宮城の名所スポット一覧

  • 泉ボタニカルガーデン
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市泉区福岡赤下
    泉ヶ岳にある、季節ごとに様々な花を楽しめる自然植物公園。春にはシャクナゲ、夏にはクロコスミア、秋にはセージの花が季節を彩っている。沢や山に咲く野草など生育環境が同じ植物を一つの場所にまとめ、自由に散歩できるようルートが複数整備されている。一部エリアからは七北田ダムを見られ、疲れたらカフェと雑貨店で一休みもできる。

    とても綺麗でした。花見山まで行かなくても、泉中央から30分ちょいで行けちゃいます。5月初めはほんとに色とりどりで素敵です。そのまま山を越えて、定義山でお参り。三角揚げとお団子を食べて来ました。

  • 鹿狼山
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    福島県相馬郡新地町杉目字飯樋
    「ふくしま緑の百景」にも選ばれ、麓から頂上の社殿まで参道の両側に約100本の桜を見ることができる。四季を通して里山歩きを楽しむことができる鹿狼山は、元朝登山などまちの人々に広く親しまれている。気軽に山の自然にふれる楽しさがいっぱい。元旦鹿狼山登山では毎年2000人以上の人が、山頂で初日の出を迎える。

    入口脇に竹の杖が置いてあり自由に使っていいようです。 頂上まで40分くらいでしょうか。ハイキング気分で上ることができ、頂上は広くはありませんが海も見え景色はいいです。 トイレ、駐車場、お蕎麦屋さんもあります(火曜定休)。

  • 羽黒山公園
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県大崎市古川小野字羽黒72-1
    県内でも珍しい彼岸花の群生が見られる公園。9月のお彼岸の前後には美しい花を咲かせる。南側の斜面約5000平方mに、約15万本の真っ赤な花が咲き誇る。また、春には桜の花が咲きみだれ、花見客も多い。

    旧・奥州街道をランニングで旅した際に立ち寄りました。入口に大きく「曼珠沙華群生地」と書かれていましたが残念ながら季節外れのため見る事は出来ず。しかし、ちょうど桜と椿が満開になっていました。これだけのロケーションなのに人が全然いなくて貸し切り状態で春を満喫することが出来ました。

