NAVITIME Travel

香川のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 高燈籠
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町361
    国の重要有形民俗文化財に指定されている「高灯篭」は、慶応元年(1865)に完成した、高さ27mの日本一高い灯籠だ。高い石の基壇の上に木製の灯台が築かれており、内部は3階建てになっている。壁に江戸時代の人々の落書きが今も残されている。
  • 旧善通寺偕行社
    旅行/観光
    香川県善通寺市文京町2-1-1
    重要文化財である「旧善通寺偕行社」は、明治29年(1896)善通寺町に開設された、陸軍陸軍将校の親睦及び学術研究を目的とする団体のひとつ、第十一師団が竣工した建物だ。かつては全国に存在していたが、現存するものは非常に少なく、希少な存在となっている。現在は午前10時-午後4時まで自由に見学することができ、予約制で大広間等を借りることも可能だ。
  • 讃州井筒屋敷
    rating-image
    3.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    香川県東かがわ市引田2163
    江戸時代から続く酒と醤油造りで栄えた豪商・井筒屋の屋敷を改装した、引田の町を観光する際の拠点施設である。母屋では昔ながらの座敷や庭園を見学可能。食事処や特産品販売がある他、和三盆型抜き体験やオリジナル手袋、革小物作りといった地元の伝統産業を体験できる。

    引田歴史の街並みで中心をなす明治から昭和にかけて繁栄した醤油商家です。300円払うところ店の前に置いてある「うどんパスポート」で50円引き。ボランティアの年配の男性が解説してくれました。かつては香川県でも番付にのるほどの豪商の面影は残していますが、時代の波についていけなかったのでしょう。蔵、茶室、庭、欄間は見ごたえがありました。

  • 倉の館 三角邸
    旅行/観光
    香川県綾歌郡宇多津町2148
    洋風の三角塔屋が目印の屋敷。昭和初期に地元の肥料商だった堺芳太郎氏の別邸として建てられた。書院造りの様式を取り入れた和風の建物の隣に、ステンドグラスがはめられた洋館が作られているのが特徴。近代和風建築として貴重な存在であることから、大門や外塀と共に国の登録有形文化財に指定されている。
  • 太助灯籠(江戸講中灯籠)
    旅行/観光
    香川県丸亀市西平山町
    かつて「金毘羅詣」の上陸港として賑わった丸亀港のシンボル。天保9年(1838)に江戸在住の人々が浄財を出し合って完成したもので、最高額を寄付した「塩原太助」の名にちなんで「太助灯籠」と呼ばれている。当時は近くにもう二基の灯籠が立っていたが、第二次大戦の折に金属供給により徴収されたため、今はこの江戸講中灯籠一基が残るのみ。かつての参拝客が目印にした灯籠は今も夜になると明かりが灯り、今日も丸亀港を見守っている。
  • 平和の群像
    旅行/観光
    香川県小豆郡土庄町吉々浦土庄港
    土庄港のバス乗り場近くで観光客を迎えるブロンズ像。モチーフは『二十四の瞳』に登場する大石先生と12人の子供たちだ。平和への祈りを込めて昭和31年(1956)に制作された。背後にオリーブの木が茂り、小豆島観光のシンボルになっている。
  • 国分寺
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    香川県高松市国分寺町国分2065
    天平13年(741)、聖武[しょうむ]天皇の勅願で行基が開いたという寺。四国霊場第80番札所だ。一帯は国の特別史跡に指定され、仁王門から本堂(重要文化財)へ向かう途中に七重塔や金堂の礎石が残る。寺の背後に整備された讃岐国分寺跡の遺構や復元家屋も見ておきたい。

    天平13年(741年)聖武天皇の勅願により全国に建立されました国分寺の一つです。行基が、十一面千手観世音菩薩像を安置し開基しました。その後、弘法大師様の本尊や伽藍の補修により、四国霊場に定めてそうです。

  • 本島
    旅行/観光
    香川県丸亀市本島町
    周囲約16km、塩飽全島の政治・経済の中心地だ。かつて全島統治の政務所だった塩飽勤番所(史跡)や、古い家並みが残る笠島集落などが往時の面影を伝える。島内にタクシーなどはないので、泊港の待合所で貸し出すレンタサイクル(料金:1日500円、電動自転車1日1500円)を利用するといい。主なみどころを回って2-3時間。
  • 道の駅 恋人の聖地うたづ臨海公園
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県綾歌郡宇多津町浜1番丁4
    海沿いに広がる憩いの公園は、瀬戸大橋を望める絶好のロケーション。瀬戸内海に沈む美しい夕日や瀬戸大橋のライトアップが楽しめるなどデートスポットとして大人気。園内には家族連れに好評の「遊具広場&芝生広場」や、かつて宇多津町の基幹産業であった塩づくり体験ができる「入浜式塩田」がある。

    香川県の道の駅は結構、他のエリアの道の駅と異なり「道の駅っぽくない」所が多いのですが、ここもそうで公園を道の駅にした感じでトイレ等も普通の公園仕様だったりします。 駐車場も元々は200台程停められる大きなものがあったのですが、2020年開業の四国最大の水族館予定地となり閉鎖され、今は50台ほどのスペースが有りますが24時間停められない日程が多いです(金・土・日・祝日・祝前日は22時-翌7時が閉鎖...

