五島・対馬・壱岐の旅行/観光スポット一覧

  • 壱岐市立一支国博物館
    rating-image
    4.5
    94件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
    壱岐市芦辺町深江鶴亀触にある博物館。「魏志倭人伝」にも記述があるなど、大陸と日本をつなぐ重要や役割を果たしていた「一支国」に関する展示を行っている。島に存在する270基以上の古墳に関する展示や、朝鮮半島との間を行き来していた古代船のジオラマなどを通して一支国の歴史にふれることができる。

    壱岐でイチバンお金がかかっていると思われる観光地。お子様も楽しく学べる造りになっています。原の辻遺跡が見渡せます。

  • 青砂ケ浦天主堂
    rating-image
    4.5
    53件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241
    南松浦郡新上五島町奈摩郷にある教会。明治11年(1878)頃に初代の教会が建設されたとされ、現在の建物は明治43年(1910)に建設された3代目にあたる。長崎で多くの教会建築を手がけたことで知られる鉄川与助の設計で、信徒たちが海岸からレンガを運んで作り上げたという。国の重要文化財に指定。

    係の方が駐車も案内してくれました。レンガ造りも素晴らしく、中もゆっくり見学でき、ガラス張りの教会横の会館にはお手洗いがあるのでどうぞと教えてくださいました。夕方で夕焼けも美しかったです。

  • 万松院
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町厳原西里192
    対馬市厳原町厳原西里にある国指定史跡の寺院。慶長20年(1615)、対馬藩の初代藩主・宗義智の菩提を弔うため、息子で2代目藩主の宗義成によって建立された。後に宗家歴代の菩提寺となり、境内には「御霊屋(おたまや)」と呼ばれる同家の墓所がある。伽藍は幾度か焼失しているが、山門は当時のまま残されており、対馬最古の建造物として知られる。

    ツアーで行きました。まち歩きガイドさんの説明付きで見学、本堂で歴代当主の位牌、朝鮮王朝から贈られた三具足、徳川歴代将軍の位牌を見た後、歴代当主のお墓へ百雁木といわれる石段を上って行きました。石段は歩きにくく貸し出し用の杖があり良かったです。静寂な森に並ぶ大小様々な墓石に宗家の歴史を感じました。

  • 道の駅 遣唐使ふるさと館
    rating-image
    3.0
    57件の口コミ
    交通
    長崎県五島市三井楽町濱の畔3150-1

    お土産はフェリーターミナルより劣り、食事は予約をすれば、五島牛なども食べられるようですが、予約なしならビュッフェ形式の食事のみ、遣唐使の展示もイマイチ。 トイレ休憩などで利用するのはありですが、食事は期待しない方が良いと思います。

  • 井持浦教会
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市玉之浦町玉之浦1243

    教会堂の脇に、マリア様の像とルルドの泉があり、教会堂から一段低い場所にある建物のなかに記念品を売っている建物があります。これだけ整備されている教会堂は今回訪れたいくつかの教会堂の中では唯一でした。ロケーションもとてもよいと思います。

  • 五島観光歴史資料館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市池田町1-4
    福江城の二の丸跡に立つ、天守閣をイメージした資料館。1階展示室では、最初にハイビジョンシアターで五島の観光映画を見よう。特産品・郷土料理や観光スポットなど6つのジャンルごとに映像で紹介する「観光ガイド」コーナーやサンゴや椿油などの「特産品」、「バラモン凧」のコーナーも。縄文時代-弥生・古墳時代の遺跡を紹介する「五島のあけぼの」から「遣唐使と倭寇」、「五島の寺社仏閣」、江戸期の「五島藩の形成」まで、五島の歴史を紹介する2階展示室には、五島列島を測量した伊能忠敬のコーナーもある。3階展示室では、世界文化遺産に登録された潜伏キリシタンに関する実物資料を展示する「五島キリシタン史」コーナーの体感シアターが好評で、「チャンココ」などの民俗行事や農業、漁業、捕鯨文化など、多彩な五島の魅力に出合える。特別展示も企画されている。