  • 一目千本桜
    旅行/観光
    宮城県柴田郡大河原町大谷字末広地区(白石川公園)
    大河原駅および船岡駅から徒歩で約3分。船岡城址公園の北にある桜の名所。白石川沿いに約1200本ものソメイヨシノが並ぶ光景は壮観で、見頃を迎える4月上旬から中旬にかけて、全国から毎年30万人の観光客が訪れる東北でも有数の花見スポットとなっている。開花時期に合わせて開催される「おおがわら桜まつり」では昼前から夕方頃まではお花見屋形船、夜間には夜桜のライトアップが行なわれ、一日を通して桜を楽しめるのが魅力。桜の奥には残雪の蔵王連峰も見られる。
  • 城山公園
    旅行/観光
    宮城県遠田郡涌谷町涌谷字下町3-2
    JR涌谷駅から徒歩約10分。小高い丘にあった涌谷伊達家の居舘跡に作られた公園。天守閣を模した史料館には、涌谷伊達家に関する文化財を中心に、町の歴史・民俗史料など約千点が収められている。傍らには県内唯一の城郭遺構とされる太鼓堂(隅櫓)が遺されている。桜の名所であり、春には樹齢約120年と言われるシダレザクラをはじめ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラの一種「泰山府君」などが咲き誇る。毎年4月中旬には桜まつりが開かれる。
  • 多賀城跡あやめ園
    遊ぶ/趣味
    宮城県多賀城市市川字田立石
    国府多賀城駅から徒歩で約5分。日本三大史跡の一つ「多賀城跡」内にあるアヤメ園で、およそ2万1千平方メートルの面積に約300万本もの花が植えられているのが特徴。品種は800にも及び、アヤメの他にはハナショウブやカキツバタなどが見られる。毎年6月中旬から下旬にかけての期間、多賀城跡あやめまつりが開催され、週末にはコンテストやグルメフェアといった様々なイベント、押し花体験やアヤメにちなんだ俳句大会も行なわれる。期間中二日間だけ、ライトアップされたアヤメも見られる。
  • 加護坊山の千本桜
    旅行/観光
    宮城県大崎市田尻大沢字加護峯山178-1
    大崎市の南東部に位置する標高224mの山「加護坊山」にある桜の名所。満開のシーズンには約2000本もの桜が咲き誇る絶景が見られ、周辺住民以外にも多くの花見客が訪れる。4月上旬から5月6日までのおよそ一ヶ月の期間には「加護坊さくらまつり」が開催されていて、夜にはライトアップも行なわれる。山頂からは桜だけではなく仙台市や石巻市など周辺の景色を眺望できるのも魅力の一つ。展望台やレストランも建っている。
  • 多賀城政庁跡
    旅行/観光
    宮城県多賀城市市川字城前
    JR東北本線国府多賀城駅より徒歩15分。奈良・平安時代の東北の政治の中心地だったところ。奈良県の平城京跡、福岡県の大宰府跡と共に日本三大史跡の一つで、国の特別史跡となっている。多賀城政庁跡は古代多賀城の中枢部分で、重要な政務や儀式が執り行われた場所であった。春に咲く政庁跡の桜はなかなか見応えがあり、隠れたお花見スポットとなっている。特に、政庁中央部の正殿前にある2本の桜の古木は風情があり、訪れた人々の心を和ませている。
  • 玉ノ木原 水芭蕉群生地
    旅行/観光
    宮城県刈田郡七ケ宿町字蟹川
    刈田郡七ヶ宿町蟹川のみちのくおとぎ街道沿いにあるミズバショウの群生地。約3.5haにおよび10万株ほどのミズバショウが群生している。例年4月中旬から5月上旬頃にかけて開花し、白く美しい花々を観賞できる。
  • 一迫山王史跡公園 あやめ園
    旅行/観光
    宮城県栗原市一迫真坂字道満地内
    栗原市一迫真坂字道満地内の「山王史跡公園」内にある植物園。1万3,000平方メートルに及ぶ敷地にアヤメをはじめカキツバタやハナショウブなど、約300品種22万株の花を植栽している。毎年6月中旬から7月上旬にかけて「山王史跡公園あやめ祭り」が開催され、様々なイベントが行われる。
  • 南くりこま高原一迫ゆり園
    遊ぶ/趣味
    宮城県栗原市一迫真坂清水堰田地内
    栗原市一迫真坂清水堰田にある植物園。およそ3万平方メートルに及ぶ広大な敷地に、約200品種15万株のユリ、さらに約50品種2万株のヘメロカリスと、ユリ科の植物を中心とした植栽を行っているほか、「アジサイの小径」も整備されている。6月下旬から7月下旬頃に開園し、色とりどりのユリを観賞できる。
  • 堤梅団地
    旅行/観光
    宮城県柴田郡大河原町堤
    柴田郡大河原町堤にある梅の名所。戦前に山を開墾して植樹されたもので、約6haに渡り3,000本ほどの様々な品種の梅が植えられている。大河原地区は古くから「梅が枝荘」と呼ばれる梅の名所として知られ、6月には「おおがわら梅まつり」も開催される。
