NAVITIME Travel

南予・宇和島の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 宇和島城
    rating-image
    4.0
    232件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市丸之内
    慶長6年(1601)、藤堂高虎によって築城された城。城の外郭は、上空から見ると不等辺五角形をしており、築城の名手と言われた高虎の工夫が随所に見られる城である。青い空と緑の山々を背景に白亜の天守閣が美しく、鶴島城とも呼ばれている。天守は現存する12天守の内の一つで、国の重要文化財にも指定されている。

    こじんまりとしたお城でしたが、何もない静けさが何やら感じさせられるお城でした。 お城の周りも変に観光地になってなくてよかったです。

  • 多賀神社 凸凹神堂
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市藤江1340
    宇和島市にある神社。日本国内はもとより、中国、韓国、インド、ネパールなどのアジア各国や、ヨーロッパ、南米など世界中から集められた性宗教、民俗、風俗資料文献などの貴重な資料が保管展示されている。JR「宇和島駅」から徒歩15分。

    宇和島の港近辺から駅に戻る前に寄ってみました。性に特化した資料館が有るのが特色みたいでしたが閉館までに時間も無かったのど参観料も割りとしたので入りませんでした。石像とかに朝鮮系のが多いなあと思いました。

  • 宇和島市立伊達博物館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県宇和島市御殿町9-14
    「宇和島駅」より徒歩25分ほどのところにある博物館。伊達家ゆかりの貴重な資料や、宇和島に関する文化遺産を展示する。武具甲冑、書画、陶磁器、衣装など展示品は多岐に渡るが、絢爛豪華な婚礼調度品の展示は特に充実。

    宇和島と幕末、伊達家の歴史を知るためにはここは必須だと思います。楠本イネさんと高子さんの写真と資料を見たくて職員の方に伺いましたが、大変に親切に教えて頂きました。

  • 大洲城(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.0
    109件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲903
    肱鎌倉時代末期、守護として国入りした宇都宮豊房によって築城されたといわれている城。その後、築城の名手・藤堂高虎らによって修築がなされ、伊予大洲藩の政治や経済の中心として城下町が?栄した。老朽化のため、天守閣は明治21年(1888)に取り壊されてしまったが、その後平成16年(2004)に復元。史実に基づいて忠実に再現した木造復元天守となっている。台所櫓、南隅櫓などの4棟の櫓は国の重要文化財に指定されている。

    四国にはお城が多いので、1つの楽しみになります。 現存ではありませんが、周りの風景やそこから見える風景もまたよくて、散歩にいいお城でした。

  • 臥龍山荘(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.5
    116件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲411-2
    肱川の景勝地「臥龍淵」に望む三千坪の山荘。平成28年、国の重要文化財に指定された。明治時代の豪商・河内寅次郎が余生を過ごすために築造した別荘で、数寄屋造りの建物と日本庭園が素晴らしい。不老庵では、お茶とともにその美しい景色をゆっくりと楽しむことができる。平成23年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに一つ星掲載され、注目を集めている。

    伊予大洲駅からバスでまちの駅あさもやまで行き、そこからぶらぶらと歩いていくと道しるべがあり、こちらまでたどり着きました。 建物はちょっとひなびた雰囲気もあり、それがとても趣きがあります。 建物自体もステキですが、周囲の川や山との調和でさらによい雰囲気を醸し出しています。行ったときは11月末で紅葉は終わりかけで、係の方に奥のほうは、紅葉がありますよと声をかけられ、そちらはまだ紅葉が見られました。

  • 内子座
    rating-image
    4.5
    111件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町内子2102
    1916年(大正5年)に建てられた瓦葺き入母屋造りの2階建ての芝居小屋で、愛知県を代表する木造建築物である。一時は映画館に改装され、老朽化に伴う取り壊しの計画もあったが、町民の熱意によって、昭和60年(1985)に建築当時の姿に復元された。花道、廻り舞台、桝席、お囃子のいた黒御簾などを活かした公演が行われており、また、催しがない際には内部の見学も可能である。

    昔から残ってる芝居小屋をただ館内を見るだけではなく、本来の楽しみかたをしたくて、落語をやる日を探して行きました。 初めての落語をこんな場所で聞くことが出来て感無量でした。 落語もテレビドラマの影響で興味があったので、二重に楽しめました。 なんか、タイムスリップして大正か昭和の始めのような感覚で聞いていました。

  • 商いと暮らし博物館
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県喜多郡内子町内子1938
    内子町にある博物館。建物は江戸-明治時代の商家(薬屋)をそのまま活用しており趣深い。人形や道具類を使って当時の薬屋の商いと暮らしを再現しており、リアルでユニークな人形がしゃべる内容は、当時を知る人の話が基となっており訪れる人々を驚かせる。主人家族と丁稚の食事風景や、女中の炊事、仕事中の独り言など細部にこだわりが見える演出が人気。内子町地域の歴史や風俗、郷土の人物などについても、模型を用いて紹介している。

    薬屋さんの暮らしを、現物の展示で再現し、しゃべる人形模型が説明してくれる博物館です。実際に薬局だった建物ですので、リアリティは100%です。また、高価なものを扱う薬屋さん、日常業務を行う場所、家族の生活スペース(食事場所や台所)だけでなく、客間や蔵、2階のスペースまである立派な店舗です。

  • 第七番 出石寺
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市豊茂乙1
    養老2年(718)に開創した古刹。四国八十八ケ所とあわせた「百八煩悩消滅の旅」として多くの参拝者が足を運ぶ「四国別格二十霊場」の第七番札所だ。瀬戸内海国立公園に属する出石山頂上にあり、山号を冠して「金山出石寺」と呼ばれる。天気のいい日は本堂前から佐田岬先端、大分県までを臨むことができ、石鎚山や四国連山も一望できる。秋から冬にかけては早朝に雲海が発生し、雲海から昇る朝日を拝める日もある。

    ここは1300年の縁起を有する別格霊場第7番札所です。珍しく事後に大師が巡錫したと云う部分以外は空海の「色」が薄い寺院です。その意味では異色で良い寺院です。本堂も独特の様式で変わった、印象深い建物です。道教法師が開かれた真言宗御室派の千手観音を本尊とする歴史ある遍路寺でした。寺の格としてはたった半世紀そこそこの歴史しかない別格霊場に組み込まれているのは気の毒とさえ感じた。

  • 開明学校
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県西予市宇和町卯之町3-109
    日本の伝統的木造建築の中に洋風のアーチ型窓を取り入れた、モダンな外観が特徴の小学校。明治15年(1882)に建築された校舎は、当時の建築者たちが西洋の建築に似せて作った擬洋風の建築だ。明治維新と文明開化に伴う、住民たちの教育に対する情熱が込められている。現在は教育資料館として、明治から昭和初期にかけての資料約6,000点を収蔵、展示している。当時教科書として使用されていた掛図を使い、袴姿の先生から明治時代の授業を受けられる体験授業も利用可能だ(一週間前までに要予約)。

    当時としては珍しく擬洋風の校舎。展示品が多く、当時の教室が当時のまま残されている。 1週間前に予約すれば、模擬授業を体験できるようだった。 戦後の教科書などもおいてあり、教科書の変遷も知ることができた。 教科書を寄付した方のインタビューが口語のまま残されていたのが面白かった。

  • 第六番 龍光院
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市天神町1-1
    宇和島駅から徒歩5分、四国別格二十霊場の第六番札所。江戸時代初期、伊予宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗が入府した際に、宇和島城の鬼門にあたるこの地に建立された伊達家の祈願寺だ。高台に広がる境内からは、宇和島城や九島などが一望できる。裏山には西日本随一の大きさである一石彫の「除災招福大観音」が勧請され、地域の災いを除き福を招く寺として、現代も親しまれている。

    平成時代になってから他国から入って来たものです。別格霊場としての箔付けみたいなものだと受け止めましたが・・・。ところで、堂宇としては普通の寺院なんですが、ここで祈願すれば108霊場を参拝したのと同様のご利益が・・・?、この部類のご利益は色々な寺院がことに付けて吹聴する定番みたいなもんですが、一か所で何十、何百ものご利益があるなら誰も苦労して88所にしても西国にしても、別格にしても、その他の関東等の...

  • 和霊神社
    rating-image
    3.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市和霊町1451
    「和霊さま」の名で親しまれる和霊信仰の総本山。初代宇和島藩主、伊達秀宗の家老として産業の拡充や民政の安定に手腕を発揮した山家清兵衛(やんべせえべえ)を祭神として祀っている。毎年7月23,24日に行われる「和霊大祭」は、高知のよさこい踊り、徳島の阿波踊りに並ぶ四国三大夏祭りのひとつだ。全長5メートル以上の「牛鬼」と呼ばれる山車が市内を練り歩く、迫力満点のパレードが行われる。神社の正面に立つ大鳥居の高さは12メートル余り。石造りでは日本一の大きさと言われている。

    春には川沿いの桜並木が見事な須賀川にかかる御幸橋を越えて、神社へ。少し急な階段を上がると広場と拝殿が。昔の家老の霊を和らげるための神社。例年、7月開催の和霊大祭は必見!

  • 弘法大師御野宿所 四国別格二十霊場 第八番 十夜ケ橋 永徳寺
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市東大洲1808
    四国別格二十霊場の第8番札所。永徳年間(1381-1384)の開創と伝えられ、千手観音を本尊に祀る。弘法大師が行脚の折、日暮れで泊まるところもなく空腹のまま野宿され、一夜が十夜の長さのように感じられたという歌を詠んだことから「十夜ヶ橋」の名前がついた。お遍路さんが橋の上を通る際に杖をつかないという風習は、衆生済度を考える大師様を「上から突かない、杖の音で起こさない」という思いに起因する。

    今年の西日本豪雨により、大洲市は、大変な被害となり被災をされていました。前回の時は、御朱印などもいただけない状況でしたが、今は、きれいに復旧され、通常通りお参りが出来ます。本堂や大師堂には、今回の水害の高さが、しっかりと記されています。すごい水位の高さです。

  • 紫電改展示館(休業中)
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城5688
    西海道路沿いにある馬瀬公園内にある展示館。昭和54年(1979)7月に、久良湾の海底40mの地点から引き上げた海軍の戦闘機紫電改を展示している。国内で現存する唯一の機体であり、また原型のまま沈んでいたのを修復したため保存状態がよい。本機は三四三航空隊所属と見られ、大村基地を飛び立って豊後水道上空で米軍と交戦。後に墜落したものとされる。現在は恒久平和を祈るシンボルとして活用されている。館内では他にも紫電改に関する写真や資料、記録映像を見ることができる。

    本物の紫電改を無料で見ることができます。紫電改で使われていた部品が展示されている他、ご遺族の手紙も展示されています。手紙の内容には、心を打たれるものがあります。

  • 宇和島市 吉田ふれあい国安の郷
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市吉田町鶴間1503
    宇和島市吉田町鶴間にある資料館。敷地内には、伊予吉田藩の御用商人・三引高月甚十郎の商家「法花津屋」をはじめ、地域に残る武家屋敷などの建物が移築復元され、藩政時代の町並みが再現されている。
  • 畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市三間町務田180-1
    宇和島市三間町務田の県道283号線沿い「道の駅 みま」に併設された美術館。三間町名誉町民の版画家・畦地梅太郎氏の作品約400点を所蔵しており、年に数度入れ替えを行いながら作品を展示する。また、総合農機専業メーカー「井関農機」の創業者・井関邦三郎氏を顕彰する記念館も併設している。

    道の駅の建物に併設されていました。この美術館と井関邦三郎記念館が同じ入口になっていて共通の入場券でした。個人的に、美術館よりも農機具のヰセキの展示のほうが興味深かったです。ヰセキがこの地域発祥とは知りませんでした。

  • 宇和島市立歴史資料館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市住吉町2-4-36
    宇和島市住吉町2丁目にある資料館。宇和島警察署として建築され、現在は国の有形文化財にも登録されている洋館を復元利用し、歴史資料の展示を行っている。市の指定史跡である「樺崎砲台跡」とも隣接している。

    初めての宇和島でしたので、地元のことを知る機会になってよかったです。建物もレトロな感じでかわいらしかったです。

  • 龍華山等覚寺
    rating-image
    2.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市野川1157
    宇和島市野川甲にある寺院。宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗をはじめとした歴代藩主が葬られている菩提寺の一つで、5代目以降は同市宇和津町の金剛山大隆寺と交互に藩主が葬られた。県および市の史跡にも指定されている。

    初代の伊達秀宗、3代の伊達宗よし(仙台藩主、伊達騒動の引き金になった伊達綱宗の子)、8代の四賢候の伊達宗城の墓があると調べて行ったので、何としても入りたかったのですが、駐車場はなく(月極めは横にありました)レンタカーが停めれない。しかも、対向車が来たら避けれない。付近は急坂です。なんとか撮れたのは門と看板のみ。遠路はるばる来たのに本当に残念です。梅雨時以外はレンタサイクルを借りた方がいいと思いまし...

  • 宇和津彦神社
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市野川新13
    宇和島市野川新にある神社。宇和島城下の総鎮守で、宇和津彦神(うわつひこのかみ)を祭神として祀る。毎年10月29日に行われる秋祭りでは牛鬼や八つ鹿踊りが町を練り歩く。八つ鹿踊りは、伊達氏とともに宇和島に移住した仙台藩の人々から伝わったものとされる。
  • 五十崎凧博物館
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県喜多郡内子町五十崎甲1437
    喜多郡内子町五十崎甲にある博物館。公営では日本初となる凧を専門とした博物館で、地域の伝承行事「大凧合戦」に使用されるものをはじめ、国内外から収集した約400点の凧を常設展示している。また、予約制で凧作り教室も実施。

    アクセスは悪いので、車でない人は旅里庵で自転車を借りましょう。世界の凧も展示しているのですが、1番美しいなと思ったのは、日本の鶴の凧でした。こんな風に鶴そのものの凧があるんだと感動しました。

  • 高昌寺
    rating-image
    3.5
    17件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町城廻117
    喜多郡内子町城廻にある1441年創建の寺院。境内には長さ10m、重さ200tに及ぶ巨大な石造涅槃仏が祀られている。毎年3月15日に開催される「涅槃まつり」は200年以上の歴史を誇り、多くの参拝客で賑わう。

    町並駐車場の直ぐ横にある、永平寺を本山とする立派な伽藍を持つ禅宗のお寺です。山門の横に石でできた大きな涅槃仏があります。気軽に参拝させて頂けるので、町並み保存地区の散策の際、足を延ばしてみてください。

愛媛の主要エリア

around-area-map

愛媛県は南国地域で、冬でも暖かい日が多い県です。みかんが名産品で、松山空港やえひめ愛顔の観光物産館では「みかんジュースの出る蛇口」を体験できます。 松山空港へは国内主要都市から航空便が就航しており、東京からは約1時間半、大阪・名古屋からは約1時間で到着します。 松山・道後にある日本最古の温泉「道後温泉」は定番の観光スポット。道後温泉本館は建物全体が国の重要文化財に指定されています。 ほかにも、新居浜・東予にあるタオルとアートを融合した世界初の今治タオルミュージアム「タオル美術館」など面白いスポットも多数。宇和島やしまなみ海道では、サイクリングやサップ、カヌーのアクティビティ体験が大人気です。 愛媛のB級グルメには、今治焼豚玉子飯や三津浜焼き、揚げ足鳥があり、どれもここでしか味わえないグルメです。

愛媛の写真集

目的から探す