岐阜の歴史的建造物スポット一覧

  • 白川郷合掌造り集落
    rating-image
    4.5
    2154件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町
    平成7年(1995)ユネスコの世界文化遺産に登録された岐阜県白川郷・荻町の合掌造り集落。世界遺産に登録された3集落のうち、最も規模が大きく、合掌造りの建物が59棟残る。白川郷で絶対はずせないビューポイントの天守閣展望台をはじめ、国指定重要文化財である和田家住宅、集落で最大級の合掌造りの長瀬家、全国的にも珍しい合掌造りの寺、明善寺郷土館など見どころ満載。土産物屋や食事処も充実している。

    日本に住んでいてもなかなか見ることのできない景色でした。 とても素敵な場所です。ぜひ展望台まで足を運ぶことをおすすめします。

  • 高山陣屋
    rating-image
    4.0
    1096件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市八軒町1-5
    元禄5年(1692)に飛騨が幕府直轄領になって以来、代官や郡代が治政を行ったのが「高山陣屋」である。直轄領とした目的は豊富な木材と地下資源であった。明治維新後も高山県庁舎等として使用されたこの建物は、高山陣屋の保存として16年の歳月をかけ、平成8年、修復・復元された。幕末には全国に60数カ所あったとされる郡代・代官所だが、当時の建物が残っているのは、唯一この高山陣屋だけである。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの2つ星に認定されている。

    いかにも天領を支配したという感じの建物だ。 全国にあった陣屋や代官所の中で主な建物が残っているのはここだけだそうだ。 白洲もあた。 古い建物だから、バリアフリーとは無関係。

  • 郡上八幡城
    rating-image
    4.0
    284件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659
    日本最古の木造再建城である「郡上八幡城」。永禄2年(1559)に遠藤盛数が砦を築いたのが始まりで、寛文7年(1667)に幕府から城郭として認められた。現在の天守は昭和8年(1933)に、当時の大垣城を参考に再建されたもの。朝靄の中に浮かぶ姿は幻想的で、「天空の城」とも呼ばれる美しい城であり、木造4層5階の天守閣は郡上市重要文化財に指定されている。

    遠くから目立つ山城で、細くて険しい一方通行の道を上がります。山の上にも首洗い井戸があります。麓にはお寺さんが沢山あります。

  • 下呂温泉合掌村
    rating-image
    4.0
    358件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県下呂市森2369
    白川郷などから移築した合掌造りの民家で集落を再現した、往時の生活を知る博物館。影絵劇しらさぎ座などの民俗資料館や体験工房などで、飛騨の人達の暮らしを感じることのできる場所だ。また日本三大泉「下呂温泉」のお湯を「合掌の足湯」でも楽しめる。

    長閑な雰囲気を期待して行きましたが、いかにも取ってつけられた施設。 入園料が割高に感じてしまいます。 合掌造りの家は移築された本物ではありますが、やはり白川郷の雰囲気は出ませんね。

  • 和田家
    rating-image
    4.0
    291件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町997
    白川郷の代表的な茅葺き合掌造り住宅である「和田家」。間口14間、奥行き7間と、白川村に残る最大規模の合掌造り家屋だ。庭や生垣、田園や水路の保存状態も良く、美しい。現在も住居として活用されているが内部の見学は可能で、囲炉裏の火は年中欠かさず入れられており、囲炉裏周りでくつろぐこともできる。平成7年(1995)、国の指定文化財に指定された。

    白川郷内にある有料見学できる大きな合掌造りの家です。集落で取りまとめ役をしていた方の裕福な家だったようです。一階の囲炉裏と仏壇は必見と思います。あと二階への階段は非常に急なのでスリッパを脱いで上がるようにしてください。 白川郷に観光に来たら必訪と思います。

  • 神田家
    rating-image
    4.0
    183件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町796
    白川郷バスターミナルより徒歩約7分、江戸時代後期(1850年頃)に建てられた合掌造りの民家。白川郷で酒造業を興した神田家の屋敷で、間取りの発達や小屋組み(合掌木)の大工の手跡の多さから、合掌造り家屋のなかでも非常に高い完成度を誇っている。一年中囲炉裏を焚いており、囲炉裏の鉄瓶で沸かした湯で淹れた自家製の野草茶を楽しむこともできる。内部の見学も可能で、ペットを抱いての入館もできる。予約推奨。

    外から見てもとても大きな合掌造りの家屋ですが、中に入るとその大きさや日本人の知恵を感じることができます。 冬場は囲炉裏をたいていて、薪の爆ぜる音や匂いが冬を感じさせてくれます。

  • 吉島家住宅
    rating-image
    4.0
    99件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市大新町1-51
    代々酒造をしていた豪商吉島家の古民家。国の重要文化財のひとつとして指定されている。入口の軒下には大きな杉玉が下げられ、「二つ引き両紋」の暖簾が掲げられている。中の広間と土間は高い吹き抜けになっており、大黒柱を中心に様々な木材を組み合わせた見事な細工を眺めることができる。インテリアも、重ねられてきた年月を感じさせるものばかりで、特に応接間には篠田桃紅氏の作品が飾られている。

    100...