  • 武家屋敷 春蘭亭
    旅行/観光
    宮城県登米市登米町寺池桜小路79
    登米市登米町寺池桜小路の前小路沿いにある休憩所。城下町として栄えた同地区に残る武家屋敷の一つを保存利用している。喫茶コーナーが設置されており、春蘭の花の塩漬けを使った「春蘭茶」などを提供している。
  • 松島
    旅行/観光
    宮城県宮城郡松島町
    日本三景のひとつ松島は松島湾に広がる大小260余りの島々のことを指す。松島の景観を歌った俳句として松尾芭蕉の句「松島やさて松島や松島や」は有名。また松島は月見の名所としても知られており、過去松島を伝える様々な文献において月の景観を褒め称えている。また松島には様々な遊覧船が就航しており、これに乗って島を近くまで眺めることも可能。8月の松島灯篭流し花火大会などのイベント日は特別運航も行っている。
  • 手代木沼
    旅行/観光
    宮城県角田市高倉手代木地内
    宮城県角田市高倉、国道113号線から北に650メートルほどのところにある手代木沼。およそ300年前に農業用水確保のために作られた人工の湖で、春には沼沿いに桜が咲き、冬には越冬のために白鳥が飛来する。夏に沼一面に咲くハスが名物だったが、現在では生育状況の異変により開花が望めなくなっている。沼にあったハスは周辺の池などに分けられ、手代木沼の南側の休耕田では夏の間見事なハスの花を見ることができる。
  • 広瀬川
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区
    広瀬川は奥羽山脈の関山峠付近に水脈を持ち、仙台市内を貫流する名取川支流の川である。昭和53年(1978)のヒットシングル「青葉城恋唄」にも唄われており、「杜の都のシンボル」として親しまれている。広瀬川の自然を守るため、「広瀬川1万人プロフェクト」として毎年春に流域の一斉清掃を開催。ゴールデンウィークには数多くの鯉のぼりが飾られ、ボートやペットボトルロケットの発射体験など、様々な催し物が行われる「広瀬川で遊ぼう」が毎年の恒例イベントとなっている。
  • 鳴子ダム
    旅行/観光
    宮城県大崎市鳴子温泉岩渕地内
    JR鳴子温泉駅からタクシーで約7分。北上川水系江合川に建設された国土交通省直轄のダムで、アーチ式コンクリートダムとして、昭和32(1957)年に完成。下流には鳴子温泉郷の鳴子温泉が広がり、駅からも近いため足を運びやすい。ダム湖の荒雄湖を含め栗駒国定公園に指定、鳴子ダムは平成28年(2016)度土木学会選奨土木遺産に認定されている。ゴールデンウィークに3日間だけ行われる「すだれ放流」と呼ばれる雪解け水の放流の際には、写真家やダム愛好家が数多く訪れる。
  • 蔵王エコーライン
    旅行/観光
    山形県上山市蔵王坊平高原
    山形県上山市と宮城県蔵王町を結び、蔵王連峰を横断する全長約26kmの山岳道路。4月下旬から11月上旬までの期間に開通し(冬季は閉鎖)、5月中旬まで残る雪の壁や、新緑、紅葉など、蔵王の自然を体感しながらドライブができる。
  • 南方花菖蒲の郷公園
    遊ぶ/趣味
    宮城県登米市南方町翌沢70
    5万平方mの広大な庭園に300種、80万本の花菖蒲が咲く。6月中旬-7月上旬にはみなみかた花菖蒲まつりが開催される。幻の花といわれる純白と薄紫色の6枚花の花且美[はなかつみ]は見もの。
  • 広瀬通
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区
    仙台駅や「クリスロード」などのアーケード街にも近い仙台市内のメインストリート。イチョウ並木が美しい秋の散策もおすすめ。

宮城の主要エリア

around-area-map

東北の雄・伊達正宗を生んだ宮城県は、自然に恵まれた景勝地や歴史的な観光地など魅力にあふれた地域です。 三大都市圏からアクセスがしやすく、東北新幹線や飛行機、東北自動車道路などが利用できます。東京からは東北新幹線で1時間31分、名古屋や大阪から飛行機では仙台空港まで1時間10分です。 宮城県といえば、日本三景の松島が有名です。松島は景観もとてもきれいですが、国宝に指定されている「瑞巌寺」など、歴史的にも価値のある場所となっています。 他にも、国宝に指定されている「大崎八幡宮」、雄大な景観が楽しめる「蔵王連峰」、海と奇岩が織りなす自然の景観を楽しめる「三陸復興国立公園」など、自然と歴史が楽しめる県です。 ご当地グルメは牛タンをはじめ、松島で取れたカキをふんだんに使ったカキ丼や、すいとんに似た「つゆはっと」など、おいしいものがたくさんあります。

宮城の写真集

目的から探す