福島の温泉/ホテルスポット一覧

  • いわき湯本温泉
    rating-image
    4.0
    50件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県いわき市常磐湯本町
    愛媛の道後温泉、兵庫の有馬温泉と共に「日本三古泉」として名を連ねる三箱の御湯。地下約50mから汲み上げる天然硫黄泉は、毎分5トンという膨大な湧出量を誇る。開湯は1,000年以上前と言われており、低張性弱アルカリ性高温泉(硫黄泉)の泉質は全国的にも珍しい。美肌作用や解毒作用、動脈硬化、高血圧の効能をあわせもった無色透明微弱塩味のお湯が、完全放流式で町中に配湯されている。温泉医学、予防医学に基づいた温泉療法をアドバイスできる「バルネオ・セラピスト(温泉保養士)」も育成しており、温泉地の健康的な過ごし方や温泉活用方法など、温泉利用に関する様々な相談に応じている。

    東日本大震災以降、閉まっている旅館やお店が多く、寂れた感じが否めませんでした。でも、食事付きで日帰り入浴の出来る旅館があり、復興割りを利用して5000円で1日楽しめました。

  • 高湯温泉共同浴場「あったか湯」
    rating-image
    4.5
    69件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県福島市町庭坂高湯25
    福島市町庭坂高湯の磐梯吾妻スカイライン沿いにある共同浴場。酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉の源泉「高湯26番 滝の湯」を100%かけ流しで使用。昔の湯屋をイメージした和風建築に、木と岩を基調とした男女それぞれの露天風呂と貸し切り露天風呂を備える(浴場はすべて露天風呂)。

    福島周辺では珍しい硫黄泉の共同浴場です。宮城に向かってどんどん山の中に入っていく感じの道中も楽しめます。湯量が豊富な本物の源泉掛け流しで、濁り湯はお湯の新鮮さとパワーをを感じ、効能を感じるほど逗留してみたいと思わせるそんな温泉でした。

  • 大川荘
    宿泊/温泉
    福島県会津若松市大戸町大字芦ノ牧字下平984
    芦ノ牧温泉の大川荘は、渓谷の絶景露天風呂や岩塩を用いたサウナなどが人気の宿である。また、館内の吹き抜け空間がアニメ「鬼滅の刃」の劇中シーンに似ていると話題になっている。さらに、上品な甘さの「会津山塩プリン」やビーフたっぷりの「芦ノ牧温泉カレー」などのオリジナル土産も人気である。
  • 飯坂温泉
    宿泊/温泉
    福島県福島市飯坂町字十綱町3
    宮城の秋保温泉、鳴子温泉とともに「奥州三名湯」と呼ばれる古湯。歴史は古く縄文時代にまで遡り、日本神話に登場する日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が浸かったとされている。病中の日本武尊が立ち寄った「佐波子湯」は、日本最古の木造建築共同浴場「鯖湖湯」として今も県内外から多くの観光客が足を運ぶ。江戸中期の頃から飯坂の名が知れ渡るようになり、中でも松尾芭蕉が「奥の細道」の中で記したことで、知名度はより高くなった。それぞれ異なる趣の9つの共同浴場や、気軽にさっと浸かれる足湯、地元グルメも満喫できる温泉宿など、目的に応じて様々な楽しみ方が選べる温泉地だ。
  • 岳温泉
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県二本松市岳温泉1-16
    磐梯朝日国立公園内、標高約1,700mの安達太良山麓に広がる温泉地。全国的にも珍しい岳温泉の酸性泉は、かつて坂上田村麻呂が東征の際に発見したと言われている。pH値2.48、無味無臭の澄んだ湯は、神経痛や運動麻痺をはじめ、疲労回復や健康増進などの適応症がある。かつて抗生物質がなかった時代には、貴重な治療法であったとされる古湯だ。日本温泉協会アンケートでは「自然環境日本一」に選ばれた他、日本観光協会が主催する「第4回優秀観光地づくり賞」も受賞。温泉、食事、運動等を組み合わせて楽しめるヘルスプログラムも開発している。

