鹿児島・桜島の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 鹿児島市維新ふるさと館
    rating-image
    4.0
    427件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1
    明治維新を支えた英雄、西郷隆盛や大久保利通らを輩出した薩摩。維新ふるさと館では当時の薩摩や日本の歴史を様々な演出で紹介している。目玉は地下1階の維新体感ホールで上映されるドラマ。「維新への道」では、西郷隆盛や大久保利通の等身大ロボットやマルチスクリーンで臨場感あふれるドラマを展開、「薩摩スチューデント、西へ」では、当時の国禁を破り、英国へと派遣された留学生達の物語が描かれている。

    霧島神宮に行けなくなり、セカンドチョイスとして訪問。 しかし、1階の鹿児島に関する概略の紹介、特に薩摩語や当時の生活の模様、篤姫、会津藩や庄内藩との関係は現地に行った時の情報とリンクして興味深く拝見しました。 地下のシアターはコロナの影響で中止も、それ以外の薩英戦争や技術に長けた薩摩藩の様子とか、こちらも内容は濃かったです。 川沿いの所に特設の屋外カフェで一息出来たのも、近くに維新に参加した...

  • 黒神埋没鳥居
    rating-image
    4.0
    206件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市黒神町
    大正3年(1914)の桜島大爆発の際、大量に噴出した火山灰・軽石は、上空8000m以上まで上昇し、黒神一帯を埋め尽くした。もともと3mもあったといわれる原五社神社の鳥居は、上部約1mを残し埋没。住民は鳥居を掘り起こそうとしたが、当時の村長が大噴火の記念物として、後世に残すことを決めた。昭和33(1958)年県の文化財に指定されている。

    1914年の桜島大噴火で埋まった鳥居です。当時の地面は足元のおよそ3m下。でもその前に起きた噴火の時の地面はそのさらに下で…色々考えてしまった。

  • 照國神社
    rating-image
    4.0
    158件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市照国町19-35
    バス停・電停の「天文館」から徒歩で約5分。鹿児島県立博物館の近くにある神社で、薩摩藩の11代藩主である島津齊彬を御祭神としている。1863年に勅命によって照国大明神の神号が与えられ、その翌年に社殿が完成し、照國神社と称されるようになった。現在も鹿児島県の氏神様として多くの人々の信仰を集めている。7月11日には日の丸の旗を日本の総船印とする案が通り、幕府から発令されたことを記念した「国旗祭」が、7月15日と16日には鹿児島における夏の風物詩「六月燈」の前夜祭と頌徳祭が行なわれる。

    照国神社境内にある照国文庫資料館は無料で見学できます。 島津斉彬公や島津氏に関する資料が展示されています。 映像で見る島津家の歴史は分かり易く、興味深いものでした。 斉彬公の人物像や偉大な業績を学べて、有意義でした。 時間があれば是非お薦めしたい資料館です。

  • 鹿児島市立美術館
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    薩摩藩主・島津氏の居城であった、鶴丸城二の丸跡に建つ私立美術館。コレクションは地元ゆかりの作家の作品や、19世紀以降の西洋美術が中心。モネの睡蓮や、セザンヌの油彩画も所蔵している。鹿児島のシンボルである、桜島をモチーフとした絵画のコレクションも見応えがある。

    車で行く際は数は少ないですが正面向かって右側に駐車場があります。中にカフェもあるのでゆっくり過ごせそうです。

  • 尚古集成館
    rating-image
    4.0
    164件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
    仙巌園に隣接した博物館。集成館とは、幕末の薩摩藩主・島津斉彬が産業育成のために造った工場群のことで、この博物館の建物は機械工場として慶応元年(1865)に竣工したもの。現在は島津家や、薩摩藩の産業化の歴史を語り継ぐ場として活用されている。建物のほか、展示物のいくつかは国から重要文化財に指定されている。

    近代日本市における薩摩藩の重要性を改めて学ぶことができました。ところで、サッポロビールは薩摩藩由来だそうです。

  • 長島美術館
    rating-image
    4.5
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市武3-42-18
    平成元年(1989)、鹿児島市制施行100年に合わせて開館した美術館。展示室正面入口では、ロダン作「考える人」の彫刻が出迎えてくれる。ロダンの他には、シャガールなどの海外作家の絵画や彫刻、薩摩焼など約1000点を展示しており、年1-2回、別館展示室にて特別企画展を開催している。館内を鑑賞したあとは、鹿児島の市街地や桜島を一望できる喫茶室で、お茶や軽食を楽しむことができる。

    何と言っても、桜島と鹿児島市街、錦江湾が見渡せる絶好のビューポイントが敷地内にあります。ここまでは無料です。ここは城山からの眺めとはまた違って、一言で言えば「ド正面からの眺め」でしょうか。天気の良い日にどうぞ。中央駅からスマホのナビを頼りに歩きましたが、道中、自転車がかっ飛んで来て危険な長い坂道のトンネルや、人気の無い急勾配の長い階段で太ももがパンパンになり、結果、おすすめできません。車で無ければ...

