沖縄の旅行/観光スポット一覧

  • ゆいレール展示館
    rating-image
    4.0
    4099件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県那覇市安次嶺377-2
    沖縄都市モノレール株式会社敷地内にある。展示品数は約400点。1階はゆいレールにまつわるフロアで、完成までの様子を映像で紹介している。2階は戦前の沖縄に通っていた、軽便鉄道の貴重な資料や各種切符などを展示。またパソコンを使って、様々なデザインのゆいレールのペーパークラフトを作成でき、印刷したものを持ち帰ることができる。入館料は無料。

    那覇観光をアクティブに廻るのに便利な交通手段です。何回も利用する人には1日券(800円)、2日券(1400円)がお得ですね。24時間(48時間)有効で、例えば、午前9時に切符を買ったら、その日の23時59分までが有効期限ではなく、次の日の午前9時までが有効期限なので有難いです。

  • 斎場御嶽
    rating-image
    4.0
    1035件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県南城市知念字久手堅539
    沖縄県南城市にある史跡。2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産に登録された。御嶽の中には六つのイビ(神域)があり、その中の拝所のひとつ三庫理(サングーイ)からは、神の島と呼ばれる久高島を海の向こうに望むことができる。今も聖地として、多くの人々から崇拝されている。

    沖縄に行ったら、真っ先に行きたいと長年思っていたところです。案にたがわず、とても感銘的な場所でした。特に、久高島を遥拝する個所では、とても清らかでそれでいて優しい不思議な感覚を感じました。旅路の無事をお願いすると共に、とても貴重な体験をさせて頂きました。

  • ガンガラーの谷
    rating-image
    4.0
    171件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県南城市玉城前川202
    数十万年前まで鍾乳洞であった場所が崩れてできた亜熱帯の森。谷の広さは約14500坪で、歩行距離は約1kmである。森の賢者「大主(ウフシュ)ガジュマル」の大木や、イナグ洞・イキガ洞といった洞窟があり、太古の自然を体感できる。考古学的・民俗学的にも価値の高い豊かな自然を守るため、見学には専任ガイドが同行する。所要時間は約1時間20分。

    ガイドツアーの集合場所です。ガンガラーの谷はガイドツアーに申し込まないと参加できません。カフェは洞窟の中なので、雰囲気は良かったです。私が行った時は、ドリンクメニューばかりでフードメニューはなかったです。お腹が空いていたので亀せんべいを買って食べました。

  • 勝連城跡
    rating-image
    4.5
    555件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県うるま市勝連南風原3908
    15世紀、勝連に繁栄をもたらした「阿麻和利」が居城した城で、平成12年(2000)に世界遺産に登録された。標高約60mから98mの丘陵に建ち、自然の断崖を巧みに利用した城で、その城壁は優雅な曲線を描いており美しい。最も高い「一の曲輪」は、金武湾を囲む山々や離島を一望できる絶好のビューポイントである。

    伊計島に行く前に立ち寄り。何度も近くまで来て、看板はよく見ていましたが今回は初めて回り道。駐車場に車を停めて、道路を渡るとすぐに城跡が。入り口から坂道、階段で結構傾斜はきつい。結構いい運動になります。一番上まで行くと見晴らしの良い景色が。

  • 古宇利島
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
    沖縄本島北部にある屋我地島のさらに北に位置する島である。エメラルドグリーンの海に囲まれ、周囲は約8km。平成17年(2005年)に屋我地島との間に古宇利大橋が開通したことで、本島から車で行ける離島となった。島内には古民家やサトウキビ畑があり、沖縄の原風景が色濃く残っている。古くから「恋の島」や「神の島」とも言われており、訪れるカップルも多い。
  • 波上宮
    rating-image
    4.0
    765件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県那覇市若狭1-25-11
    波の上の崖端にある、長い歴史を持つ神社。古くから中国・南方・朝鮮・大和などとの交易(琉球王府直轄事業)基地であった那覇港の出船入船は、出船は神に航路の平安を祈り、入船は航海無事の感謝を捧げたといわれている。5/17の例大祭とその前後に、神幸祭・沖縄角力大会・琉球舞踊・演舞大会など、様々な催し物が行われている。

    季節がらなのか、大変混雑してました。 七五三に結婚式! 海外からの観光のお客様もおおぜいいらしてまして、賑やかでした。 しかし、神社の駐車場に停められました。駐車場は、5台くらいしかないてす。

