NAVITIME Travel

福島のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 大内宿
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町大内山本
    昭和56年(1981)に国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定された「大内宿」は、会津城下と栃木県日光市今市を結ぶ全長130kmの中で、会津城下から3番目の宿駅として寛永17年(1640)ごろに整備された宿場町だ。江戸時代へタイムスリップしたかのような街並みはどこか懐かしさを感じる。4月末-11月下旬はナイトツアーもある。
  • 旧堀切邸
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    旅行/観光
    福島県福島市飯坂町字東滝ノ町16
    福島市飯坂町東滝ノ町にある歴史的建造物。地域経済に多大な貢献を果たした地元の庄屋・堀切家の旧宅を保修・復元したもの。1775年建築の県内に現存する最古の土蔵「十間蔵」をはじめとした貴重な建築に加え、新築された建物内には展示スペースや観光案内所、イベントスペースも備える。併設の足湯・手湯施設では、庭園を眺めながら源泉かけ流しの湯で温まれる。

    飯坂温泉駅から5分位の所にあります。邸内を無料で見学できます。中には、足湯もあります。邸内は静かで、ゆったりした雰囲気で落ち着きます。建物内でお茶もいただけるので、是非ゆっくりしてみてください。

  • 白河関跡
    旅行/観光
    福島県白河市旗宿白河内
    福島県白河市のJR「白河駅」より、バスで約30分のところにある関所。「奥州三関」の一つとして有名であり、松尾芭蕉などの多くの歌人や詩人が歌に残している。近隣には「白河関の森公園」などもあり、文献などを元に復元された施設などが完備されている。また、国指定の史跡にも選ばれており、多くの観光客が訪れている。
  • 皆鶴姫の碑
    旅行/観光
    福島県会津若松市河東町倉橋字藤倉
    京都から源義経の奥州行の後を追い、この地で力つきて難波池に身を投げたという皆鶴姫の墓があり、悲恋の物語を伝える由来書きが立つ。この地を参詣すると、良縁が授かるといわれている。
  • 国史跡 阿津賀志山防塁
    旅行/観光
    福島県伊達郡国見町石母田字国見山下、他
    文治5年(1189)8月、奥州合戦で平泉軍が、源頼朝率いる鎌倉軍を迎え撃つために築いた防御陣地。阿津賀志山の中腹から阿武隈川の旧河道まで約3.2kmにわたる土塁と堀を構築し、地元では二重堀(ふたえぼり)と呼ぶ。近くには源義経が休んだとされる伝承の腰掛松や、南に弁慶ゆかりの硯石山が見え、下二重堀地区の水田には7-8月にかけて中尊寺蓮が防塁のそばでキレイな花を咲かす。
  • 霊山城址
    旅行/観光
    福島県伊達市霊山町石田
    南北朝時代に南朝方の北畠顕家が国府を置いて拠点とした霊山城があったが、霊山寺とともに焼失。いまでは城址が残るだけとなっている。
  • 安達ケ原黒塚
    旅行/観光
    福島県二本松市安達ケ原地内
    安達ケ原には、旅人を泊めては殺し、その肉を食べて生き血を吸ったという鬼婆の伝説が残る。年老いた杉の根元に鬼婆の墓といわれる黒塚が残っている。
  • お人形様
    旅行/観光
    福島県田村市船引町
    高さ4mの魔除けの神様。なぎなたを持ち、刀を差し、大鬼の形相で両手を広げ、市内船引町の3カ所、屋形・朴橋[ほおのきばし]・堀越の集落入口に立ち、外部から悪いものが入るのを防いでいる。毎年4月には「お衣替え」が行われる。
  • 磐城 平城本丸跡地
    旅行/観光
    福島県いわき市平字旧城跡地内
    いわき駅北の台地が本丸跡地。慶長7年(1602)、伏見城の戦いによる鳥居元忠の功績により、鳥居忠政は10万石に加増され磐城に入封。翌年より磐城平城の建設が始まり、難工事の末、12年の歳月をかけて完成する。堀の造形が草書体の「龍」に似たことから「龍が城」とも呼ばれている。戊辰戦争の際は倒幕派の攻撃を受け落城。現在は堀と石垣の一部が現存しているが、市指定史跡の塗師櫓石垣は東日本大震災の影響により半分程度崩落している。 【写真提供】(一社)いわき観光まちづくりビューロー