  • 鹿児島県立博物館
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町1-1
    歴史ある自然史系博物館で、桜島大正噴火の記録を残すために設置されたのがはじまり。本館は飼育動物および企画展会場になっている1階、南北600kmに渡る鹿児島の自然に触れられる2階、自然を活かした鹿児島の産業を3D劇場などで学べる3階から成る。別館の宝山ホール4階には、プラネタリウムや様々な恐竜の実物全身骨格標本、そしてアンモナイトなどの化石も展示されている。

    照国神社のすぐ近くにあるレトロな建物。もともとは昭和2年に竣工した、県立図書館で、国の登録有形文化財に指定されている歴史的建築物です。内部は博物館になっていて、入館は無料です。小学生くらいの子供さんがたくさんこられていました。鹿児島の自然がよくわかります。

  • 鹿児島県歴史・美術センター黎明館
    rating-image
    4.0
    109件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町7-2
    島津家の居城・鹿児島城(鶴丸城)の本丸跡に建つ人文系の総合博物館。昭和58年(1983)の開館以来、鹿児島の歴史民俗や文化遺産に関する展示、研究などを行っている。貴重な文化遺産15万5千点のなかでも特に幕末維新期の資料が充実しており、ジオラマや映像、クイズなどを通じて歴史的な時代背景を楽しく学ぶことが可能だ。敷地内には今でも鹿児島城時代の濠や石垣、石橋などが残っている(県指定史跡)。

    鹿児島の自然や歴史などを学ぶことができます。 リニューアルし、展示物もキレイで見やすかったです。 子どもでもある程度楽しめるかと思います。 天璋院篤姫の像が外にありますが、それを見るだけで帰るのはもったいないです。

  • かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
    rating-image
    3.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町5-1
    かごしま近代文学館では、鹿児島に特に縁の深い28名の作家に関する常設展示がされている文学館。鹿児島にちなんだ作品に触れることができる。隣接するかごしまメルヘン館では、トリックアートやアスレチック、季節にちなんだ仕掛けで、まるで童話の主人公になったような体験ができ、子どものみならず大人も楽しめる。なお両館を訪れる場合は、共通入場券も用意されている。

    今回は日本が生んだ天才 かこさとし の展示を見てきました かこさとし の絵本から学べる事柄の多様性 絵の可愛さ どうやったら伝わるか?という工夫 少年から年配の方まで実に楽しめる展示 そして鹿児島にまつわる資料もあって しっかり楽しめます

  • 西郷隆盛銅像
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    明治維新に大きな功績を残した西郷隆盛。西南戦争の際、西郷最後の地となったこの城山に、没後50年祭を記念して造られた銅像である。高さ8mの威風堂々としたモニュメントであり、制作者は「忠犬ハチ公」の作者でもある鹿児島市出身の彫刻家・安藤照。
  • 旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市吉野町9685-15
    慶応3年(1867)、日本初の洋式紡績工場として鹿児島紡績所が建設された際、工場の指導者として招聘したイギリス人技師ら7名の宿舎として建設された建物である。日本最初期の洋風建築として現存する貴重な建物。「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の建物の一つとして平成27年(2015)に世界文化遺産に登録された。

    建物は江戸末期に建てられた和洋折衷の洋館で、国の重要文化財に指定されています。美しい外観は見る価値があります。建物内に入るためには200円の入館料が必要で、中に入ると当時の面影はほとんどなく、単なる資料館になっていました。中に入らず外観を見るだけで良かったと思いました。

  • 西郷南洲顕彰館
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1
    昭和52年(1977)に南洲翁没後百年記念事業として建立された西郷隆盛の記念館。2階建ての館内は木材を使ったぬくもりのある空間だ。1階は隆盛の生涯ジオラマや一生を辿る映像ライブラリー、2階は西南戦争関係資料、隆盛直筆の墨蹟などが見られる。ミュージアムショップでは隆盛の書籍やグッズを販売。複製掛軸、額装などのオリジナルグッズや、かわいい姿の西郷さんなどは特におすすめ。

    北海道北竜町のひまわり、この日は天気も良く、2年振りに見に行きました。この時期はもうすべて刈り取られているかと思っていましたが、早咲きと遅咲きがあり、手前の畑はほとんどが散っていましたが、奥にある畑は今まさに満開を迎え、太陽さんをめがけて、素晴らしい姿をめいっぱい咲き誇っていました。 近くの池にはたくさんの鴨も涼しそうに泳いでおり、幼稚園のお子様たちは楽しそうに見入っていました。その近くには3連の...