  • 首里城公園
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里当蔵町3-1
    琉球王国の国王の居城だった「首里城」。昭和20年(1945)の沖縄戦で焼失したが、平成4年(1992)に沖縄の本土復帰20周年を記念して復元された。平成12年(2000)には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されている。小高い丘の上にあり、那覇市内を一望できるため景勝地としても有名だ。夜はライトアップもしており。昼とまた違った幻想的な「首里城」が楽しめる。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。
  • 石垣島鍾乳洞
    rating-image
    3.5
    651件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県石垣市石垣1666
    約20万年もの時をかけ自然が造り出した、全長3.2kmの大きな鍾乳洞。そのうち約660mが公開されている。サンゴ礁から生まれた鍾乳洞の中は、滴る水の音を楽しむ水琴窟、トトロに似ていると話題の「トトロ鍾乳石」など見どころがいっぱい。洞内はイルミネーションが施されており、幻想的な雰囲気を醸し出している。見学所要時間は約30分。

    まぁ二回目はないかも。 しかし一度は見ておく名所です。 観光客がいないとガラガラですがのんびり見れます。

  • 沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)
    rating-image
    4.0
    694件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
    ゆいれーる「おもろまち駅」から徒歩約10分の場所にある沖縄県内最大級の博物館と美術館。博物館の常設展は、沖縄の自然・歴史・文化についてひもとく総合展示と自然史など5つの部門からなる部門展示のほか、企画展や特別展も随時開催されている。琉球の伝統的な高倉・民家が再現された屋外展示も人気。美術館では沖縄及び沖縄県ゆかりの作家の近現代美術作品を中心に、日本およびアジア諸国、アメリカの現代美術作品を展示している。

    沖縄には毎年数回お邪魔します。首里城はもちろん、博物館にも年に一度は行きます。 博物館は国内外を問わず、時間があれば訪れる場所です。 沖縄県立博物館は、展示物を見ることにより、その歴史を知ることができ興味深い。 また、ボランティアのガイドさんがいて、質問にも答えてくれます。私の場合リタイアした女性ガイドさんとの世間話も楽しめました。

  • ブセナ海中公園
    rating-image
    4.0
    553件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市喜瀬1744-1
    名護市の部瀬名岬にある海中公園。部瀬名岬の沖合には海中展望塔があり、色鮮やかな魚たちが泳ぐ様子を360度・24面の窓がある展望塔の中から間近に観察することができる。展望塔手前の桟橋からは、船底のガラスの面を通して沖合いの海中散策もできる、クジラ型のグラス底ボードも運行。いずれも有料。グラス底ボートと海中展望塔がセットになったお得なプランも有。

    海中展望台まで桟橋で歩いて行きますがこの日は風が強くビックリしました、展望台は人数制限がありちょっと待ちましたが、それなりに魚は見られました、ただ階段が少しツラい。

  • 国際通り
    旅行/観光
    沖縄県那覇市
    沖縄観光の顔であり、那覇の中心街である「国際通り」。戦後の焼け野原から目覚ましい発展を遂げたことで「奇跡の1マイル」とも称される、約1.6kmの通りである。飲食店や土産物屋がずらりとならび、沖縄土産を選ぶならここに足を運べば間違いなし。「よしもと沖縄花月」などエンターテインメント施設もある。毎週日曜の12-18時は歩行者天国になり、一般車両は通行禁止となり、ミニライブや大道芸など様々なイベントが行われている。
  • 大石林山
    rating-image
    4.5
    378件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
    2億年前の石灰岩が、長い年月をかけ雨水などの浸食されたことでできた、日本唯一の亜熱帯カルスト地形である。はるか昔から聖なる地として伝えられてきた地であり、奇岩や巨石、亜熱帯の森といった大自然を4つのトレッキングコースによって楽しめる。バリアフリーコースも用意されているため、お年寄りや子どもでも安心。大自然が作り出した楽園を堪能することが出来る。

    石とか好きなので、石の博物館だけでも十分に楽しめましたが、カルスト台地の地形は絶景。 山を登りながら、いろいろな形の石灰岩にネーミングしているのを見るのも楽しかった。 沖縄のパワースポットとも呼ばれており、ガンが治ったという投稿もありました。 とりあえず、ガンザバイバーの私もそこでパワーをもらってきました。 山の上からの景色は最高です。

  • 竹富島
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町竹富
    沖縄県の八重山諸島にある、周囲約9kmの島。八重山の中心である石垣島からは約6km、高速船で10分ほどの距離にある。赤瓦屋根の民家に白砂、南国らしい色鮮やかな花々など、沖縄らしさを強く感じられる美しい島だ。島の西側には星砂で有名な皆治浜があり、八重山屈指の人気観光地である。
  • 座喜味城跡
    rating-image
    4.0
    448件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県中頭郡読谷村字座喜味708-6
    築城の名手として名高い護佐丸が、15世紀初頭に建立した城跡である。なめらかな曲線を描く城壁や沖縄最古といわれる優美なアーチ門など見どころが多く、世界遺産にも登録された。城壁の上からは東シナ海が一望でき、青い海に沈む夕陽は絶景である。

    沖縄ならではの曲線が美しい石垣の残っている城跡です。座喜味城跡公園は森林部分が多く広いですが、観光の中心となっている城壁部分はコンパクトにまとまっていますので、とても登城しやすい城跡です。城壁にぽっかり空いている石門をくぐると過去にタイムスリップした感じになります。城壁をよく見ると石の積み方がところどころ異なっていることがわかります。沖縄の城で用いられている技法の「布積」の中にところどころ「相方積...

  • ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館
    rating-image
    4.5
    423件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県糸満市伊原671-1
    ひめゆり学徒隊最後の地の一つである伊原第三外科壕の上に建てられた慰霊碑。ひめゆり学徒隊とは、太平洋戦争末期、看護要員として沖縄陸軍病院に動員された沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒、引率教師、240名のことである。米軍の侵攻により5月末には沖縄本島南部へと撤退、6月には突然の解散命令が出されたが、100名以上が命を落とした。併設のひめゆり平和祈念資料館は戦争体験や平和の大切さを語り継ぐため、平成元年(1989)に開館した。ひめゆり学徒の遺品や写真、伊原第三外科壕内部を再現したジオラマなどを見ることができる。

    以前から行きたいと思っていた場所です。 世間一般的には、悲惨な結末の話しか伝わっていないのですが、資料館に展示されている「そこに至るまでの経緯」の資料を見ると、回避できるチャンスを悉く軍(政府)によって消されてしまっている事がわかります。 この口コミを書いているのは2020年4月ですが、今の日本の状況にオーバラップしてしまって、色々と考えさせられます。 今は自己責任で(これも腹立たしいが)ある程度...

  • 川平湾
    旅行/観光
    沖縄県石垣市川平
    石垣島の北西部に位置する「川平湾」は、島内屈指の景勝地である。世界有数の透明度を誇る穏やかなコバルトブルーの海、きめ細やかな白砂が美しい砂浜。グラスボートに乗れば、色鮮やかな熱帯魚とサンゴ礁を堪能できる。高台にある川平公園からは川平湾を一望でき、おすすめだ。
  • KOURI OCEAN TOWER(コウリ オーシャン タワー)
    rating-image
    4.0
    575件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
    本部半島の北側の海に位置する古宇利島にある「古宇利オーシャンタワー」。海抜82mの高さにある展望塔からは、古宇利大橋とブルーがきれいな海が一望できる。タワーまではカートに乗っていくため、潮風を感じながら、ゆったりとした時間を楽しむことができる。亜熱帯植物が茂る庭園を楽しみながら絶景を後ろに写真撮影も可。タワーの中には、1万点以上もの貝が展示されており、中にはハート型やカラフルな貝も。海を眺めながら食事ができるレストランや、古宇利島限定の工場直売のオリジナルスイーツなどが購入できるショップもある。

    沖縄県の北部・古宇利島にある古宇利オーシャンタワーです。古宇利大橋を渡ってすぐのところにあり、平日・休日関係なく多くの人でにぎわっています。敷地内にはカートで向かい、タワーの中にはレストラン・シェルミュージアムもあって楽しめると思います。

  • 万座毛
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡恩納村恩納
    沖縄県国頭郡恩納村にある、沖縄県を代表する人気の景勝地だ。海岸の絶壁に象の鼻を彷彿させる岩があることで有名であり、眼下には澄んだ青い海が一面に広がる。海中の岩などが透けて見えるほど透明度が高い海は息を飲むほどに美しいが、柵がない場所がいくつかあるので注意しよう。
  • 石垣島
    旅行/観光
    沖縄県石垣市
    沖縄県で、沖縄本島、西表島に次いで三番目に大きな島である。八重山諸島の経済、観光、交通の中心地で、離島巡りの際は石垣島から出発する。市街地には土産物屋や飲食店が多くあるため沖縄文化に触れることができる一方、郊外では亜熱帯の木々やコバルトブルーの海や白い砂浜を楽しめる。
  • 旧海軍司令部壕
    rating-image
    4.5
    402件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県豊見城市字豊見城236
    昭和19年(1944)に作られた、旧日本海軍の司令部があった地下壕である。当時は450mほどあった持久戦を続けるための地下陣地で、4,000人の兵士が収容されており、多くの命がここで失われた。昭和45年(1970)に、司令官室を中心に約300mが復元、公開された。資料室には銃器や軍服、家族にあてた手紙など、壕内で発見された遺品が展示されている。

    妻が足が悪いので今回は入場しませんでしたが、以前行ったときはこんなに深く掘るのは大変だっただろうなと思いました。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す