深かったですよ。

  • 麟閣
    旅行/観光
    福島県会津若松市追手町1-1 鶴ケ城公園内
    千利休[せんのりきゅう]が豊臣秀吉から死を命じられた際、蒲生氏郷[がもううじさと]はその子、少庵[しょうあん]を会津にかくまい、千家復興を働きかけたという。少庵が造ったのが、鶴ケ城本丸内に造られたこの茶室だ。
  • 会津松平氏庭園 御薬園
    rating-image
    4.0
    80件の口コミ
    旅行/観光
    福島県会津若松市花春町8-1
    江戸中期の築庭で、歴代藩主の保養所として利用されたもの。「御薬園」の名は、今では会津の特産になっている薬用人参をはじめ、薬草を栽培していたことから付けられた。園内には400種類の薬用植物が栽培される薬用植物園、茅葺き数寄屋造りの御茶屋御殿、心字の池などがある。

    いろいろな薬草が植えてあり、江戸時代の徳川家は、漢方薬を重んじていたことがうかがえます。庭園の池の周りをボランティアの方に案内していただき、当時のお殿様の生活について教えていただきました。

  • 若喜商店縞柿の蔵座敷
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    福島県喜多方市字3-4786
    宝暦5年(1755)創業の味噌醤油製造元。明治後期建築の座敷蔵は、柱も調度類も縞柿材。蔵には入れないが、資料室がある。東側の別棟にはレトロな雰囲気の「若喜.昭和館」(時間:10-16時、休み:12-3月)があり、駄菓子と和雑貨を販売している。所要20分。登録有形文化財。

    レンガ造りの蔵を活用したレトロな商店です。無料の見どころがたくさんあり、丁寧に説明してもらえました。もともと醤油を作っていたとのことで、生醤油を味見してから買いました。

  • 三津谷集落 若菜家
    旅行/観光
    福島県喜多方市岩月町宮津字勝耕作3819
    喜多方駅から北へ6km。わずか5軒の集落だが、アーチ型の窓やバルコニー風玄関に特徴があるレンガ蔵を全戸がもち、異国的な情緒が漂う。これらの蔵は、明治から大正にかけてドイツ人技師の指導で建てられたといわれる。味噌蔵のある若菜家のみ、古い農機具が置かれた作業蔵と大正6年(1917)に造られた蔵座敷の見学が可能。若菜家の4棟は、平成19年(2007)に経済産業省認定の産業遺産に指定された。
  • 杉山集落
    旅行/観光
    福島県喜多方市岩月町入田付杉山
    三津谷から、更に北へ旧米沢街道を約3km進んだ所にある集落。漆喰や粗壁の蔵が並ぶ。窓扉は霧よけという窓の上の屋根に各戸の趣向が凝らされている。「二重屋根」や削り屋根の変形ともいえる「腰折れ切妻」「かぶと」などと呼ばれる特色ある屋根が多く見られる。個人宅のため蔵内は見学不可。
  • 旧南会津郡役所
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県南会津郡南会津町田島字丸山甲4681-1
    明治18年(1885)に建てられた明治初期の擬洋風木造建築(県指定重要文化財)。建物は一部2階の内庭式で、バルコニー付きの正面はギリシャ建築を思わせる円柱、城郭を感じさせる千鳥破風、欄間には扇形ステンドグラス等が取り入れられている。館内は当時の郡長室を再現し、南山御蔵入騒動(百姓一揆)や300年前(天和2年・1682)の高札などを展示している。

    サイクリングで訪問しました。 何度目かの訪問です。 旧南会津郡役所は、郡内町村民の協力を得て明治18年(1885年) 8月に落成した。明治18年前後は、県内においては初期の外観だけの擬洋風建築から前進して、地方棟梁による本格的な洋風木造が活発になった時期で、この建物はこのころあいついで新改築された県内十余か所の同庁舎のうちでは、北会津郡役所に次いで規模が大きく、かつ保存もよいです

  • 奥会津博物館
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県南会津郡南会津町糸沢字西沢山3692-20
    奥会津地方で使われてきた生産・生活用具など、代表的な民具3000点を「山・川・道」のテーマ別に展示。施設内には馬宿・染屋・旧猪股家住宅・旧山王茶屋の4棟の民家を移築復元している。豊富な体験学習もある。旧山王茶屋では食事の提供をしており、奥会津の歴史とともにふるさとの味が堪能できる。

    奥会津博物館には、沢山の茅葺屋根の古民家が並んでいて、集落を感じさせます。 実際使用されていた農工具なども展示されています、結構な数です。展示物だけでなく、食事が出来る古民家もあります。素朴な感じが良いです。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す