愛媛のその他観光スポット一覧

  • 瀬戸内しまなみ海道
    旅行/観光
    広島県尾道市-愛媛県今治市
    本州四国連絡道路の西側にある「尾道」「今治」「上島」を通る西瀬戸自動車道である。多島美などの自然豊かな風景、寺院や史跡などの観光スポットがある。また、日本初の海峡を渡れるサイクリングロードが整備されており、「しまなみ海道」の観光に多くのサイクリストが集まる。
  • UFOライン(町道瓶ヶ森線)
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    高知県吾川郡いの町寺川
    西日本最高峰で日本百名山の一つ、石鎚山を背にした町道で、雄峰ラインとそれをもじったUFOラインの通称を持つ。ドライブコースとしても人気が高い。瓶ヶ森の標高1,300m~1,700mの地点をおよそ27kmにわたって走り、5月にはアケボノツツジ、7月にはヤマアジサイ、8月にはシコクフロウが見頃を迎える。運がいいと9月に紅葉と霧氷の両方が見られることも。11月末~4月上旬までは閉鎖となる。

    余り車の運転が好きではない、上手くはない、と思っている人なので、神経を使い、疲れてしまいました・・・どこでもすれ違えるというわけではなく、すれ違うのが無理な場所が多い、脇が側溝だったりと結構神経を使う峠道が長々と続きます。私は西条市から登っていき、国道194号線の寒風山トンネル側から入っていき、頂上を過ぎてそのまま反対側に抜け、松山方面へ行きました。 という感じで疲れたのですが、頂上は皆さんのお写...

  • 松山城二之丸史跡庭園
    rating-image
    3.5
    133件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市丸之内5
    伊予松山藩2代目藩主、蒲生忠知が築いた屋敷跡を庭園とした史跡庭園。表御殿跡は草花、奥御殿跡は水と芝生で当時の間取りを表現している。約1.6ha、4840坪もの広大な敷地で発掘された大井戸遺構は、日本一の大きさを誇る。平成25年(2013)には「恋人の聖地」として認定され、結婚式前撮りの撮影が年間500件ほど行われている。園内の「勝山亭」「聚楽亭」「観恒亭」は茶会・句会などの文化的な催しでの利用も可能だ。

    新たに整備された庭園。城主の家族が住んでいた屋敷跡の部屋の割り振りのガイドもあるので、表(政治面)と裏(家族)の生活が思い浮かべることができる、珍しいところ。

  • 来島海峡大橋
    旅行/観光
    愛媛県今治市-大島間
    瀬戸内海の三急潮として知られる海の難所・来島海峡に架かる、四国と本州を結ぶ世界初の三連吊橋。総延長4.1kmにも渡る来島海峡大橋には、自動車用の道路の他に、小型バイク道、自転車・歩行者道が設けられており、橋の上から瀬戸内海の雄大な景色を眺めることができる。夜間のライトアップが定期開催されており、夜景の名所としても知られている。
  • 佐田岬灯台
    旅行/観光
    愛媛県西宇和郡伊方町正野
    瀬戸内海国立公園内にある、日本一細長いと言われる佐田岬半島の先端の最先端に建つ白亜の灯台で、1918年(大正7年)の初灯以来100年以上もの間稼動し続けている。晴れた日には豊予海峡を隔てて高島や九州を遠望することができる景観の名所で、特に日没時の美しさは格別。平成10年には、海上保安庁の日本の灯台50選に選出されている。佐田岬灯台までは遊歩道が整備されているが、距離が長く、アップダウンが激しいため注意が必要。
  • 石鎚スカイライン
    旅行/観光
    愛媛県上浮穴郡久万高原町若山
    面河渓から石鎚山登山口までの約18キロを繋ぐドライブルート。雄大な石鎚山を臨みながら、登山道入り口の土小屋まで、標高差約850mを一気に駆け上がる。晴れていれば、途中の長尾根展望台から日本の滝百選にも選ばれている「御来光の滝」が見えることも。道中には石鎚山最高峰、天狗岳が望めるスポットもある。紅葉の名所としても有名で、10月上旬~下旬にかけてはカラフルなトンネルを通りに多くの観光客が足を運ぶ。
  • 宇和海展望タワー
    rating-image
    4.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城5688
    西海半島の付け根にある馬瀬山頂公園内にある展望台。展望室は回転昇降式となっており、地上から107m海抜260mの地点までぐるぐると回転しながら上昇するのが特徴。その間宇和海のリアス式海岸や御荘湾を一望することができる。春には西の馬瀬山公園に咲く満開の桜を眼下にすることも可能。また展望室となる2階建てのキャビンも見どころのひとつ。このタイプの展望室は全国でもここと新潟県の2つしかなく、とても希少価値があるものである。

    ガラス張りの空間の中に乗り込み、回転しながら上昇します。 座って外を眺めるように作られていますが、立ったまま見ると、より迫力があります。 宇和海を360度見渡せるので、独り占めした気分になります。

  • 庚申庵史跡庭園
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市味酒町2-6-7
    寛政12年(1800)に地元の俳人・栗田樗堂(ちょどう)により建てられた草庵。県指定史跡の「庚申庵」を中心とした史跡庭園となっている。句会や茶会、文化講座などに利用されているほか、藤の花の見頃に合わせた「ふじまつり」などの季節のイベントも催される。

    此処は松尾芭蕉に憧れた松山の俳人栗田樗堂(くりたちょどう)が江戸時代後期の寛政12年(1800年)その後の人生を風流にさらに俳諧に専念するために建てた草庵です。 松尾芭蕉も同じような草庵で過ごしていたので彼の地元で作ったというわけす・・・・

  • 名勝 天赦園
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市天赦公園
    伊予国宇和島藩の7代目藩主、伊達宗紀が隠居の場として建造した大名庭園。慶応2年(1866)に完成したこの公園の名は、初代藩主秀宗の父、仙台の伊達政宗が作った詩に由来する。池泉廻遊式の庭園には多くの藤棚があり、中でも太鼓橋式の藤棚にかかる白玉藤は必見だ。伊達家の家紋「竹に雀」にちなんだ様々な種類の竹が、池を巡るように植栽されている。6月上旬になると花菖蒲が見頃を迎え、色鮮やかな風景を見に多くの観光客が足を運ぶ。
  • 佐田岬メロディーライン
    旅行/観光
    愛媛県西宇和郡伊方町・八幡浜市
    西宇和郡伊方町、佐田岬半島の国道197号線を指す愛称。瀬戸内海と宇和海を隔てて東西約40kmに渡って伸びる四国最西端の半島の絶景を眺めながら走行できるドライブコースとなっている。道中には一定の速度で走行することで歌が聞こえてくる「メロディー道路」も設置されている。
  • 伯方・大島大橋
    旅行/観光
    愛媛県今治市伯方町-宮窪町
    今治市伯方町から宮窪町のしまなみ海道沿いに架かる橋。伯方島と見近島を結ぶ伯方橋、見近島と大島を結ぶ大島大橋の2つの橋からなり、全長は1,230m。安全性を考慮した「直下吊り工法」など当時の新技術を用いて施工され、昭和63年(1988)に供用を開始した。この時に培われたノウハウは、後の来島海峡大橋などの建設に生かされた。
  • ポコペン横丁
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲103
    大洲市大洲3丁目にある通り。昭和30年代のレトロな横丁を再現した通りとなっており、中華そばやコロッケなどが味わえる飲食店や、おもちゃや骨董品などの販売店、昔の遊びの体験コーナーなどが集まっている。また、「思ひ出倉庫」では、おもちゃやホーロー看板などの昭和のグッズを展示。通りは4月から11月末までは毎週日曜日、12月から3月末までは毎月第3日曜日に開かれる。
  • 八日市・護国地区の町並み
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町
    江戸時代末期から明治時代にかけて木蝋産業により発展した旧街道沿いの一帯で、木蝋産業に関わる建造物や伝統的な造りの町家、土蔵等、当時のままの姿の歴史的建造物が軒を連ねる。活発な町並保存運動により、昭和57年(1982)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
  • 多々羅展望台
    旅行/観光
    愛媛県今治市上浦町井口7505-7
    今治市上浦町井口の「多々羅しまなみ公園」内にある展望台。大三島から広島県尾道市の生口島へとつながる多々羅大橋のたもとに位置し、瀬戸内海の上を渡る橋の美しい姿を一望できる。春には桜の名所としても知られる。
  • 坂本龍馬脱藩の道
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市河辺町
    大洲市河辺町にある道。坂本龍馬が土佐藩を脱藩して下関へと向かった際に大洲を通ったと言われており、その際に使用したと考えられる榎ヶ峠から泉ヶ峠にかけての約15kmにわたる山道が残されている。「わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道」などのイベントも開催。

