白石城

城/城址

片倉家の居城を美しく忠実に再現

江戸時代、仙台藩の重臣・片倉氏の居城であった名城。江戸幕府が敷いた一国一城制の対象外とされた数少ない例で、明治維新まで存続した。復元された白石城は、その最晩年の構造を忠実に復元。日本古来の建築様式に基づいて堅牢に造られており、学術的評価も高い。

堂々とそびえる三階櫓(天守閣) 堂々とそびえる三階櫓(天守閣)

白石のシンボル的存在の城

JR白石駅を下りてから東に向かって歩くと、13分ほどで着くのが益岡公園内に建てられた白石城だ。蔵王の山並みを背景にした場所にそびえる、三層の屋根を重ねた天守閣が美しい。白石城は、戦国時代には蒲生家や上杉家などに治められたものの、関ヶ原の合戦直前、伊達政宗が攻略して取り返した経緯をもつ。再び伊達領となってからは大改修が行われ、以後明治維新まで260年以上もの間、片倉家の居城となった。

白石城大手二門を通り公園内へ進む 白石城大手二門を通り公園内へ進む

名城を細かなところまで復元

白石城の復元がなされたのは1995年(平成7)のこと。発掘調査を入念に行い、そのうえで史実に忠実に、三階櫓(天守閣)と大手門の一部を復元した。石垣は「野面積(のづらづみ)」という古い石垣の積み方で復元されている。石をほとんど加工しないこの工法は、復元城ではほとんど用いられることのない難しい積み方だ。また、大手二門には、樹齢1000年以上の台湾檜の大木が使われた。三階櫓(天守閣)は、柱には吉野檜、化粧材には青森ヒバや山陰の松丸太、赤杉など、すべて国産材というこだわりよう。瓦は、岐阜県坂祝町で焼かれた耐寒性に優れた「いぶし瓦」を採用。軒丸瓦には、発掘調査時に出土した瓦を再現した、伊達の家紋「三ッ引両」がしっかりと刻まれている。白石城の復元で使われた瓦は、全部で4万3000枚にも及ぶ。こうした細部までのこだわりが、往時の面影を見事によみがえらせることに結びついている。

城内の階段は急角度。上り下りの際は注意 城内の階段は急角度。上り下りの際は注意

白石市街や蔵王連峰を一望

最上部の3階は物見櫓の役割を兼ねていて、高欄がすべての角度に回り、火頭形の出入り口が付いている。ここから白石市街を一望でき、その周囲には蔵王連峰の山並みが美しく広がっている。四季折々の自然の景色を見られる絶好の場所だ。3階の室内は30畳ほどの広さがあり、ここで敵の情勢を見ながら、軍議を開くことが可能な造りになっている。

大手二門の向こうに白石市街が広がる 大手二門の向こうに白石市街が広がる

白石城歴史探訪ミュージアムでお土産を

白石城とセットで見学したい施設が、敷地内にある白石城歴史探訪ミュージアム。200インチの立体ハイビジョンと臨場感あふれる音響システムで、戦国時代を舞台にした立体映像を見られる。また、館内には売店があり、片倉小十郎グッズや白石名物の温麺、こけしなど、さまざまなアイテムを販売。お土産選びにちょうどいい。白石城を見学したあとは、すぐ近くに残る片倉家臣団の武家屋敷へも足を延ばしてみよう。

ミュージアム1階にある売店でお土産を販売 ミュージアム1階にある売店でお土産を販売

スポット詳細

住所
宮城県白石市益岡町1-16
電話番号
0224243030
時間
[4-10月]9:00-17:00(最終入館16:30)
[11-3月]9:00-16:00(最終入館15:30)
休業日
12/28-12/31
料金
[白石城入館券]大人400円、小人(小、中、高校生)200円
駐車場
なし
※白石市役所北側、城下広場駐車場無料
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(SHIROIS FREE Wi-Fi)
滞在目安時間
30-60分
乳幼児の入店
備考
※白石城は9月末(予定)まで災害復旧工事により入場できません。詳しくはHPでご確認ください。

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 片倉家のお城です
    4.0 投稿日:2022.06.06
    JR白石駅から徒歩10分強といった所に有ります。伊達家家臣団の中でも重臣中の重臣、片倉家のお城です。天守や門などは修繕なのでわかりませんが、広い本丸だったようです。
  • まだ修復中です。
    3.0 投稿日:2022.05.14
    出張時にホテルから白石城まで歩いて見ました。10分弱のいい運動になりました。お城自体は地震の影響です修復中です。完成したら見に来たいです。歩いて小高い丘を少し登るとお城ですが私でも大丈夫なので他の皆さんは心配ないと思います。
  • 片倉小十郎の居城
    4.0 投稿日:2021.04.11
    伊達政宗の右腕として有名な片倉景綱(小十郎)の居城。白石は城下に奥州街道が通り会津や相馬にも通じている交通の要地で、江戸時代も一国一城令の例外として認められた城だったとのこと。片倉景綱は高名なわりに家格、石高ともにそれほど高位ではなかったそうですが、片倉家に対する特別な信頼が覗えます。市役所の裏手の小高い丘をしばらく登ると立派な櫓が見えてきます。天守代わりのこの大櫓は明治時代に破却されたも...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          蔵王・白石エリアのおすすめスポット

          宮城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました