南予・宇和島の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 大洲城
    rating-image
    4.0
    115件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲903
    肱鎌倉時代末期、守護として国入りした宇都宮豊房によって築城されたといわれている城。その後、築城の名手・藤堂高虎らによって修築がなされ、伊予大洲藩の政治や経済の中心として城下町が?栄した。老朽化のため、天守閣は明治21年(1888)に取り壊されてしまったが、その後平成16年(2004)に復元。史実に基づいて忠実に再現した木造復元天守となっている。台所櫓、南隅櫓などの4棟の櫓は国の重要文化財に指定されている。

    大洲城(おおずじょう)は、愛媛県大洲市大洲(えひめけんおおずしおおず)にある城だ。 天守は明治に取り壊されたが、2004年に復元されている。 前日宿泊していた旅籠屋松山店をチェックアウトした。 そこから車で大洲にやってきた。 観光駐車場に車を停める。 駐車場は無料でとても広い。 そこから歩き始める。 大洲市民会館の前を通過...

  • 臥龍山荘
    rating-image
    4.5
    123件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲411-2
    肱川の景勝地「臥龍淵」に臨む三千坪の山荘。平成28年、国の重要文化財に指定された。明治時代の豪商・河内寅次郎が余生を過ごすために築造した別荘で、数寄屋造りの建物と日本庭園が素晴らしい。不老庵では、お茶とともにその美しい景色をゆっくりと楽しむことができる。平成23年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに一つ星掲載され、注目を集めている。

    臥龍山荘(がりゅうさんそう)は、愛媛県大洲市(えひめけんおおずし)にある建物だ。 1907年に完成した茅葺き屋根の日本建築で、臥龍院(がりゅういん)、不老庵(ふろうあん)、知止庵(ちしあん)の3つの建物からなる...

  • 宇和島城
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市丸之内
    築城の名手と名高い藤堂高虎が慶長6(1601)年頃に建築した城。現存する天守は宇和島伊達家2代藩主の宗利(むねとし)が寛文6(1666)年頃に築いたもので、12天守の内のひとつ。白亜の天守が山頂にそびえ立つ姿から「鶴島城」とも呼ばれており、天守は国の重要文化財、城山全体が国の史跡にも指定されている。

    愛媛県宇和島市の小高い山の上にあるとても小さなお城です。小さいけれど現存十二天守の存在感。春は桜がきれいです。天守からは海も見えます。

  • 木蝋資料館上芳我邸
    rating-image
    4.5
    54件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町内子2696
    明治27年(1894)、かつて国内最大規模の製蝋業者であった本芳我家の筆頭分家・上芳我家の邸宅として上棟された歴史的建造物で、現在は資料館として公開されている。敷地内には主屋や附属屋、釜場等全部で10棟もの建物が現存し、国の重要文化財に指定されている。邸内には展示スペースが設けられており、木蝋生産や内子の晒蝋に関する資料が展示されている。

    木蝋は最近使わないので、歴史を知らずに訪問した。内子は古い内子座等、優れた文化を偲ばれる町で、その基盤を作った大きな商家で木蝋の歴史、流通がわかった。

  • 商いと暮らし博物館
    rating-image
    4.0
    42件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県喜多郡内子町内子1938
    内子町にある博物館。建物は江戸-明治時代の商家(薬屋)をそのまま活用しており趣深い。人形や道具類を使って当時の薬屋の商いと暮らしを再現しており、リアルでユニークな人形がしゃべる内容は、当時を知る人の話が基となっており訪れる人々を驚かせる。主人家族と丁稚の食事風景や、女中の炊事、仕事中の独り言など細部にこだわりが見える演出が人気。内子町地域の歴史や風俗、郷土の人物などについても、模型を用いて紹介している。

    全てが感動的に素晴らしい。文字だと全く読まない我が子小学生中学生も、音声をよく聞いて、昔の人々の暮らしに家族で思いを馳せました。たっぷり1時間以上、お庭や土間、風呂、トイレ、二階からの屋根が並ぶ景色も堪能し感激の連続でした。 たまたま内子の宿 くら、という宿に泊まったのでせっかくだからと半日歩いた内子の町並みは、こちらを見学することで更に、我が家の愛媛観光のスポットライトとなり、大きな意味をもたら...

