秋田市立赤れんが郷土館

資料/郷土/展示/文学館

ルネサンス様式とバロック様式が基調。明治の面影漂う文化財

赤れんが館・管理棟・収蔵庫の3つの建物で構成される「赤れんが郷土館」。なかでも旧秋田銀行本店本館として建てられた赤れんが館は、1994年(平成6)に国の重要文化財に指定されている。

左側にある窓の大きな白い建物が管理棟、右側が赤れんが館。受付は赤れんが館の正面入り口から} 左側にある窓の大きな白い建物が管理棟、右側が赤れんが館。受付は赤れんが館の正面入り口から

もとは銀行だった、明治時代を代表する洋風建造物

1912年(明治45)に、旧秋田銀行本店本館として建てられた赤れんが館。1981年(昭和56)に秋田銀行創業100周年および秋田市制施行90周年を記念して、秋田市に寄贈された。その後、明治時代の貴重な洋風建築を後世に残すために修復を行い、1985年(昭和60)に赤れんが郷土館(赤れんが館・管理棟・収蔵庫)として開館。ルネサンス様式を取り入れた赤れんが館の外観は、1階が白磁のタイル張り、2階部分は赤い化粧れんがといった造りで、白と赤のコントラストが美しい。バロックの手法を取り入れた内部は、花籠や月桂樹、唐草文様(からくさもんよう)の縁飾りなどを複雑に組み合わせた装飾が華やかだ。暖炉や階段、旧営業室のカウンターなどには、国産の大理石をふんだんに使用している。管理棟では、郷土秋田の歴史・民俗・美術工芸に関する企画展を行っている企画展示室と、秋田出身の木版画家・勝平得之(かつひらとくし)の記念館を併設、展示の充実を図っている。

窓には明治時代に造られた鉄製の国産シャッターが取り付けられており、現在も手動のハンドルを使って巻き上げている} 窓には明治時代に造られた鉄製の国産シャッターが取り付けられており、現在も手動のハンドルを使って巻き上げている

2階まで吹き抜けになっている旧営業室。レトロなシャンデリアが室内を照らす} 2階まで吹き抜けになっている旧営業室。レトロなシャンデリアが室内を照らす

随所に感じる明治時代の職人技と、西欧文化の優雅な気品

正面入り口から中に入ると、2階まで吹き抜けとなった大空間に圧倒される。柱を1本も使わずに開放的な吹き抜けの空間を創出するため、屋根の梁は部材同士を三角形につなぎ合わせたトラス構造となっている。バロック様式の最大の特徴である、豪華で複雑な装飾にも注目したい。漆喰の白い壁には、楕円や長方形などの細かい模様が施されている。ロビーの床タイルにはイギリス製の色タイルを、カウンターと暖炉には福島県産のあられ石を使用しており、壮麗な装飾に目を奪われる。なかでも青白色(せいはくしょく)の漆喰で仕上げた天井の石こう彫刻は圧巻で、何種類もの装飾パターンや精緻な縁飾りがシャンデリアの光を反射して輝いている。2階部分に巡らされた回廊も見どころのひとつだ。部屋ごとに異なる手の込んだ装飾に、当時の設計者や職人の強いこだわりが感じられる。2階には秋田出身で人間国宝の鍛金家・関谷四郎(せきやしろう)の記念室がある。

2階からは、天井部分に施されたさまざまな装飾がよく見える} 2階からは、天井部分に施されたさまざまな装飾がよく見える

白大理石を使用した階段に敷かれた赤い絨毯が上品な雰囲気を醸し出す} 白大理石を使用した階段に敷かれた赤い絨毯が上品な雰囲気を醸し出す

木材をふんだんに使用した、落ち着いた趣の旧頭取室(きゅうとうどりしつ)} 木材をふんだんに使用した、落ち着いた趣の旧頭取室(きゅうとうどりしつ)

館内で最もぜいたくな意匠を凝らした、格別の部屋

特別な客人をもてなすために使われた旧貴賓室は、床や壁、天井など、すべてにおいて格式の高さを表す手法が用いられた。色の異なる数種類の木を組み合わせた寄せ木細工の床。壁には柿渋塗料で仕上げたクロスに、月桂樹をデザインした手描きの模様があしらわれている。天井は風格のある格天井(ごうてんじょう)、ケヤキの扉には紫檀(したん)や黒檀(こくたん)を使った象眼(ぞうがん)が施され、これでもかというほどきらびやかに飾られている。埼玉県産の蛇紋岩(じゃもんがん)で造られた暖炉のほか、窓や出入り口の装飾も注目したいポイント。大事な話が交わされていた旧貴賓室や会議室の床下には、床板を支える横木の間に漆喰が塗られ、防音効果を高めている。細部までこだわり抜いた豪華絢爛な雰囲気の中で、貴客気分を堪能しよう。

館内に3か所ある暖炉が各部屋の重厚さを引き立てている} 館内に3か所ある暖炉が各部屋の重厚さを引き立てている

室内には当時使用されていた長椅子と衝立(ついたて)が展示されている} 室内には当時使用されていた長椅子と衝立(ついたて)が展示されている

こちらの情報はNAVITIME マイプレイス から店舗オーナー様ご自身で登録されています

スポット詳細

住所
秋田県秋田市大町3-3-21 map map 地図
電話番号
0188646851
時間
9:30-16:30
休業日
12/29-1/3、不定休(展示替え時臨時休館)
料金
[入館料]一般210円、高校生以下無料
駐車場
あり(8台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club、その他)
電子マネー/スマートフォン決済
可(PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、au WALLET、Apple Pay、楽天ペイ、LINE Pay、d払い、auPAY、ALIPAY、ゆうちょPay、WeChatPay)
Wi-Fi
あり
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
【夜】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 明治末期に建てられた旧秋田銀行本店、煉瓦造洋風建築は美しく、内部も豪華で見ごたえあり
    4.0 投稿日 : 2023.05.27
    明治末期に建てられた本格的な煉瓦造洋風建築。秋田銀行本店だけあって、1階を白いタイル、2階が赤レンガと言う美しい外観だけでなく、内部もかなり豪華な作りです。内部は漆喰の白い壁、バロック風の天井がとても美しく、貴賓室を含めて、細部までこだわった豪華な作りになっており、見る価値ありです。国の重要文化財に指定されれいる秋田市の観光名所の一つ、是非、訪ねてみてください。
  • 豪華な貴賓室があります。
    3.0 投稿日 : 2023.05.23
    国の重要文化財の指定されており、”旧秋田銀行本店本館”だった建物です。赤れんが館は、明治45年に建てられ昭和44年まで銀行として使われていました。建設費は当時のお金で約4万9千円。現在のお金に換算すると50億円ほどになるそうです。赤と白のコントラストが美しいこの建物は、ルネサンス様式を基調とした外観が特徴です。内部は、正面入口を入るとそこは旧営業室。2階までの吹き抜けになっていて、忍冬唐草...
  • 思いの外楽しめます
    4.0 投稿日 : 2022.07.19
    秋田駅から徒歩20分くらいにあります。旧秋田銀行本店として明治45年に建てられました。営業室の天井の石膏の彫刻は見事です。また、頭取室や貴賓室などの暖炉や内装も素晴らしく、よく保存されています。会議室は、人間国宝の鍛金家である関谷四郎氏の記念室になっています。また、別館は、勝平得之記念館となっていて、訪れた時には、ガラス絵や泥絵の展示を見ることが出来ました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました