NAVITIME Travel

香川の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 瀬戸内海国立公園五色台ビジターセンター
    遊ぶ/趣味
    香川県坂出市王越町木沢西山1733-18
    「瀬戸内海国立公園」内にある自然体験施設。自然情報の発信や収集のための基地、また同国立公園の主要利用拠点として作られた。五色台の豊かな景観に囲まれた施設内には自然に関する常設展示を設置しているため、瀬戸内の自然や歴史、環境について楽しみながら学ぶことができる。また、昆虫観察会やキャンドル作りといった体験教室の他、ビジターセンター周辺をスタッフと一緒に歩く自然観察なども開催。近くには一般団体や学校団体が利用できる「自然体験ハウス」がある。
  • 四谷シモン人形館 淡翁荘
    遊ぶ/趣味
    香川県坂出市本町1-6-35
    坂出駅から徒歩で約8分の距離にある人形館。「だし醤油」で有名な鎌田醤油グループが支援・運営を行っている。鎌田醤油本社工場に隣接する洋館には人形作家・四谷シモン氏が手がける不可思議な球体関節人形23体を展示。登録有形文化財に指定された淡翁荘の金庫やトイレ、押し入れの中など至る所に人形作品が潜んでいる。郷土の史料を保存・研究・公開する「鎌田共済会郷土博物館」や古来より伝わる醤油画の技法を用いた作品を展示する「小沢剛 讃岐醤油画資料館」も併設しているため、合わせて訪れる人も多い。
  • 壺井栄文学館
    旅行/観光
    香川県小豆郡小豆島町田浦甲931 二十四の瞳映画村内
    小豆島が生んだ稀代の女流作家・壺井栄を紹介する文学館。映画「二十四の瞳」のロケ用オープンセットを改築した「二十四の瞳映画村」の一画で代表作の原稿や愛用品、数々の初版本などを展示している。メインコーナーでは名作「二十四の瞳」の原稿を中心に栄の年譜を紹介。最初に発表された雑誌「ニューエイジ」や同氏が愛用した万年筆などここでしか見られない資料も多い。小豆島は作家の壺井栄と黒島伝治、詩人の壺井繁治という三人の文学者を生み出した島。それぞれに設けられたコーナーで彼らの生き様や業績に触れることができる。
  • タケサン記念館小豆島佃煮の郷 一徳庵
    旅行/観光
    香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2211
    醤油・佃煮工場が軒を連ねる「醤の郷(ひしおのさと)」内の専門店。小豆島佃煮の父・武部吉次の信念と情熱を受け継いだこだわりの醤油と佃煮を作り続けている。歴史ある佇まいは創業当時に佃煮工場だった建物を改装したもの。戦前には醤油の醸造蔵として使用されていた趣深い建築物だ。店内では昭和20年(1945)の創業当時に作られた小豆島佃煮の原点・芋の蔓の佃煮を展示。今日までの醤油と佃煮の発展を知ることができる。
  • 小豆島尾崎放哉記念館
    旅行/観光
    香川県小豆郡土庄町甲1082
    土庄港から車で約5分の距離にある記念館。放浪の生涯の中で多くの自由律俳句を残した大正期の俳人・尾崎放哉に関する資料を展示している。ここは放哉が小豆島霊場のひとつ、南郷庵の庵主として最後の8か月を過ごした場所。建物は往時の南郷庵の姿を復元したもので、彼の偉業や世界観に触れることが可能だ。師・荻原井泉水のご遺族から寄贈された貴重な資料の中には未発表の句稿も含まれている。