    島の歴史や生活に関して、知りたいのならどうぞ。しかし、島内には無料で拝観、見学可能なお寺や旧跡がありますので、わざわざ。。。という感じでした。

  • 観光情報館ふれあい処つしま
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町今屋敷672-1
    対馬市厳原町今屋敷の県道24号線沿いにある観光案内所。対馬の歴史や自然に関する展示施設や、対馬の海産物の加工品などの特産品の販売店、多目的広場などを併設。食堂では水揚げ日本一を誇る穴子を使った「あなごカツ定食」や、対馬伝統の「対州そば」をはじめ、対馬の食材を使ったメニューを提供している。

    ツアーで行きました。まち歩きガイドさんと待合せ、パネル展示見ながら対馬の位置や歴史、自然等の話を聞きました。観光の方は17時半、綺麗な売店は18時で閉店と早いですが立寄りお勧めの場所です。

  • 対馬藩お船江跡
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町久田740
    対馬市厳原町久田にある県指定の史跡。人工の入り江と4つの突堤、船を引き入れて格納する5つの船渠(せんきょ)からなる。かつては海に面した藩に多く設置されていた施設であるが、現在でも原形が残っている遺構は全国的にも稀である。

    対馬藩の船を係留していたところで、とても保存状態がよく、見ごたえがありました。歴史好きな人なら行く価値はあります。 説明板もあります。 駐車場は広いスペースがありますが、行くまでが狭いところを入るので注意です。 また入口もわかりづらいので見落とさないようにして下さい。

  • 上見坂展望台
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町北里
    対馬市厳原町にある展望台。標高358mに位置し、対馬の霊峰・白嶽や浅茅湾のリアス式海岸、さらに海の向こうの九州や韓国までを見渡せる。また、日露戦争の際に建造された「上見坂堡塁」も隣接している。

    厳原町北東中央部の標高358mの山頂にある展望台です。到着したのが少し薄暗くなった夕方でしたが、何とか対馬の絶景を見ることが出来ました。リアス式海岸や溺れ谷など、浅茅湾の雄大な景観を眺望できました。又、展望台の壁には、案内図が書いあるので、実際の景色と対比するとよくわかるようになっています。

  • 長崎県立対馬歴史民俗資料館
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町今屋敷668-1
    日本と大陸、特に朝鮮との重要な文化交流の拠点であった対馬に残る貴重な歴史的、文化的遺産を数多く展示。対馬藩の藩政記録も興味深い。

    資料館そのものは大きくありませんが、様々な資料があり、見応えがありました。対馬の歴史を知りたい方にはおすすめします。

  • 新上五島町鯨賓館ミュージアム
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町有川郷578-36 有川港多目的ターミナル鯨賓館内
    新上五島町有川郷地区にある資料館。江戸時代から近代に至る上五島の捕鯨の歴史やクジラの生態、また上五島に点在する教会などに関する資料展示を行っている。ロビーにはミンク鯨の骨格標本と実物大の模型も展示されている。

    有川港フェリーターミナル内の売店の横にありました。入場料は大人210円。五島の捕鯨の歴史をなど展示してありました。捕鯨に使った道具や鯨のヒゲなどの展示や、スクリーンで映像を見られるようになっていて、思っていたより内容が充実していました。

  • 松永安左エ門記念館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県壱岐市石田町印通寺浦360
    マリンパルバス停から徒歩で約5分、印通寺港からは約10分。石田農村環境改善センターの正面やや左側にある記念館で、明治から昭和にかけて国内における電力の普及に尽力した松永安左エ門の偉業を伝えるための施設となっている。生家跡に建てられており、庭からは明治42年(1909年)に氏が設立した福岡市電の車両を見ることもできる。館内には愛用品や当時の首相である犬養毅の書簡など、ゆかりの品々を展示。

