NAVITIME Travel

丸亀・琴平の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 金刀比羅宮
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町892-1
    琴平町の象頭山(標高521m)中腹に位置する神社。「こんぴらさん」の愛称で親しまれている。由緒は諸説あるが、いずれも神仏習合の寺社であることを伝える。主たる祭神の大物主神とともに、崇徳天皇が合祀。特に海の守護神として信仰を集めている。宝物館や表書院のほか、高橋由一の油絵を展示した「高橋由一館」など見どころも多い。

    金刀比羅宮・御本宮の手前、石段を477段登ったところにあります。開館は8時半ですので、私が昇り降りした時間帯は中に入ることができませんでした。国の重要文化財に指定されているそうです。

  • 丸亀城
    旅行/観光
    香川県丸亀市一番丁
    標高約66mの亀山に築かれた平山城で、亀山城とも呼ばれている。割って加工した石を用いて積み上げた打ち込みハギ、自然石を組み合わせて積んだ野面積みなど様々な石の積み方が見られ、石垣の名城として名を馳せている。日本一の高さといわれる石垣に鎮座する天守は、現存する12天守のうちの一つで、自然と調和した独特の様式美を今に伝えている。大手一の門・大手二の門が、昭和32年(1957)、国の重要文化財に指定された。
  • 金刀比羅宮御田植祭
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町五條
  • 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
    遊ぶ/趣味
    香川県丸亀市浜町80-1
    丸亀市にある美術館。略称はMIMOCA(ミモカ)。この地で少年時代を過ごし、世界的に活躍した画家・猪熊弦一郎氏の画業顕彰と、市民の芸術文化振興を目的として開設。全国でも類を見ない「駅前美術館」として開かれた美術館を目指している。寄贈作品約2万点を常設展にて紹介しているほか、年数回の特別展示も開催。併設のカフェでは企画展ごとに入れ替わるオリジナルの限定スウィーツも好評。
  • うちわの港ミュージアム
    rating-image
    3.5
    27件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県丸亀市港町307-15
    丸亀市で生産される丸亀うちわの歴史を伝える博物館。江戸時代、金毘羅参りのみやげとして考案されたという丸亀うちわは丸亀の代表的地場産業であり、国の伝統的工芸品にも指定されている。館内には江戸期から現代に至るまでのさまざまな丸亀うちわや、全国の主なうちわ、さらにうちわづくりの模型人形などを展示。実演コーナーでは伝統の技を見学できる。JR「丸亀駅」から徒歩15分。

    丸亀に来たからには、どうしたらいいか。城だけでは寂しすぎる、うどんや鶏肉には早すぎる。 ということで期待をせずに行きました。街がそれほど大きくないからか、城との間に灯台が見えてラッキーでした。 博物館は小さかったけど、うまく展示してあり、団扇の形には各地の特徴があるとは知りませんでした。 また子供も自分で作った団扇に大喜びでした。 欲を言えば、団扇の柄に若者向けや、販売しているようなカッコいいのが...

  • 金陵の郷
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県仲多度郡琴平町623
    JR「琴平駅」から徒歩約10分。琴平の地酒「金陵」の製造元による日本酒の資料館。金刀比羅宮の参道口に面して建つ。元貯蔵倉を活用した歴史館では、酒造りの工程を道具類を用いて説明。元仕込蔵である文化館では徳利や杯などを展示し、酒づくりに関する歴史や文化を紹介している。館内では清酒 金陵の試飲も可能。

    金比羅さんの帰り道に休憩がてらに寄りました。酒蔵の展示です。よく出来でいました。中庭には大きな神木があり、気持ちいい空間です。

  • 厳魂神社(奥社)
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町892-1
    樹木が鬱蒼とした静かな山道の様相を呈している道を約1キロほど歩いた先にある厳魂神社の奥社。海抜は421mで表参道からの石段は全1368段もある。金刀比羅本教の教祖である厳魂彦命が祭られており、御守所では、開運おみくじやお守りの授与を行っている。また眺望が素晴らしい場所で琴平の町から讃岐富士、さらには瀬戸内海まで一望できる。
  • 弥谷寺
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    香川県三豊市三野町大見乙70
    山岳霊場のため本堂まで540段を要する弥谷寺は、四国霊場第71番で日本三大霊場のひとつに数えられていたとされる。また霊場有数の難所と知られていて病厄に霊験ありと伝えられてきた。現在は足腰に不安のある参拝者向けのシャトルバスも用意されている。

    ここの参拝は年々苦痛となりつつある。何度も遍路していると実感出来るのだが、歳には勝てない。数年前からは寺院の車両での送迎をお願いしている。それでも境内に至るにはそこそこの石段を登る必要がある。徒歩で、と思っている人共通なんだが、凄く健脚で羨ましい。送迎車とほぼ変わらない時間で境内まで登って来る。如何に一直線で近道とは云え、あの階段をこれだけの時間で登行して来られる人にはいつも感心する。阿弥陀三尊の...