  • 平城山観自在寺
    rating-image
    4.0
    27件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2253-1
    愛媛県南宇和郡愛南町にある真言宗大覚寺派の寺で、四国八十八箇所霊場の第40番札所。第1番札所から最も遠く「四国霊場の裏関所」とも呼ばれている。平城天皇の勅願により、大同2年(807)に弘法大師が開基。本尊の薬師如来像と両脇侍像は、開基の際に大師が1本の霊木から刻んだと言われている。木綿の布に「南無阿弥陀仏」を摺り写した御守は、厄除け・安産・病気平癒に霊験あらたか。参道には各干支の守り本尊「八体仏十二支守り本尊」がある。

    四国八十八ヶ所霊場の第四十番札所の観自在寺。愛媛県最初のお寺です。 山門の階段だけ特に綺麗で微妙でした。 本堂の中の神様の前にあまり売り物をたくさん置かれると引いてしまいます。

  • 稲荷山護国院龍光寺
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市三間町戸雁173
    愛媛県宇和島市三間町にある真言宗御室派の寺で、四国八十八箇所霊場の第41番札所。大同2年(807)にこの地で五穀大明神(稲荷大明神)の化身と出会った弘法大師がその姿を像に刻み、十一面観世音菩薩像と両脇侍像とともに安置して四国の総鎮守とした。商売繁昌や開運出世のご利益があると言われ、参拝客が絶えない。山門は鳥居であり、狛犬が出迎え、狐と地蔵の石像が並ぶなど、境内では神仏習合の面影を見ることができる。毎年3月の第1日曜には「お稲荷さんの大祭」が行われる。

    稲荷山護国院龍光寺(いなりざんごこくいんりゅうこうじ)は、愛媛県宇和島市三間町戸雁(えひめけんうわじましみまちょうとがり)にある真言宗御室派の寺だ。 四国八十八ヶ所霊場第41番札所で、本尊は十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおん) ここを訪れた弘法大師は稲荷明神像を刻み、本堂に収めたと伝わる。 この日は観自在寺に参拝した。 その後、龍光寺にやってきた。 駐車場は無料。 そこから歩く。 ほどな...

  • 仏木寺
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市三間町則1683
    三間ICから車で約5分のところにある、真言宗御室派の寺院。四国八十八ヵ所霊場第四十二番札所。大同2年(807)に弘法大師が生えていた楠木で大日如来を刻み、この地を霊場にしたのが始まりと伝わる。そのとき大師が牛の背に乗っていたことから牛や馬の守り本尊として、現在はペットの供養に訪れる人も多く、本尊にちなんで「大日さん」と呼ばれ親しまれている。四国霊場では珍しい茅葺屋根の鐘楼堂がある。後堂の大師像は、銘入りとしては日本最古。

    一カ山毘盧舎那院仏木寺(いっかざんびるしゃないんぶつもくじ)は、愛媛県宇和島市三間町則(えひめけんうわじましみまちょうすなわち)にある真言宗御室派の寺だ。 四国八十八ヶ所霊場第42番札所で、本尊は大日如来(だいにちにょらい) 家畜守護の寺とされている。 この日は龍光寺に参拝した。 その後、車で仏木寺にやってきた。 道路沿いに駐車場が用意されている。 大きな仁王門がそびえる。 仁王像が力強い...

  • 宇和米博物館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県西予市宇和町卯之町2-24
    旧宇和町小学校の木造校舎を移築保存した、お米の博物館。昔の農具や稲の標本など、米に関する展示を行っている。また、宇和米と全国のブランド米の食べ比べもできるカフェや、米に関連する商品などを販売するミュージアムショップ、自由に落書きができる黒板ルームも併設。校舎の廊下を使った「ぞうきんがけレース」も体験できる。

    明治、大正、昭和の建物が集まり、旧小学校は109mの廊下を持つ建物です。長い廊下は有料ですが、拭き掃除をしましょう。有名人が多数参加しています。もちろん米博物館なので、地元の米造りが展示されています。面白いのは、日本の米の稲が展示されて、見比べられます。

  • 和霊神社
    rating-image
    3.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市和霊町1451
    「和霊さま」の名で親しまれる和霊信仰の総本山。初代宇和島藩主、伊達秀宗の家老として産業の拡充や民政の安定に手腕を発揮した山家清兵衛(やんべせえべえ)を祭神として祀っている。毎年7月23、24日に行われる「和霊大祭」は、四国三大夏祭りのひとつだ。全長5m以上の「牛鬼」と呼ばれる山車が市内を練り歩く、迫力満点のパレードが行われる。神社の正面に立つ大鳥居の高さは12m余り。石造りでは日本一の大きさと言われている。