    怖い怖いお顔の、鬼写真が気になり、訪問してみました。館長さんのお話好きがなかなか良いのです、館長さんのお話聞けないと魅力半減しますね。壱岐出身の電気エネルギー制圧王、大垣岐阜小田原所沢全国に拠点あります。

  • 小値賀町歴史民俗資料館
    rating-image
    4.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷1931
    江戸初期に壱岐から小値賀島に移り住み、捕鯨や新田開発、酒造業などを営み、小値賀に大きな富をもたらした豪商・小田家。その屋敷を町が譲り受け、一部新館を併設して開館。約1650平方mの敷地内には母屋や土蔵、江戸時代作庭の石州流庭園があり、先祖代々の什器や陶磁器、古文書などで小値賀の一時代を築いた小田家の事跡を紹介。邸宅や家具などからも当時の暮らしぶりに触れることができる。町内の原始・古代の遺跡から発掘された石器や土器、中世の中国貿易に関わる陶磁器、近世の捕鯨道具・茶道具なども展示。野崎島のキリシタン資料や旧野首教会の修復前のステンドグラスも興味深い。 【写真提供】小値賀町産業振興課

    フェリーターミナルから徒歩で商店街の脇道に入ると捕鯨で財をなした塀も立派な旧家を改装した歴史民俗資料館に到着、入場券100円で中に入ると、古代遺跡から捕鯨、近代迄の幅広い民俗資料が展示されています。古代の石器、土器、陶磁器、茶道具そして中国との交易の資料等が沢山展示されています。

  • 壱岐島
    旅行/観光
    長崎県壱岐市
    玄界灘に浮かぶ、沖縄を除くと日本で20番目に大きい島。魏志倭人伝や日本書紀にも記述のある海上交通の要衝であり、その歴史の長さから平成27年(2015)には日本遺産の一部に認定されている。鬼ヶ島伝説の舞台とされる鬼の足跡や3月から11月の間のみ遊覧可能な辰ノ島といった自然の名所の他、古墳や遺跡、壱岐七社など観光名所は多岐に渡る。重要無形文化財に指定されている住吉大社の「壱岐大大神楽」や壱岐の島新春マラソン大会など年に一度の催し物も多い。
  • 新上五島町観光物産センター
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    お買い物
    長崎県南松浦郡新上五島町有川郷428-31
    中通島の有川港近く、五島うどんの里と同じ敷地内にある施設。伝統の製法で作られたコシのある五島手延うどんをはじめ、新鮮な魚介を加工した海産物、上五島近海の澄んだ海水を原料とした塩製品、かんころ餅や焼酎などの上五島の特産品、キーホルダーやTシャツ、ストラップなどのグッズなどを販売。なかでも、椿の自生地として知られる五島列島の椿油製品は女性に人気。観光スポットはもちろん、宿泊や教会巡り、各種体験やツアーなどの案内をしてくれる観光案内所や休憩スペースもあり、旅の相談や観光途中の休憩に便利だ。 【写真提供】(C)新上五島町観光物産協会

    上五島にはお土産物屋さんが少なく、お土産を見るなら立ち寄るべきです。五島うどんの里に隣接している為、利用しやすいです。

  • 体験であい塾匠
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町下原82-12
    対馬市厳原町下原にあるそば打ち体験施設。つなぎを使わず、香り高くコシのある対馬特産の「対州そば」を100%使用したそば打ちを、インストラクターの指導の元で体験することができる(要予約)。自分で打ったそばをその場ですぐに味わうこともできるほか、併設の食事処でも対州そばを提供している。

    この場所に行くのは車が便利。バスは、本数が少ないのでマイカー、もしくはレンタカーがベスト。予約をすれば、そば打ち体験も出来る。対馬では、いりやきそばという、郷土料理があり、鶏出汁、魚出汁、貝出汁があるが、この店は鶏出汁。地鶏の親鳥でスープを作り、少し甘めのスープ。