  • 尾瀬塚
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
    長蔵小屋から北岸道を行き、沼山峠への分岐を過ぎて、大江川を渡ったあたりにある3本のカラマツが立つ盛り土が尾瀬塚。宇治川の合戦で敗れた高倉宮以仁王が越後に落ちのびる途中、お供のひとりであった尾瀬中納言藤原朝実が沼山峠で急死し、ここに葬られたというものだ。尾瀬の地名の由来となった人物はこのほかにも何人かいる。平清盛の恋敵として都を追われ逃げのびてきた尾瀬三郎、また牛首あたりに城を築き、のちに阿部一族に滅ぼされたという尾瀬大納言の話も伝わっている。
  • 六地蔵
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村居平
    国道352号沿いの板倉近く、桜の木の下に立つ6体の地蔵。檜枝岐はもともと山間の高冷地で作物に恵まれず、凶作の年には食料不足のため多くの子供たちが間引きされた。その冥福を祈り、1730年(享保15)に立てられたもの。柔和な表情をした地蔵は色鮮やかな衣装をまとい、供物が絶えず、村人の信仰の厚さを物語る。
  • 宇賀神堂
    旅行/観光
    福島県会津若松市一箕町大字八幡弁天下
    白虎隊19士の墓から少し下ったさざえ堂の境内に隣接したところにある。創建は寛文年間(1661-1672)で、内部には白虎隊19士の霊像が安置されている。
  • 白虎隊自刃の地
    旅行/観光
    福島県会津若松市一箕町大字八幡弁天下
    白虎隊最期の場所。白虎隊が鶴ケ城を望む姿を再現した石像も建ち、当時の彼らの心情を考えると感慨深い。ここから南西の方向に目をやると、3kmほど先に鶴ケ城が望める。
  • 冠木薬店
    旅行/観光
    福島県喜多方市字3丁目4800
    江戸時代創業の薬種問屋は、喜多方でも珍しい厠(トイレ)蔵と塀蔵を持つ。厠蔵はスリッパも陶器という稀少な蔵だ。塀蔵は火事の延焼を防ぐ狙いがあったという。無断での観覧はお断り。必ず店主、もしくは喜多方観光物産協会まで連絡の上、観覧のこと。
  • 国重要文化財 旧五十嵐家住宅
    旅行/観光
    福島県河沼郡会津坂下町大字塔寺字大門1466
    享保14年(建築年代)の明らかな建物として、国の重要文化財に指定。寄棟造で茅葺き屋根の平屋は、かつて会津地方に数多く見られた農家。全室天井がなく梁がむき出しになっている。
  • 大安場史跡公園
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県郡山市田村町大善寺字大安場160
    平成21年(2009)4月に全面オープンした古墳を中心に広がる芝生の公園。自然いっぱいの広場や史跡に触れられるほか、出土品の展示、体験メニューも楽しめる。体験は、石器の切り絵や火おこし体験、勾玉作り、椿笛の制作など、バラエティに富んだメニューが揃う。勾玉作りは材料代160円。

    大きな前方後円墳を中心に体験広場や冒険広場など幾つかのテーマ別エリアで構成されている公園です。古墳はこの大きなものの他にも幾つか有って、子供だけでなく大人も楽しめる良い散策場所でした。

  • 安寿と厨子王の物語母子像
    旅行/観光
    福島県いわき市金山町朝日台
  • 勿来の関跡
    旅行/観光
    福島県いわき市勿来町関田長沢6-1
    いわき市にある歴史の名所。関所の一つで、平安時代の和歌の歌枕としても知られている。周辺は「勿来県立自然公園」に指定されており、白河市の「白河の関」、山形県の「念珠ヶ関」と共に、奥州三関の一つとして知られている。小野小町・源義家・和泉式部の歌碑や、松尾芭蕉の句碑がある。
  • 岳クラブ
    旅行/観光
    福島県二本松市岳温泉1-16
  • ハクビ京都きもの学院 いわき教室
    旅行/観光
    福島県いわき市平字白銀町1-6

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す