関連する記事

関連する観光コース

- 鹿児島 PHOTO ALBUM -

banner_photo

尚古集成館

日本近代化の歴史を辿ろう

仙巌園に隣接した博物館。集成館とは、幕末の薩摩藩主・島津斉彬が産業育成のために造った工場群のことで、この博物館の建物は機械工場として1865年に竣工したもの。現在は島津家や、薩摩藩の産業化の歴史を語り継ぐ場として活用されている。建物のほか、展示物のいくつかは国から重要文化財に指定されている。

place

鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1 (鹿児島・桜島エリア)

phone 0992471511

尚古集成館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/11 サッポロビールは鹿児島産?
近代日本市における薩摩藩の重要性を改めて学ぶことができました。ところで、サッポロビールは薩摩藩由来だそうです。
投稿日:2020/03/16 幕末に建てられた現存する日本最古の石造様式機械工場
仙巌園の入園券は尚古集成館とセットになっているので、ここだけを見ることはできません。尚古集成館は本館と別館の2棟あり、本館の建物はは慶応元年に竣工した現存する日本最古の石造洋式機械工場です。本館には反射炉や琉球船の模型などが展示されていました。別館は企画展の展示室で、現在は島津家に伝わるひな人形や御所人形などが展示されていました。本館・別館共に、写真撮影不可でした。
投稿日:2020/02/28 Historic Exhibition
西洋技術を島津家が導入しようとした痕跡がよくわかる資料館。こういう取り組みがなければ、日本の近代化もなかっただろうと思います。

おすすめ記事

詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1 [地図]
エリア
鹿児島・桜島エリア
電話番号
0992471511
時間
9:00-17:00
休業日
年中無休
料金
【入館料】
[大人]1,000円
[小中学生]500円
※名勝仙巌園と共通
駐車場
あり(500台、バス50台)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          鹿児島 の主要エリア

          around-area-map

          頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。