  • 玄海酒造
    rating-image
    5.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県壱岐市郷ノ浦町志原西触550-1
    郷ノ浦港および印通寺港から車で約10分。壱岐島の南部、国道382号線沿いにある明治33年(1900年)創業の老舗酒造メーカー。壱岐は麦焼酎発祥の地とされており、独自の製法を用いた壱岐焼酎を製造し続けている。麦の風味と米麹の甘みが同時に楽しめるむぎ焼酎壱岐やモンド・セレクションで大金賞を受賞した瀧泉といった銘柄がある。また入場無料の焼酎資料館も併設されていて、資料の展示や焼酎の試飲と販売も行っている。

    様々な種類の焼酎が試飲できます。 今回は車でしたので試飲できませんでしたが、ドライバーでなくお酒好きの方でしたら、楽しめると思います。 また、販売数量が少ない珍しい焼酎が手に入るので、お土産に良いと思います。

  • 鬼岳 四季の里
    rating-image
    5.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市上大津町2873-1
    福江港から車で約15分。鬼岳天文台の正面にあるお土産屋で、喫茶店としても営業している。水イカやサザエなどの地元で獲れた魚介類の他、椿関連の製品や小物など特産品を幅広く取り扱う。喫茶店としては名物の五島うどんを豊富なバリエーションで提供。追加料金を支払うことで大盛りにできる。カキ氷鬼岳ジャンボは期間限定で、名前通りのボリュームが特徴。また体験講座も行っており、手打ちうどんや椿油作りなど、五島ならではの魅力が堪能できる。

    鬼岳登山口にある五島うどんのお店です。鬼岳の周回コースを回った後、昼食に五島うどんを食べるために寄りました。五島うどんメニューはたくさんありましたが、より五島らしさを味わうために、五島五目揚げうどんを注文しました。透明なアゴだし汁にうどんというより太めのそうめんといった感じのうどんは、五島の美しい景色を見ながら食べると、さらに美味しく感じました。

  • 鐙瀬溶岩海岸
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市野々切町
    福江港から車で約15分。鐙瀬ビジターセンターのすぐそばにある海岸で、約7kmにわたって黒々とした岩肌が海岸線を描いているのが特徴となっている。元々海が広がっていたのが、鬼岳火山から噴出した溶岩が流れ込み、それが固まってできたことにより複雑になった地形が最大の見所で、近くの遊歩道は辺りに生息する亜熱帯植物を観察するのにも最適。鐙瀬という名称の由来は1507年に当時の領主が逃亡中、この地で鐙が切れてその後自刃したからだとされる。

    展示物は、地域の昆虫標本や鬼岳噴火時の状況等が分かる。 海岸に立ち寄ったついでに訪問しても良いと思います。 あえて行く必要はないと思います。

  • 福江武家屋敷通りふるさと館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市武家屋敷2-1-20
    福江港から車で約5分。武家屋敷通り沿いの山本二三美術館の真正面にある施設で、市指定史跡である福江武家屋敷跡に建てられた。この通りを写した写真パネルを展示している他、和室からは国指定名勝の石田城五島氏庭園と同じ様式の庭が眺望できる。喫茶コーナーでは五島うどんやかんころ餅などの五島名物が食べられ、また餅つきにバラモン凧絵付けといった体験講座も多数開催。電動アシスト自転車のレンタルも行っているので島巡りの前に訪れるのもオススメ。

    いろんな、体験教室をやってるようです。 私は、とあるクーポンがあったので、 ストールの色染めをしました。 五島産の天然の実?を使って、 色染めをしました。 色染めだけなのに、これが楽しい。 私ひとりだったのに、おばさん(いや、お姉さん)が、親切に教えてくださいました。 色染めが好きで、いろんな方と話するのが好きなんだろうと言う印象で、良い方でした。 いろいろと物づくりを、 体験しに行かれて...

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す