NAVITIME Travel

岡山の歴史的建造物スポット一覧

  • 倉敷美観地区
    旅行/観光
    岡山県倉敷市
    倉敷市の美観地区景観条例に基づき定められた地域。厳密には国の「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されている「倉敷市倉敷川畔伝統的建造物群保存地区」と、倉敷市が条例で定めている「伝統美観保存地区」がある。美観地区を代表する「倉敷川畔」は倉敷川に並び立つ柳並木と白壁の土蔵が美しく、大原美術館をはじめとした文化施設、観光名所が立ち並ぶ。
  • 備中松山城(休業中)
    rating-image
    4.5
    275件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県高梁市内山下1
    現存する天守を持つ山城として、日本一高い標高430mにある備中松山城。鎌倉時代、有漢郷の地頭・秋庭重信が大松山に城を築いたことが起源であり、天和3年(1683)水谷勝宗によって修築、現在の天守の姿となった。山上には堅牢な岩壁がそびえ、難攻不落と称された城の面影が伺える。9月下旬から4月上旬の早朝には、雲海が浮かぶ姿を見られることでも名高い。大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像に使用された。

    このお城は高梁市街から車で10分位の所にあり麓に駐車場があります。駐車場からは有料のシャトルバスが5合目まで出ていますが山頂にお城があるためそこから20分位登らなければなりません。お城は下から見上げて観ると綺麗に見え、お城からは高梁市街が綺麗にみえます。お城までは結構歩くので登りきった時は息が切れていました。

  • 大橋家住宅
    rating-image
    4.0
    99件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県倉敷市阿知3-21-31
    倉敷市にある町屋建築の建物。大橋家は江戸時代後期、塩田・新田開発で富を築いた大地主であった。この住宅は通りに面して長屋門があり、主屋が前庭を隔てて門の奥側に配置されている点に特徴がある。昭和53年(1978)に、国の重要文化財に指定された。

    倉敷一古い豪商の館です。蔵も茶室もあり、中は広々しています。展示物はあまりありませんが、いろいろな生花がきれいでした。

  • 広兼邸(休業中)
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町中野2710
    岡山自動車道賀陽ICから約55分。享和(1800)の頃に巨大な富を築いた大野呂の庄屋・広兼氏の邸宅。石垣は江戸末期に建てられたもので、楼門づくりで城郭にも劣らない堂々の姿を誇る。昭和52年(1977)と平成8年(1996)の二度にわたり、映画「八つ墓村」のロケ地となって全国に放映された。小泉銅山とローハ(ベンガラの原料)製造によって繁栄した歴史と、映画を思い出させる豪奢な雰囲気を味わうことができる。

    映画八墓村のロケ地にもなったそうです。 田舎の山の中にあるとてつもない豪邸です。 石垣は見ものですよ。 時間がある方はぜひお金を払って内部を見学してください。

  • 吹屋ふるさと村
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町吹屋838-2
    高梁市成羽町吹屋にある重要伝統的建造物群保存地区。江戸時代には銅の採掘とベンガラ(赤色顔料)の生産によって栄えた町で、赤銅色の石州瓦を使い、外観がベンガラ色で統一された豪商たちの屋敷が軒を連ねる町並みが現在も保存されている。
  • 旧閑谷学校(2020/6/30まで休業中)
    旅行/観光
    岡山県備前市閑谷784
    備前市閑谷にある特別史跡指定の歴史的建造物。1670年に岡山藩主・池田光政により創建されたもので、庶民むけに開かれた公立学校としては現存する世界最古のものである。講堂が国宝に指定されているほか、平成27年(2015)には「近世日本の教育遺産群」のひとつとして日本遺産第一号にも指定された。
  • 旧遷喬尋常小学校
    旅行/観光
    岡山県真庭市鍋屋17-1
    真庭市鍋屋の出雲街道沿いにある歴史的建造物。明治40年(1907)に建てられた木造校舎で、明治後期の代表的な学校建築として国の重要文化財に指定されている。現在は文化施設「久世エスパスランド」の一施設として一般に開放されているほか、映画などのロケ地としても使用されている。また、「旧遷喬尋常小学校なつかしの学校給食」といたイベントも行われる。
  • 旧野崎家住宅
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県倉敷市児島味野1-11-19
    倉敷市児島味野1丁目にある歴史的建造物。江戸後期に製塩業で財を成した野崎武左衛門の屋敷の一つで、県の史跡に指定。約3,000坪に及ぶ敷地内には他にも国重要文化財指定の「旧野崎家住宅」や土蔵群が保存されている。また、「野崎家塩業歴史館」として資料展示も行っている。

    旧野崎家にて特別公開される「おひなさま展」は見ごたえがあります。豪華なひな人形、雛道具が公開されていました

  • 犬養木堂記念館(旧犬養家住宅(木堂生家))
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区川入102-1
    JR庭瀬駅から2kmほど北の山陽新幹線沿いにある国指定重要文化財の民家建築。明治から昭和初期に活躍した政治家犬養毅(雅号、木堂)の生家でもある。建物は江戸時代中期に建造されたものとされ、大庄屋の屋敷構えを良好な状態で保存する貴重な建物である。内部では犬養毅の足跡を偲ぶ遺品や写真、手紙などが展示。土間の天井に張られた梁や主屋の佇まいからは大庄屋の貫禄が感じられる。隣には犬養木堂記念館が隣接しており、「憲政の神」とも称された犬養毅を深く学ぶこともできる。

    入場無料なのが嬉しい。新幹線の高架下の道から少し奥まった所にあります。細い道を通っていると犬養毅だけでなく犬養家の墓所があります。数台程度停車できる駐車場があります。

  • 足守の町並み
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区足守
    岡山市北区足守の足守歴史ふれあい通りを中心とした地域は「足守町並み保存地区」と呼ばれ、多くの蔵造りの建物が並ぶ。もともとは太閤秀吉の正室ねねの兄、木下定家が治めていた足守藩。その城下町の風景を今も色濃く残しているのがこの町並みの特徴。似た地域の同県倉敷市の美観地区が商業の町として華やかな外観が特徴なのに対し、足守は町人の町として落ち着いた雰囲気に魅力がある。周囲には県指定名勝の近水園や足守歴史庭園といった景勝地や緒方洪庵誕生地といった歴史スポットもあり、見どころが多いのも特徴。
  • 旧足守藩侍屋敷遺構
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区足守752
    足守藩の国家老を務めた杉原家の居宅であり、家老屋敷の姿をほぼ完全に残している貴重な建物である。足守街並み保存地区の北側を通る本町通に面した場所にあり、白壁となまこ壁と呼ばれる土壁に囲まれた長屋門が目印となる。母屋は桁行約24.5m、梁間約9mと長く、茅葺屋根の寄棟造をした平屋建てをしている。池泉を中心とした遠洲流の小庭園や茶室なども復元しており、当時の佇まいをその場で感じ取ることができる。
  • 石火矢町ふるさと村
    旅行/観光
    岡山県高梁市石火矢町
    JR備中高梁駅から徒歩約15分。岡山県百名山のひとつ、臥牛山の南麓に広がる備中松山の城下町。武家の町として営まれ、現在も250mに渡って武家屋敷が立ち並んでおり、岡山県のふるさと村の指定を受けている。路地の両脇には白壁の長屋門や土壁が続いており、武家屋敷は格式をもちつつも質素で、昔の面影をとどめている。町並みの一部は武家屋敷、旧折井家・旧埴原家が公開されており、武家の住まいが詳細に再現されている。
  • 高梁市武家屋敷・旧埴原家
    旅行/観光
    岡山県高梁市石火矢町27
    JR備中高梁駅から徒歩約15分。石火矢町ふるさと村の一角にある高梁市武家屋敷。母屋は江戸中期から後期にかけて建てられたと言われており、寺院建築風の装飾や数寄屋風の要素が取り入れられた珍しい造りになっている。近習役や番頭役などを務めた百二十石から百五十石取りの武士の住宅で、市の重要文化財に指定されている。離れの一階には資料室が併設されており、幕末に備中松山藩で活躍した山田方谷にまつわる資料が展示されている。
  • 武家屋敷館
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県真庭市勝山651
    JR「中国勝山駅」より徒歩約10分のところにある展示館。三浦明次の家臣の一人である渡辺唐兵衛の屋敷を、当時の姿に近い形で保存している。200年余の歴史を持つ上級武士の屋敷であり、別名渡辺邸ともいわれる。長屋門の向こうには母屋や土蔵などが並び、昭和61年(1986)に老朽化のため土蔵を修復、展示館とした。甲冑や衣類、古文書など、武家に関する資料を多数展示している。