  • 七仏薬師
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町三井ノ江
    JR土讃線・善通寺駅から徒歩約15分の距離に佇む薬師如来。善通寺伽藍から東に延びる「善通寺赤門筋商店街」の1画に石造りの像が立っている。元々は吉原大池のほとりに本尊があったが善通寺創建1200年を機に吉原町七仏薬師寺から現在の地に勧請された。お参りすると母乳の出がよくなると言われていることから「乳薬師」の愛称で親しまれる七仏薬師だ。毎月8日に行われる法要では「赤門八日市」も開催され、多くの地域住民で賑わう。
  • 有岡古墳群
    旅行/観光
    香川県善通寺市善通寺町
    善通寺市の市街地を見渡せる場所にある古墳群。弘法大師の祖先ともいわれる豪族の墓群と言われている。元々善通寺市は古墳の街として知られる地域。市内全域に大小400基もの古墳が確認されている。中でも同じ系図の首長墓と考えられているのが有岡古墳群の中央に位置する「王墓山古墳」だ。全長46mの前方後円墳は6世紀半ばに作られたもの。石室からは土器類や装飾品、武器や馬具などが出土している。4/29は市が制定した「古墳の日」。この日は普段入ることができない王墓山古墳の横穴式石室内部や野田院古墳の墳丘などを公開している。
  • 香色山ミニ八十八ケ所
    旅行/観光
    香川県善通寺市善通寺町1079
    弘法大師空海の御誕生地・善通寺の裏手に広がるハイキングコース。香色山山麓の五智院を起点に四国88カ所にちなんだ一寺一仏石像88体が配されている。一周約1.6kmの起伏に富んだコースは健康づくり格好の場。四国巡礼と同じご利益が得られると言われれているコースは道沿いにいこいの広場やミニパーク、菖蒲園などを完備。巡拝のご利益にあやかるだけでなく四季折々の花が楽しめるふれあい公園として多くの人々が足を運んでいる。
  • 善通寺市立郷土館
    旅行/観光
    香川県善通寺市善通寺町6-1-4
    善通寺伽藍赤門から東へ徒歩3分ほどの距離にある郷土館。市内から出土した考古資料約800点を中心に考古・歴史・民俗に関するおよそ1000点の資料を展示している。元々は明治10年(1877)の重要文化財・旧善通寺偕行社を使用していたが、同建物を重要文化財建造物として保存修理するため平成17年からここ赤門筋に移転。旧石器時代から戦国時代頃までの考古資料の中には国の歴史を研究する上で非常に貴重な資料も多い。
  • 灸まん美術館
    rating-image
    2.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県善通寺市大麻町338
    JR琴平駅から徒歩約15分の距離にある美術館。象頭山を一望する景勝地で郷土出身の画家・和田邦坊や陶芸家・大森照成の作品を常時展示している。多岐にわたって活躍した和田邦坊の作品は香川郷土菓子のパッケージにも広く使われた馴染み深いものばかり。館内にはカフェも併設しているため、ゆったり鑑賞した後の休憩に最適だ。静かな空気の中で名物・灸まんをはじめコーヒーや抹茶などを頂くことができる。