    逆心扱いされそののち音量になってしまった山家清兵衛公頼、江戸時代初期の宇和島藩のお家騒動「和霊騒動」の舞台になった場所です。 騒動で暗殺された宇和島伊達家の家臣・山家清兵衛公頼屋敷跡で彼ら一族が祀られています。 宇和島城の城山麓有り交通量の多い国道56号線に面しています。神社裏に騒動時山家清兵衛公頼四男美濃が入水自殺した井戸が残ってて薄気味悪い感じです。

  • おおず赤煉瓦館
    rating-image
    3.5
    27件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県大洲市大洲60
    明治34年(1901)に大洲商業銀行の本店として建てられた、和洋折衷の建物である。イギリス積みの煉瓦と瓦葺きの屋根が特徴的。館内では地元の工芸品や特産物を販売、2階には休憩スペースが設けられている。

    散策ついでに立ち寄りました。周りの景色のなかで、赤煉瓦が映えていました。お土産なども購入できるようになっていたので、ついでに立ち寄るのもおすすめです。

  • 宇和島市立伊達博物館
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県宇和島市御殿町9-14
    「宇和島駅」より徒歩25分ほどのところにある博物館。伊達家ゆかりの貴重な資料や、宇和島に関する文化遺産を展示する。武具甲冑、書画、陶磁器、衣装など展示品は多岐に渡るが、絢爛豪華な婚礼調度品の展示は特に充実。

    宇和島伊達家の歴史的資料や大名道具を保存&展示してる博物館です。 丁度時期柄宇和島伊達家のひな祭り&婚礼展が開催中でした。 教科書でよく目にする重要文化財の豊臣秀吉像の肖像画を所蔵してることでも有名です。 博物館の玄関付近には正宗の甲冑を被れるコスプレコーナーも有りました。

  • 開明学校
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県西予市宇和町卯之町3-109
    日本の伝統的木造建築の中に洋風のアーチ型窓を取り入れた、モダンな外観が特徴の小学校。明治15年(1882)に建築された校舎は、当時の建築者たちが西洋の建築に似せて作った擬洋風の建築だ。明治維新と文明開化に伴う、住民たちの教育に対する情熱が込められている。現在は教育資料館として、明治から昭和初期にかけての資料約6,000点を収蔵、展示している。当時教科書として使用されていた掛図を使い、袴姿の先生から明治時代の授業を受けられる体験授業も利用可能だ(一週間前までに要予約)。

    松本の開智小学校と並ぶ、明治初期の学校です。明治時代の教室と教科書、子供の服装の展示が面白いです。地元の名士の二宮敬作の墓が学校の裏にあり、偶然墓参もできました。 隣には江戸時代を偲ばせる、珍しい寺子屋がありました。 インドでも現在の寺子屋を見たことがあるが、本物の日本の寺子屋は初めてみました。

  • 宇和島市立歴史資料館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市住吉町2-4-36
    宇和島市出身の彫刻家 三好直の作品や明治時代に活躍した宇和島出身の人物、歴史資料などを展示している資料館。宇和島警察署として建築され、現在は国の有形文化財にも登録されている洋館を復元利用し、歴史資料の展示を行っている。市の指定史跡である「樺崎砲台跡」とも隣接している。

    宇和島城下に残る西洋館で元々は宇和島警察署として建てられました。明治17年(1884)に建てられた2階のテラスが広々としている擬洋風建築です。 館内には宇和島の城下町時代その後の様子が豊富な資料や写真で紹介されてました。 宇和島市出身の高畠華宵の作品も沢山あり大正ロマンを感じさせます。 入館は無料です。

  • 明石寺
    旅行/観光
    愛媛県西予市宇和町明石205
    愛媛県西予市宇和町にある天台寺門宗の寺で、四国八十八箇所霊場の第43番札所。唐からの渡来仏である千手観音菩薩像を祀るため、6世紀ごろに欽明天皇の勅願で建立された伽藍が起源と言われている。その後は修験道の中心道場となったが荒廃し、弘法大師が再興。源頼朝ゆかりの寺としても知られている。境内には、弘法大師ゆかりの「弘法井戸」や慈悲深い表情の「しあわせ観音像」など見どころが多数。
  • 多賀神社 凸凹神堂
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市藤江1340
    宇和島市にある神社。日本国内はもとより、中国、韓国、インド、ネパールなどのアジア各国や、ヨーロッパ、南米など世界中から集められた性宗教、民俗、風俗資料文献などの貴重な資料が保管展示されている。JR「宇和島駅」から徒歩15分。

