雲仙・島原の旅行/観光スポット一覧

  • 雲仙地獄
    rating-image
    4.0
    535件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙320
    強い硫黄の香りが立ち込め、地の底からモクモクと噴き出す白い蒸気が辺り一面を覆う、地獄の景色を彷彿させる雲仙地獄。かつてキリシタン殉教の地となったことでも知られ、殉教碑が建てられている。足を置いて地熱や噴気を体感できる「雲仙地獄足蒸し」や、「1つ食べたら、1年長生き。2つ食べたら2年長生き。3つ食べたら死ぬまで長生き」といわれる玉子を買える「雲仙地獄工房」などがある。こちらは、秋には一日2,000個以上も売れる人気商品だ。

    無料で散策でき、楽しめます。ただし、無料駐車場がないので、近くの旅館に泊まるか、有料駐車場に停める必要があります。なかなかの迫力で、楽しめます。

  • 島原城
    rating-image
    4.0
    303件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市城内1-1183-1
    有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する「島原城」。五層天守閣を中核に大小の櫓を配した、安土桃山期の築城様式を取り入れた城である。高く頑丈な石垣が特長で、寛永元年(1624)の完成以来、約250年間、4氏19代の居城となり様々な歴史の舞台となった。明治維新の際に解体されたが、昭和39年(1964)に天守閣を復元。館内は資料館となり、キリシタン資料や郷土資料などが展示されている。

    熊本市内に滞在したので、市内から日帰りで訪れました。 移動手段はめぐりんバスを利用、島原城入場などのコミコミチケットを購入したのでお得に周遊できました。 湧水庭園四明荘のお茶とおかみさんのおもてなし、清流亭の地元産物販などどれも心に残る旅になりました。 新型コロナウイルスの影響で観光客が少なかったのかもしれませんが、ゆったりとした時間を過ごしました。

  • 雲仙ロープウェイ
    rating-image
    4.0
    100件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙551
    雲仙市小浜町雲仙の雲仙仁田峠から妙見岳山頂近くまでを運行するロープウェイ。「雲仙天草国立公園」にも指定されている雲仙の雄大な景色を車内から楽しめる。また、駅には特産品の売店や山頂展望所などの施設も併設し、天草や島原の夜景や星空を楽しめるイベント「雲仙仁田峠プレミアムナイト」も開催される。

    雲仙温泉街から仁田峠までは乗り合いタクシーで、降りた所に雲仙ロープウェイの乗り場があります。 標高1333mの妙見岳まで、ロープウェイを使って気軽に上がることができます。 仁田峠駅から妙見岳駅間を約3分で結んでいます。 空中散歩しながら眼下に見渡す広大な景色が最高です。 平成新山が間近に迫まり、圧巻です。

  • がまだすドーム
    rating-image
    4.5
    105件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市平成町1-1
    1990年から1996年にかけて起こった、雲仙普賢岳の「平成大噴火」を後世に伝えるために設立された。記念館が建っているのは噴火によって被害を受けた場所で、元々は海だった。展望所からは有明海と雲仙普賢岳と共に、復興後生まれ変わった町並みが一望できる。時期によって内容の異なる、体験型プログラムも開催されている。バス停「アリーナ入口」から徒歩10分。

    立体紙芝居の島原大変劇場。紙芝居と「まんが日本昔ばなし」を 合体させたような感じで、わかりやすさから引き込まれました。 ただ、平成噴火ジオラママッピングは少し見にくいのが 気になりましたが、雲仙普賢岳の噴火にかんする歴史が わかりやすく展示してあって行ってよかったです。

  • 湧水庭園「四明荘」
    rating-image
    4.5
    100件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市新町2-125
    「鯉の泳ぐまち」ともいわれる島原市の新町一帯。「湧水庭園 四明荘」にある池には、一日約1,000トンもの水が湧き出し、鯉たちが優雅に泳いでいる。透き通る水と鯉の姿、赤松や楓といった植栽された庭園の風景を心ゆくまで楽しもう。

    島原駅から徒歩10分ほど。国の登録有形文化財である明治後期築の旧伊東家別邸。入館料310円。庭には湧水でできた大きな池があり錦鯉が泳いでいる。庭木の先に現代的な家が見えてしまうのがちょっと興ざめ。湧水で入れたお茶を出してくれるので庭を眺めながらゆっくりお茶を飲みたかったが、入館者が多くすぐに立ち去らざるをえなかった。