    古く味のある武家屋敷ですが、やや小さく、庭は狭いのですぐに見終わります。 勝山町並み保存地区の通りから坂を登って、住宅街を少し歩いた場所にあります。 駐車場はありますが、やや狭い通りを進む必要があります。

  • 旧中国銀行倉敷本町支店
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県倉敷市本町3-1
    JR「倉敷駅」から徒歩約15分。倉敷美観地区の本町通りに面して建つ、倉敷ゆかりの建築家・薬師寺主計の設計によるルネサンス風の西洋建築。第一合同銀行の倉敷支店として大正11年(1922)に完成したもので、アーチ窓上部のステンドグラスや、独特なドリス式コラム、3連アーチのドーマー窓が特徴的な、国の登録有形文化財。平成28年(2016)まで中国銀行倉敷本町出張所として使用されていたが、現在は外観のみ見学可能となっている。

    こちらは 倉敷美観地区内にある 国登録有形文化財の建築物の一つですが、現在 外観鑑賞のみしか出来ません。 しかしながら[倉敷アイヒースクエア]内にあった[児島虎次郎記念館]が こちらに移転し(2020年11月予定、[大原美術館]開館90周年記念)、新[児島虎次郎記念館]になるそうで 来年11月以降に訪問すると こちらの内部を知ることが出来ます。 なお こちらの外観鑑賞にて 屋根上にある3つの《屋...

  • 箕作阮甫旧宅
    旅行/観光
    岡山県津山市西新町6
    中国自動車道「津山IC」から車で約10分。旧出雲街道沿いの城東町並み保存地区内にある、幕末に活躍した洋学者・箕作阮甫(みつくりげんぽ)が13歳までを過ごした生家。昭和51年(1976)に母屋、勝手、中庭、井戸など幕末の町家が忠実に復元され、よく江戸時代の姿をとどめているとして、国の史跡に指定されている。建物内は無料で見学が可能で、土蔵には箕作家の家系図も展示されている。
  • 城西浪漫館
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県津山市田町122
    中国自動車道「院庄IC」から車で約10分。大正6年(1917)に建造された、国の有形登録文化財。中島病院の旧本館として使われていたもので、正面に配されたドームや、屋根や窓の細かい装飾が特徴の木造2階建て欧風建築。内部には部屋ごとに異なる材質の大理石を使った暖炉がある。1階にはカフェ「榕菴珈琲」が併設され、大正ロマン漂うノスタルジックな雰囲気の中でコーヒーなどが楽しめる。2階には貸しギャラリーもある。

    ちょうど訪ねた日、城西まるごと博物館という地域の史跡を巡るスタンプラリーイベントをやっており、結構な人出だった。もともとは地域の病院だったが、現在は一階がカフェ、二階が貸しギャラリーだ。国の有形文化財に登録されている大正六年築の洋館。館内はよく残されており、凝った意匠の数々が楽しめる。こういっては失礼だが、津山市は人口規模の割にこうした洋館が多く建築され、しかも現代に残存している。素晴らしいこと...

  • 城東むかし町家(旧梶村家住宅)
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県津山市東新町40
    中国自動車道「津山IC」から車で約10分。城東町並み保存地区内にある江戸時代後期の町家。津山藩から命じられ、札元(現在の銀行)として藩札(領内だけで通用する紙幣)を発行していた梶村家の屋敷。母屋は江戸時代の終わり、西側の部屋は明治時代、洋館を含めた北側の2階建ては大正時代、蔵は昭和初期に建てられ、各時代の生活様式に対応した造りが保存されている。建物は国の登録有形文化財、庭園は登録記念物。内部は無料で見学可能。

    小京都、津山観光で最初に訪れたのが、”城東むかし町家“。通り道は約1㎞に渡り古い町並みが残って、城下町の風情を感じる場所にあります。町家が開く前に到着し待っていたら、暫くして戸が開く音が。何気なく玄関に吊らされた板の由来を聞いたところ、防犯の為の物か定かでないとのことでしたが、あちこちの玄関で見かけるので調べる価値がありそうです。 開放された町家には長く土間が続き、奥に倉や茶室、離れがあるほどの大...

  • 聖廟
    旅行/観光
    岡山県備前市閑谷784
    JR「吉永駅」から車で約5分。江戸時代前期に岡山藩によって開かれた「閑谷学校」の敷地内にある、儒学の祖・孔子を祀る霊廟。最も重要な施設として中央の一番高い場所に配され、奥の大成殿には金銅製の孔子像が安置されている。毎年10月には孔子の徳を称える「釈菜(せきさい)」の儀式が行われる。聖廟に至る石段の左右には「学問の木」と呼ばれる一対の楷の木があり、11月初旬ごろには左側の葉は深紅色、右側は黄色がかった淡紅色に紅葉する。
  • 宮本武蔵生家跡
    旅行/観光
    岡山県美作市宮本946
    大原ICから車で約5分、智頭急行宮本武蔵駅から徒歩で約10分。武蔵資料館のすぐ近く、宮本武蔵休憩所と道路を挟んで向かい側にある史跡で、名前通り江戸初期の剣聖として有名な宮本武蔵の生家である。側に宮本武蔵生誕地記念碑も見られる。1584年に武蔵が生まれた当時の建物は消失しており、現存しているのは昭和17年(1942)に瓦屋で再建されたもの。元は茅葺屋根の家で、近くに神社があったことから宮本の構とおわれていたという。見学は外観のみとなる。

岡山の主要エリア

around-area-map

山と川に囲まれ、田園地帯が大部分を占める自然いっぱいの岡山県。温暖な気候で晴れている日が多いことから「晴れの国」と呼ばれています。 岡山県へは県外からもアクセスしやすく、東京から岡山空港へは約1時間、新幹線岡山駅へは約3時間です。 鬼退治で有名な桃太郎伝説の発祥の地の一つと言われ、「吉備津神社」と「鬼ノ城」ではその歴史のルーツを巡ることができます。 日本が誇る三名園の一つ「後楽園」は岡山市内にあり、岡山城と四季折々の景観のコラボはとても美しく、観光客に人気のスポットです。 倉敷市にある「倉敷美観地区」は江戸の風情が色濃く残っており、そのレトロな景観は見て歩くだけでも楽しく、レンタル着物での散策も人気です。 瀬戸大橋は渡るだけでなく見るのもおすすめで、鷲羽山展望台の第一展望台からは瀬戸内海と瀬戸大橋を一望できます。 そんな瀬戸内海で採れるカキやサワラは県民からも愛されているグルメの一つです。他にも、ひるぜん焼きそばや津山ホルモンうどんなどB級グルメが楽しめます。

岡山の写真集

目的から探す