    宇和島の港近辺から駅に戻る前に寄ってみました。性に特化した資料館が有るのが特色みたいでしたが閉館までに時間も無かったのど参観料も割りとしたので入りませんでした。石像とかに朝鮮系のが多いなあと思いました。

  • 第七番 出石寺
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市豊茂乙1
    養老2年(718)に開創した古刹。四国八十八ケ所とあわせた「百八煩悩消滅の旅」として多くの参拝者が足を運ぶ「四国別格二十霊場」の第七番札所だ。瀬戸内海国立公園に属する出石山頂上にあり、山号を冠して「金山出石寺」と呼ばれる。天気のいい日は本堂前から佐田岬先端、大分県までを臨むことができ、石鎚山や四国連山も一望できる。秋から冬にかけては早朝に雲海が発生し、雲海から昇る朝日を拝める日もある。

    ここは1300年の縁起を有する別格霊場第7番札所です。珍しく事後に大師が巡錫したと云う部分以外は空海の「色」が薄い寺院です。その意味では異色で良い寺院です。本堂も独特の様式で変わった、印象深い建物です。道教法師が開かれた真言宗御室派の千手観音を本尊とする歴史ある遍路寺でした。寺の格としてはたった半世紀そこそこの歴史しかない別格霊場に組み込まれているのは気の毒とさえ感じた。

  • 高昌寺
    rating-image
    3.5
    17件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町城廻117
    喜多郡内子町城廻にある1441年創建の寺院。境内には長さ10m、重さ200tに及ぶ巨大な石造涅槃仏が祀られている。毎年3月15日に開催される「涅槃まつり」は200年以上の歴史を誇り、多くの参拝客で賑わう。

    町並駐車場の直ぐ横にある、永平寺を本山とする立派な伽藍を持つ禅宗のお寺です。山門の横に石でできた大きな涅槃仏があります。気軽に参拝させて頂けるので、町並み保存地区の散策の際、足を延ばしてみてください。

  • 本芳我家住宅
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町内子2888
    国の重要文化財に指定されている歴史的建造物。木蝋生産で財を成した地元の豪商・本芳我家が明治22年(1889)に建築した。内部は非公開だが、海鼠(なまこ)壁や漆喰彫刻などの様々な装飾が施された外観と庭園が見学できる。

    重要文化財に指定されているそうですが、内部は非公開です。庭は柵の外から拝見することができます。とてもきれいに整えられた庭園でした。

  • 紫電改展示館
    rating-image
    5.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城5688
    西海道路沿いにある馬瀬公園内にある展示館。昭和54年(1979)7月に、久良湾の海底40mの地点から引き上げた海軍の戦闘機紫電改を展示している。国内で現存する唯一の機体であり、また原型のまま沈んでいたのを修復したため保存状態がよい。本機は三四三航空隊所属と見られ、大村基地を飛び立って豊後水道上空で米軍と交戦。後に墜落したものとされる。現在は恒久平和を祈るシンボルとして活用されている。館内では他にも紫電改に関する写真や資料、記録映像を見ることができる。

    本物の紫電改を無料で見ることができます。紫電改で使われていた部品が展示されている他、ご遺族の手紙も展示されています。手紙の内容には、心を打たれるものがあります。

愛媛の主要エリア

around-area-map

愛媛県は南国地域で、冬でも暖かい日が多い県です。みかんが名産品で、松山空港やえひめ愛顔の観光物産館では「みかんジュースの出る蛇口」を体験できます。 松山空港へは国内主要都市から航空便が就航しており、東京からは約1時間半、大阪・名古屋からは約1時間で到着します。 松山・道後にある日本最古の温泉「道後温泉」は定番の観光スポット。道後温泉本館は建物全体が国の重要文化財に指定されています。 ほかにも、新居浜・東予にあるタオルとアートを融合した世界初の今治タオルミュージアム「タオル美術館」など面白いスポットも多数。宇和島やしまなみ海道では、サイクリングやサップ、カヌーのアクティビティ体験が大人気です。 愛媛のB級グルメには、今治焼豚玉子飯や三津浜焼き、揚げ足鳥があり、どれもここでしか味わえないグルメです。

愛媛の写真集

目的から探す