  • 二宮忠八飛行館
    遊ぶ/趣味
    香川県仲多度郡まんのう町追上358-1(道の駅 空の夢もみの木パーク)
    ライト兄弟が有人動力飛行に成功する14年前、世界で初めて飛行原理を着想した二宮忠八のにちなんだ博物館。忠八考案のカラス型飛行器と英国航空博覧会出品の玉虫型飛行器をはじめ、つくば科学万博にも出品された翼長8mの玉虫型飛行器等の展示物がある。またデジタル映像の二宮忠八物語や飛行ゲーム・クイズゲーム等遊びながら学べるコーナーもある。
  • 宝物館
    遊ぶ/趣味
    香川県仲多度郡琴平町892-1
    文部省技師の久留正道の設計により明治38年(1905)に建てられた「宝物館」。香川県産の花崗石造による二層建、屋根は入母屋造で「青木石」の瓦葺、玄関は唐破風造の銅葺、という和洋折衷の重厚な建物だ。館内には金毘羅宮の宝物が陳列されていて、重要文化財である十一面観音立像や三十六歌仙額が特に有名だ。
  • 琴平町立歴史民俗資料館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町758-1
    琴平町の歴史・文化・民族・四国こんぴら歌舞伎大芝居に関する資料が展示されている資料館。日本最古の芝居小屋と知られる旧金毘羅大芝居(金丸座)の跡地に建てられている。江戸時代の琴平の町並みを再現したパノラマ模型が展示され、琴平町の歴史を学ぶことができる。

    旧金毘羅大芝居「金丸座」を見学した後、こちらも見学しました。金丸座の移設復元工事竣工後は歴史民俗資料館(琴平町文化会館)となり、金丸座関連の多くの展示があります。「四国こんぴら歌舞伎大芝居」に出演された有名な役者さん達の寄せ書きや金毘羅さんの歴史がよくわかる展示もあり、訪れてよかったと思います。

  • 高燈籠
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町361
    国の重要有形民俗文化財に指定されている「高灯篭」は、慶応元年(1865)に完成した、高さ27mの日本一高い灯籠だ。高い石の基壇の上に木製の灯台が築かれており、内部は3階建てになっている。壁に江戸時代の人々の落書きが今も残されている。
  • 金倉寺
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    香川県善通寺市金蔵寺町1160
    子授けや安産、また子供や女性の守り神さまとして古くから信仰されてきた「金倉寺」は、地元の人々から「おかるてんさん」の愛称で親しまれてきた。金倉寺の訶利帝母(かりていも)さま。 鬼子母神(きしもじん)さまとも呼ばれている。祈願をはじめる前に、おかるてんさんの象徴でもあるこのザクロの香りを練り込んだ塗香「柘榴香」で清めるが、リラックス効果も抜群なのでお土産にも最適だ。

    個人的嗜好からは余り好きにはなれない寺院です。空海の甥の智証大師の生誕地に建つ寺院らしいが、金色の小判の置物とか大黒さんとか・・・私の趣味には合いません。寺院の縁起はなかなかの物ですが、かつての乃木希典氏の関係とか・・・興味がない,賛同出来兼ねる思考の方なので・・・。

  • 旧善通寺偕行社
    旅行/観光
    香川県善通寺市文京町2-1-1
    重要文化財である「旧善通寺偕行社」は、明治29年(1896)善通寺町に開設された、陸軍陸軍将校の親睦及び学術研究を目的とする団体のひとつ、第十一師団が竣工した建物だ。かつては全国に存在していたが、現存するものは非常に少なく、希少な存在となっている。現在は午前10時-午後4時まで自由に見学することができ、予約制で大広間等を借りることも可能だ。
  • 鞘橋
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町阿波町
    寛永元年(1624)に架橋された、と古い書物に残る「鞘橋」は、何度も災害に遭ってきたが、現在のものは明治2年(1869)に建築され、明治38年(1905)に現在の場所に移築となった。刀の鞘のような形をした屋根のある珍しい橋だ。
  • 滝宮天満宮
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    香川県綾歌郡綾川町滝宮1314
    讃岐の学問の神様「滝宮天満宮」。仁和2年(886)に、菅原道真公が讃岐の国司となり阿野南条郡滝宮の官舎に住まわれ、現在の神社境内地はその官舎跡と伝えられている。毎年社前に執行する念仏踊りは国指定重要無形民俗文化財に指定されていて、毎年8/25は雨乞いと五穀豊穣を願う千年以上続く神事を見るため大勢の観光客が訪れる。