  • 長瀬家
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町823-2
    白川郷バスターミナルより徒歩8分の距離にある5階建ての合掌造り家屋。約11メートルの一本柱・合掌柱が勾配の上から下までを貫いた大きな屋根が特徴だ。長瀬家は250年続く旧家。初代から三代目までが医者だったため、今でも江戸期の医療道具が残されている。平成13年(2001)、80年ぶりに行われた屋根の葺き替えがテレビで放送され話題となった。今でも総勢500人程のボランティアで葺きあげた様子を館内でビデオ放映している。

    五箇山と白川郷を周り、せっかくなのでどこか中に入ろうと思って行きました。見た目からも分かりますが、とても広く、4階まで昔使われていた道具などがたくさん展示されています。合掌造りを内側から見ることができ、おすすめです。

  • 郡上八幡旧庁舎記念館
    rating-image
    3.5
    40件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県郡上市八幡町島谷520-1
    郡上八幡旧庁舎を利用した記念館。昭和11年(1936)に建設された木造の洋風建築。平成6年(1994)まで使用されていたが、庁舎移転に伴い、記念館としてリニューアルされた。建物は国の登録文化財に指定されている。館内には観光案内所や、土産販売コーナー、休憩所などが造られている。かつて庁舎の食堂だったスペースは、軽食コーナーとなっており、古地鶏や郡上ハム、飛騨牛を使った料理が提供されている。

    1936年竣工と今から大凡86年程前の建物です。国の有形登録文化財です。今は観光案内所になってます。お土産や食事も出来ます。 鳥と野菜の味噌炒めの鶏ちゃんも岐阜では有名ですが、日本三大猪肉として郡上八幡は有名との事で猪コロッケ定食頂きました。 生姜で臭み消して有ります。又芋は里芋で ネットリした食感です。ソースでは無く 甘系の八幡味噌で食べます。

  • 岩村城跡
    旅行/観光
    岐阜県恵那市岩村町字城山
    日本三大名城のひとつである「岩村城」は、高低差180mの天嶮の地形を巧みに利用した要害堅固な山城で、別名「霧ケ城」とも呼ばれる。東洋のマチュピチュと呼んでも良いほどの壮大なつくりの石垣は、城マニアがため息をもらすほどで、700年間に及ぶ城の歴史は日本の城史にも例をみないものだ。中央自動車道「恵那IC」より車で約20分。
  • 宮地家住宅
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市大新町2-44
    高山の伝統的な町屋。明治8年(1875)に建てられ、商家として使われてきた。現在は市の文化財に指定され、整備されて観光客に無料で公開されている。建物のに入ると、中は吹き抜けのスペースがあり、奥に畳の部屋がある典型的な町屋の造りとなっている。古い生活雑貨なども展示されており、当時の様子を伺い知ることができる。3月と5月の節句の時期には、雛飾りや鎧飾りを展示している。

    観光の中心、三之町からは離れた越中街道沿いにある古い商家の建物。 酒屋、米屋、養蚕業を営んでいた。 無料で公開。 観光客も少ない。 豪華、壮大ではないが、標準的な当時の町家の様子を見ることができる。

  • 荒川家住宅
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市丹生川町大谷141
    天正年間(1573-1592)から続く旧家・荒川家の住居。荒川家は江戸時代の村役人・庄屋をつとめた旧家。主屋と土蔵は江戸中期に建てられたもので、巨材を利用して梁間を広げた切妻造二階建の建物は国の重要文化財に指定されている。平面構造とも呼ばれる建物は高山東部から西は荘川、郡上街道を通って郡上へと広く分布している建築様式。荒川家住宅は大型住居として年代も古く、意匠にも優れているため高い価値を持っている。館内には民具や伊達政宗が飛騨高山藩初代藩主・金森長近に宛てた書状などが並んでいる。

    丹生川村にある、この地方の名主さんの家です。昭和58年まで実際に住んでおられたそうです。重文ですが入場無料がうれしい。母屋と土蔵にこの地方の古い民具や書類が展示してあります。階段が大変急なので登り降りには気をつけてください。管理人の女性がいろいろ教えてくれますので、聞いてみて下さい。

  • 旧三宅家
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県恵那市明智町1316-1 旧三宅家
    元禄元年(1688)に建てられたと伝わる茅葺き屋根のこの家は、明智から東へ約4kmの馬木地区、中馬街道沿いにあったもの。昭和53年(1978)に町の文化財に指定され、平成4年(1992)に現在の場所へ移築された。囲炉裏の上のすすけた天井裏など、昔の生活が偲ばれる。所要10分。