  • オーテ
    旅行/観光
    香川県高松市女木町
    女木港周辺の集落で見られる高い石垣「オーテ」。局地的な強風を避けるため、明治初期から昭和の中ごろまでに建てられた石垣で、なかには4mを越すものも。独特な風景で島の暮らしを物語っている。
  • 尾上邸
    旅行/観光
    香川県丸亀市広島町立石
    江戸末期に千石船で繁栄した廻船問屋の邸宅。青木石を約4.5mの高さに積み上げた見上げるような石垣と、総ケヤキ造りの家屋からは当時の繁栄ぶりが窺える。
  • 宮が尾古墳
    旅行/観光
    香川県善通寺市善通寺町3214-45
    7世紀初頭につくられた古墳で、壁面に線刻画が描かれた全国でも珍しい装飾古墳。現在は古墳公園として整備されている。毎年4月29日は石室内を一般公開。 【写真提供】善通寺市教育委員会
  • 豊稔池堰堤
    旅行/観光
    香川県観音寺市大野原町田野々1050
    大正15年(1926)から4年の歳月をかけて造られた、日本最初期のマルチブルアーチダム(アーチ式ダムを複数つなげたもの)。農地の水がめとして今も使用されている。ヨーロッパの古城のような佇まいで、国の重要文化財に指定されている。毎年、夏(不定期)に行われるゆる抜き(放流)風景は、季節の風物詩として知られている。
  • モアイ像
    旅行/観光
    香川県高松市女木町
    女木港を訪れる人びとを出迎えてくれるモアイ像は、イースター島のモアイを再建する際、吊り上げテスト用に作られたもの。高松に本社を置く建設重機メーカーより寄贈された。
  • 咸臨丸乗組員の墓
    旅行/観光
    香川県丸亀市広島町
    万延元年(1860)に初めて太平洋横断を成し遂げた咸臨丸。この乗組員のうち35名が塩飽諸島出身、うち11名が広島の出身だったそう。その乗組員の墓が島内のあちこちにある。
  • 中央公園
    遊ぶ/趣味
    香川県高松市番町1-11-1
    高松中央球場跡地を利用した、高松市役所に面する広大な公園。敷地内には、菊池寛や玉楮象谷といった香川ゆかりの作家や芸術家の像を含む、13の彫刻が点在する。入園料なども不要なので、季節と共に変化する風景をバックに、気軽にアート作品を楽しんでみよう。
  • 沙弥島
    旅行/観光
    香川県坂出市沙弥島
    万葉の島として親しまれる、現在は陸続きになっている島。かつて柿本人麻呂[かきのもとのひとまろ]がこの島に船をつけ歌を詠んだといわれ、瀬戸大橋を臨む浜には柿本人麻呂の碑がある。遊歩道沿いには白石古墳などみどころもあり、散策もおすすめ。
  • 有岡古墳群
    旅行/観光
    香川県善通寺市善通寺町
    善通寺市には数多くの古墳が残る。市の南西部に広がる有岡古墳群の1つ、王墓山古墳は6世紀前半につくられた前方後円墳。7世紀初頭に作られた宮が尾古墳には、全国的に注目されている壁画がある。大麻山中腹にある、野田院古墳は標高約400mに築かれた積石塚古墳。いずれも国指定史跡で史跡公園として整備され、毎年4月29日は石室内を一般公開。 【写真提供】善通寺市教育委員会
  • 二十四の瞳平和の群像
    旅行/観光
    香川県小豆郡土庄町吉々浦土庄港
    小豆島の玄関口・土庄港すぐに建つブロンズ像。小豆島出身の作家・壺井栄の不朽の名作である「二十四の瞳」の像が島に到着した人々を出迎えている。高速船ターミナルそばのこの辺りは平成21年(2009)公開の映画「ぼくとママの黄色い自転車」のロケ地になった場所。オリーブの木々に囲まれた小豆島らしいスポットだ。女性教師と12名の生徒をモデルにした像には平和と幸せを求める永遠の願いが込められている。
  • 天狗岩丁場
    旅行/観光
    香川県小豆郡小豆島町岩谷

香川の主要エリア

around-area-map

通称「うどん県」としても知られている、讃岐うどんが有名な香川県。 飛行機なら、高松空港には羽田空港から1時間半ほどです。新幹線では、岡山駅でJR快速マリンライナーに乗り換え5駅で高松駅に到着です。所要時間は、4時間半ほど。 香川県は3つのエリアに分けられます。琴平町や丸亀市には、うどん作り体験ができる中野うどん校や、「こんぴらさん」で親しまれる金刀比羅宮があります。銭形砂絵や世界のコイン館などお金に関するスポットが有名な観音寺市も人気です。 高松市には、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島大洞窟や、源平合戦の古戦場として知られる溶岩台地の屋島が人気です。小豆島では、オリーブの木やハーブが栽培されており、実写版『魔女の宅急便』のロケ地にもなった「小豆島オリーブ公園」、国の登録有形文化財にも指定されている「マルキン醤油記念館」などがあります。 ほかにも、イルカとの触れ合える日本ドルフィンセンターや、日本の渚百選にも選ばれた琴林公園の美しい浜辺など、随所で観光を楽しむことができるでしょう。 うどん、骨付鳥、オリーブは、香川県に行ったら必ず味わいたいグルメです。

香川の写真集

目的から探す