    灸まんうどんの隣にある美術館。饅頭屋がうどん屋やって、うどん屋が美術館やってるのかな?よくわかりませんが展示品はなかなかおもむきのあるものでした。

  • 乃木館
    旅行/観光
    香川県善通寺市南町2-1-1
    四国管区警察局警察学校の敷地内にある「陸上自衛隊善通寺駐屯地資料館」の通称。元々は旧陸軍第11師団司令部として建てられたもので、現在は資料館として一般開放している。歴代の師団長が使用した執務室には軍神として名高い初代師団長・乃木将軍を記念する品々を展示。設置されている机や椅子は代々の師団長が実際に使用していたものだ。外には戦車やヘリコプターなども展示されており、これまでの歴史や当時の様子などを学ぶことができる。
  • 善通寺市美術館
    遊ぶ/趣味
    香川県善通寺市文京町2-1-3
    善通寺市役所の隣に佇む美術館。善通寺出身の漆芸家・大西忠夫より多くの作品の寄贈を受けて美術館・大西忠夫記念館として開館した。一階の常設展示場では同氏の漆芸作品や漆額、花器などを展示。館内にはこのほか2つの展示室を備えており、貸館として近隣の美術愛好家グループ等が利用している。普段は1部屋のみを「大西忠夫記念館」としているが、毎年10月の特別展では全館を使用して氏の作品を展示。伝統の漆芸に絵画的要素を取り入れた独特の世界観が堪能できる。
  • 多度津町立資料館
    旅行/観光
    香川県仲多度郡多度津町家中1-6
    多度津町制施行100周年を記念して建設された資料館。多度津にゆかりのある文化財等の資料を収集・公開している。瀬戸内海に面した多度津は幕末の明治から昭和初期にかけて鉄道業で栄えた地域。北前船の寄港地として賑わい、香川近代化の先駆けとして活躍した町だ。資料館内には地域に密着した資料を多数展示。四国最初の測候所や電灯会社が設立され、四国における近代文化の発祥地として繁栄した多度津の歴史を知ることができる。
  • 菊池寛記念館
    旅行/観光
    高松市昭和町1丁目2-20 サンクリスタル高松3F
    「真珠夫人」等の作品で有名な菊池寛の記念館です。
  • 宮が尾古墳史跡公園
    遊ぶ/趣味
    香川県善通寺市善通寺町3214-45
    全国でも珍しい、線刻画の描かれた装飾古墳の史跡公園です。 墳丘はほぼ完全な状態で残されています。 善通寺市が制定した『古墳の日』である4月29日には横穴式石室内部を見学することができます。
  • 平和の群像
    旅行/観光
    香川県小豆郡土庄町吉々浦土庄港
    土庄港のバス乗り場近くで観光客を迎えるブロンズ像。モチーフは『二十四の瞳』に登場する大石先生と12人の子供たちだ。平和への祈りを込めて昭和31年(1956)に制作された。背後にオリーブの木が茂り、小豆島観光のシンボルになっている。
  • 坂出市塩業資料館
    旅行/観光
    香川県坂出市大屋冨町1777-12
    塩業で栄えた坂出市の塩作りに関する資料や道具を展示。往時の入浜式塩田をパノラマで再現。ビデオやパネルで製塩作業の手順、製塩技術の歴史などを紹介している。
  • 丸亀平井美術館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県丸亀市土器町東8-538
    ビルの名「モトリス」のイニシャルMをかたどった前衛的な外観デザインが印象的。丸亀新聞放送会館の1-3階にあり、日本にあまり紹介されていない1990年代以降のスペイン中堅・若手作家の作品を展示。所要30分。

    丸亀駅のすぐ近くの美術館に後に行きましたが、駅からは結構離れています。近代アート作品が展示されているので巣が、あまり感動はしませんでした。好き好きということでしょうか。

  • 笠島集落
    旅行/観光
    香川県丸亀市本島町笠島
    本島の北東に位置し、塩飽水軍が本拠地としたところ。江戸後期-明治期の建物30数棟が残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。細い路地に沿って、白壁、なまこ壁や格子窓、虫籠窓[むしこまど]の家並みが続き、このうち真木[さなぎ]邸(笠島まち並保存センター)、真木[まき]邸(ふれあいの館)、藤井邸(文書館)の3棟が一般公開されている。
  • 最明寺
    旅行/観光
    香川県高松市塩江町安原下1-274
    地元では、萩寺として有名。大宝元年(701)、行基が薬師如来像を彫り、本尊として安置したといわれる古刹。

香川の主要エリア

around-area-map

通称「うどん県」としても知られている、讃岐うどんが有名な香川県。 飛行機なら、高松空港には羽田空港から1時間半ほどです。新幹線では、岡山駅でJR快速マリンライナーに乗り換え5駅で高松駅に到着です。所要時間は、4時間半ほど。 香川県は3つのエリアに分けられます。琴平町や丸亀市には、うどん作り体験ができる中野うどん校や、「こんぴらさん」で親しまれる金刀比羅宮があります。銭形砂絵や世界のコイン館などお金に関するスポットが有名な観音寺市も人気です。 高松市には、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島大洞窟や、源平合戦の古戦場として知られる溶岩台地の屋島が人気です。小豆島では、オリーブの木やハーブが栽培されており、実写版『魔女の宅急便』のロケ地にもなった「小豆島オリーブ公園」、国の登録有形文化財にも指定されている「マルキン醤油記念館」などがあります。 ほかにも、イルカとの触れ合える日本ドルフィンセンターや、日本の渚百選にも選ばれた琴林公園の美しい浜辺など、随所で観光を楽しむことができるでしょう。 うどん、骨付鳥、オリーブは、香川県に行ったら必ず味わいたいグルメです。

香川の写真集

目的から探す