  • 道の駅 みずなし本陣ふかえ
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    交通
    長崎県南島原市深江町丁6077
    南島原市深江町丁の島原街道沿いにある道の駅。「そうめんかりんとう」や「いりこせんべい」などのオリジナル商品や特産品約1,000点を揃える売店や、島原の郷土料理「具雑煮」などを提供する食事処、「ミヤマキリシマつつじ」の販売店や骨董品店を備える。また、雲仙普賢岳噴火時の爪痕を示す「土石流被災家屋保存公園」や、災害時の貴重な映像も公開する「大火砕流体験館」も併設。敷地からは平成新山が一望できる。

    平成新山のふもとに位置するこの道の駅は、噴火による土石流の被害が直撃したエリアで、その当時の家屋が保存・展示されています。 家屋が屋根まで埋まった有様を見ると、その被害の大きさが窺い知れます。 展示エリアも無料で入れます。 そのほかにも一般的な道の駅のように物販エリアとレストランがあります。

  • 仁田峠展望所
    rating-image
    4.0
    124件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙
    雲仙市小浜町雲仙にある展望所。秋の紅葉をはじめ、春のツツジや夏の新緑など、仁田峠や妙見岳の四季の自然が楽しめる。また、隣接する仁田峠駅から妙見岳駅まで雲仙ロープウェイも運行している。また、平成新山を望む第2展望所も。

    仁田峠展望台からは平成新山をはじめ、はるか熊本・天草方面までの景色が一望できます。 その壮大な景観に感動しました。 特に平成新山の溶岩ドームの崩落した山肌に自然の脅威を感じました。 その際に発生した火砕流で、尊い人命がたくさん奪われたことは記憶に新しいです。

  • 雲仙ビードロ美術館
    rating-image
    3.5
    27件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県雲仙市小浜町雲仙320
    雲仙市小浜町雲仙にある美術館。ポルトガルから長崎に伝来した吹きガラス「ビードロ」や、19世紀チェコのボヘミアンガラスなどのアンティークガラスのコレクションを所蔵。ガラスをはじめ、時期により陶磁器や絵画などの展示も行っている。また、ガラス作り体験も実施しており、フュージングやサンドブラストなどの手法を用いた作品づくりを体験できる。

    雲仙は洋館風の建物がいくつもありますが、この雲仙ビードロ美術館もそのうちの一つ。美術館とありますが、そんなにかしこまったものではなく売店の2階に有料の展示があるという感じです。 2階の展示は広さがそれなりにあるので意外と充実しています。ビードロと名は付いていますが長崎産のものは少なく、古今東西のガラス細工が色々と並んでいます。いずれにせよ好きな人なら楽しめると思います。1階はショップです。ガラス細...

  • 雲仙お山の情報館
    rating-image
    3.5
    49件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙320
    日本で初めて国立公園に指定された「雲仙」を中心に島原半島の魅力を紹介する情報館で、長崎県雲仙市にある。館内には、活発な火山活動による独特の地形や植生、四季の風景、火山と温泉のつながり、地域の歴史・文化などに関する資料が展示されている。自然情報を提供するコーナーもあり、散策に出る前の情報収集の場としても便利。情報館から、道路を渡った場所にある情報館別館(無休:9:00-17:00開館)には、歴史関係の資料が展示され、畳の休憩スペースやドリンク(自販機)がある。

    雲仙地獄が目の前にあります。四季折々の雲仙の豊富な情報の他に室内には昆虫の標本や雲仙普賢岳の噴火のビデオなどを見ながら歴史を学ぶことができます。

  • 橘神社
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市千々石町己529
    雲仙市千々石町己にある神社。東宮侍従武官や名古屋陸軍地方幼年学校の校長などを務めた橘周太中佐を祀っており、境内には生家の一部を移築した「橘中佐遺徳館」も設置されている。春には約1,000本に及ぶ桜が参道に咲く桜の名所として知られる他、年末にはギネス世界記録にも認定された高さ10mを超える大門松も飾られる。

    長崎から小浜温泉に向かう際にありました。御朱印やお守りもいただける神社さんです。立派な神社さんでした。

  • 鯉の泳ぐまち
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市新町2
    湧き水が豊富な新町一帯には全長100mの水路があり、錦鯉たちが優雅に泳いでいることから「鯉の泳ぐまち」と呼ばれている。子どもたちの豊かな心を育むことを目的として、昭和53年(1978)に色とりどりの錦鯉を放流したことが始まりで、水の都・島原を代表する風景となっている。

    島原は水が豊富な町。ところどころにある湧水池では鯉が泳いでいる。「観光交流センター 清流亭」の向かいには「鯉の泳ぐまち」と刻まれた石碑が立ち、その近辺の水路にも錦鯉が放流されている。道路脇の排水路にしか見えないところに泳ぐ錦鯉、写真映えのするスポットである。

  • 清流亭
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市新町2-247-1
    島原市新町にある観光案内所。市内観光の拠点として、観光情報の提供のほか、「島原スペシャルクオリティ」認定の特産品の展示なども行っている。島原の湧き水を使った池に泳ぐ錦鯉たちを眺めながら、ゆっくりと休憩することもできる。

    島原駅から徒歩10分ほど。島原の土産物を販売している。床の一部がガラス張りになっており、下にある池を泳ぐ鯉をみることができる。

  • おもちゃ博物館
    rating-image
    3.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県雲仙市小浜町雲仙310
    雲仙市小浜町雲仙の雲仙道路沿いにある玩具店、博物館。1階は玩具店となっており、懐かしの駄菓子やおもちゃなど約2,000種類を取り揃える。2階の博物館にはブリキのおもちゃやセルロイドのお面など約5,000点を展示している。

    昔懐かしい駄菓子、おもちゃがあり、昔にタイムスリップした感じでした。子供のころのワクワク感で出て楽しく過ごせました。

  • 多比良港フェリーターミナル
    旅行/観光
    長崎県雲仙市国見町土黒甲2-28
    長崎県雲仙市国見町土黒甲から熊本県玉名郡長洲町まで、有明海を片道約45分で運航する「有明フェリー」のターミナル。船型のホールや、有明海を望む展望デッキ、土産物の売店、うどんなどを提供する軽食コーナーなどの施設を備える。
  • 原城跡
    旅行/観光
    長崎県南島原市南有馬町乙
    島原・天草一揆、最後の地となった原城跡。周囲を有明海に囲まれている天然要塞であり、かつては難攻不落の城とも呼ばれていた。島原・天草一揆では天草四郎を総大将とし、数万人の領民が約3か月間この城に立てこもり、後に全滅。多くの人骨や十字架が出土する、悲劇の地となった城跡である。
  • 雲仙岳
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙
    島原半島中央部に位置する火山群。標高1,359mの普賢岳をはじめ、国見岳、妙見岳などからなる。90年代に起こった普賢岳の噴火は火砕流や土石流により周辺に甚大な被害をもたらし、これによって発生した溶岩ドームが雲仙岳の最高峰「平成新山」と名付けられた。周辺一帯が「温泉岳」として特別名勝に指定されている。
  • 武家屋敷
    旅行/観光
    長崎県島原市下の丁
    松倉重政が島原城を築城した際、城の西側に作られた武家町。居住していたのは鉄砲を中心とした徒歩部隊であったため「鉄炮町」とも呼ばれていた。約700戸の屋敷が軒を連ねていたという通りには、生活用水として使われていた島原の湧水が今も流れており、その清らかな流れは、風情豊かな眺めである。
  • 千々石展望台
    旅行/観光
    長崎県雲仙市千々石町丙160
    雲仙市千々石町丙の島原街道沿い「千々石観光センター」にある展望施設。橘湾や千々石海岸、雲仙普賢岳などが織りなす景観を一望できる。また、食堂や特産品の販売店、カステラの製造直売所などの施設も併設され、島原産じゃがいもを揚げたオリジナル商品「じゃがちゃん」も販売している。
  • かづさイルカウォッチング
    旅行/観光
    長崎県南島原市加津佐町乙251-11
    野生のイルカに会えると人気の「かづさイルカウォッチング」。早崎海峡には約300頭の野生のイルカが定住しており、一年中会うことが可能だ。出会える確率はなんと99%。春から夏にかけては赤ちゃんイルカの可愛らしい姿を見られることも。ライフジャケットのサイズも多数取り揃えられているため、小さな子供連れでも安心して参加できる。
  • 松尾観光梨園
    遊ぶ/趣味
    長崎県南島原市有家町尾上4031
    南島原市有家町にある梨農園。「夏しずく」、「豊水(ほうすい)」、「新高(にいたか)」など、10品種ほどの梨を栽培している。例年7月下旬から10月下旬頃にかけては旬を迎えた品種の梨狩り(量り売り)を体験できる。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す