    古い農家の建物に癒されます。内部は公開されていて、無料で見学できます。囲炉裏に火が灯されていて、生活感を感じさせてくれました。ちょうどひな祭りの季節でしたので、ひな人形も飾られていました。

  • 飛騨開運乃森
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市西之一色町3-2021
    全長4mから7.5mもある巨大な七福神を展示している施設。江戸の昔にできたとされる米倉が立ち並んでおり、その中ひとつひとつに樹齢1,000年の大木を丸ごと彫り上げた福の神が一体ずつ納められている。7000平方メートルにも及ぶ自然林の奥の院「神泉宮」を水源に持つ水は、福神の啓示に添って1,700日目に湧き出た清水。「福徳の水」として各神々に運ばれている。巨大な七福神はどれも壮観で、日本一大きな七福神としてギネスにも認定されている。

    “一刀彫り” との口コミが,ままあるが,“一木造り...

  • 松本家住宅
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市上川原町125
    高山市内に現存する中で最も古いとされる住宅で、国の重要文化財に指定されている。かつては薬種商「原三」の店舗兼住宅で、多数の町家が類焼した明治8年(1875)の大火で被害を免れた貴重な江戸時代の町家。建造年代は、漬物蔵の窓框の部分に「文政九年戌四月廿七日出来」の記述があることから推定された。南側には主屋、北に米蔵、西に漬物蔵と三方から中庭を囲む形になっており、小庇や出格子のついた外観と合わせて当時における典型的な構造になっていることにも重要な価値がある。

    1875年の高山の大火を免れた貴重な江戸時代の町家です。高山市街中心部からだと少し外れていますが、ここに江戸時代が残っている感じの佇まいです。閉館中で外観からの見学となりました。天満宮の駐車場が近くにあるので車でも大丈夫です。

  • 飛騨荘川の里
    旅行/観光
    岐阜県高山市荘川町新淵53
    古くから荘川に伝承されてきた民家を移築保存する地域。200年以上の歴史に耐えてきた荘川村の伝統家屋「寄棟式入母屋合掌造り」の建造物が保存されている。そのうちのひとつ、旧三島家は宝暦13年(1763)に建てられたもの。県内で最も早く四間取り形式を取り入れた建物で、飛騨地方の民家の基本形となっている。各建物が当時の生活様式を今に伝える貴重な民族資料館で、毎年補修を行っているため保存状態も良い。
  • 旧東しな家住宅
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町2499 野外博物館合掌造り民家園内
    自然に寄り添って生きた昔の日本人の文化を保存公開している野外博物館「合掌造り民家園」内の建造物。昭和44年(1969)に移築された茅葺木造切妻合掌造りの建物を一般公開している。元々は安政年間(1858頃)、代々庄屋を勤めていた中野清四郎家とともに火災によって焼失した際に建てられたもの。かつて加須良集落があった際に実際使用していた民具・生活用品を展示公開している。本住宅を含めた主屋4棟、付属建物5棟は岐阜県重要文化財に指定されている。
  • 旧山下陽朗家住宅
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町2499 野外博物館合掌造り民家園内
    県重要文化財指定の9棟をはじめ全25棟の合掌造りを有する野外博物館「合掌造り民家園」内にある建造物。現在の民家園から3kmほど離れた白川村島から移築された。正確な建築年代は不詳だが宝暦年間(1750年代)の建築と言われている。19世紀に建築された合掌造りが多い中で、山下家のような江戸時代中頃に建てられたと推定される家屋は貴重な存在だ。ほかの合掌造りとは外観が大きく異なり、合掌の三角形になっている面が板壁ではなく細い丸太を立て茅で塞ぐ構造になっている。
  • 旧中野義盛家住宅
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町2499 野外博物館合掌造り民家園内
    加須艮地区で代々庄屋を勤めた中野義盛家の住宅跡。岐阜、富山の県境にあった加須良集落は秘境中の秘境といわれた深山の孤村。江戸時代から相互扶助による自給自足の生活を営んでいたが、今から約40余年前に消滅したと言われている。建物内では当時の失われゆく合掌集落を写真パネルで展示しており、自由に見学することが可能だ。木造切妻合掌造りの建物は安政年間(1858頃)に建築され、その後明治42年(1909)に火災により焼失、再建されたと伝わる。
  • 旧中野長治郎家住宅
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町2499 野外博物館合掌造り民家園内
    白川郷の総合案内所「であいの館」から徒歩5分の距離にある住宅跡。正確な建築年代は不詳だが、明治時代の初期(1878年頃)に加須艮地区で代々庄屋を勤めていた中野義盛家の祖先より分家した際購入した建物と言われている。一般公開された館内には当時の生活風景が再現されており、自然に寄り添って生きた昔の日本人の姿に触れることが可能だ。本家屋を含めた「合掌造り民家園」内の主屋4棟、付属建物5棟は岐阜県重要文化財に指定されている。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す