秋田の旅行/観光スポット一覧

  • 秋田県立美術館
    rating-image
    4.0
    225件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    秋田県秋田市中通1-4-2
    秋田県秋田市中通にある昭和42年(1967)開館の美術館。平成25年(2013)に現在地へ移転し、建築家・安藤忠雄の設計によりリニューアルオープンした。1930年代を中心に、洋画家・藤田嗣治(レオナルド・フジタ)の作品など多数の名画を収蔵・展示している。見どころは、幅20m以上もある壁画「秋田の行事」。支柱のないらせん階段や千秋公園を望む水庭など、ユニークな建築も必見。

    秋田駅からは徒歩で10分ほどのところにある美術館、コンクリート造りの美しい美術館なのですが何故かインパクトは少ないちょっと残念な場所です。 常設展示されている秋田の行事は一見の価値はありますがそれ以外は少し地味です。

  • 休暇村 乳頭温泉郷
    rating-image
    4.0
    130件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市田沢湖生保内駒ケ岳2-1
    ブナの森や秋田の郷土鍋などの郷土料理を味わえる「休暇村 乳頭温泉郷」は、四季折々の風景を楽しみながら様々な体験ができる施設となっている。ブナの森ウォーキングにはじまり秋田駒ヶ岳自然観察登山会・天体望遠鏡を使用して月と星を観察できるプログラム・秋田杉や間伐材を使用して一輪挿し作りなど、思い出深い体験が沢山用意されている。2種類の異なる泉質の天然温泉も楽しめる。

    乳頭温泉郷の中で一番大きく、一番近代的な宿です。鄙び感や秘湯感は無いですが、設備の充実度や利便性は申し分ありません。とても使いやすく、乳頭温泉郷の温泉は鶴の湯以外全部徒歩で周れる立地なので大きな宿に抵抗感が無い人にはお薦め出来ます。公共交通機関でもアクセス可能で、田沢湖駅から羽後交通バスで45分、「休暇村前」バス停の目の前です。 ここの一番の特徴は、2つの泉質が一度に楽しめる大浴場があること。片方...

  • 田沢湖
    旅行/観光
    秋田県仙北市田沢湖潟字搓湖
    最大水深423.4 mという、日本一の深さを誇る「田沢湖」。深い藍色に輝く湖面が美しく、日本百景にも選出された景勝地だ。辰子姫伝説が残る地でもあり、湖畔には舟越保武による黄金のたつこ像が佇んでいる。
  • 角館武家屋敷通り
    旅行/観光
    秋田県仙北市角館町表町上丁-東勝楽丁
    江戸時代初期、元和6年(1620)に芦名氏により大規模な都市計画が実行され、造られた武家屋敷街。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、現在でも青柳家を始めとした武家屋敷がいくつも立ち並んでいる。桜の名所としても有名で、しだれ桜を中心にソメイヨシノとはまた違った桜並木が続いている。毎年4月20日から5月5日までの間、角舘桜まつりが開催される。
  • たつこ像
    rating-image
    3.5
    124件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市西木町西明寺潟尻
    仙北市西木町西明寺字潟尻、田沢湖の西岸に建つ像。永遠の若さと美しさを願った少女がお告げに従って森の泉の水を飲み、ついには龍と化して田沢湖の主になったという「たつこ姫伝説」に由来する。

    訪問した日は晴れていたので、空の青と湖の青の中に、金色のたつこ像がきれいでした。お写真に撮影するととてもきれいに映りました。 近くの土産物屋さんで売っていた龍角散ビールが、ハーブ味がしてのどがすっきりする味で面白かったです。

  • 道の駅 象潟 ねむの丘
    交通
    秋田県にかほ市象潟町大塩越73-1
    国道7号線沿いにある、東北最大級の道の駅。物産館やレストランのほか、日帰り温泉や足湯「あしほっと」などの様々な施設が完備されている。また6階の展望塔だけでなく、4階には展望温泉「眺海の湯」があり、日本海や四季折々の風景を一望することができる。団体客にも対応している宴会場などもあり、多くの観光客が訪れている。
  • 道の駅てんのう 天王グリーンランド
    rating-image
    4.0
    47件の口コミ
    交通
    秋田県潟上市天王字江川上谷地109-2
    シンボルタワーの「天王スカイタワー」をはじめ、農産物直売所や天然温泉などの施設が充実している天王グリーンランド「道の駅 てんのう」は、秋田の観光情報を発信してくれる他、干拓される前の八郎潟の漁業で使われた漁具や江戸時代の紀行家・菅江真澄が描いた八郎潟周辺の絵などを展示している「潟の民族展示室」もあり、家族みんなで楽しめる場所となっている。

    産直の種類が多くてお勧めです。地のものがしっかりと感じられる商品が多いです。天王の大豆を使った豆腐や豆乳は行くと必ず購入しますし地元の障がい者施設の方が作ってるスイーツも色な種類がありどれも美味しいです。買いたいものがたくさん見つかる産直です

