NAVITIME Travel

角館樺細工伝承館

博物館/科学館

下級武士の手内職として始まった角館の伝統工芸「樺細工」の振興を目的に創設された観光施設で、秋田県仙北市にある。樺細工はヤマザクラの樹皮による光沢を生かした奥深い色合いが特徴で、茶道具類やアクセサリーなどの製品が代表的。館内には樺細工をはじめとする工芸品や文化・歴史資料の展示室があるほか、樺細工の製作実演コーナーも人気。角館の古い建築様式を取り入れて設計された建物も見ものである。

place

秋田県仙北市角館町表町下丁10-1 (田沢湖・角館・大曲エリア)

phone 0187541700

角館樺細工伝承館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/10/24 樺細工伝統工芸展期間中でした
普段もこちらの樺細工伝承館では、様々な工芸品の鑑賞や販売があるのでしょう。
私たちは、ちょうど工芸展期間中でした。
伝統工芸士(師)の作家さんの新作と即売会という事で、目の保養にと鑑賞しました。

素晴らしい作品に、「売約済」の札が、あちらにも、こちらにも。
工芸品は、庶民の私たちには手が出せない値札が付いていますけど、「売約済」。
さすがです。

樺細工の実演もされていて、しばし鑑賞しました...
投稿日:2019/09/07 作家物の茶筒を買うことができます
売店には入館料を払わなくても入ることができ、展示室前では作家物の茶筒などを買うことができます。ちょっと変わった普通では手に入らない貴重なものを手に入れることができます。
投稿日:2019/06/28 こちらを訪問し 一番印象に残った展示品は《樺細工の姿見》と《樺細工和室》でした
角館を散策していると 種々のスタイルの《樺細工》を目にしますが こちらを訪問し一番印象に残ったのは 《樺細工の姿見》と《樺細工和室》でした(添付 写真参照)。特に《樺細工和室》では[床柱][床框(とこがまち)][違い棚][竿縁]などが《樺細工》で出来ており このような景観は一般的な《樺細工販売店》にて 目にすることはまず不可能と思います。[角館]を訪問されたなら こちらで記念撮影されることをお薦め...

おすすめ記事

詳細情報

住所
秋田県仙北市角館町表町下丁10-1 [ 地図 ]
エリア
田沢湖・角館・大曲エリア
電話番号
0187541700
時間
9:00-17:00
[12-3月]9:00-16:30
最終入館は30分前まで
休業日
年末年始
料金
[観覧料]大人(高校生以上)300円、小中学生150円、6歳未満無料
[平福記念美術館または新潮社記念文学館との2館共通券]大人520円、小中学生260円
[3館共通券] 大人750円、小中学生360円
駐車場
なし(有料市営駐車場利用)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
喫煙
不可
英語メニュー
あり(展示室一部英語説明表記、QRコード読取り対応有)
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          秋田 の主要エリア

          around-area-map

          「なまはげ」で有名な秋田県は、日本海に面する豊富な山海の幸が魅力です。 県内には秋田空港があり、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港からも直行便が出ていて、飛行機でのアクセスが便利です。東京からは1時間5分で到着します。 北には青森から連なっている雄大な山々を有する「白神山地」、県南には県内で最初の国の名勝に指定された「旧池田氏庭園」、国の天然記念物で奥の細道最北の地「象潟(きさかた)」があります。春には川に沿って桜が咲き誇る「檜木内川堤サクラ」も人気があります。県内の中央では、重要文化財「秋田市立赤れんが郷土館」や、毎年8月3日~6日の間には「秋田竿燈まつり」が楽しめます。 また、秋田に行ったら食しておきたいのが、郷土料理きりたんぽ鍋です。他にも魚のはたはたが有名で、鍋に入れて食べるしょっつる鍋や塩焼き、唐揚げなど、さまざまな方法でおいしくいただけます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          秋田の写真集