    岳温泉の桜坂沿いにある足湯。無料で利用できます。 春には運が良ければ、桜と雪が舞う中で足湯に入れるとのこと。

  • いいざか 花ももの湯
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県福島市飯坂町西滝ノ町27
    延寿・花月・坐忘という三種類の源泉を味わえる温泉施設。ミクロの泡や水流効果で全身をマッサージしてくれる露天風呂や、うたた寝気分でリラックスできる寝ころびの湯、立ったまま入浴可能な立ち見の湯といったバラエティ豊かな浴槽が用意されている。足湯やサウナもあり、食事は厨房が見えるバイキングで楽しめる。飯坂温泉駅から無料送迎バスも有り。

    サウナが唯一の楽しみな私、口コミをみて各地を旅しております。 今回は「花ももの湯」に決定。口コミ(評判)も上場なのですぐに決めました。 飯坂線は風情があってとても素敵です。乗り鉄らしい男の人も見かけました(鉄道マニアには有名???)。駅から10分ほどで到着、料金は少し高めの1,380円。 着替えを済ませて、かけ湯をしてからサウナに直行。 最悪でした。サウナが体臭で満ちていました。混んではいませんし...

  • 空の庭リゾート
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県二本松市岳温泉1-197-2
    安達太良山の8合目近くの源泉から引かれた酸性泉が評判の岳温泉には、日帰り入浴可能なリゾートホテルがある。ホテルの大浴場と露天風呂は源泉100%の湯を使用し、硫黄の香りが漂うpH2.5の酸性泉が肌をツルツルにする。露天風呂からは緑豊かな景色と星空を楽しめ、ホテル内には体を芯から温めるスーパー陶盤浴やエッセンシャルオイルのエステサロンもある。

    リゾートという名前そして紹介写真から期待していましたが‥フロントでの説明文でもうリゾート気分がなくなりました。いくら政府からの要望でも義務も罰則もないのにアメニティ有料との文字。別に安いからいいという問題ではない。必要な人にフロントでの渡すだけでも相当数アメニティ消費は減る。第一この程度で環境にやさしいとは到底思えない。それよりビュッフェをやめた方が相当環境の良いと思います。有料アメニティはもよも...

  • 磐梯熱海温泉
    宿泊/温泉
    福島県郡山市熱海町熱海
    約27軒の温泉宿が軒を連ねる郡山の奥屋敷。約800年前の鎌倉時代に開湯した「磐梯熱海温泉」は、当時の領主・伊東氏が生まれ育った現在の静岡県、伊豆国に由来する。また南北朝時代、不治の病に苦しむ公家の姫が「都を去る東北方、五百本目の川岸にある霊泉に浸かれば全快する」とのお告げを受けてたどり着いた湯とも伝えられている。pH値9.1のアルカリ単純泉で、ぬるぬるとした湯ざわりが特徴だ。無色透明、無味無臭の湯によって姫の病が全快したことから、「美人をつくる湯」としても名を馳せている。毎年8月9、10日には先の伝説にちなんだ「萩姫まつり」も開催される。
  • 川上温泉
    rating-image
    3.5
    21件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県福島市土湯温泉町川上7
    福島県福島市土湯温泉町字川上にある温泉宿。磐梯朝日国立公園内、奥土湯温泉郷の中でも奥に位置する秘湯の一軒宿となっている。単純泉の6つの源泉をブレンドした湯を使用した浴場は、最深1.2mの立湯や、露天の半分が洞窟になっている穴湯、ひば造りの木湯、家族風呂の華湯と、多彩な風呂を楽しめるのが特徴。日帰り入浴可能で、個室休憩プラン(要予約)も利用できる。土湯温泉町には、この他にも多くの秘湯や日帰り利用可能な温泉施設が点在している。

    楽しい体験でした。古い建物と言う時点でいろいろ覚悟してましたが趣きのあるいい宿でした。立地もありまだまだ虫が多く、虫が苦手な方は要注意です。部屋でのカメムシとの戦いも最終的には楽しくなってきました(笑) 湯治の雰囲気に近く、いろいろサービスを求める方には向きませんが、スタッフの方は皆さんいい方でした。 そしてお風呂!アトラクションのような岩窟風呂と万人風呂で入れ替え制になっているのでどちらも入れま...