  • 抱返り渓谷
    旅行/観光
    秋田県仙北市角館町・田沢湖
    東北の耶馬渓の異名を持つ景勝地。元は、お互い抱き合うようにしなければ通れないほどの、細い崖道だったことから、この名前がついたとされる。田沢湖抱返り県立自然公園に指定されている。遊歩道が整備されており、大小の滝や、真っ赤な吊り橋など様々な景色が楽しめる。現在、崩落の影響により回願(みかえり)の滝より先は通行止めとなっている。また、11月下旬から4月下旬までの間は雪のため遊歩道自体が閉鎖される。
  • 秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)
    rating-image
    4.0
    145件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県秋田市大町1-3-30
    竿燈をはじめとする郷土の民俗行事や芸能の保存伝承資料館。秋田竿燈まつりで知られる竿燈をはじめ、秋田の民俗芸能に関する展示などを行っている。館内には練習室や会議室も備え、夏には民俗芸能発表会も開催されている。竿燈に実際に触れられるチャレンジコーナーも。

    くるりん周遊パスを利用して竿燈祭りを紹介する「ねぶり流し館」へ。大きな建物を想像していたが、工事中ということもあって意外と地味な印象。場末の劇場のような入り口を入って右が展示スペース。いろいろなサイズの竿燈が展示されている。右奥に、一番大きな大若と呼ばれる竿燈。これは長さ12m・重さ50kg・竿に46個の提灯が吊るされた超特大。これを操るというのだから驚く。祭りの様子を映したビデオや小さな竿燈を持...

  • 発荷峠展望台
    rating-image
    4.0
    86件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県鹿角郡小坂町十和田湖発荷峠
    標高約631m、発荷峠にある展望台である。十和田湖を代表する展望台の一つで、雄大な十和田湖の姿や、十和田カルデラの御鼻部山や八甲田連峰を望める景勝地だ。トイレや土産物屋もあるためドライブの休憩にも最適。

    十和田湖の南岸に位置する円形の展望台。数ある展望台の中でも最高のビューポイントと言われている最高の場所です。さいこうのびゅ

  • ゴジラ岩
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船川港小浜
    男鹿半島の南、潮瀬崎にある巨岩である。まるで横を向いて口を開いていりゴジラのように見えることからこの名がつけられた。
  • なまはげ館
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢地内
    男鹿の民俗行事「なまはげ」の資料展示施設。男鹿産出の寒風石の石積み造りの外壁と、秋田杉を内装に使った雰囲気ある館内にナマハゲ伝説の貴重な資料が展示されている。見どころは、男鹿市内各地で実際に使われていた150枚を超えるナマハゲ面。ずらっと並んだ多種多様な姿は圧巻そのもの。また、なまはげ変身コーナーでは、本物のなまはげの衣装を身につけ記念撮影ができる。
  • 道の駅 岩城(島式漁港公園 岩城アイランドパーク)
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    交通
    秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟192-43
    国道7号線沿いにある道の駅。レストランや岩城温泉「港の湯」では、日本海を眺めながら食事をしたり、温泉に入ることができ、地元の人々や観光客が多く利用している。ご当地B級グルメ「本荘ハムフライバーガー」はここでしか味わえない人気メニューとなっている。日本海の夕日を一望できることで有名。

    道の駅岩城にある立ち寄り温泉施設です。日本海沿岸なので夕陽が沈むのを鑑賞し、温泉に浸かって疲れを癒しました。

  • 秋田市立赤れんが郷土館
    rating-image
    4.0
    109件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県秋田市大町3-3-21
    秋田県秋田市大町にある郷土史料館で、明治45年(1912)に建築された旧秋田銀行本店本館「赤れんが館」を含む3棟で構成されている。国の重要文化財に指定されている赤れんが館では、秋田市の伝統工芸品などを展示。華麗な吹き抜けのホールでは毎年恒例のコンサートも開催される。新館には秋田出身の版画家・勝平得之の記念室や人間国宝の鍛金家・関谷四郎の記念室があり、秋田の歴史や民俗・美術に関する企画展も行われる。

    秋田市内は見処が多いとは言えないが、秋田市内の観光を彩る観光地の筆頭となるのがこの赤レンガ郷土館だろう。元々銀行として建設された建物たが、今は博物館となっている。戦前の建物らしく建物はとてもレトロで当時の雰囲気がよく残されている。

  • 横手市ふれあいセンターかまくら館
    rating-image
    4.0
    54件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県横手市中央町8-12
    横手市中央町、横手市本庁舎隣にある複合施設。特産品の売店やコンサートホールなどを備える。横手の伝統行事「かまくら」に関する展示も行っており、かまくら室では横手の雪で作られた本物のかまくらを通年で展示している。

    市役所の機能も併設されている施設、年中無休というのがうれしいです。駐車場はすこし小さめでした。 有料のファンタジックギャラリーの中には職人に制作されたかまくらが並んでいます。 マイナス10度とかなりひんやりしていますがいつでも体験できるのはありがたい。 外の物産コーナーは少し雑然としているのが残念でした。