  • 鹿児島市立科学館
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市鴨池2-31-18
    日本で唯一の大型フィルム映写機によるドームシネマ・プラネタリウムをはじめ、自然界の法則、科学技術および宇宙についてわかりやすく紹介してくれる科学館。人力飛行機で桜島上空を飛行できる大型展示装置「桜島スカイサイクル」、弱震から強震までを体験できる「地震体験」、風のエネルギーを身体で感じられる「強風体験」など体感型展示物が多数。親子におすすめの楽しい学びの場となっている。

    科学館自体は、ありふれた施設です。 定期的にやっているイベントなど、子どもたちが楽しめる仕掛けはよいと思います。 プラネタリウムは、期待せずに見たのですが、予想以上に楽しめました。 また機会があれば、プラネタリウムは見てもいいなと思います。

  • 鹿児島県歴史・美術センター黎明館・鹿児島城(鶴丸城)跡
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町7-2
    別名「鶴丸城」とも呼ばれる、慶長6年(1601)に島津家久が築いた城である。天守閣を持たない屋形づくりの城であった。現在は石垣やお堀が遺っており、本丸跡には鹿児島県歴史資料センター黎明館が、二の丸跡には鹿児島県立図書館や鹿児島市立美術館などが建っている。2020年には、国内最大級の城門「鶴丸城御楼門」が復元された。
  • 赤水展望広場・叫びの肖像
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市桜島赤水町
    鹿児島市桜島赤水町の「赤水展望広場」内にあるモニュメント。平成16年(2004)に桜島で行われた長渕剛氏によるオールナイトコンサートを記念したもの。桜島溶岩を用いて会場跡地に制作され、ファンの聖地となっている。
  • かごしま環境未来館
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城西2-1-5
    環境をテーマにした公共施設。入館料無料。環境に配慮された「緑・水・空気・光」を最大限利用した施設内では4つのゾーン分けがされ「気づき」「知る」「学び」「実行する」を踏まえた展示がされている。年間を通して様々な参加体験型イベントが催され、楽しく環境問題を学ぶことができ、子どもの自由研究などにはうってつけ。リユース・リサイクルショップもあり、エコフリマなども開催されている。
  • 南洲公園
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1
    中央駅から車で約17分のところにある西郷隆盛ゆかりの墓地。昭和52年(1977)、西郷隆盛没後100年を記念して建設された「西郷南洲顕彰館」に隣接している。墓地には明治10年(1877)西南戦争で自決した西郷隆盛始め戦死した薩摩軍兵士40名が弔われたが、後に各地で散った薩軍の兵士の遺骨が集められ、計2023人が埋葬されている。また墓地の北隣には、戦没者を祀る南州神社が鎮座。南洲墓地は昭和30年(1955)に鹿児島県指定史跡に登録されている。
  • 寺山炭窯跡
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市吉野町10710-68
    150年以上前に作られた炭焼き窯跡。大砲や鉄砲などの薩摩の鉄製武器を作る反射炉で燃やす炭を作るために作られ、普通の木炭よりさらに強い熱を発する白炭を作り出した。平成27年(2015)に世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとして登録された。現在は自然散策路の一部となっており、車でアクセスする場合は寺山ふれあい公園に駐車して徒歩で移動することになる。
  • 大久保利通銅像
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市西千石町1
    JR「鹿児島中央駅」より徒歩約5分にある約4.3mの銅像。明治維新の3傑と言われた「大久保利通」の没後100年記念として、彫刻家の中村晋也氏が制作した。銅像の視線の先には、故郷の「加治屋町」「甲突川」があることで知られている。また足元には、大久保利通の暗殺と共に亡くなった馬車夫と馬の像も彫られている。
  • 関吉の疎水溝
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市下田町1263先
    あべき川の上流、関吉から磯地区まで約7kmにもおよぶ用水路である。島津斉彬が集成館事業の高炉や砲身に弾を通す穴をあける装置の動力などとして「水車」を利用、その供給水のために作らせたものだ。「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼・造船・石炭産業」の構成遺産の一つとして平成27年(2015)、世界文化遺産に登録された。

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す