    河辺町内での行程は約15キロ程ですが、峠を四つも越えるためアップダウンはかなり激しい道のりです。若き日の龍馬は約4時間でこの道のりを駆け抜けたと言われています。 保存会によって整備されている道を歩くと、龍馬は何を想い、この道を歩いたのかと想いを馳せてしまいます。

  • 卯之町の町並み
    旅行/観光
    愛媛県西予市宇和町卯之町
    国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている、宇和島街道の宿場町。町並みの起源は室町時代、松葉城を拠点とした西園寺氏の城下町とされる。江戸中期から昭和初期の商家が立ち並び、現在も白壁やうだつ、出格子などの伝統的な建築様式が残っている。江戸時代の蘭学者、高野長英や二宮敬作、日本初の女医である楠本イネらも往来した通りだ。和風建築が立ち並ぶ町並みの中には、教会や洋風のアーチ窓を有する建造物などもあり、時代の移り変わりを感じられる。
  • 陶里ヶ丘
    旅行/観光
    愛媛県伊予郡砥部町五本松885付近
    見晴らしの良い高台に位置する窯業団地。地元特産の「砥部焼」の窯元やギャラリーなどが軒を連ねる。4月末~5月はじめにかけて「陶里ヶ丘ゴールデンウィーク砥部焼フェアー」が開催され、各窯元による展示販売などのイベントが行われる。
  • 陶板の道
    旅行/観光
    愛媛県伊予郡砥部町大南874先
    伊予郡砥部町大南にある散策路。地元特産の「砥部焼」の陶板が歩道や壁に約580枚敷き詰められている。道中には砥部焼の創始者である杉野丈助を顕彰する碑が建てられた「陶祖ヶ丘」などがあり、砥部焼の歴史を感じられる道となっている。
  • 岩松の町並み
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市津島町岩松
    宇和島市の岩松地区は、かつて岩松川沿いの物流の要衝として栄えた。明治から大正にかけて建築された商家や酒蔵、旅館などの建物が現在も保存されており、往時の港町の雰囲気を味わえる町並みとなっている。作家・獅子文六の小説「てんやわんや」の舞台としても知られる。
  • 鼻栗瀬戸展望台
    旅行/観光
    愛媛県今治市上浦町瀬戸4658-2
    今治市上浦町瀬戸の国道317号線沿いにある展望台。大三島と伯方島を結ぶしまなみ海道で唯一のアーチ橋・大三島橋のたもとに位置する。潮の流れが激しい難所として知られる鼻栗瀬戸と大三島橋を一望する景色が楽しめる。

愛媛の主要エリア

around-area-map

愛媛県は南国地域で、冬でも暖かい日が多い県です。みかんが名産品で、松山空港やえひめ愛顔の観光物産館では「みかんジュースの出る蛇口」を体験できます。 松山空港へは国内主要都市から航空便が就航しており、東京からは約1時間半、大阪・名古屋からは約1時間で到着します。 松山・道後にある日本最古の温泉「道後温泉」は定番の観光スポット。道後温泉本館は建物全体が国の重要文化財に指定されています。 ほかにも、新居浜・東予にあるタオルとアートを融合した世界初の今治タオルミュージアム「タオル美術館」など面白いスポットも多数。宇和島やしまなみ海道では、サイクリングやサップ、カヌーのアクティビティ体験が大人気です。 愛媛のB級グルメには、今治焼豚玉子飯や三津浜焼き、揚げ足鳥があり、どれもここでしか味わえないグルメです。

愛媛の写真集

目的から探す