  • 男鹿総合観光案内所
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船越一向207-219
    男鹿半島の入口にある、約15mもの巨大なまはげ像二体が目印の観光案内所。職員と対面で最新の観光情報を聞くことができるほか、エリア毎に分けられたパンフレットも用意されている。パソコンが設置された情報コーナーがあり、男鹿に関連する情報を即座に引き出せるようになっている。特産品の販売も行なう。イベントや観光施設の映像を常時放映。珈琲店では軽食を楽しむことも可能で屋外にステージや花畑がある。

    大きななまはげを見て、トイレ休憩を兼ねて訪問。建物の中の観光案内所といっても、たいした資料もあまりありません。お土産売り場です。

  • 真山神社
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
    秋田県男鹿市にある神社。「瓊瓊杵命(ににぎのみこと)」と「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」を主祭神として祀っている。正月の 「柴灯祭」や、2月に行われる「なまはげ柴灯祭り」が有名で、シーズンには毎年多くの参拝客が訪れている。また近隣には、なまはげ習俗を体験できる「男鹿真山伝承館」などがある。

    「なまはげ」ゆかりの地として、毎年2月に「なまはげ柴灯まつり」が行われることで知られる真山神社の参道、岩の階段を5~6分上がっていくと、その五社殿はありました。訪れたのが、真冬のみぞれが降る夕方だったこともあり、人影もなく静かで、神聖な気持ちで参拝できました。 五社殿は、その昔五社堂と呼ばれ、5つの社があったが、火災で焼失し、1社にまとめられたと伝えられているそうです。また社殿は、随所に仏教建築の...

  • 安藤醸造本店
    rating-image
    4.5
    62件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市角館町下新町27
    嘉永6年(1853)に創業した味噌・醤油の醸造元。明治時代中期に建てられたレンガ造りの蔵屋敷は、長い歴史を感じさせる。西宮礼和筆のふすま絵を施した内部を無料で見学できる。また収納蔵として利用していた黒しっくいの文庫蔵では、味噌汁や漬物の試食も可能である。無添加、天然醸造にこだわった商品を体感してほしい。

    秋田県の武家屋敷が建ち並ぶことで有名な角館に位置する安藤醸造元本店は武家屋敷が建ち並ぶ場所から少し外れた場所にある。和風の建物と赤レンガの建物が組み合わさったような和洋折衷が見事な建物で、自分は角館の建物の中では一番のお気に入りだ。

  • あきた角館西宮家
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市角館町田町上丁11-1
    江戸時代初期に、秋田に移ってきた佐竹氏の家臣であった西宮家。地主として最も繁栄した明治から大正の時期に作られたこの屋敷は、五つの蔵と一つの母屋からなっている。母屋には古文書や資料品を展示。風情ある甘味処ではお茶やお菓子を楽しめる。春は桜が咲き乱れ、秋には柿の実が色づくなど四季折々の顔を見せる庭園も美しい。

    角館と言えばやはり最初に訪れるのは西宮家落ちついた感じです!郷土玩具が沢山有り蔵の中のおばさんのあぶりがつこが最高!手作りのヨセもうまい昔は本当のは蔵の中で漬け物も沢山ありおばさんと話すのが楽しみ!それが目的かな!

  • 佐藤養助 総本店
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    グルメ/お酒
    秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
    万延元年(1860)創業の「佐藤養助 総本店」は、材料の選定から出荷前の検品に至るまで、手抜きを一切許されない完全なる手作業で「稲庭干饂飩」を作っている。総本店では本場の味を堪能できるメニューの他、職人の技を自由に見学できる、総本店製造工場見学コースもあり評判の店だ。また観光案内や秋田県内の特産品を扱う販売コーナーも設けられている。

    稲庭うどんのリーディングカンパニーである佐藤養助の総本店。キャンプの帰り道に立ち寄りました。訪れた日曜日のランチ時、駐車場には警備員が常駐。店内には実演コーナーと販売ブースが完備。食堂は、コロナ感染予防に配慮、アクリルの仕切りがある席もありました。 やはりうどんは美味しい。ツルツルシコシコがたまらない。会計時、うどんの端材も頂けました。

秋田の主要エリア

around-area-map

「なまはげ」で有名な秋田県は、日本海に面する豊富な山海の幸が魅力です。 県内には秋田空港があり、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港からも直行便が出ていて、飛行機でのアクセスが便利です。東京からは1時間5分で到着します。 北には青森から連なっている雄大な山々を有する「白神山地」、県南には県内で最初の国の名勝に指定された「旧池田氏庭園」、国の天然記念物で奥の細道最北の地「象潟(きさかた)」があります。春には川に沿って桜が咲き誇る「檜木内川堤サクラ」も人気があります。県内の中央では、重要文化財「秋田市立赤れんが郷土館」や、毎年8月3日~6日の間には「秋田竿燈まつり」が楽しめます。 また、秋田に行ったら食しておきたいのが、郷土料理きりたんぽ鍋です。他にも魚のはたはたが有名で、鍋に入れて食べるしょっつる鍋や塩焼き、唐揚げなど、さまざまな方法でおいしくいただけます。

秋田の写真集

目的から探す