    全国の神社で菅原道真公を祀る神社はたくさん有りますが、ここはちゃんとした由来が有る神社で香川では一番の「学問の神」を祀る場所です。 菅原道真が42歳の886年-890年までの4年間を讃岐国の国司として勤めた官舎跡が現滝宮天満宮と云われており、道真公の没後である948年に建立されたらしいです。 ここは幾つかの逸話がある様で ①うどんの発祥の地 ②四国の相撲発祥の地 ③念仏踊り発祥の地 ④道真公が桃太...

  • 萩原寺(萩寺)
    旅行/観光
    香川県観音寺市大野原町萩原2742
    四國三十六不動霊場二十八番・四國別格二十霊場十六番・四国讃州七福之寺弁財天である「萩原寺」。毎年9月第2土曜-末日まで行われる「萩まつり」が有名だ。境内に萩の花が咲き乱れ露天や骨董市も出店し賑わいをみせる。本堂をはじめ、登録有形文化財に指定されている建築物が多い。
  • 五穀山 神野寺
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    香川県仲多度郡まんのう町神野45-12
    四国八十八箇所霊場の第十七番別格である「五穀山 神野寺」は、弘法大師が満濃池の修築工事を手がけた際、この地に留まられ、後に満濃池鎮護として寺を建てられたとされる。戦火で廃寺となっていたが昭和9年(1934)に有志により堂宇の一部を再建された。本尊は薬師如来。

    日本最大の灌漑用水と知られますため池、満濃池に寄り添うように、建立されています。満濃池が、圧倒されるほど大きいため、その存在感に、かなりひっそりとたたずんでいる感じの霊場です。この霊場には、大師堂はありません。本堂の横の階段を昇って行きますと、大きな弘法大師像があります。

  • 旭社
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町892-1
    国の重要文化財に指定されている「旭社」は、金刀比羅宮の参道の途中にある境内社のひとつ。天保8年(1837)に建てられた社殿で高さ約18m、銅板葺の総欅造二重入母屋造で、全て槻材が用いられている。上層の屋根裏には巻雲が、そして柱間・扉には人物・鳥獣・草花が彫刻されており華麗で貴重な建物だ。
  • 屏風浦 海岸寺
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    香川県仲多度郡多度津町西白方997
    弘法大師誕生ゆかりの寺であり、四国別格二十霊場・四国三十六不動霊場・讃岐十二支霊場の「海岸寺」。毎月28日お不動さまの縁日の午前10時より、山の不動坊にて「悪縁悪霊断ち不動護摩」を厳修していることでも有名だ。清浄の気にふれることにより様々な祈願にご利益がある。

    四国別格20霊場第18番札所、海岸寺さんです。正式名称では、屏風浦海岸寺となっています。その言われは、本堂から石畳を進みますと裏手側に、穏やかな海の瀬戸内海が広がります。その浜から見上げます山々は、まるで立て方屏風のような形をしていることから、その浜を屏風の浜と呼ばれています。そのことから屏風浦海岸寺さんとなっているようです。このお寺は、本堂と奥の院の大師堂が、かなり離れていますので、本堂にありま...

香川の主要エリア

around-area-map

通称「うどん県」としても知られている、讃岐うどんが有名な香川県。 飛行機なら、高松空港には羽田空港から1時間半ほどです。新幹線では、岡山駅でJR快速マリンライナーに乗り換え5駅で高松駅に到着です。所要時間は、4時間半ほど。 香川県は3つのエリアに分けられます。琴平町や丸亀市には、うどん作り体験ができる中野うどん校や、「こんぴらさん」で親しまれる金刀比羅宮があります。銭形砂絵や世界のコイン館などお金に関するスポットが有名な観音寺市も人気です。 高松市には、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島大洞窟や、源平合戦の古戦場として知られる溶岩台地の屋島が人気です。小豆島では、オリーブの木やハーブが栽培されており、実写版『魔女の宅急便』のロケ地にもなった「小豆島オリーブ公園」、国の登録有形文化財にも指定されている「マルキン醤油記念館」などがあります。 ほかにも、イルカとの触れ合える日本ドルフィンセンターや、日本の渚百選にも選ばれた琴林公園の美しい浜辺など、随所で観光を楽しむことができるでしょう。 うどん、骨付鳥、オリーブは、香川県に行ったら必ず味わいたいグルメです。

香川の写真集

目的から探す