  • 会津東山温泉 原瀧
    宿泊/温泉
    福島県会津若松市東山町湯本下原235
    東山温泉の宿「原瀧」は、川底から湧き出る自家源泉を持つ。源泉100%の露天風呂は、四季の渓谷美と滝の音を楽しみながら癒やされる。大正時代から賑わう温泉街で、大浴場「千人風呂」や4つの湯船がある貸切展望風呂も利用可能だ。東山温泉には他にも日帰り温泉が楽しめる宿が多く、各々の歴史や風景を堪能できる。
  • 早戸温泉つるの湯
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県大沼郡三島町早戸湯ノ平888
    開湯1200年の歴史を持つ早戸温泉の日帰り入浴施設。四季折々に美しい風景を創り出す只見川渓谷のほとりで古くから湯治場として親しまれてきた薬湯を堪能することができる。その昔、白鶴が湯に浸かり傷を癒したという伝説からその名が付けられたとされる温泉は、豊富な湯量をたたえる源泉かけ流しの湯。特に外傷や術後の回復に効果があると評判だ。

    いろいろきりがないですが、一言、『いらっしゃいませ』のお客様をお迎えするあいさつすらない。まあ、湯治宿だから、おもてなしはもとめてないけど。だったら、最初から従業員おかずに全てセルフスタイルにしてほしいですね。まあ、安いから従業員の質も諦めるしかないですね。

  • 勿来温泉 関の湯
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県いわき市勿来町関田須賀1-4
    露天風呂「関の湯」から、壮大な太平洋を眺望しながら年間を通して楽しめるのが特徴の温泉浴場。切り傷・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・虚弱児童などの症状に効能があるとされる。他にも打たせ湯や敷地内を地下1000mから自噴している源泉を堪能できる「内湯」やサウナが完備されており、入浴後はレストランで食事も楽しめる日帰り宴会プラン(飲放題付き)なども用意されている。

    一階にいる支配人が不愉快。お湯が透明の時と緑色に変色している時がある。 でも、海が見えて、居心地は良い。

  • 野地温泉ホテル
    宿泊/温泉
    福島県福島市土湯温泉町字鷲倉山1-2
    磐梯吾妻スカイラインのドライブと浄土平でのハイキング後、磐梯朝日国立公園内の日帰り温泉で疲れを癒す。硫黄の香りと白煙が立ち込める温泉は、源泉100%かけ流しで、肌に優しい硫化水素泉。男女別の湯舟が複数あり、昼食付きの日帰り入浴コースも提供。ただし、2021年12月現在、コロナの影響で日帰り入浴は平日のみとなっている。
  • 芦ノ牧温泉
    宿泊/温泉
    福島県会津若松市大戸町芦ノ牧
    会津若松の奥座敷と呼ばれる芦ノ牧は、明治時代に街道が出来るまでは地元の人しか知らない幻の村と言われていた。そんな芦ノ牧の清流 大川に湧く「芦ノ牧温泉」は、婦人病やリウマチ・高血圧などに効能があるとされる硫酸塩泉だ。渓谷沿いの宿も多く、眺めを楽しみながらの露天風呂の人気が高い。また周囲の見どころも豊富。国指定の天然記念物「塔のへつり」や、江戸時代の宿場の雰囲気を残す、国の重要伝統的建造物群保存地区「大内宿」など自然と歴史を堪能出来る。芦ノ牧温泉では温泉散策のお供として湯めぐり手形を販売している。この手形で3箇所の温泉がフリーパスになるので上手に利用したい。
  • 燧の湯
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県南会津郡檜枝岐村字上ノ台208-1
    川窪橋を渡った所にある公衆浴場。単純硫黄泉の源泉をかけ流しで使用し、露天風呂などの施設も充実している。舟岐川に面した高台より望む景観は格別だ。4/1~4月下旬、4月下旬~11月上旬、11月上旬~3月末まで、それぞれ営業時間が異なるのであらかじめ確かめて訪ねたい。

    奥会津にある檜枝岐温泉の共同浴場のひとつ。こちらは単純硫黄泉になります。成分が少なくてあっさりめ。適温です。内湯は木組みで露天もあり。露天からは紅葉がきれいに見れました。ややぬめりもあります。

  • 高湯温泉
    宿泊/温泉
    福島県福島市町庭坂
    開湯400年を越える温泉で温泉の中心部の安達屋の隣にある薬師如来を本尊とする薬師堂が有名。この薬師堂は江戸時代中期の開湯と同時に菅野国安によって薬師如来が安置され、その後、寛政6年(1794)に薬師堂が建立されたもの。酸性・含硫黄-アルミニウム・カルシウム硫酸塩温泉の効能がより得られるよう、祈願してから入浴したと伝えられている。様々な効能があるとされ、湯治とその入浴法について詳しく説明されているので入浴の際は参考にしたい。加水も加温もしない自然のままのかけ流し方式の共同湯は昔の湯屋をイメージした和風の建物で浴場は全て露天風呂。こちらも是非訪ねたい。
  • 沼尻温泉
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-7
    福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲にある温泉。江戸時代の開湯以来200年以上の歴史を持つ温泉で、泉質は乳白色の硫黄泉。「沼尻温泉 のんびり館」と「田村屋旅館」、「旅館 ひいらぎ」、「沼尻高原ロッジ」といった温泉宿で使用されており、いずれも日帰り入浴が可能。「沼尻スキー場」が隣接しており、冬場にはスキーで疲れた体を温泉で癒せる。

    外観は少しくたびれていますが宿泊の場合はそこが素朴さになり 館名どおりのんびり出来ました 料理はボリュームがあり飽きの来ない味で特にヤマメの唐揚げは絶品 朝ご飯も美味しく、温泉もまったり気分ではいることができ、 宿の方の対応も自然体で、また行きたいと思える宿 一緒に行った母親も「ここの宿のんびりするからまた来たいね」と 言ってて、旅行のプランを組んだ自分には最高の褒め言葉でした

  • 土湯温泉
    宿泊/温泉
    福島県福島市土湯温泉町
    福島市の西部に位置し、福島駅より約16kmの距離にある「土湯」温泉は、聖徳太子の伝説がある温泉だ。17軒の温泉宿と、昔ながらの共同浴場や気軽に入れる日帰り温泉等もあり、用途や気分に合わせて選べる。泉質は単純温泉・単純硫黄泉・炭酸水素塩泉など様々で、それにより効能も分かれる。また土湯温泉は遠刈田、鳴子と並ぶ三大こけし発祥地と言われており、こけし工人に会いに行き見学をすることや、「まつや物産店」で絵付け体験をすることも可能だ。花と歴史と温泉の町と謳われる土湯温泉は、四季折々の花や紅葉も素晴らしい。
  • 郡山ユラックス熱海
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県郡山市熱海町熱海2-148-2
    郡山市熱海町熱海2丁目にある多目的施設。電動移動椅子によって3000席の講堂や体育館としても使用できる多目的ホールや、大小の会議室のほか、温泉施設と温水プールを併設。温泉施設ではリウマチ性疾患や運動器障害、神経症などに効能のあるアルカリ性単純泉を使用し、露天風呂などの浴槽やサウナ、休憩室も利用できる。

    磐梯熱海駅から、徒歩10分はかからないと思います。 郡山市が開設した総合コンベンションセンターなのですが、一般には付設された温泉共同浴場と温水プールが利用の中心で、多くの地元市民で賑わっています。 今回は温泉の利用でしたが、サウナや水風呂、露天風呂などひととおりの日帰り温泉の要素を備えていて、それでも大人料金400円というのは格安。特に若い人に人気が高いようです。 大きな駐車場も完備しています。

  • 湯本駅前みゆきの湯
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県いわき市常磐湯本町天王崎1-8
    JR湯本駅前にある共同浴場。炭鉱の石炭や煉瓦工場など、町の歴史をイメージしたデザインで、ロビーの梁や壁などの杉材には地元の山林から切り出したものを使用している。清潔感のある浴槽は高温と常温の2種類の源泉かけ流し温泉を完備。駅前の便利な立地で、列車を待つ間に訪れる観光客も多い。

    250円で入浴できます。 浴槽は1種類ですが、温泉なので温まります。 むかしながらの銭湯のような温泉浴場でした。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す